« 僕の食べられるもの。 | トップページ | 正面ではない。 »

2015年10月 4日 (日)

くーたん、おつかれさま・・・・。

あひる実家の3代目シーズー

くるみ

2015年10月4日 0:45  15歳6か月 永眠

1代目は大人のシーズーを頼まれて引き取った。13歳永眠。

2代目は1代目が出産した子。14歳永眠。

その後、あひるは結婚して(まだピチピチでした)家を出ていたので、2匹の犬もいなくなり、あひる実家は夫婦二人暮らしに、そして2年の月日が経った。

とーちゃんがさみしくなったのか、
広告の入っていたペットショップに行き、シーズーの仔犬を見に行く。

その中で、他の仔犬を蹴飛ばしながらよじ登っていく元気のいい仔犬が1匹。

それをみて、この子にしよう!と決めたのは、かーちゃん。

名づけ親もかーちゃん。

“くるみ”と名付けた。

血統証書の名前は“エミリ”だけど。

しかし、すっごいアレルギーがひどくて、獣医にこんなにひどいアレルギーはみたことない!ペットショップに返してきたほうがいい!と言われるほど。

でも、もう数日飼ってしまったのに、返せと言われてもね。

かわいいし。

そして、

人間の子である あひる が熱を出しても何をしても、休みもとらなかった(かわいそうだわ)あの仕事の鬼のとーちゃんが

くるみのシッコの躾のために有休をとった。

あひる、にせあひるを含め、かーちゃんも働いていたので、順番に休みを取ったり、シフトをずらしたり希望を入れたりしつつ、くるみのシッコの躾のために常に人が居るようにした。

ちなみに、同居ではないですよ、あひる家。

その後、あひる家も賃貸暮らし6年を経て、今のところに家を建て13年。

あひる実家も7年前に引っ越しをして、現在、あひる家から徒歩1分のところにいる。

そんなわけで、一緒に暮らしてはいないけど、家族です。

2011年、あひる家にむぎが迷い込んできたときからの3年間は一緒に散歩もできたけど、

2015年に入ってからは、だいぶ足腰が弱ってきて、むぎと一緒に散歩はできなくなった。

顔の周りの毛が赤いのを気にして(アレルギー)ドックフードを獣医に勧められて変更したら、毛の赤いのはとれたが、全身痒い痒いとかきむしって、身体の毛が抜けて、禿げて、ネズミ豚みたいになった。

ドックフードを元にもどし、心臓の薬を飲み始めたら、その副作用なのか、今度は今までにないくらいにふっさふっさになった。

この半年、ごはんとトイレ以外はほとんど寝ていて、時々、痙攣をおこしたりしていた。

そして、この1週間、食欲不振、下痢、吐血などがあり、2泊3日の入院で点滴をして、ちょっと脱水が改善して、2015年10月3日(土)退院。

結局、入院中も食べれず、薬も飲めず退院してきたので、最初はこんなんで薬を飲ませろって処方されても!!!と、かーちゃんも怒ってたけど、トコトコ元気に歩いていた。

呼吸が荒くなってきたと電話を受けた19時、また明日ね、って声をかけて帰宅。

そして、0:45 呼吸が止まったと連絡があった。

日付は変わり2015年10月4日 

明日ねって言ったから、ちゃんと守ったのかもね。

土曜日の午前中はとーちゃんは予約の外来受診、かーちゃんは健診を予定どおりに受けることができ、

土曜日午後にくーたんは退院して、みんなの顔をみて、日曜日、みんなでペット霊園にいって火葬してもらって、本日大安、秋晴れ。

皆が休みの日に、誰にも迷惑をかけることもなく、最後まで親想いのいい子でした。

001vert

今年の8月にはこんな くるみばーさん だったけどね(笑)

おやすみ くーたん・・・・。

|

« 僕の食べられるもの。 | トップページ | 正面ではない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕の食べられるもの。 | トップページ | 正面ではない。 »