« 春の雪 | トップページ | 発芽玄米粉を作ろうか、なんで?~長い前置き~ »

2016年3月28日 (月)

山百合を増やそう。

もともと自生する山百合だけど、種を沢山作るわりには増えていない。

球根は野ねずみに食べられるし、土にちゃんと埋めないと発芽率が悪いのか

もともと発芽に2~5年かかると書かれているし・・・。

芽がでれば鹿に食べられるし。

そんなわけで、(*゚∋゚)家でも、種を採って樽に突っ込んでおく、という簡単栽培をしている。

あとは放置しておくのみ。

種を撒いて2年、朽ちた樽を分解してみた。

Dsc08733
それなりの球根ができあがっている。

さらに、ちゃんと毎年花が咲いているほうの樽も分解。

そもそも、地植えにしたいけど、ネズミに食べられるから樽植えにしている。

世話は・・・・もともと自生しているのでしなくていいけど、花芽がついてから台風シーズンがやってくるので、樹の下や、岩場に寄せるとか避難させるとか程度?

Dsc08737
すごいことに・・・。

親球根が腐って、その根元にできた分球たち、そして、種から発芽した子たちがびっしりとくっついている。

そして、向きもバラバラで、土の中で真下向いているものとか、樽の奥深くにあって、絶対陽の目をみれそうもない場所にいたり・・・・。

1つずつ植えるにはスペース上、無理があるので、数個ずつビニールポットにいれて、さらにそのビニールポットを樽やプランターに押し込んで並べる。

そうすれば、運ぶときも楽だし、片付く。

作業しているうちにだんだん飽きてきて、最後のほうは、豆粒くらいの球根なんて、まとめてぐっちゃりビニールポットに突っ込んだ(笑)

ま、どーにかなるでしょ。

でも、案外、こうやって手間暇かけてやると枯れたりして、放置しておいたほうがすくすくと育ったりするもんだから、もしかしたら、来年は全滅しているかもしれん・・・。

うまくいけば、今後2-3年で100本以上の山百合ができあがるはずだけど。

そして、また毎年、種を植えると、じゃんじゃん増えるはず?

まーそう簡単にいかないよね。

そんだけできれば、販売しておこづかい稼ぎができるかなぁ?

|

« 春の雪 | トップページ | 発芽玄米粉を作ろうか、なんで?~長い前置き~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の雪 | トップページ | 発芽玄米粉を作ろうか、なんで?~長い前置き~ »