カテゴリー「家」の記事

2018年10月 1日 (月)

台風24号の爪痕。

台風24号

たぶん、ここに住んで一番の大荒れだったんじゃないかとおもう。

ちょうど日が変わるころ、自分の部屋でPCをいじっていたとき、ゴン!という大きな音と振動がした。

壁に何か当たったな、と思った。

翌日201年10月1日

Dsc04568
お隣の別荘の巨大モミの木のてっぺんが落下して、屋根の際(きわ)が曲がった。

たぶん、昨日の音と振動はそれだったんだとおもう。

Dsc04570
置いていた鉢やら材木でつくった簡易柱などをなぎ倒し、落下したモミの木のてっぺん。

Dsc04573
太さはこれくらい。

Dsc04572
ベコ・・・・

去年、お隣さんが、他のヒノキなどを切るときにクレーン車を使っていて、その業者が、このモミの木も伐りましょうって言ってくれたのに、枯れていないからいい、と断られたそうだ。

あのとき切ってくれていればこんなことには・・・・・。

他にもお隣の木が折れてうちの敷地にあるので、切っていいかという許可と、可能なら、経費はうちの負担でモミの木を伐採する許可をもらいたいという旨を管理事務所から連絡してもらうことにした。

もちろん、あちらが経費負担してくれれば一番いいんだけど、こちらとしては、ずっと切りたかったから、許可さえくれれば、経費はだしてもいいとは前から思っていたし。

屋根、雨漏りとかしない程度ならいいなぁと思ったり。

こちらはハウスメーカーに確認してもらってから火災保険かな・・・・。

そのほか、敷地内で大事にしていた巨大なカエデが真っ二つに折れてしまったり、それが紅葉の木をなぎ倒してしまったり、今回は被害が大きかった。

幸い、同じ市内でも、下界はずっと停電が続いているようだけど、この山間部の停電はない。

窓ガラスに直撃しなくてよかったよ。

むぎは、玄関で一緒に一晩過ごしたので、怖くなかったと思うよ(笑

| | コメント (2)

2018年5月17日 (木)

草と僕とダーニー。そして腐った。

Dsc03711
僕の大好きな富士山の見える演習場付近の散歩

Dsc03713
でも、この季節は、もうマダニがつくから、たびたび にせ(*゚∋゚)さんのダーニーチェックが入る。

うーん・・って出すものは出した。

そして道草をした。

Dsc03717
僕はスッキリ!

あとは抱っこされて寝るだけさっ♪

この鼻と口元をご覧ください。
Dsc03716_2

キラリと光る鼻水が垂れ、歯には、細長い草をくわえた・・いや、歯に挟まったまま寝ている犬。

平和の象徴ですね?

さて、帰ってきたら、風呂に入れる。

Dsc03718
(*゚∋゚)がむぎを風呂に入れている間、
にせ(*゚∋゚)は、雨で朽ちてレールも曲がり、閉まらなくなってしまった扉の補修工事。

Dsc03719
ボロボロ

ここは、普段からむぎが出入りしている ひらひら網戸のついた扉。

Dsc03720
補修工事中のにせ(*゚∋゚)の横で、入浴後のむぎを乾かすと、飛んだ毛は全部にせ(*゚∋゚)のほうに向かっていくんだよね!

これ、計算済みだよ?(ぇ

おかげさまで、今まで手で閉めることができずに足でぐいっと押して閉めていた扉が、手でスッと閉めることができるようになりました!

ありがとう、にせ(*゚∋゚)!

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

緑はどんどん深くなる。

Dsc00862
(*゚∋゚)家の屋根がちょっと見える。

写真の右端に電信柱がちょこっと見える。

写真の左端にあるのが(*゚∋゚)土地の木。

(*゚∋゚)土地はずっと左に続いていく。

家周囲は、建てるときに切ったこともあって屋根くらいまでだけど、

(*゚∋゚)土地の木の高さがどれほどか、電信柱と比べればわかりやすいかと。

そんな背の高い木に巻き付いて、空をめざしてぐんぐん伸びるクレマチス。

もう、一番先はどこなのか、見上げても見えないくらいだ。

少なくとも、屋根を越していることは確か。

届く範囲でズームズーム

Dsc00861
残念ながら、道路からは見えず、(*゚∋゚)家にしか見えない。

これだけ咲いていると、道路から見えればいいのに、と思うけど、陽の入る方向が違うから仕方ないね。道路はこの裏です・・・。

Dsc00864
晴れている日、僕はこうやって、運送会社や郵便屋さんが来ないか、鹿は来ないか見張っている。

これが、僕の仕事だ。

Dsc00868
僕の目線には、こう写る(*゚∋゚)土地。

緑が増えてまいりました。

また7月になると、なお一層、緑が深く、もっさりとすることでしょう。

休みの日は、僕の散歩と草むしりと伐採で終わる季節がやってきました。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

東京でも54年ぶりの降雪 11月。

11月に雪が降るのは、このエリアでも珍しい。

しかも、(*゚∋゚)はもともと有休だったのだ!

すごいなぁ、(*゚∋゚)♪ そして、代車なのでもちろんタイヤも夏タイヤだし。

24_1
むぎの散歩を終わらせてから、犬は置いて、人間だけでカメラを持って同じコースをまた歩く。

24_2
まるで12月のようだ。

でも、違うのは、紅葉が若干残っているところがあるということ。

24_3
ガマズミの実もまだ鳥に食べられずに残っているし。

24_4
紫式部の実だって残っている。

24_5
ウメモドキの実も、かわいくぶら下がる。

24_7
まだ早すぎる雪なので、春のように重たい雪で、樹々の枝もだいぶ しなってきた。

これが真冬なら、パウダースノーなので、サラサラしていてこんなに枝に雪はつかない。

24_6
写真を撮り終わり、帰宅すると、ストーブの前で暖めた羽毛布団クッション+ふとんにもぐりこんで顔だけ出した犬がいる(笑)。

戸を閉めているこのデッキの温度は2℃。

外は氷点下4℃。

同じ外でも囲いの有無で6℃も違う。

散歩から帰って来て、このデッキに入ったときは、

うわー、あったかい!

って思うけど、しばらくすると、

やっぱり寒い・・・。

そして、ストーブとおこた 幸せです♪

| | コメント (0)

2013年8月25日 (日)

2013年5月~7月外塗装時の掘っ建て小屋。

外塗装のときは、職人さんたちがデッキを歩くため

番犬の僕は、はっきり言って、邪魔ですよね。

あとは、塗装剤が犬にもよくないっていうし。

デッキ上の荷物も、外壁のまわりにあったものも全部移動させないといけないし

濡らしたくないし

キレイに塗ってもらうには、デッキを囲ってあった枠も外さないとね。

というわけで、外した枠や窓+ビニールシートで掘っ建て小屋ができました。

これらはまた、外塗装が終わったら分解され、元の囲いに復活するのでエコですね。

1_2_2
家から下がったあひる土地手前の石畳にできました。

1_3
あひるも布団を敷いて寝れますw

1_5
中は案外広くて

台風が来ない限りは雨が降っても過ごせます。

快適ですよ。

子供のころならかなり楽しい!

いや、オトナでも楽しいです。

日中、僕(むぎ)はここで過ごします。

もちろん、お留守番もここ。

でも、職人さんたちが帰ったら夕方~翌朝までは、ちゃんと元のデッキの上に戻れるよ。

1_4
壁際に置いて、軒下にいた花たちもこちらへ移動。

薔薇も2か月間、ここでわっさわっさと咲いていたので、環境はよかったんだと思う。

しかも天井は窓使用だから透明で、日当たり良好!

1_1
リビングからみた掘っ建て小屋の中にいる僕。

若干、普段より離れた場所とはいえ、動きがみえるので安心かも。

犬小屋って思えば、結構、いい場所だよね。

雨にはぬれず、風は通る、そして広い。

家にいながら、キャンプしている気分になれますよー♪

| | コメント (0)

2013年8月14日 (水)

2013年5月~7月外塗装のまとめ

2013年5月~7月外塗装①
2013年5月~7月外塗装②
2013年5月~7月外塗装③

5_3
上から犬をみることも、また10年後。

そのころ、むぎは居てくれるだろうか?

| | コメント (0)

2013年5月~7月外塗装③

2013年5月~7月外塗装①
2013年5月~7月外塗装②

の続き

雨ばっかり続くのに、塗装しちゃうから

20130618

垂れてるぞぉぉぉぉーーーー

そして、屋根の塗装のときなんて、室内が臭いし、頭痛はするしで大変だった。

なにって雨と霧が続いて、なかなか塗装が進まない

そして乾かない

臭いが抜けない

そのあいだ、マスキングされているので窓という窓が一切開けられないのだ。

もう、頭痛に耐えられなくて、業者に電話した

マスキング外していいですか!!!!

どんどん外しちゃってください・・・だそうな。

めっちゃ臭くても、業者さんはそれに慣れているから、この臭さがわからないんだよなー

感じ方も個人差だしね。

かといって、換気扇まわせば、外から臭いが入ってきて無意味だし

どうしろとぉぉぉぉぉ!!!!!

だから、梅雨が明けてからにしてくれればよかったのに!

もうっ!

それでも

3_3
塗装前

1_4
塗装後

1_5
塗装前

2_3塗装後

屋根はキレイになった!!

外壁も、近くで見ると、かなり色が抜けてるし、すすけてた

でも、モスグリーンからココナッツブラウン艶消しに変えても、あんまりわからないよなぁ

その分、自然だということでOK

つっやつや、テッカテッカになるのが嫌だったので、

満足な仕上がり♪

このあとは、また、掘っ建て小屋を解体して、囲いをにせあひるがつけて、荷物を移動させないと、

雨の吹き込みが困るのです。

がんばれ、にせあひる!

| | コメント (0)

2013年5月~7月外塗装①

2012年の冬から、ずっと外塗装+窓の増設見積もりを出してくれと言ってたのに

2013年4月になっても連絡がない。

しびれを切らして電話したら、一気に話が進みだした。

絶対忘れてたか、後回しにされ続けてたんだと思うんだ。

でもさー

5月とか霧は多いし、雨も多い季節。

ここまで待ったんだから、梅雨が明けてからでいいのに、急に

やっちゃいましょう!とか言っちゃって・・・。

結局、足場組んだのが2013年5月26日

窓の増設および、洗浄、塗装が全部終了したのが2013年7月7日

なにが嫌って、デッキの囲いが全部外されているから、雨が吹き込んでくること

デッキ上の荷物を全部どかして、応急的な掘っ建て小屋に置いてあること

強い雨風が吹くと、壊れちゃうんじゃないかと心配でならない。

2
こんなかんじ。

デッキの囲いを外した柱や扉を使い、屋根はビニールシート。

1
まぁ、案外、この中は快適に過ごせるんだけどね。

結構広いんだよ。

子供のころなら楽しくて仕方ないだろう

いや、今でも十分楽しかったけど!

仕事で、犬を留守番させるときは、デッキを業者が通り危険なので(噛みつく危険)、ここにつないでいった。

洗浄は雨の日でもぜんぜん無問題だけどねー。

2_2ミニコにも

カバーがされた。

4

3
がんばってーーーー!

キレイになるといいなー

2013年5月~7月外塗装②に続く

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

窓が増えました⑤

窓が増えました①
窓が増えました②
窓が増えました③
窓が増えました④

の続き

内装は終了

では、外見はどうなったのか

Dsc02058
ぽっかりとあいた外壁

2_6
窓がはめ込まれて

3_6
枠がついて

1_5
枠が白く塗られた。

ちなみに、外塗装は深緑からこげ茶の艶消しになりました。

でもさー

日本製の窓の色は、白がどうしてもオフホワイトになって、黄ばんで見える。

風呂の窓も日本製にしたらこの色だったし。

輸入窓は白なんだよなー。

ただ、ここは2Fだから、あんまり近くでみないから、いいかってことにしたけど

かなり妥協だなぁ。

Dsc02179
北側がこんなかんじ。

たぶん、窓が増えたことなんて、誰もわからない。

窓があって普通っぽい作りだもんね?

よーく見れば、1Fと2Fの窓の色が違うのはわかるけど、よっぽど、これから建てるとか興味があって見なければわからないかもね。

そして、外装の色が変わったのも、たぶん、わからないくらい自然だと思うの。

外塗装は、ちゃんと艶消しになっていて、大満足♪

まだ請求書きてないけどねー。

| | コメント (0)

窓が増えました④

窓が増えました①
窓が増えました②
窓が増えました③

の続き

窓が合計6個増えて

3_5

2_5
だいぶ明るくなった。

あと窓がもっと大きければ・・・・

ぶつぶつ・・・。

左の壁は、まだぶち抜いている途中だけど、

今後、左の壁は、ほぼ全部ぶち抜く予定なので、かなり広くなるはず。

ぶち抜いて天井板つけたり、床はったりするのは、にせあひるだけどねー。

だって、業者頼んだら、結構な金額かかるもの。

人件費ほど高いものはない。

それに

にせあひるも自宅改造DIYは趣味のひとつだし?

これが終わらないと、Seinさんたちきても、宿泊スペースがありません。

現在、2Fはこの改造が終わらないと荷物がごった返しております。

あとは、天井ふさいでいないで、断熱材むきだしだと、すっごい熱風が入ってきて

室内温度と湿度がすごいことになりました(汗っ

虫も出入りするしねー

天井や壁は、ぶち抜いたら、はやめに塞ぐことをお勧めします。

ぜんぶぶち抜いてから壁や天井板を張ろうってのはダメね。

ぶち抜く→塞ぐ を繰り返していかないとねー。

何事も経験です・・・。

→窓が増えました⑤に続く

| | コメント (0)

より以前の記事一覧