« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

鳥目線。

ずっと寝込んでいたときに、コタツ&羊毛もこもこマットでゴロゴロしていたので、毎週恒例の霧吹きしながらのブラッシング。

メンドクサイけどやらないと足触りがよくないんだもの。

ゴワゴワしてたら嫌だもの。

このブラッシングをしている1時間、ぢょぴこも遊ばせておく。

時々霧吹きシュっとかけて、びびらせ、怒らせてあひるは楽しんでいるのだけども。

掃除機かけたり、モップかけたりしたあとだったというのもあって

Dsc01103
説明書やらなんやらの書類の入っている扉が少し開いてたらしい。

この扉の前を行ったり来たり。
覗いたり首つっこんでみたり、人の顔色伺うようにしてみたり。

見つかったら怒られるもんね。

さすがは地べたをぺたぺた歩いているだけあって、いい場所みつけたね。

見ているこっちが楽しかった。

さすがに散々遊んで1時間も床に放置されると家に帰りたくなるらしく、家の下でじーっと待ってた。

家は高いところなので、降りることはできても登って帰れない場所なんだ。

鳥はかわいい、うん、親ばか。

| | コメント (2)

2010年4月25日 (日)

さすがにそれはないだろう。

本日

霜が降りていました

氷点下1℃とか何様?

春じゃないのか?!

Dsc01088
こういうの見ると春だと思います

タラの芽

全体的には来週には食べごろになりそうな予感

今年は何個取れるか?

何個盗られるか?

競争に勝てるだろうか・・・

しかし、タラの芽と桜って似合わないな

Dsc01090
シダのぐるぐるがかわいい

わらびはまだ出ていなかった

Dsc01093

今年はハッカクレンの威勢がいい。

Dsc01094
この丸いのは花?

花?

もしも花だったら初物なんだけどー

ハッカクレンって花がつくと、結構ないいお値段で売ってるんだよねー

決して花がかわいいものだとは言わないが。

そして売る気もないけども。

もらったときは、小さな小さなお子様だった。

8年目を迎えましたのでね、花がつくほどになるとうれしいんだけどなぁ。

とりあえず期待しておこっ。

| | コメント (2)

2010年4月24日 (土)

まだまだ。

Dsc01079
このごま塩、なんだと思いますか?

Dsc01080
ただいま、あひる家の桜は満開です

しかし

Dsc01084

まだまだ寒い

Dsc01082

こんなものが降って来ました

Dsc01083

雹(ヒョウ)ですね

降っているのをみるのは楽しい!

どっかの国みたいに野球ボールみたいな大きさじゃ困っちゃうけどね・・・

| | コメント (3)

2010年4月21日 (水)

今年もかわいい。

今年もかわいく咲いたエンレイソウ。

正式に言えば?
シロバナエンレイソウ(ミヤマエンレイソウ)
Dsc01073
隠れているけど、実は2個咲いている。

オオバナエンレイソウと花の大きさだけが違うのかとおもったら、オオバナのほうは上を向いて咲き、ミヤマエンレイソウは横向きだそうな。

なるほど。

こっちが見ごろをはじめてみた で載せた湿生花園での写真↓

オオバナエンレイソウ
写真の撮り方が違うのでわかりにくいけど、これは橋の上から撮った写真。
たしかに真上向いているよね、花が。

それを考えるとあひるんちのは真横から撮ってあの姿なので、花が横向きだもんね。

興味がないと見ても違いがわからないとおもう。

植物ってそんなもんだよね。

ちなみに

Dsc01074_2
近くにまだ咲いていない子がいる。

まわりに小さな葉もあって、去年よりも増えたかんじ。
イチゲの葉も増えたし。
花は咲いたためしがないけども・・。

寒い寒いと言っても、下をみれば春が沢山。

職場からのぼってくると花見が3回楽しめるので、40分ドライブも悪くない。

しかし、

めっちゃ体調不良。
風邪薬を朝から飲みつつ、昼から5時間ほど、昏々と眠っておりました。
今、目覚めた・・・。

木金の仕事に備え・・・って金曜日はまた仕事のあとに犬とかーちゃんを送るための5時間ドライブが待っている・・・

週末死んでそうな予感。

| | コメント (1)

2010年4月19日 (月)

小さなDIY

外に居ると、とても大きな音が聞こえる

コンコンコン

コンコンコン

かなり響く音で、鳴り響く

キツツキよりも大きな音。

Dsc01022
音の犯人はこの子たち

すっごい変な格好で写ってますが・・・
微妙なシャッターチャンス・・・

苔をくわえて巣箱に入る瞬間

Dsc01024
現在、リビング前のデッキに設置した巣箱にはヤマガラが

おなじくリビング南方面に設置した巣箱にはシジュウカラが

せっせと苔を運んでいます。

毎年このような組み合わせなので、もしかしたら同じ子たちかもしれませんがっ。

あっちからもこっちからもコンコン コンコンと巣箱の床をつつく音が鳴り響いています。

天気のいい日には、野鳥のDIYが始まります。

この付近は、あひるが鉢物の植え替えをしたり、物置に出入りしたりと、結構うろつく通路なので、巣箱に入っていない方の子や、苔をくわえてもってきたときに、でっかい声で威嚇されます・・・・

別に怖くないんだけどね、君たちに威嚇されてもさ。

また雛が孵化する頃になったら、巣箱の蓋をカパっとあけて撮影させていただきますよ!

| | コメント (2)

2010年4月18日 (日)

根競べ。

去年はキレイにお花が咲いて、並べられていたお宅。

今年はどうやら鹿の通り道になったらしく、鉢植えも階段横も無残な姿に・・・。

鹿避けに割り箸がいいとは聞いていた。

しかし、鼻先が入るくらいのスペースがあると無意味だそうな。

そして

Dsc00989
この針千本みたいな割り箸の数

600本(らしい)

この光景にびっくりした!

せめてペンキでオークとかウォルナットに塗ってあれば目立たないのかもしれないが・・

これは鹿と人間の根競べ。

でもなぁ

ここまで美観を捨てて花植えるのはいやだな・・・

| | コメント (4)

2010年4月17日 (土)

負け組み。

4月15日(木)天候があやしいと天気予報。

16時になったら天気メールをくれとかーちゃんに言っといた。

「あられだ」とメール。

あひるは今、スタットレスをはいたミニコが修理入院中なので、夏タイヤの代車なのだ。

雪になる前に帰らねば!
職場→自宅までの標高差 約950m。

本当は17時頃までの仕事なのだが、もう平気だろう、という状態だったので30分はやめに切り上げて帰宅。

しかし、帰宅したときは雨だった。

この付近から通っている職場の人1名は代休だった。
もうひとりは入院しているので無問題。

翌日金曜日は部署都合であひるは休みっ!

このままだと金曜日にもうひとりが出勤したときに
「雨だったよ」と言われると、天気を理由に早く帰宅したあひるの立場がない・・・。

しかし

翌日16日金曜日
1
朝起きたら白銀の世界っ。
しかも吹雪いている。
これは満開だったはずの桜の樹。

花はどこ?

あひるはまだはやいよ、まだ雪降るよって言ったのに、夏タイヤにはきかえたにせあひるのミニコは出勤できず。

にせあひるは負け組み。

あひるのミニコは勝ち組だけど入院中・・。
意味なし。

1_2
桜の下にもぐると、やっと桜の花が咲いているということがわかります。

雪が降ったりやんだりしていて、雪が止むと巣づくり中のヤマガラも飛んでくる。
1_3
そして本日、17日(土)

雪は溶け始めたので、イカルの大群。
イカル写真は、にせあひるが撮影。
1_4
1_5
なに、このマヌケなツラ。

まるであひる家のぢょぴこみたい。

姿格好はずんぐりしていてかわいいんだけど、ヒマワリの殻を食べ散らかすのが困る。

お日様と青空が出たので今のうちにっ

本当はこんなに満開なマメ桜でした!
1_7
1_8
ヒトリシズカも花芽が出始めました。

しかし、この青空は2時間後、どんよりとした雪が降りそうな怪しい空に変わってしまいました・・・。

うう、さむっ。

| | コメント (2)

2010年4月14日 (水)

見ごろをはじめてみた。

先週の金曜日の話。
4月9日に、箱根湿生花園に行ってきました。

過酷な金曜日が休みだなんて!うれしいったらありゃしない♪

毎年見ごろを逃してしまって、カタクリはもう花がないし、ミズバショウはおばけみたいにでっかくなっていてかわいくもない・・・・

そんなことばかりで、今が見ごろということでGO!

1
群生させたいよね、群生。

満開よりちょっと遅かったかな?
でも毎年終わってからだから、こんなにあったんだー!って感激。

1_1
ミズバショウ群生。

かわいい、かわいい!

毎年みるのよりも半分以下の大きさだ。
これならいいなぁ。
おばけみたいにデッカイのはかわいくないもの。

うん、満足♪
1_2
この白いのは苞(ほう)であって花ではないそうな。
1_3
花はこっち。
この黄色く沢山飛び出たのが雄べ&雌べらしい。

1_4
そしてオオバナエンレイソウも見ごろ。

このオオバナエンレイソウは北海道の有名な花だよね。
最近はホームセンターでも売っている。

でも、このオオバナではない方の普通のエンレイソウがもっと小さい花でかわいいのね。
これが時々山にあったりもするし(すぐ採られてなくなるけど)増やしているんだけど、一緒に植えて交配で混じると困るので買わないようにしている。
なぜか普通のエンレイソウは売っていない。

1_5
そんなに数はないけれど、ミズバショウと一緒にザゼンソウもあった。

お目当ての花を旬で見れてうれしいうれしい。

観光バスが結構多かったけど、そのなかに高校~大学生?と思われるご一行さまがいた。

とても興味があるようにはみえず、素通り状態。
プランに入っていたんだろうけど、山野草に興味ない人にはつまらない場所だろうと思うよ。

大抵、定年を過ぎたような方々が毎年多く、そんな方々とお話しながらしゃがみこんだりして写真を撮ったりしているわけです。ハイ。

あひるとにせあひるは、この中に入ると非常に場違いな年齢に見えてしまいますね。

きっとあと30~40年とかすればそんな話が似合うお年頃にでもなるんじゃなかろうか?

昔から若年寄りだからな、あひる家。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、現在のあひる家の春といえば、

にせあひる実家の山から掘って届いたザゼンソウ。
1_6
めっちゃデカイんですけど。
そしてうまそうに見えるよ。

植えて数日後
1_7
にょきにょき。
どうやら花は咲かないっぽいね。

ちなみに周囲に埋まっているのは直径3㎝くらいの小さな鉢の集団。
これには、一昨年ユキモチソウの種をまいて発芽した子たち(今年2年目)を植えてあります。
もう、とんがり頭がでてきてるんだけどさ。

ただ鉢植えにすると乾燥したりして枯れてしまうので、親が育っている付近の林の落ち葉に鉢ごと埋めてあります。

これだと植えた場所がわかる・掘り出しが簡単・自然と同じ環境で手間いらず!

Dsc00964
箱根から1週間遅れて、あひる家のカタクリは今が見ごろ。

株数は30とかあるんだけど、花がついたのは8個くらいか・・・

鹿に葉を食べられたりすると、その年は(毎年だけど)栄養がとれずにどんどん球根も縮小していく。

食べられるエリアは今年引越しをさせました。
どんどん減ってしまうんだもの。

Dsc00966
逆光で陽が当たるとこんなにキレイに模様が見える。

これを撮るのに長靴はいて(いつもだけど)、落ち葉&腐葉土でもっさもっさした斜面からずり落ちないよう踏ん張りつつ一苦労。

でも、こういう場所だからこそ、元気に咲いてくれるんだよね、山野草。

都会で育てるには環境を作るのはかなり大変。

ここでは都会の華やかな花は無理。

環境にあった花で楽しむのが一番なんだろうと思う。

・・・・・・・・・・

でもっ

昨日の20時すぎ、あひる土地にでっかい鹿4頭とか!

近づいたら逃げろっちゅーねん!

足どすどすやったり追いかけたりしてやっとこ逃げていった。

追いかける前にカメラとってきて激写!とかすればよかったのだろうけども。

喰われまい(花芽)というほうが優先だった。

残念・・。

| | コメント (1)

2010年4月12日 (月)

今度やったらただじゃおかないっ!

ずっとずっと悩んでいたこと

それは

1_11

これ。

何だと思いますか

続々:果たしてどこまでいけるだろうか?で書いた去年5月に種をまいて約1年かけて育てたビオラの悲惨な姿。

本当ならこの鉢植えのようにこんもりと咲いていたのに
2_2
毎日のようにクビちょんぱされ、片手~両手いっぱい拾えるくらいに撒き散らされ続けるビオラ達。

これが1週間も続くと

結果
3_2
76株のうち、2/3がこんな姿にっ!

鹿ならばクビちょんぱして放り投げてはいかず、丸裸になるほどに食べつくすはず。

ならば去年実家で目撃された鳥の仕業?

根きり虫とか、よとうむしだったら、切った茎や花が遠くに落ちているわけがない。
株もとにおちているはずだ。

殺虫剤でニオイが強いオルトランをまいてみた。

効果があったようななかったような・・・
すでにほとんどがこんな状態だから無意味なのか?

・・・・・・・・・・・・・

週末、にせあひると散歩をしていたとき、にせあひるが何か音がするという。

じーっとみて動く物体発見!
ほらっ!といわれてもあひるはコンタクトではなく、PCなど近くを見る用の眼鏡をしていたのでさっぱりわからず。

あきれたにせあひるがカメラのズームで撮った!

4
犯人は、こいつ!

ヒメネズミ!

ちぎってくわえて走っていった!

そしてこぼしていきやがった!

対策がなにもないので、とりあえずあの臭いオルトランでもまたまこうと玄関にとりにいくと電話が鳴って、5分くらいで切って戻ると、1つの鉢のビオラがメッタ切りにあっていた!

きぃぃぃぃヽ(`Д´)ノ

これじゃあ、朝昼晩、いつだってやられるよね、

付近をがさごそと動かしたりしたのにまた戻ってきやがった。
多分、そのときはもうヒメネズミ自体が移動していたから、そのことに気づかず戻ってきたのかも。

同じ列に先月植えたばっかりのあつもり草の芽もかじられていた・・・
高かったんだぞ、オイっ!

一体なにが目的なんだ?

食べるわけでもなく、巣づくりに使うわけでもなく、ただただメッタ切りにして放り投げる・・

シャキっとした歯ざわりがいいのかね?

なんにしても、ここがヒメネズミの通り道であり、このまま置いておくのはビオラの墓場であることに間違いない。

ならば

5
まだやられていない横エリアの子たちを避難させよう。

地植えだったので、すごく大きく立派に育ったのだけど、植え替えで根が傷んで枯れるかもしれない。
だからといって、そのままにしておけば、ヒメネズミにちぎられて枯れるんだから結果は同じだ。

他の鉢も避難。
この子たちも鉢植えにして避難。
6
7
本当はせっかく咲いた花なので、道路際に植えたいけれど、
鹿に食べられるので 道路際に近い家の壁寄り に植えたり鉢をおいたりしていた。

でも、道路からはヒメネズミのズームでもわかるとおり、それなりに距離があるのね。

この地味色だと、道路のお散歩人には見えていないといったほうがいいかもしれない。
それよりももっと近い花に視線がいくもんね。

このデッキはメイン通路ではないので、あひるとにせあひるしか通らない。

本当は、ほらっこんなに咲いてる!って他の人にも見てもらいたいけど、育てたあひるとにせあひるだけが見える場所。

それでもかじられるよりはいいかなっ♪

いまのところは無事に数日過ごしております。

これでもちぎられていたら首しめてやるっ!

(今度ホームセンターでねずみ避けみたいの買ってこよ)

*おまけ*

今年は他所でも鹿による被害が多いという。

そして今年は例年になく、ヒメネズミの穴が多いことと、目撃することが多い。

7年かけて大きくなった巨大ユリの球根までも食べやがった!

あひる家は鹿よりもヒメネズミ被害の方がひどいわっ!

ドブねずみとちがってかわいいんだけどね。

でも、今年は許さんぞ!

| | コメント (2)

2010年4月10日 (土)

春なの~にぃ~。

4月7日の19時頃から雨が雪に変わりました。
4月だというのに、一気に氷点下へ逆戻り。

翌日、道路には影響がなかったが

Dsc00922
寒そうなカタクリの蕾
Dsc00925
水仙も頭が下がり
Dsc00927
ムスカリは葉に守られてるようにも見えるけど。

なんだかぷるぷるしてそうな感じ。

*おまけ*

Dsc00928
苔で敷き詰めてあるエリアはこんな状態。

蒴(サク)と呼ばれる蘚類(せんるい=要するに苔)の胞子嚢。

花は咲かないけどね、花みたいなもんだよね、苔からすれば。

あまりに細かくてかわいかったので激写!

| | コメント (2)

2010年4月 7日 (水)

なぜにまた・・。

曇り→雨→雪

雪降ってるし!

明日は仕事帰りにミニコを修理に出して代車で帰ってくるはずだったのに!

修理にどのくらいかかるかわからないから、スタットレスなしの代車になるのがすごく不安なんですけど!

うーん

どのくらい積もるか、明日になって修理を検討しよう

ゴールデンウィーイクに桜と一緒に雪って年もあったしねー・・・・

困った困った

| | コメント (1)

2010年4月 5日 (月)

追加効果。

今まで、氷点下10℃とか寒くてエンジンがかからなかったときの対処順序

【熱湯の入ったやかんを乗せる→ダメなら + ドライヤーで15分~30分→それでもダメならケーブルをつないでもらう】

でも、ケーブルをつないでもらうには、にせあひるのミニコがいるとき限定。

最近はちょっと気温が上がってきたこともあり、

「もうちょっとっ!」っていうエンジン音のときが多くなってきた。

やかん1個でもうちょっと!っていうときに、ドライヤーをつなぐ作業がメンドクサイ。

そこで
Dsc00899
やかん2個!

今まで乗せていたやかんは、スカートやかんでちょっと大きめ。

にせあひるの独身時代から使用しているやかんは、昔サイズで小さめ。
いつもこれでお茶を煮出ししてるんですけどね。

なので、中身は沸騰したお茶なんですがっ。

ちょうど温める場所に適したサイズだった。

いつもはやかんを乗せたままエンジンかけるんだけど、さすがに2個じゃ振動で落ちそうなので降ろしたけど。

おかげでエンジンがかかった♪

2個乗せるとバランスよく温まるのかしらね。

実家のストーブは最新なのでやかん乗せてもお湯は沸かない。

同じタイプでもあひるんちのは、昔ながらの石油ストーブが大きくなったような薪ストーブもどき(見かけだけで灯油使用)なので、やかん3つとかおけるサイズ。

最新じゃなくて良かったと思う冬です。
エコなつもりです。

そんなミニコも、今週には修理に入院予定。

*依頼予定事項*

・寒いとエンジンがかからない(発電機もあやしい)
・オイル漏れ(何回目?)
・フロントガラスがくもる(多分冷却水関連)。
・温風が出るはずなのに、途中で冷風になったりするようになった(多分冷却水関連)
・ギアのライトがつかなくなって、夜見えなくて不便
・オイル交換一式(これは毎回5000㌔毎にやってる)
・塗装のあちこちの部分錆の相談

などなど

13歳という年齢と、10万㌔を超えたという疲れがあちこち出てきたんだろうな。

あとはなんだっけなぁ・・
換えないといけない部品は沢山あるんだけど、先立つものがなくってね。
困った困った・・。

| | コメント (2)

2010年4月 4日 (日)

これはどっち?

普段、人の姿を見ると、大声でジージー・ビービーと餌を要求するのはヤマガラ。

そして室内に戻り、ヒマワリの種をとってくると手からとって食べていく。

これは2月のヤマガラ↓

・・・・・・・・・・

で、今日、いつもはこのヤマガラが手から取っていくのを、いいなぁって目で枝から覗いている子たちが勇気を出した!

1
躊躇しながらも、にせあひるの手に止まって

1_1
ヒマワリの種を持って急いで逃げるっ!
1_2
1_3
カメラを持つあひるも半押しで待っているのが疲れた。
ヒマワリの種を持って、じーっとしているにせあひるも疲れた。

それくらい、息を止めて根気強く待っていました。

ところでこの子は、コガラ?それともハシブトガラ?

どちらにせよ、シジュウカラの仲間なんだけど、

うーん・・・・

ヤマガラと違って、まだ不慣れな子たちなので、離れたところから最大ズームで撮りました。

トップに載せたヤマガラみたいに、片手でカメラって具合にできるといいんだけどねー。

でも、この数年で初なので、あの子たちはかなり頑張ったんだと思う。
今まで近くの枝で、物欲しそうに見ていたもんね。

今回の勇気に拍手っ!!

| | コメント (1)

2010年4月 3日 (土)

鹿っサルっ?

鹿被害が拡大中のこの地域。

紫陽花の新芽とかことごとく、毎年変わらず食べられる。

そして、恐らく鹿ではなく、鳥だと思われる仕業は、あのタネから育てたビオラが、次々にクビちょんぱされて、放り投げられている。
ほぼ毎日。

まったく悔しいったら。

他所のお宅ではネットを張ったりしはじめたところも。

釣り糸張るお宅もあるし。

でもねえ

畑じゃないから、ネット張ったりするのもなんだかなぁって思うし。

景観としてイヤなんだ。

そして散歩コースに入る程度の付近では、とうとうが出没したらしい。

もっと下の集落では猿や猪が出没していたが、ここまで来るとは・・・

それだけ別荘地に永住する人が増え、それとともに猿やスズメも増えてきたんだろうなぁ。

Dsc00868
カタクリの花芽がではじめました。

鹿にばれませんように

ばれませんように・・・・

| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »