« 他人から見れば、雑草だらけの雑木林。 | トップページ | 短径自然薯の欠片を植えてみる。 »

2014年5月15日 (木)

あれは多分10年前に出会った。

まだまだ若かりし頃

この土地に引っ越してきたばかりで20代だったと思う。

ハイキングコースともなる山がすぐ近くにあるので、おにぎりを持っていったこともある。

最近はもう行ってないなぁ

当時は、seinさんも持病がなかったので、走るように登ったりしていたけど

多分、今のメタボ感と持病からすると、やめたほうがいいだろう。

きっと本人は、気持ちだけは当時のままのつもりでいるだろうけど。

申し訳ないが、救急隊を呼ぶようなことになると嫌なので、行くときは複数で行って、担いで下山できる体制でいかないと(笑)。
もれなく るりゃんさん付き。

さて、それはどーでもいいとして、

この頃に山で出会ったのが、フデリンドウ。

当時はスマホなんてなかったから、写真を撮って自宅に帰ってから検索をかけたのだった。

すっごいかわいかったー!
ほしかったなー

そのかわいかった子が、なんと

あひる土地に咲いていた!

20140510_2

20140510_3

ふつうにリンドウの姿だけど

20140510_1

フデというだけあって、こんなに茎が伸びた状態でも3㎝!

ちっちゃい!

ちょうど山栗が落ちる平な場所で、木漏れ日が差す、やや乾燥気味の場所。

雑草だらけとはいえ、大雑把な草むしりや草刈、余分な樹の子を抜いたり切ったり、下枝落としたりという手入れはやってるんです。

ただ、どれを切ってどれを残す、それを考えてると、難しくなるんだよねー。

植えてるものも切っちゃったり(汗

今、山は春なのです♪

下界はもう初夏かもしれないけど。

|

« 他人から見れば、雑草だらけの雑木林。 | トップページ | 短径自然薯の欠片を植えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 他人から見れば、雑草だらけの雑木林。 | トップページ | 短径自然薯の欠片を植えてみる。 »