カテゴリー「富士山」の記事

2019年3月15日 (金)

反対側の監視力は0。

冬、食べるものがなくて、下山してくる鹿。

春、新芽が芽吹くころ、これまた、活動的になる鹿。

結局、鹿が増えすぎて、山も禿げてしまったため、どんどん下山するんだよね。

いつも通り、富士山の写真を撮りに行く。

Dsc04282
先客の白い尻。

むぎの気配に気づき、走って逃げる。

ズームすれば、耳は後ろ向きだ。

こちらの様子を気にしながら走っている証拠。

Dsc04285
|д゚)チラッ

Dsc04287
左に写るこげ茶色の物体。

さっきの鹿がここを横断しようとしている様子。

Dsc04289
こんなかんじ。

ここはもともと鹿だらけだけど、朝から姿をみることはなかったなぁ。

Dsc04297
足跡も糞もいっぱい。

Dsc04299
モグラ山には霜柱。

むぎの写真を撮ろうと思っていたら、間違って、スッキリする格好が決まるまでの動画を撮っていた(泣)。

さすがにそんな動画を載せても仕方ないので本日は犬写真なしってことで。

家についたら、昨日でていなかったカタクリの花芽の1番のり(2個)が!

Dsc04306
ここは、むぎの監視下にあるカタクリだから無事に咲けるはず。

反対側のカタクリ群生地になりつつある斜面は、むぎの監視が届かない場所だから、毎年、鹿に見つからないかハラハラする。

まだ芽はでていなかったけど、台所で洗い物をしていて、ふと窓の外をみたら、鹿が3頭、うちの樹の芽を食べてたし!

窓ガラス叩いて脅かしても、ちょっと離れただけだったので、外にでて、走って山まで追い返してやった。

でも、むぎは、それに気づかず、日向ぼっこで ぺろーん・・・・。

やっぱり日中 家を挟んだ反対側は、むぎの監視力0だということが証明されたのであった(泣)。

夜中は、シーンとしていることもあり、家の反対側の音でも時々気づくらしく、

犬小屋から出ずに、うぅーうー・・・と うなっていることがある。

寝室の壁1枚挟んだところがむぎの犬小屋なので、がさごそと寝返りをうったり、うなっているのも聞こえるので、深夜、この声が聞こえたら(自分が爆睡していなければ)走って外にでると、鹿がいたりする。

案外、家を挟んだ反対側の鹿被害は、日中に起きているのかもしれない。

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

寒くても日向。

Dsc04248
イヤ、僕はそっちに行きません!

自衛隊演習の音が近い時、最近はこうやって拒否する犬。

それでも、富士山の写真を撮るべく、引きずっていくんだけどね。

Dsc04261
だって、笠雲がかっちょぇぇ日だったし。

今年は気温が高く、どうやら静岡市では日中20℃を超えたらしいですね。

もう夏が近いのか?と思ってしまう3月。

しかし、ここは日差しが暖かく感じても、風がとても冷たい。

霜柱がまだたっているくらいだから。

Dsc04265
真っ茶色な杉の木は、とても働き者で、花粉をこれでもか!!!と飛ばしている。

そして、今日はすごい強風。

Dsc04268
日差しがあれば、必ず外にでて、日向ぼっこをしないと気が済まない犬。

でも、風が冷たいこともあり、丸くなっていている。

そこまでして日向ぼっこしたいの・・・?

扉の中に入れば、風はしのげるし、陽が当たっていてコルクマットが暖かいのにね。

強風に耐えながら丸くなる犬を見ていても、幸せそうに見えない・・・(泣)。

そして、強風にさらされ、花粉を大量に毛にまとった状態で、玄関にはいって一緒に昼寝するんだよね。

拭いたところで、そんな簡単に花粉が落ちるような気がしない。

空気清浄機をつけていても、やっぱり大量飛散している花粉には敵わない。

*おまけ*

Dsc04253
他所さまの別荘前に鹿の群れ。たぶん5~6頭いたと思う。

フサフサしている白い尻を撮ろうと思ったのに、しっかりと顔を向けて睨みやがった!

鹿をかわいいと思ったのは、はるか17年も前の話だ。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

春の訪れを感じるのは雪か“はな”か。

今までになく暖かい冬で、フキノトウや福寿草、クリスマスローズも1か月早く咲き始めた。

2019年3月7日

急に冷え込み、落雷と雪。

その翌日 2019年3月8日

本日の仕事は午前中だったので、14時過ぎには帰宅できる。

Dsc04201
真っ白な富士山。

冬の富士山よりも春になってから雪が降ったあとの富士山は、雪がべったりとついていてキレイ。

って、表現がキレイに聞こえない響きだけど。

Dsc04203
久しぶりの晴天に向かって大きくパラボラアンテナを開く福寿草。

本当に真上向いてるよ。

パワー吸収!

Dsc04209
こちらはブラックなクリスマスローズ。

雪が降ってしまったこともあり、北側で頭を垂れている。

なんて対照的な色と形。

ダメダメ、写真ばっかり撮っていたら。

留守番している子がいますよね。

Dsc04225
(*゚∋゚)さん、おかえり!

興奮した状態をリセットしようとあくびをする犬。

頭がちょんぎれた・・・。

そして、見つめるのです。

Dsc04228
真剣なまなざし

Dsc04227
じっと動かないその はな

(*゚∋゚)さん、ゴハン クダサイ!

そうだよね、

むぎが待っているのは、

ご飯をくれる(*゚∋゚)だよね・・・(悲)。

| | コメント (0)

2019年1月24日 (木)

ひとりではできないこと。

Dsc03758
晴れの日が続いて乾燥がすごく、髪の毛の静電気が半端ない。

相変わらず風は冷たいし、富士山の雪が飛んでしまって白くない。

Dsc03763
むぎのでっかい頭がピークだけど、静電気で埃を吸ったり月末だったりで、フサフサではないけど毛がみっちり。

氷点下で日向ぼっこする犬。

日向ぼっこしてるからいいかなーって放っておいて野鳥の写真を撮っていたら

いつの間にか むぎのデッキには陽が当たらなくなってしまっていたようだ。

ふと振り向くと・・・・・

Dsc03771

Dsc03772

Dsc03773
一生懸命 毛布をめくって間に入ろうとしている犬が一匹。

Dsc03776
むぎ?何してるの?

(*゚∋゚)さん、僕、寒いです。

お昼寝マダデスカ?

Dsc03777
じゃぁ、(*゚∋゚)とお昼寝する?

(*゚∋゚)さん!ホントデスカ!?

わかりやすい顔だなぁ

くるくると表情が変わるようになって3年か

やっぱり保護した犬や猫は5年経たないと、自分の家の子にはならないって本当なんだなぁ。

そんな8年目の冬。

バカ親だから、なんでもかわいいのです。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

飽きないもの。

Dsc03720
この時期が一番でっかい頭のむぎです。

頭だけぼーん!

もふもふ

他、スレンダー?

Dsc03719
雲ひとつない 青空と富士山は、案外つまらんのです。

Dsc03722
1時間後の自宅付近。

あー、こんな風に雲があったらよかったのに・・・・。

Dsc03723
2018年は暖冬だったので、普段は春に咲くクリスマスローズの蕾も 年末には咲くかも?くらいな勢いだった。

でも、2019年に入り、ぐっと冷え込み氷点下が続いているのでこの通り。

Dsc03744

寒さでしんなり、ぐったりしている (*゚∋゚)家のクリスマスローズ畑。

結局、毎年変わらず4月~5月に咲くんだろうな。

花がら摘みもせず、ほったらかしなので、どんどん増えまくっております。

あ、肥料はあげてるよ!草むしりとか!

親株は植えて何年経つだろう?
ここ数年でやっと発芽率の高い種ができるようになったと思う。

まだ実生の子たちが咲く年齢に達していない(発芽してから3~5年で咲く)ので、どんな花が咲くかわからない楽しみもある。

鹿が食べない唯一の花なので、頑張ってもらわないと!

なんて、思いながらクリスマスローズの写真を撮っていると

Dsc03726
ショリショリショリショリ・・・・・

落ち葉をむしる音がする。

Dsc03727
ちょいちょい・・・・

それ、大きすぎない?

結構、葉が厚くて硬そうだけど?

Dsc03736
手で押さえて ぐぐぐぐぐ・・・・

バラバラ、粉々にして、ぺっぺと出した。

やっぱり味はモミジと比べてイマイチなんだろうか?

でも、落ち葉を噛むのは飽きないんだね?!

| | コメント (2)

2019年1月 9日 (水)

モミジって美味しいんだよ?

Dsc03695
おはようございます。

いい天気だけど、手が1分もしないうちにかじかんで、カメラの望遠レンズストッパーを外すのにも一苦労。

風が超冷たい!耳痛い!

Dsc03702
犬はというと、氷をガリガリ

Dsc03704
ガリガリ

Dsc03705
なにをしているかって?

氷に閉じ込められたり、張りついて取れなくなったモミジの葉をとろうとしているのです。

Dsc03714
むぎっ!

なに?(*゚∋゚)さん?

この顔をズームしてみましょう

Dsc037142
ズームズーム

向かって右(むぎの左側)の口元

モミジの葉が口からはみ出しているの、見えますか?

Dsc03717
モミジの葉っていつ食べても美味しいですねっ(*゚∋゚)さん!

・・・・・。

夏、台風のあとに道路に落ちた緑色のモミジの葉も食べるし、秋に黄色や紅く色づいたモミジも食べる、そして真冬になり、乾燥してチリチリになったモミジも食べる。

他の落ち葉も拾うけど、モミジだけは必ず噛んで飲み込む この犬。

モミジの葉の天ぷらもあるみたいだし

この犬もモミジを食べたからといってお腹の調子が悪くなることもなく、そのままの姿で出すので大丈夫かと・・・・。

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

寒くないといっても寒いものは寒い。

Dsc03647
この時期の富士山は、雪が降ってもパウダースノーなので風で飛ばされてしまい、山頂付近はきれいな白色ではない。

やっぱり真冬よりは秋口~、春になってからのずっしりした雪のほうが真っ白い富士山で好き。

Dsc03650
1時間ちょいの散歩が終わり帰宅。

ご褒美はみかん!

歯石がキレイにとれるようにっていうだけですが。

尻尾がぶりんぶりんっ

僕の大好きなみかん!

Dsc03670
(*゚∋゚)さん、他にもまだクレマスカ?

ありません、ごちそうさまだよ。

Dsc03677
えー・・・・

Dsc03679
なに、このわかりやすい尻尾・・・。

いくら9時過ぎて気温が上がったとはいえ、まだ2℃。

とりあえず、布団に突っ込んでおくか、犬を。

Dsc03691
朝日を浴びながら布団に入って幸せそうな顔をしている犬をみると、幸せな気分になれる親バカがここにまたひとり。

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

2019 あけました。

2019年 あけましておめでとうございます!

今年もまた (*゚∋゚)家のけものたちをよろしくお願いいたします。

20190101_1
2019元旦 雲が多く、(*゚∋゚)家からは日の出をみることができず・・・・。

20190101_2
デッキで灯油ストーブを焚いてみたり。

20190101_3
むぎは朝の散歩帰りに、(*゚∋゚)実家に寄り、お年玉(キャットフードの残り)をもらいに行くのです。

その後は、正月なので獅子舞でもかぶった犬を撮ろうとチャレンジするも・・・・・

20190101_4
これまた似合わないったら・・・・(泣)

20190101_5

20190101_6
途中、にせ(*゚∋゚)にごはんちょーだい!とねだる犬。

こういうときは、いい顔するんだけどなぁ。

20190101_7
気を取り直して・・・・・?

20190101_8
ん?

20190101_9
(*゚∋゚)さん、ナニカ チガイマセンカ?

20190101_10
もうどーでもいい・・・・。

20190101_11
僕、疲れちゃったzzzz・・・・

20190101_12
昼の雑煮。

ぢょぴもいるよー!

20190101_13
午後の富士山は雲が多め。

凧あげしているおっちゃんがいた。

特に何をすることもなく終わった元旦。

年越しは、夕方からだらだらと犬と一緒に川の字で寝てしまったので、紅白をみることもなく、除夜の鐘だけはきいて寝た。

こういう年末年始もありなのか。

明日は初詣に(*゚∋゚)両親とともに行くので、これまたせわしない。

今年は(*゚∋゚)のみ、1月4日の金曜日から仕事始めなので損した気がするわ。

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

クリスマスの次は正月準備?

Dsc03294
これぞ富士山!という雪をかぶった富士山。

ちょっと天気が悪く、どんより気味だけど。

Dsc03309
クリスマスリースをはずし、しめ縄に。

袋から出すと、稲穂や藁のいい香りが・・・。

(*゚∋゚)さん、それ、僕、好きです!

いい香りですね!

さすがにこれをむぎの首にクリスマスリースのときみたいにはめるわけには・・・・・。

Dsc03317
この台紙と袋で我慢して。

Dsc03318
鼻水ついたし。

Dsc03316
なぜ僕に本物をくれないんですか?(*゚∋゚)さんっ(怒)!

ねぇ、むぎ

そこまでふてくさった顔しなくてもいいとおもんですけど・・・・(泣)

| | コメント (4)

2018年11月14日 (水)

秋はあっという間に過ぎ去る。

2018年11月6日

(*゚∋゚)土地の紅葉が見ごろを迎えた。

Dsc02569
2018年11月14日 自然に生えているものは、ほとんど落葉し、他所さまのお宅でも植えたであろうイロハモミジだけが葉を残している印象。

このあたりはもう、冬っぽい景色なので、これからは出勤時に下界の紅葉を楽しむ時期だ。

Dsc02613
2018年11月12日の富士山

雲の流れがキレイ

こうやってカメラを構えているとき

Dsc02617
8種混合の予防接種を受けてきた犬は、ご機嫌ナナメな状態でミニコで待つ。

2018年11月14日

Dsc02625
富士山は見えなかったけど、反対側に見える景色が幻想的だった。

朝の気温、6℃

むぎの散歩中、耳と顔がキーンと寒さで痛くなる、そんな季節がやってきた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧