けものぱんmemo

2005年~2009年12月までの記事も容量オーバーのため削除しました

■撮影デジカメ機種■

2006年6月以降:ペンタックスOptio
2010年1月6日以降:SONY cyber-shot DSC-TX1
2012年5月3日以降:SONY cyber-shot DSC-HX30V
2014年12月25日以降:Cannon PowerShot SX60 HS を追加
2016年10月12日以降:Sony cybershot DSC-HX90V

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

僕は待つ。

Dsc00807
今朝の富士山は笠雲だった。

天気が崩れるのだろうか

富士山の写真を撮るために、ちょっと遠回りした僕の散歩。

その後、僕の冬毛の残りアンダーコートをとりまくって1時間。

もっさりとれたら、たぶん、もう抜けないだろうくらいな硬い夏毛しか残っていない。

アンダーコートがなくなった分、毛を逆立てるとすぐに地肌がみえる。

マダニに刺されたい放題になってしまうのではないかと不安にもなるが、これだけもっさりと抜けて夏毛になることができるっていうのは、それだけ犬の身体が自然環境に適応しようとしているということ。

室内で快適温度にいると、冬でも毛が増えないし、夏もそんなに毛が抜けない子もいるらしいし。

換毛できるということはいいことだ。

そんな毛だらけになったデッキの掃除機をかけたら、郵便局へ出かけましょう。

犬も連れていくけれど、駐車場でお留守番。
どうせ5分もあれば終わる用事だし。

Dsc00808
郵便局から出て、ミニコに帰ろうとしたら、じっと見つめる犬を発見。

ガン見してるわ(笑)

| | コメント (2)

2017年5月22日 (月)

アシタカツツジ原生群落(5月)。

アシタカツツジ原生群落(冬・・・)。

2017年1月に訪れて、春に来たいねーといっていた場所。

行ってきましたよ!

Dsc00769
おなじみの看板。

そして、イマドキの僕は

Dsc00768
足をあげて用足ししているのに、前足にしっこがかかるという下手くそぶり健在。

最近はもう、しっこの向きを飼い主たちがコントロールしています。

こんな感じに。

長い時間になると、楽を覚えたのか、体重を預けるという始末。

なんだこの犬。

ちなみに、時々、自力踏ん張り 前足2本、後ろ足1本飼い主、後ろ足1本は宙に浮くということもある(笑)。

Dsc00778
お決まりの不機嫌ポーズ

Dsc00781
真ん中に、むぎを抱っこした にせ(*゚∋゚)がしゃがんでいます。

このアーチをくぐるんだよ。

Dsc00782

にせ(*゚∋゚)の身長と比べると、大きさがわかるかな?

すごい背が高いアシタカツツジ。

Dsc00783
これがアーチの中。

幹が太いでしょう?

Dsc00785
一山というくらい、斜面から全部 アシタカツツジ。

一面ピンクを堪能したら、また来た道を戻ります。

Dsc00786
ちょっとしたハイキングだよね。

結構、のぼってきたんだ。

Dsc00787
木漏れ日に犬いっぴき という写真を撮ろうと にせ(*゚∋゚)が岩影に隠れたら(リードはもっています)、やっぱり追いかけて行ってしまい、思うような写真が撮れないのです。

まぁ、これはこれで、いい写真か・・な・・?(苦笑)

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

電波暗室と無響音室

とあるフェスタに行ってきた。

今回で2回目だけど、参加するイベントは変更で。

電波暗室

Dsc00739
電磁波吸収体(電磁波を吸収する材料やその構造体)で覆い、壁面などで電磁波が反射されないようにした部屋

Dsc00722
にせ(*゚∋゚)のガラケーも圏外。むぎも圏外(笑)

Dsc00732
トゲトゲ

天井のライトは、LEDや蛍光灯は放電している(電磁波がでる)ので、白熱電球じゃないとダメなんだって。

Dsc00736
床にはこれを敷き詰めるとか。

Dsc00737
ノートパソコンの後ろにあるのは、実験のときに出入り口をふさぐ扉。
手動で引っ張っていって閉めるらしい。

続いて

Dsc00740
無響音室

Dsc00741
2重扉

床は免震構造になっているので、地震が来てもわからないかも。
富士山が噴火してもわからないかもしれないくらいの部屋。

Dsc00750
Dsc00747
これまた凹凸のある壁。

ひとりで入っていると耳がキーンとなって気持ち悪くなる

酔う感じ?

ここでもLEDや蛍光灯は音がうるさいので白熱電球じゃないとダメなんだって。

Dsc00744
この輪の真ん中にパソコンとかを入れて、ノイズを測定するとか。

Dsc00748
めっちゃ高級な高性能マイク。

心臓の音も拾えるんだって!

無音って怖い。

この部屋を出て、日常の音のする場所にいる安心感。

なかなか面白い体験ができたフェスタだったなぁ。

| | コメント (0)

«犬の換毛リサイクル。