« きのこ バフっ。 | トップページ | ローソン 安納芋ケーキがうまい! »

2010年10月18日 (月)

腐葉土完成!

約2年ほどかけてつくった腐葉土を崩してみよう計画実施。

1_2
こんなかんじで木枠を作り、道路に落ちた落ち葉を集めてきたり、野菜くずとか、細かくした枝とかを入れ、そこに有機物も入れないとバクテリアが繁殖しないというので、乾燥鶏糞を買ってきて入れたり、他を掘ってでてきたミミズをここに集めたりすること約2年。

秋になれば、満杯になるけど、すぐにぺったんこになってなくなってしまう。

この木枠をとりはずすことになりました。

1_1
木枠にしていた枝に入っていたミミズたち。

ミミズのコロニーができると、いい土ができるらしいです。

木の皮の隙間とかにもいるなんてびっくり。

1_2_3

木枠の下に何も敷かなかったのが悪いんだけど、木枠の中の地面から周囲の樹たちがたくさん根を這わせていて、かなりの養分をとられちゃった感いっぱい・・・。

左が樹の根の集団、右が腐葉土。

1_3

まぁ、途中バナナの皮とか混じってるけど気にしない。

完熟腐葉土が半分、普通の腐葉土半分といった具合だろうか?

腐葉土と樹たちの根を分別する作業中も、全く 腐敗臭とかクサイものはなく、予想外にすごくいい香りだった。

なんだろうか

爽やかな、わかりやすく言えば 檜の香りのような、それにもう少し甘さをプラスしたような、ずっとこの香りを嗅いでいたいと思う、とてもとてもいい香りだった。

それだけ腐敗せず、キレイにできあがったという証拠だろう。

これもミミズたちやバクテリアのおかげなんだと思う。

水槽の水も、バクテリア機能が働いていれば臭くないし、ずっと透明な水だもんね。

1_4

なんだかすっきりしすぎて、あひる土地が広く見える・・・。

1_5

まだ根のなごりが地面に沢山残っていますが。

1_6

おそらく、この樹たちの根っこ。

ゴメンナサイね。

でも、この根っこカスが混じった腐葉土は、駐車場横のヤマボウシのところにいったので、今頃ヤマボウシはラッキー♪と思っているはずだ。

ヤマボウシのところに運んだ分も合わせれば、土嚢袋20個分くらいは出来た。

はじめての腐葉土作りだったけど、売っているものよりもかなりいいものが出来たことは確か。

生ゴミはほとんど出ないのでエコだし。

さすがに魚の骨や肉の骨は、カラスを呼んでしまう(たまにトウモロコシの芯がカラスに持っていかれる)のでゴミに出しているけれど、野菜くず・果物の皮・珈琲・茶・タマゴの殻などはすべてここへ。

賃貸生活のときは生ゴミをおいておくとすごい臭いになったけど、埋めるようになってからは臭うということはないので、自然の力はすごいと実感。

冬になるまえに、あひる土地の樹たちの下枝手入れや、間引きが入る予定なので、次の木枠が作れない。

まことに不便だ!

とりあえず今は桜の下に埋めているので、来年の桜は元気なはずだ!

1_7

|

« きのこ バフっ。 | トップページ | ローソン 安納芋ケーキがうまい! »

コメント

エコだねぇv^^v。
植物油も栄養になるのかな??なるなら固めて捨てないで、埋めちゃうのがいいのかも??。
腐葉土って買ってくるものだと思ってた^^;。
あひるさんはえらい!。

投稿: ローズ | 2010年10月20日 (水) 20時55分

通常の植物油(調理でつかったもの)などを直接土に埋めるには、かなりの微生物が必要なようなので、庭だと無理かもしれません。樹が枯れちゃうかも。
混ぜて有機肥料にするキットなどがあるようなので、何かしら加工しないとダメみたい。

投稿: (*゚∋゚) | 2010年10月21日 (木) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのこ バフっ。 | トップページ | ローソン 安納芋ケーキがうまい! »