« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月28日 (火)

ぺんぺん。

オリンパスから発売されたペンライト

このCMで使われているカバーは純正じゃないとか。

うらやましいけど

一眼レフを使いこなせる自信がないから見てるだけでガマン。

| | コメント (0)

花盛り。

3週間続いた雨、そして3週間続いた風邪

本日は晴天なり

あひるもだいぶ調子が戻ってきた!

外に出るしかないね!

ひたすら檜の枝を細かくする作業をすること4時間。

手が腱鞘炎ぽいよ

雨に打たれ続けていたので、黒くなったり泥かぶっていたりするんだけど、これが不思議とまた腐敗臭のようなものはなく、檜のいい香りと野鳥のさえずりに囲まれて過ごしました。

枝をひっぱったりすれば、泥をかぶるので、まぁ、見た目すごい状態のあひるですけどね。

身体は疲れても気分的にはいいです。

1_2

モミジの花です。

もうプロペラがついておちる実のときはよく見かけるけどね。

地味な花ですよねぇ。

葉が命って感じでしょうか

1_10

なんの樹だっけ、ガマズミの樹だったかな

1_7

サルナシの蔓

キウイフツーツの原種です

1_6

散歩すればあちこちに巻きついて咲いているのだけど、あひる家の付近のサルナシには見事に花がついていないという・・・。

オス株ばかりのようだ。

1_8

実になるのをじーっとじーっと待って、鳥よりはやくとらねば!

1_5

バライチゴがもう出来ていたけど、この3週間の雨のせいで味が悪い。

不出来だ。

1_9

桑の実もだいぶなってきたけど、まだ色がついていないのばかりなので、あと1週間とか晴れ間が続けば食べれるかも。

この時期のお散歩は、食べ物がないか見ながら歩くので、目が皿のようになっていると思う。

1_4

道路際のツツジだかサツキだかにまきついているのは、ジャスミンの原種。

1_3

とても甘い香りが道路を通ると漂います。

最後に

1_12

我が家のキリンソウ

1_11

得体の知れない豆科の花

1_1

茂みに生える蔓の花

ここに踏み込むと蚊が寄ってくる・・・

1_2_2

毎年移動しつづけるクモキリ草。目立たない緑の花だけど、葉がかわいらしい。

引越してきて、葉が珍しいと注目したのがきっかけで、これがまさか売られているとは思わなかった。

そして、毎年移動しつづけ、今年はあひるが草刈したものをどさっと置く場所に生えやがった・・・。

あひるが負けだな。

あひるが移動させるよ、草刈の残骸を・・・。

ちっ・・・。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

初咲き。

1_6
サンショウバラがやっとこ大きくなってきて花芽がついたのだけども

鹿に食べられ、だいぶ減ってしまった。

サンショウの葉によく似ているが、あの独特な匂いはない。

サンショウに似たバラで、山では結構な樹になる。

2

3
バラでいえば中輪といったところか

一重で大きめの花が咲く。

でも、1~2日で散ってしまうので、あっという間に終わってしまう儚い花。

来年はもっと大きくなって、花数が増えるといいなと思う。

もうちょっと背が高くなってくれれば、鹿に食べられるのも防げるかもしれない。

しかし、背が高くなりすぎると、空に向かって見えないところで咲いちゃうからそれはそれで困るのであった。

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

丸くても大根。

題名のとおり

丸くても大根

ミニマル

Dsc04508

皮も剥かずに食べられるという柔らかい大根

Dsc04509

あひる家のプランター栽培にしちゃぁ、上出来じゃないか?

蕪とミニマル大根の第1弾(多分各30株くらい?)が全部とり終わり、あとはミニ人参があと2ヶ月かな?

なので第2弾の種を植えたところだ。

今年のうちに各1袋は使いきりたいんだよなぁ

ちなみに、全部味噌汁になるわけですが、

おもしろいので、根っこ部分の長いところはこのまま味噌汁に入ります(笑)

他所じゃぁ、絶対お目にかかることができないシッポつき大根いかがですか?

自分が作ったものだと、可愛らしく思えますよ。

そしてこのミニマル、蕪と同じくらい柔らかくておいしかったのでオススメです。

田舎仕様のホームセンターで普通に売っているのでお試しあれ!

蕪と同じく20~30日で出来上がりますよ。

・・・・・・・・・・・・・

2週間ぶりの晴れ間

暑い暑い

朝っぱらからノコギリ持ち出してギコギコ切って、思いのほか枝が大きく、自分で支えきれずにドーンと枝が落下・・・・。

まぁ、植えているものではなく、適当に生えているつつじとか草むらに落ちたからよかったものの、そこから運ぶのが容易じゃなかった。

道路ひきづってズルズル・・・ズルズル・・・・

ふと思う。

ノコギリで切って分解してから運べばよかった。

気づいたのは、もう、あひる土地までひきづってからのお話。

長さにしてあひるの倍くらいだったかな?切ってみたら以外に長かった、太かった。

ミニコでデカイ蛇を踏みそうになったり

外作業がとても楽しい季節がやってまいりました!

あー

毎日が日曜日よ、もどってこーい

あと2日出勤すれば休みっ休みっ!

| | コメント (0)

2011年6月21日 (火)

霧とともにこもるもの。

15℃+霧+時々雨

しっとりとして草木も育つ

そんな気候

ひからびていたガジュマルのシワシワした足もむっちりとなりました。

5月に外に出したら寒すぎて凍えた観葉植物たち。

6月半ばにしてようやく調度良く湿った季節がやってきたようだ。

今年の春は遅い。

Dsc04488

この蒸しっとした湿った気候にこの巨大な花

朴の木の花、多分、手のひらよりも大きいであろうこの花がとても甘い香りを放つのです。

駐車場の前の森に3-4本連なっているので、外にでるとモワっと香ります。

朴葉味噌とかやろうと思えばこれでもか!くらいに葉があるのだけど、拾ってまでやろうとは思わないなぁ。

seinさんが以前に買ってきた朴葉味噌がまだあるけども。

そしてseinさん、今週末、この梅雨時期に山に登ろうとかいうこと言っていたとか。

無理に決まってる、2週間も続いている雨だもの。

山道が危険すぎるね。

Dsc04500

Dsc04499

花びらが取れたんじゃないです。

こういう花です。

このときは霧がはれていたのでよかったけど、霧の中ではぐっしょりしながら咲いています。

ここは、雨と霧が多く、岩場に生えるものがよく似合う。

気候と地形に合わせて、にせあひるが作ったロックガーデンなのだが、

お向かいの別荘の方に、7-8年前、「変わった花壇ですね」とにせあひるが言われたというのが忘れられない。

普通の花壇を作ったらそれこそみんな毛が生えてしまうもの。

5-8月はずっと梅雨時期と思ってもらえば想像がつくだろう。

9月-10月は秋、11月-4月までは冬

緑がもさもさしている季節もあとほんの2ヶ月だけ

そう思うと、この霧も悪くない。

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

哀れ日光キスゲ。

去年は小さい新芽のときから鹿に食べられ花咲かず。

今年は!

1_1
ここまで立派に!

2
ここまで立派に!

1_3
ここまで立派に!

満開になったらすごいよね!

4

翌日

ああ・・・・・

無残・・・・・

鹿めっimpact

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

Dsc04501
iCon' Chicken イタリアンハーブ

Dsc04502
おいしいのだけど

やっぱりこのiConシリーズはショッパイ気がする。

半分くらいが調度良く、最後まで食べるとショッパイ・・・。

そこが毎回もったいないところ。

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

・・・。

おなかすいた・・・。

| | コメント (4)

2011年6月11日 (土)

おかえりミニコ。

ミニコが入院から帰ってきました。

代車はいつも、一番小さいものでATで、とお願いしてあるのですけども。

ランドローバーとか扱っているALCで軽はさすがにないだろうってことで、小さいとはいえ、ミニコに乗っているあひるにはとても大きく、おしりが長いとしか言いようがない。

とても静かで、ハンドル軽くていいですけどね。

でかいんだよ!

というわけで、無事、帰宅した赤いおしり。

いつものオイル漏れが1月から続いていたけど、代車にスタッドレスがないので、確実に雪が降らない季節にならないと修理には出せない。

しかし今回のオイル漏れは、いつもの場所ではなかったらしい。

ちなみに6月は定期点検の季節でもあるので、全部まとめて。

・・・・・・・・・・・・

【定期点検での指摘事項】

・ラジエターキャップ機密不良

・エアエレメントの汚れ

・前後ショックアブソーバーブッシュが切れています

・フロントサブメンバーボルト欠落しています

・ブレーキアジャストナット磨耗

【オイル漏れ修理にエンジン脱着作業およびA/Tにすべりがみられるための修理】

・色々な細々した部品の交換(多すぎて省略)

・リビルドオートマミッション交換

・・・・・・・・・・・・・・・

合計、あひるのパート代の8ヶ月分が飛んで行きました・・・。

修理するか、乗らないか、の2択しかないので、しかたないのですけども。

あぁ

またしばらくは仕事をやめられない・・。

| | コメント (4)

2011年6月 8日 (水)

毎年恒例のバラ園。

2011年6月6日

平日を狙ってここ3年ほど季節になるとバラ園に行っております。

入場無料です。

苗もとても大きさのわりに安いのです。

探すのが大変なのだけども。

新苗も大苗も売ってます。

鑑賞するだけも良し

ちょっとしたオープン喫茶と、雑貨屋、犬用グッツ、外工関連、焼きたてパン屋さん、隣に動物病院、お持ち帰りカレー屋さんとかあるので、平日ならくつろげます。

バラ祭りの土日とかは混雑するから無理だけど。

今年は乾燥した寒い冬だったせいか、ファザーズディ以外が全滅しました。

挿し芽で増えて花も咲いた子たちもダメでした。

今回の狙いはコーヒーオベーションだったのだけど、完売だった。

残念。

1_5

こんだけ咲けば見事だよなぁ

これは外なんだけど、大型ハウスの中に苗が沢山並んでいます。

これがまた、暑いのなんのって・・・・。

田んぼの隣なので

1_1_3

こんなかわいらしい光景をみることもできます♪

しかし、

ハウスに入ったとたん、10箇所以上、蚊に刺されました

真っ赤になって、周囲は小さい点々がうわーっと。

ちょっとしたアレルギー状態な・・・・。

半そでだったからね。

今シーズン初の蚊さされでございました。

あひる土地の藪に入ると、デッカイ蚊がいて、それに刺されると、ボーンと腫れあがる。

まるで骨折でもしたんじゃないか?ってなくらい。

それくらいに腫れました。

痒いー痒いーいいながら、

1_2_3

バラのアイスを注文。

以前はバラソフトだったのだけど、機械が壊れてしまったらしく、濃厚ミルクアイスにバラのジャムと花弁が乗っていて、とてもバラの香りに癒されました。

濃厚なミルクアイスおいしかったー

そこで、ここの方が、真っ赤に腫れたあひるの手をみて、ラベンダー精油をちょんちょんと塗ってくださいました。

なんていうことでしょう

痒みがあっというまにおさまった!

あとで検索かけたら、抗炎症作用があるので虫刺されにはいいらしい。

あとは虫除けにもいいらしいよ。

ゴキブリも嫌うらしい。

蚊の音で眠れない方は、ラベンダーオイルを枕の下とかに入れたりしておけば、顔の付近には寄ってこないかもしれないね。

でも、虫除けに使うときは、他のオイルを混ぜないと、蜂が寄ってきてしまうとか・・・。

お気をつけあれ。

ま、でも、あれです。

ラベンダーオイルが直接腕に塗られたので、バラの香りとラベンダーの香りが混在してしまいましたがね。

かーちゃんはバラに関する雑貨を買ったり

あひるは、コーヒーオベーションがなかったので、今シーズン枯れてしまったマザーズディのピンク、あとはにせあひるが、なんとかというバラの苗を購入。

お昼には少しはやいけど、横にあるカレー屋さんでカレーを注文して、また、バラのアイスを食べたオープンカフェでバラをみながら食べるのです。

夜はお酒もでるみたい。

1_3_2

1_4_3

1_5_2

お弁当ちゃお弁当なんだけど、バラを見ながら、噴水の水の音をききながら、平日お客さんが少ない中でまったりと過ごすのもまた、楽しいもんです。

| | コメント (2)

2011年6月 5日 (日)

おばけになりすぎた。

1_1

新芽がでたのは多分2月とかの真冬。

ちょうど岩のくぼみに植えたので、冷たい風もあたらず、雪が降っても埋もれることなく、雨水は苔と岩からタチタチとしずくをもらう。

そんな環境がいいのでしょうか

すくすくと育ち、ここで何回花を咲かせたでしょう

ハッカクレン

元気に育てよー!と願いを込めて、肥料をあげすぎたせいか

あひるの手の平よりも大きくなり

まさか花が咲いているなんて思わないでしょうなくらい。

1

かがめば、かわいくないデカイ花をもれなく見ることが出来ます。

今年は種でも採ってみようかしら?

コドモの頃はかわいいんですよ?

| | コメント (2)

2011年6月 1日 (水)

あなたはどっち派?

昨日の職場でのランチタイムのときの議論。

A(20代独身):彼氏の家でシチューを作って出したら、え?何これ・・・って言われた。シチューってゴハンにカレーみたいにかけるよね?

B(20代母):うん、だって洗い物メンドクサイじゃん

C(40代母):え?!バラバラに決まってんじゃん!ゴハンにかけるの?

D(あひる):バラバラだ。白いゴハンにシチューかけるのはキライ。

A:うちの母は最初から白ゴハンにシチューかけて出してた。

B:うちもー。旦那も何も言わないし。でも、実家に行くと、ばーちゃんはバラバラに出してくる。私は結局かけて食べちゃうから、バラバラに出さなくてもいいのにーっていうんだけどね。多少みずっぽくできちゃっても白ゴハンにかけて出すね。誰も何も言わないで普通に食べてる。多分、バラバラに出したら、え?って言われて、自分でかけて食べると思う。

C:うちの母もバラバラだよ。カレーだってバラバラだし。

D:だいたい、シチューだったら、イメージはパンで、ピラフみたいな味つき(色つき)にシチューをかけるなら、ドリアみたいな感じで許す。シチューはスープ扱いでかけるものじゃない。

・・・・・・・・・・・・・

と、まぁ、こういった話。

A、B、Cは年代は別でも、生まれも育ちもこの職場の近くだ。

あひるは県外生まれ&育ちだからよそ者だけども。

AとBの母は多分Cと同じくらいの年代+5~10歳くらいだろう。

となると、地域性ではなさそうだし?

年代でもなさそうだし?

そして、AのばーちゃんとCの母っていうのは、多分70とか80代で、バラバラ派なわけで。

ちなみに職場でランチのあとにきいたら、新潟出身の40後半と思われるの男性は、

そもそもシチューとゴハンはないだろう。パンだ。

という。

にせあひるもバラバラ派。

もちろん、あひる実家もバラバラ派。

さて、あなたはかける派?

それともバラバラ派?

| | コメント (4)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »