« 噂のピロコームE2。 | トップページ | 駿河湾沼津SAで初スタバ! »

2016年2月24日 (水)

南部鉄瓶を育てる。

なんのこっちゃ?と思いますよね。

自分もそう思いました。

生まれも育ちも関東だった(*゚∋゚)ですけど、両親実家は東北なので、高速道路のSAなんかにいくと、南部鉄瓶とか鉄器がお土産にズラっとならんでいた。

もちろん、祖父の家も ど田舎なので、昔ながらの囲炉裏に鉄瓶とかありがち。

オトナになってからも、いつか鉄瓶ほしいなぁ・・・・とは思っていたけど、それなりにお値段がするので買えずにいた。

そんな中、ちゃんとした値段をみてみようと思ったら、びっくり。

そういえば、最近は外人さんが南部鉄器をほしがったりすることもあり、ブームだよね。

白湯もデトックスでブームだし。

そんなわけで、値段は高いわ、注文てから1年待ちとか、やってられん。

・・・・・・・・

そこで、知ったこと。

急須だとホーロー加工してあるから、鉄分の補給には無意味だそうな。

そうだったのかー、知らなかった。

もともと、急須ではなく、ケトルを買うつもりだったのでいいんだけど。

みれば色々な形や種類があるけれど、昔ながらの飽きない形で、アラレでいいと思っている。

もちろん、ゆずとかつるんとした形も好みではあるけれど。

さて、きちんと銘のあるものは、高価だし1年待ちになるので、B級品、つくるときにアラレがつぶれてしまったので、銘を入れないよ、というものにしました。

2-3個のアラレが潰れていようが、つかうには無問題だ。

Dsc08638
こんな感じ。

なんとなくは知っていたけど中に入っていた説明書を読んで、おぉ・・・・。

さらに検索をかけて、おぉ・・・。

南部鉄瓶って育てるものだったんだ!!!!

そして、お・・・重い・・・。

本当は

Dsc08640
いつもやかん2個、鍋1個をこのストーブに乗せて、シュンシュンいわせている。

飲むにも、湯たんぽにも、なんにでも使える。

その真ん中の鍋をなくして、南部鉄瓶にするつもりだった。

1.2リットルのケトルだけど、鉄瓶の重さが2.6㎏ さすがに水を入れた状態で、このストーブの上に乗せたら、渡してある棒がたわんでいたのでやめておこう・・・・。

Dsc08641
こっちで沸かして、冬は加湿器にもなるし(笑

大きさとしては

Dsc08644
ごはん釜と同じくらいか

鉄瓶を育てるためには、湯垢をつけて、内部を白くして使い込むと、水を入れっぱなしにしても錆びなくなるそう。

そこまでなるには半年~1年・・・。

内部は決して触らない。永遠に触ることはない。中国茶の急須もそうなんだって。

使用後は中を空っぽにして乾燥させる。
できあがった白湯は、ポットなどに移しておいて飲めばいい。
このとき、蓋も拭いて、注ぎ口だけちょっと拭いて、あとは鉄だから自分の熱で蒸発する。

暖炉の上の煉瓦にでも置いておけば乾燥するな。

夏は困るけど・・・。

鉄瓶での滞在時間の長いほどお湯がまろやかになるらしい。鉄分も同じ。

直火はダメ(もしくは弱火とかIHとか)。

とりあえず、毎日やってます。

地道に自分の鉄瓶を育てよう。

錆びませんように・・・。

・・・・・・・・・・・・・

火鉢屋さんのお手入れの仕方はこちら

鉄瓶の湯垢

|

« 噂のピロコームE2。 | トップページ | 駿河湾沼津SAで初スタバ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 噂のピロコームE2。 | トップページ | 駿河湾沼津SAで初スタバ! »