« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

2個目のヤマガラも・・・。

2014年今年の1個目のヤマガラの巣
ヤマガラな季節がやってきたが。

ヘビにやられたわけで。

対策として

Dsc06305_2
ペットボトルとビニールをやってみたのだが、成果はどうだろう?

2個目のヤマガラの巣

20140507

2014年5月7日 卵あたため中

20140512
2014年5月12日

はげちょびんが生まれていた

ここからは毎日の観察が日課となる。

写真は若干省きながら載せます。

20140514
2014年5月14日

20140516
2014年5月16日ママがいた

20140517
2014年5月17日

20140524
2014年5月24日

20140527
2014年5月27日

7羽もいるせいか、成長が遅い。

餌が間に合っていないかも。

20140528
2014年5月28日

巣立つには全然育っていなかったので

これはまたヘビにやられたと思っていいだろう。

巣箱の蓋はしっかりしまっていたので、カラスではないと思う。

またしても守れず。

いろいろ検索して、ヘビにいいとされていることをやってるのだけど

金属棒に変更しても、ビニール巻きつけても、ペットボトルつけてもダメなので

次回は、やっぱり、もっと口径の拾いヘビ返しを設置予定。

まだ8月まで期間があるので、また巣をつくってくれるといいなぁ

最高で1つの巣箱で1シーズン3回巣立ちがあったので、まだまだ期待はできる。

が、しかし

ショックだなぁ・・・・。

| | コメント (2)

2014年5月26日 (月)

初夏だけど春。

5月下旬、下界では初夏

ここでは春

2014520_1

只今、山桜が満開。

下から見ると全然見えなくて、実が落ちてくると、たくさん咲いてたんだなぁ・・・というのが毎年恒例。

でも、今年は、2Fに窓がついたので、2Fから山桜の花をみることができる。

なんて素晴らしい!

そんな山桜の下で

2014520_2_2
スタッドレスタイヤの小石を釘でピンピンとはじきながら、ちまちまと取ること4本分。

結構、タイヤが重くて、支えている腕が翌日筋肉痛。

手袋もにせあひるのだから、でっかくでゴワゴワ。

2014520_3

その横で、犬は日向ぼっこ。

平和な5月。

| | コメント (0)

2年経つと。

もうすぐ2年縛りが切れるスマホ

ポケベルをすっ飛ばして携帯を持ってから約19年。

今まで一度も液晶にキズなんてつけたことなかったのに、

Dsc06352

キズ!

多分、ケースに入れるときにストラップ類が引っかかったと思われる。

なので、ソニーポイントで買っておいたストックの液晶保護シートを張り替えよう

Dsc06355

同じものなんだけど

張り替えたら、手触りがサラサラしていて、滑りもなめらか。

やっぱり2年使うと液晶保護シートだって経年劣化するよね。

このスマホは気に入ってるけど

なにがって内部メモリー不足。

出来る限りは削除して強制終了させて、一時的に70%まで落ちても、あっという間に90%を超えています!とでてしまう。

プリインスト物がいらんよな・・・。

削除も強制終了もできないものが多すぎる。

外部に移したくても移せないものばっかりだ・・・。

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

豪快に作る。

なにげにホットケーキが大好きなのです

世の中流行っていたパンケーキ

食べに行ってみたけど、甘すぎて。

シナモンもほんのり香る程度はいいけど、

シナモンロールのように、それが売りというものはちょっと。

話は違うけど、ジャスミンやバラは本物の花から香るものは好きだけど

加工品は強すぎて好ましくない。

なので、ジャスミンティーは、うーん・・・だな。

そして、ホットケーキは、そのまま かじる 

もしくは、マーガリンのみ塗る

たまに甘くしたいときは蜂蜜をかける

こちらの方言では、のつのつ する と表現するのだけど、

もっさりして、ぱさついて、水分ないと喉につまるぜ!くらいな感じだけど、それでもいいのです。

2_2

どどーん

これ、4枚分=1袋分ですわ。

1回分を全部フライパンに流し込んで作るとこうなります。

2_1

一番厚いところで、4㎝。

平均3㎝。

焼きたてをそのまま、頬張るのが幸せです。

のつのつするので、珈琲と一緒に

ハフハフ

これをひとりで食べたら、すっごいカロリーになるけどね。

大抵は、半分こです。

| | コメント (2)

2014年5月20日 (火)

切り戻しはできるか?

去年の秋に購入したサントリーのビオラと、

3年前に種で買って蒔いて育て、そのこぼれ種で増えて、さらにその種で増えた苗を拾いあげたという極小ビオラ

0_2

冬を越して5月になったら、3株ずつだったのにモリモリに。

デッキの中に置いていたので、雨風霜にも当たらなかったため、

サントリーのビオラ(黄色い方)なんて、8か月も咲き続けていた。

おつかれさま。

4月からは、晴れの日中は外に出し、朝晩はデッキの中に入れるという作業を毎日やっております。

他の鉢もあるので、10鉢以上、出したり入れたり・・・。

ビオラの茎も20㎝以上に伸びてしまい、ぼちぼち終わり。

もしかすると3か月後に復活できる可能性もあるので

0_1_2

ばっさり。

夏ごろ復活できるといいなぁ。

このサントリーのビオラと、種からひたすらこぼれ種で生き残っている極小ビオラ、あとは見元園芸の春の恋やニュー歌姫などのピンク色のビオラは、他にもプランターにあるので

これらは、花柄摘みをせず、種をつけて、また、勝手に出てくれるのを願うのです。

問題は、極小ビオラのときは、1種類だったから、ある程度同じ色のビオラになったけど、

今回、5種類くらいあるから、どんなビオラが生まれるだろうか?

楽しみのような、不安なような。

でも、買わずにして増えてくれるので、発芽した苗をあちこち拾い上げれば、あっというまに花盛りのプランターができあがる。

気が付けば、バラの鉢なのかビオラの鉢なのか?くらいバラの鉢にビオラが咲き誇っていたりw

ワイルドなあひるの花壇です♪

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

春の訪れを告げるのは。

下界の春はもう3月から始まっているとおもうけど

山の春は5月が本番

もちろん、鹿との戦いもあるけれど

華やかに咲いている花たちもある。

まぁ、あひる家みたいに地味なとこもあるけど。

Dsc06175

親は年々小さくなっているけれど、

多分、あひるが斑入りマムシ草のコドモと間違って植えたであろうユキモチソウが花をつけた。

ユキノシタ繁殖エリアに咲いたユキモチソウは立派だ。

このまま増えてもいいので、受粉させよう。

人工授粉だけどね。

にせあひるも知らないところで、こういう事はせっせと毎年やってるんです、あひる。

ユキノシタも増えすぎだろうよ。
花が咲く前のエキスたっぷり含んでいるうちに、また、美白ユキノシタエキスを作ろう。
作りたい放題!

Dsc06180

イカリソウ、かわいいなぁ

Dsc06201

チゴユリも小さくてかわいいけど、増えすぎで、他のエリアに侵入しすぎるのはどうかとおもうよ。

Dsc06203

春の訪れを告げるのは、アミガサタケ。

スミレと一緒に居る姿はなんともいえず。

| | コメント (0)

2014年5月18日 (日)

ヤマガラな季節がやってきたが。

今年もやってきたこの季節。

429

2014年4月29日 ヤマガラが卵をあたためていた。

507

2014年5月7日数日前にヒナが生まれてたっぽい。

ここからは毎朝覗いて成長記録を撮っていた。

毎年恒例行事♪

実はまだもうひとつ巣箱があって、2つ観察中。

511

2014年5月11日 めっちゃかわいくないヒナの顔が撮れた。

ぎょろめ。

514

2014年5月14日成長するにしたがい、警戒するということを覚えたようだ。

516

2014年5月16日

518_1

2014年5月18日 あと1週間待たずして巣立ちかもなー。

11:00頃、ヤマガラの親たちが、けたたましく警戒声をあげはじめた。

もしや?と思ってみると、大きなシマヘビが!!!!

そして、むぎも吠えたてる

にせあひるが追い払い、無事に守りきれたと思った。

が、しかし

518_2

時すでに遅し。

食べられたあとだった。

ヘビ返しをつけようと思っていた矢先だった。

もひとつの巣箱は大丈夫だったので

Dsc06304

ヘビ返しを設置。

去年、金属製ならのぼってこれないだろうとおもったのに、ヘビにやられた。

検索で、スーパーのビニール袋を巻き付けておけばOKというところがあったので、

ビニール+ペットボトルというものを設置。

これで守りきれるといいんだけど。

ここ数年、ちゃんと巣立てない年が続いているので、今年は巣立てる子たちが増えますように。

餌場の後ろにはでっかいカブトムシの幼虫が眠る土嚢袋があったり、背景がよろしくないけど、山野草栽培やらなにやら、だんだん田舎の家のようになっている箇所があるのは気のせい。

| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

短径自然薯の欠片を植えてみる。

いただいた自然薯

すごく小さい

でも、ホームセンターでその自然薯の元となるであろう痩せた芋が3本で598円!

高っ!

多分、短径自然薯だと思われる。

すごく粘りが強くて、水分少なくて美味しかった!

今までも、長芋の皮を捨てておいたら芽が出て、ムカゴがなったり

腐っちゃったと思ったら端っこから芽がでたり

以前に買って植えた自然薯も、掘りあげたらめっちゃ小さくて途中で折れて収穫できず、今ではムカゴ専門になってたり。

そして、この間、TVでやってたけど、自然薯栽培は難しいとされていたけど、どうやら、芋は養分の少ない土を求めて奥にもぐって、根は養分の多い方に広がるらしい。

というわけで、やってみよう!

201405_2

発芽してて、ポキっと折って捨ててしまった芽をもういちど拾ってきたw

もったいないけど、発芽した芋を少し多めに切る。

本当は、端っこは成長がよくないらしいけど、お試しだからいいのさ。

201405_1

本来、砂を用意しないといけなかったんだけど

砂が15Kgとかで重くて、買うのがめんどくさくなったので買ってこなかった。

家にあるパーミュキライトでいいだろう、軽いし、養分ないし。

なんでこんな大量なパーミュキュライトがあるんだって話だけど。

そりゃあ、混ざってるのを買うより、単品で買って混ぜた方が安いからさー♪

とりあえず、プラスチック製の安いプランターを購入してきた。

が、下界仕様なのか、片側にしか排水穴が開いていない。

いやいや、ここでは水はけ大事だから!
保水性十分じゃなくていいから!
乾かないし!

うーん

201405_5

にせあひるが週末に2Fロフトを 破壊中 リフォーム、拡張中なので、その工具が広げてある場所に行く。

多分、これでいけるだろう

ガガガガガー

201405_3_2

まるで最初から開いてたみたいじゃーん

反対側と見分けつかないよ

ひとりで勝手にやったわりに上出来♪

軽石敷いて、パーミュキュライトを入れて、その上に培養土いれて完成。

201405_4

ダメだったらそれはそれで、芋の切れ端とぽきっと折った芽だから惜しくない。

どうなるだろうねー

うまく蔓がでたら、オベリスクでも買ってきてかわいく仕立てよう。

ちなみに、隣にあるのは、ぼっちゃん南瓜。

去年、種から育てたバターナッツ南瓜がプランターと花壇でうまくいったので、

今年は、坊ちゃん南瓜をプランターと花壇で1苗ずつ植えてみようかと。

背景の苔山と畑に生える南瓜の苗の組み合わせがなんとも微妙。

でも、この場所は南で一番日当たりがいいの。

以前ウッドデッキだったけど、腐ってしまったので今はコンクリーだけとなっている。
当時は針葉樹のせいでジメジメした南だった。

檜も切ったし、樅ノ木も切ったので、今は落葉樹だけとなり、プランターにはよくなった。

苔山のところは、ちょうど樹の下なので、直射日光は当たらない。
山野草にはいい場所なのです。

芋よ かぼちゃよ すくすく育て

あひるのために!!

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

あれは多分10年前に出会った。

まだまだ若かりし頃

この土地に引っ越してきたばかりで20代だったと思う。

ハイキングコースともなる山がすぐ近くにあるので、おにぎりを持っていったこともある。

最近はもう行ってないなぁ

当時は、seinさんも持病がなかったので、走るように登ったりしていたけど

多分、今のメタボ感と持病からすると、やめたほうがいいだろう。

きっと本人は、気持ちだけは当時のままのつもりでいるだろうけど。

申し訳ないが、救急隊を呼ぶようなことになると嫌なので、行くときは複数で行って、担いで下山できる体制でいかないと(笑)。
もれなく るりゃんさん付き。

さて、それはどーでもいいとして、

この頃に山で出会ったのが、フデリンドウ。

当時はスマホなんてなかったから、写真を撮って自宅に帰ってから検索をかけたのだった。

すっごいかわいかったー!
ほしかったなー

そのかわいかった子が、なんと

あひる土地に咲いていた!

20140510_2

20140510_3

ふつうにリンドウの姿だけど

20140510_1

フデというだけあって、こんなに茎が伸びた状態でも3㎝!

ちっちゃい!

ちょうど山栗が落ちる平な場所で、木漏れ日が差す、やや乾燥気味の場所。

雑草だらけとはいえ、大雑把な草むしりや草刈、余分な樹の子を抜いたり切ったり、下枝落としたりという手入れはやってるんです。

ただ、どれを切ってどれを残す、それを考えてると、難しくなるんだよねー。

植えてるものも切っちゃったり(汗

今、山は春なのです♪

下界はもう初夏かもしれないけど。

| | コメント (0)

他人から見れば、雑草だらけの雑木林。

道路側からは、窪んでいて見えない部分がある あひる土地。

そこには、趣味の山野草が色々と植えてある。

見るのは自分たちと、むぎ と 餌を求める鹿くらいか。

鹿には見つかってほしくない場所だ。

20140514_3

斜面をむぎのいるデッキから見下ろせば、

ヤマシャクヤクが一斉に開こうとしている。

20140514_4

この おまんじゅうのような姿をみることができるのはほんのわずか。

すぐに散ってしまう。

ヤマシャクヤクは、鹿もネズミも食べないので、敵はなさそうにみえる。

ただ、発芽に1年~2年かかるので、増えるのには時間がかかる。

はじけたままにしておくのもあれば、種をとって鉢植えで増やすこともしているけれど、

なんたって経過が長いので、フダに名前を書いておいても1年も経てば消えてしまって

これ、何植えてたっけ???となる。

そして、ばさっと鉢をひっくり返したら、初根した子たちが、わらわらとでてきて、

これから芽をだそうとおもってたのに!!!って感じ。

申し訳ない。

また、鉢に戻す。

それくらい、長い目を持たないと無理な子です。

そして、花が咲くまでには5年以上かかるという、まったく気が長すぎる。

20140514_1

↑2014年↑

去年お休みして咲かなかったエビネが咲いた。

が、なんか違う。

こんな色だったっけなー?とこのブログ内検索をかけたら

1_9

↑2011年はこれだった↑

うん、そう、普通の何の変哲もないエビネだったはずだもの。

下のほうに何個か蕾があるから、次の子が咲くのを待とうか・・・。

20140514_2

もう、はるか昔に姿を消したと思われた シラネアオイらしき 葉が!!!

ちなみに手前はモミジの子。

ほらね、自分たちじゃなきゃ、どれが植えてるもので、どれが雑草(90%を占める)かなんてわかりゃぁしない。

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

山百合ならいける。

百合といっても咲く季節が異なるから、パッケージだけみて

かわいい!と買うと失敗する。

梅雨時期に咲いちゃうやつとか、ただでさえここは梅雨は2か月近くあるし、濃霧も続く。

蕾が腐っちゃうんだよね。

そして、今年、2種類2樽の百合が発芽せず、腐っていた。

しかし、成績優秀なものもある

2014_1

咲いた山百合の種を採って、ぐしゃっと土に入れたら発芽した。

周囲にもあちこち発芽してまるで雑草のようだった・・・。

2014_2

こちらは蕾がつくサイズにまでなったもの。

2014_3

こちらもそろそろ植え替え時かと思ったら

2014_4

絶対植え替えないといけない状況だった。

これも樽に植え替え組だな。

ただ、山百合の敵は、鹿だけでなくネズミも。

だから、地上にも地下にも敵がいる。

そういったわけで、鉢植え&高い場所、番犬の近くということになる。

でっかく育てれば売れるかも・・・?

なーんて思ってみたり。

育て方をみると、敵はアブラムシらしいよ?

アブラムシがついてるのなんてみたことないけどね。

まぁ、下界ではそうなのかも。

ここでは鹿とネズミだけど。

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

ピュアもの。

今ローソンでCMやってるうちカフェ ピュアシリーズ

1_5

1_6

ピュアショートケーキ

あっさりしているところが好き

最近、生クリームたっぷりなものとか、胃もたれしやすくなった。

ロールケーキもプレミアムよりピュアのほうが美味しいと思う。

1_2_2 

1_3

ピュアチーズケーキ

こちらもさっぱりしているので、えーっと2個とか食べれるかも。

この2つは定番にしてもらってもいいんだけどなー

1_1

1_4

ピュアチョコケーキ

こちらは上に生チョコが乗っている

美味しいけど、

ショートケーキとチーズケーキには負けた感がある。

チョコケーキとしては美味しいんだよ!

・・・・・・・

生チョコとかミキュイとか、基本、チョコ大好きなんだけど、

前回のチョコフォンデユ用に用意されたクーベルチョコはなんだろうな、脂肪分が多すぎてダメだったなぁ

そう考えると、赤い箱のガーナチョコとか、めっちゃ美味しいと思う。

そういった意味では、ピュアチョコケーキは美味しいんだけど、

火曜日にピュアショートケーキ、木曜にピュアチーズケーキとピュアチョコケーキが発売。

3種類を同時に買うことができるような発売の仕方だったから負けたのかもなー。

期間ずらしてバラバラだったら全部いい!!って思っただろう。

ま、あくまでも、あひるの感想だけども。

みんな美味しい!

| | コメント (0)

2014年5月 9日 (金)

覗く犬。

普段、犬に使うバケツはふたつ。

犬の手足を洗ったり、茶碗を洗ったりするために室内からお湯を汲むだけのプラスチック製の専用バケツ。

プラスチック製のバケツからお湯を注ぎかえて、犬の手足を洗う専用の金属製のバケツ。

犬もそのように認識しているらしく、

水道から直接出てくる水は、飲料水ではない

冷たいのは嫌

室内から、ご飯茶わんに汲んできたお湯も飲料水ではない

プラスチック製のバケツから移されたお湯が飲料水だと思っている。

なんてメンドクサイ犬になってしまったのでしょう・・。

そして

手足を洗う金属製バケツに、お湯を全部注いでしまったので、飲料水としてのお湯がなくなってしまった。

2014_05

あひるさん、僕の水はー

水はー・・・・?

茶碗をのぞき込んでは、あひるの顔をみて、また茶碗をのぞきこむ。

そんな姿がかわいくて、お湯を注ぐ前に、またわざと茶碗に顔が映るように持ち上げて写真を撮った、そんな1枚。

そんなことしてないで、はやくお湯をよこせってんだ!!!!

はーいっとな。

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »