« 天気予報はあたりそうだ。 | トップページ | 冬はやっぱり。 »

2010年1月12日 (火)

石鹸のその後。

石鹸を作ろう!の記事を書いたのは10月18日でした。

4週間で完成と本に書いてあったので、4週間を待って使用しはじめたのですよ。

11月中旬ですよね。

結果は、というと、きめ細かい泡立ちは素晴らしい

でも、泡持ちがイマイチよくない

ということはメイクが落ちきる前に泡が先になくなってしまうという結果。

これは、もしかしたら20分混ぜるときに結果が変わるというあれだろうか?

まぁ、初めてだし仕方ないか・・・

はやく使い切ろうとお風呂場で身体洗いに使っていました。
どんどんなくなる。
贅沢だわね。
でも、失敗作なので仕方ないですね。

そして新年を迎え、1月

2
在庫がここまで減りました。

そしたらば
1
ピントが合わないとやっているうちに泡が減ってしまいましたけども、
急に泡持ちがよくなり、まったりとした泡に変わり、メイクも夏の海辺もOKな強力日焼け止めも1回で落ちるくらいのものになりました!

よく考えたら、今まで10年ほど使っていた石鹸(110g/2,500円を2種類)に新しく90日間熟成させたという新商品が110g/7,000円(これを2種類使用することになる)追加された。

高くて使えないよ!

と、考えると、あひる製の石鹸も3ヶ月経ち、熟成された石鹸になったってことですよね?

作ってみてわかったこと。

中に入れられているハーブ系オイル(エッセンス)などが思いのほか高い。
石鹸1本作るのに必要なエッセンシャルオイルがブレンド品になると3,000円(オイルによってはもっと高い)とかの1本とか使うんだ。これが、和製ハーブと言われるはっか油になると、めっちゃ安いね。あとありきたりなラベンダーは比較的安め。

これに手間隙の工賃を合わせれば、そんなかんじのお高い石鹸になるのですね!

90日待ってから使わないとダメなんだね!
4週間でも使えるけどもったいない!

・・・・

で、洗顔のあとに、ヒアルロン酸をいれて作った自家製化粧水をぴたぴた
そのあと、自家製軟膏をぬりぬり

お顔はつるつるになります。
そのまま化粧してもよれたりしないし、いい出来の軟膏だ。

たまに分量失敗すると化粧がよれるけども!

また石鹸つくらにゃっ。

*おまけ*

今までアロママッサージとか行ったり(パート勤めになってからは高くていけなくなったけど)、アロマ関連のお店に行って、「この香りが好き」と思ったのに、商品をくんくんしても、その香りが見つからなかった。

とあるお店できいてみた

「この場所(店内でも特定の場所)の香りはなんでしょう?」

どうやら片方ではラベンダー、反対ではローズマリーの香りを炊いているというのだ。
それが混ざったところに、あひるが立っていた。

このラベンダー+ローズマリーは一般的にクセがなくていいらしいですよ。

あひるは自分が何年も気になっていた香りの正体をつきとめることができて、とてもうれしかった!

軟膏を作るときに実践し、やっぱりコレだった♪と塗るたびに幸せに浸っております。
ストーブの前で!

というわけで、
結論「手作り石鹸3ヶ月熟成させれば、いい石鹸」でした!

|

« 天気予報はあたりそうだ。 | トップページ | 冬はやっぱり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気予報はあたりそうだ。 | トップページ | 冬はやっぱり。 »