« 短径自然薯の欠片を植えてみる。 | トップページ | 春の訪れを告げるのは。 »

2014年5月18日 (日)

ヤマガラな季節がやってきたが。

今年もやってきたこの季節。

429

2014年4月29日 ヤマガラが卵をあたためていた。

507

2014年5月7日数日前にヒナが生まれてたっぽい。

ここからは毎朝覗いて成長記録を撮っていた。

毎年恒例行事♪

実はまだもうひとつ巣箱があって、2つ観察中。

511

2014年5月11日 めっちゃかわいくないヒナの顔が撮れた。

ぎょろめ。

514

2014年5月14日成長するにしたがい、警戒するということを覚えたようだ。

516

2014年5月16日

518_1

2014年5月18日 あと1週間待たずして巣立ちかもなー。

11:00頃、ヤマガラの親たちが、けたたましく警戒声をあげはじめた。

もしや?と思ってみると、大きなシマヘビが!!!!

そして、むぎも吠えたてる

にせあひるが追い払い、無事に守りきれたと思った。

が、しかし

518_2

時すでに遅し。

食べられたあとだった。

ヘビ返しをつけようと思っていた矢先だった。

もひとつの巣箱は大丈夫だったので

Dsc06304

ヘビ返しを設置。

去年、金属製ならのぼってこれないだろうとおもったのに、ヘビにやられた。

検索で、スーパーのビニール袋を巻き付けておけばOKというところがあったので、

ビニール+ペットボトルというものを設置。

これで守りきれるといいんだけど。

ここ数年、ちゃんと巣立てない年が続いているので、今年は巣立てる子たちが増えますように。

餌場の後ろにはでっかいカブトムシの幼虫が眠る土嚢袋があったり、背景がよろしくないけど、山野草栽培やらなにやら、だんだん田舎の家のようになっている箇所があるのは気のせい。

|

« 短径自然薯の欠片を植えてみる。 | トップページ | 春の訪れを告げるのは。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短径自然薯の欠片を植えてみる。 | トップページ | 春の訪れを告げるのは。 »