« 念願の。 | トップページ | 心臓が一瞬止まるとき。 »

2010年1月27日 (水)

起きれないのは。

湯たんぽの季節

今までは、どうも朝の目覚ましがなる頃、一番くっついていてほしい薄い羽毛布団が、くしゃっと端に寄っていて、ぶ厚い羽布団しかかかっていないとか。
隙間ができて寒いのです。

ここ1週間ほどでしょうか

湯たんぽ登場しました。

朝になってもほっかほっか

夜は あちっ ていうほどですけども。

そのせいか、目覚まし止めてから、湯たんぽを抱えると、幸せな気分になってしまって寝坊とか・・・。

只今仕事が誰かのせいでブルーな気分。
スルーすればいいんだけど、「スルーしなきゃ!」と思うその心がすでにストレスだよね。

でも、夜はとりあえず眠れるし、湯たんぽで幸せになれるから、所詮その程度なんだろうけど。

|

« 念願の。 | トップページ | 心臓が一瞬止まるとき。 »

コメント

おいら、すでに湯たんぽ投入中です!
学生の時は、ドライヤー片手に寝ていたことが・・・
足下が冷たいと寝られないんですよね。

投稿: るりゃん | 2010年1月27日 (水) 22時29分

うんうん、足元冷たいと寝つき悪いよね!
先に湯たんぽ足元に置いて布団かけておいて、寝るときは抱えて寝ています♪

投稿: (*゚∋゚) | 2010年1月28日 (木) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 念願の。 | トップページ | 心臓が一瞬止まるとき。 »