カテゴリー「自然派チック?」の記事

2018年6月 6日 (水)

これで鹿被害は減らせるか?

Dsc03869

むぎです。

夏日は甲羅干しができていい季節ですね。

こんな感じで(笑)。

5月24日に持ってきた米ぬかを使って、デッキの下で米ぬか肥料作製中。

100円以上の価値あるもの。

Dsc03868
これは半分だけど、ちゃんと甘く発酵したサイロの香り!

順調順調♪

このままだとヒメネズミなどにかじられるので、鉢に入れて、プラ鉢受け皿で蓋をしたり対策が必要。

こうやって時々天日干ししつつ、塊をほぐしたりして酸素を入れます。

Dsc03857
コアジサイも咲く季節。

なかなか挿し芽でも増やすことが難しい品種だけど、今年からはこれを増やすべく頑張るよ!

でも、まず、鹿被害が大きいのはコアジサイよりも、普通の園芸種のアジサイとか、山アジサイの色つきだ。

Dsc03863
馬酔木の手前にある園芸種のアジサイ。

すごいこんもりしていたのに、、こうやってどんどんかじられて、木の棒のようになり、絶えていく。

Dsc03858
去年、2面張ったアニマルネット2

今年はもう2面も張ることにした!あまりに道路際だと恰好悪いので、道路から数メートル離したところに設置。

これは内側からみたところ。

Dsc03859
こっちは道路からみたところ。

黒い棒と、一番上の黒い紐もみえるけど、ネット自体は緑色のものに比べたら目立たないほうだとおもう。

ステンレスがはいっているので、簡単には破れない。

道路とこのネットの間には、何十という挿して増やした色付きの山アジサイたちを植えているけれど、残念ながら守ることができない。

去年植えた馬酔木が大きくなって、垣根ができるまでの辛抱だ。

でも、この内側の雑木林の中に植えてある山野草は守られるはずだ。

ただ、これは家の東側で、西はそのままなので、食べられたい放題・・・。

どうにかしなければ・・・。

Dsc03875
さて、アニマルネット2を張ったので、今まで鹿から守ってくれていた黒いポリ紐を編んで作ったネットをほどかなければなりませぬ。

捨ててしまうにはもったいないからね。

Dsc03874
漁師さんが編むものとは違うけれど、がんばって全部、自分で結んで何メートルも編んだんだ。

Dsc03885
放置するといじける犬は、つなぐ場所を変えて、みえるところにした。

炎天下だけど、雑木林を通ってくる風は冷たくて心地よい。

Dsc03883
うとうと・・・・

ときどき、ふが・・・・って鼻音がするよ。

ほどき始めて4時間。

(*゚∋゚)もだんだん飽きてきた・・・。

Dsc03886
あともうちょっとのところで挫折。

そして、犬。

後ろ脚を立てて伏せしたこの姿。

要するに、

僕、飽きた・・・・待ちくたびれた・・・・

と表現するときの姿だ。

Dsc03890
ヤマボウシの花でも眺めつつ、一息いれて、待ちくたびれた僕とお昼寝(夕方だけど)にしよう。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

今年も作ろう 梅シロップ!

この時期がやってきた

梅シロップづくりの季節。

パープルクイーンも2㎏届いたし、生協だと送料がかからないところがうれしい。

さて、毎年つくるときは、1㎏ずつ作るのだけど、瓶が2つになるとメンドクサイなぁ・・・・なんて思って、5ℓの瓶ならまとめていけるんじゃ・・・?

パープルクイーンの袋には、作り方が入っていて、誰でも失敗しない作り方は、一度冷凍してからと書いてある。

そこに、同量の氷砂糖と発酵を抑えるために酢を入れるっと。

もちろん、冷凍しないで生のままのほうが味が落ちないと書いてあるところもあるし、作り方は色々だとおもう。

梅のヘタを竹串をつかってピンピンっと飛ばしながら、瓶に入れていく。

Dsc03845
あ・・・れ・・・・?

入らないしー!?

瓶ごと、ドスドスしてみる。

Dsc03850
おしいっ!

もうちょいっ!

・・・・。

蓋は盛り上がっているので、この状態で蓋はできるんだけど、あともうちょっと氷砂糖いれたいんだよねー・・・。

氷砂糖はかさばるんだよね。

結果、半日後、かさが減ったところで氷砂糖を追加して、めでたしめでたし?

キレイな色の梅シロップができるのは、7日後らしいけど、1か月以上は毎年おいとくのが(*゚∋゚)式。

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

山野草のために鉢植え用のいい土作ってみたい?

(*゚∋゚)家で、いらないのにどんどん増えまくる山野草といえば

イワシャジンと大文字草。

イワシャジンも白はなかなか増えないし、大文字草も紅や八重系は増えないけれど、どっちもノーマルはじゃんじゃんと増える。

さて、何気にイワシャジン、売れています。

オークション形式にすると毎月会員費がかかり、売れなければ損になってしまうので、即決で。

そうすると、会員費は無料。
ただし、落札されたとき、会員よりも2%多く手数料取られるけど。
毎月払うよりはいいと思う。
売れないときが多いんだし。

でも、安いので、ヤマトに持ち込むガソリン代を考えると、お小遣い稼ぎになっているとは思えないが。

まぁ、雑草みたいに抜いて終わるよりは、欲しい人のところで頑張れ!という気持ちで送り出しています。

でもね、適当にポット苗にしているときはよかったけど、実際に売るとなると、送料を考えたとき、大きさと重さが重要になるということを知った。

そうすると、土は砂利みたいに重いものはダメだし(うちの山野草はその辺にあるスコリアでも育つのよ)、やたら大きなポットにしてしまうとサイズが引っかかる。

送料は買う方も安いほうがいいに決まっているし、落札するときの条件にもなる。

自分で落ち葉や野菜くず、油粕や鶏糞を入れて作っている“いい土”は、樹を植えたりするのに使ってしまって在庫が切れた。

あんなにたくさんあったのになぁ・・・?

さて、今回の主役が届きました。

Dsc03690

どーん

ゴールドベラボン100リットル!

Dsc03691
(*゚∋゚)さん、写真撮ってないで、コレ、どけてください!(泣)

宅急便で届いたこの大きなものをとりあえず・・・って置いたら、犬が絡まった♪

大きさ比較でちょうどいいかと思ってネ?

これ何?って思うでしょ?

ベラボンとは、ヤシの実チップのことで、植物用の土の外袋を見ると、たいてい入っているんです。

しかも、お高い土には結構な量が使われている。

ホームセンターの安い土を買うと、最初はいいけど、使って翌年になると、カチカチになってしまって再利用するときに結局、色々と足さないといけない。

お高い土は、翌年になって使い終わっても、まだまだフワフワしているから、肥料さえ足せば使える!という感じ。

ここにたどり着くまでのネットサーフィンが長かったわ(泣)

だって、外袋には、たいてい、ココヤシファイバーって書いてあるからさ、それで検索かけたりしたわけ。

さて、あく抜きベラボンの特徴をざっくりと。

水を含むと1.5倍に膨張し、水をはくと収縮するという運動をくりかえすため、弾力に富み、吸水性、保水性、排水性に優れた理想的なコンポスト。

・ベラボンは吸湿量によって膨張と収縮をくり返すため、土壌空間に動きがでて通気性を高め、土壌を膨軟に保つ働きがある。

・ベラボンは適度に乾燥しているために軽量で持ち運びが容易、ほぐれ易い。

・土壌の空隙率の向上により、地温保持に効果を発揮。夏場は土壌の乾燥を防ぎ地温の上昇を抑え、冬場は保温効果がある。

・ヤシの実は亀の子タワシの原料でジャンジャン水をかけても腐らない。
ベラボンも(炭素率162)3~5年腐らない。そのためベラボンの物理性が持続し、土が締まらず、沈下しない。(イナワラの炭素率は30~50。約1~2年でとけてしまう。)
その繊維が土の中で根を優しく包んでくれるので、根が強く太く育つ。

Dsc03694
Sと3Mのミックスなので使いやすいサイズで、ふわっふわ。

これをもっと少量で買うと、お値段が倍になるので、置く場所がある人は絶対こっちのほうがお得。

これは送料無料で5500円(税別)。

こんなでっかいのはミニコに乗せるの大変だしね。
軽トラほしいねぇ(遠い目

そんなわけで、これに鹿沼土とバッドグアノでも適当に混ぜれば、山野草なんで問題ないね。

その辺にあるスコリアでもすくすく育つし。うちの子たち。

Dsc03699
こんなところとか

Dsc03700
こんなところにある邪魔な大文字草やイワシャジンたち。

これはまだマシで、通路にあるのが一番困る。

なので、通路にある子たちを引っこ抜いて

Dsc03702

Dsc03703
5~6株くらいを1ポットに放り込む。

どんだけ抜いたんだろ?

それでも、まだまだ生えているけど、疲れたからやめた・・・。

たぶん、今年、花はつくと思うけど、来年になったら、ちゃんと根が張って売れる状態になるんじゃないかと・・・?

やろうと思えば、他にもレンゲショウマやユキモチソウ、エイザンスミレ、ヤマユリ、ヤマアジサイの多種など色々あるけどね。深山延齢草も増やし中。

実際に売り始めたのは今年からだけど、勝手に増えるもの、種を採り撒きして育てているもの(開花まで5~10年)を含めれば何年も経つ。

老後のお小遣い稼ぎになるかなぁ?

あと20年は先だし、これをやるなら、パートに出たほうが60歳すぎても稼げるな(笑)!

あくまでも趣味だ。

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

パキラの種を植えてみた。

南米に住んでいる叔母が、日本に用事があったり、検診のために帰国し、1か月程度滞在するらしい。

そんな中でのお土産が、パキラの種。

パキラって花が咲くんだ?

そりゃあ、植物だもの、咲くでしょうけど、パキラやガジュマルなど観葉植物として置いているものに花が咲いて実がつくような気がしなかった。

ほら、種から育てるよりも、挿し木のほうが成績がいい植物って多いじゃない?

そういう類だとおもっていた。

Dsc03629
食べると、とても美味しいらしいけど、カイエンナッツと呼ばれ、ジャガイモの芽と同じ毒素をもつとか・・・。

乾燥させると発芽しない、年2回しか採れない、しかも、挿し木で増えたパキラには花が咲かない?実がつかないんだって。

実生の苗じゃないとダメってことか。

へー

ということは、このお土産にもらったパキラの種、乾燥してしまって発芽しない可能性も?

でも、ちゃんと

水に沈ませて、水分吸わせてから植えてみたけど、発芽するかなー?

なんだかおもしろそうだし、実生のパキラ(挿し木ではなく、種から育てた苗)を育ててみたい気がしてきた。

挿し木だと根元は細いまま、実生だと根元が太くなるっていうし。

そこで、沖縄で発根したというパキラの種をネット購入してみた。

Dsc03688
おぉ!初根している!

鉢に植えたけど、果たしてちゃんと葉が出るまで育ってくれるだろうか・・・?

| | コメント (0)

2018年4月23日 (月)

春の陽気と犬地肌。

Dsc03434
イカリソウも咲くし、

Dsc03443
ミツバツツジも満開を迎えた。

春を満喫する被写体が野鳩のぽっぽっていうのが微妙だけど、

Dsc03446
その胸の羽毛にぷすっと指を突っ込みたい!

めっちゃ温かそうデスネ!

そんな羽毛が恋しいと思うのは(*゚∋゚)だけではなく

Dsc03437
この犬も然り。
Dsc03431_2
見てください、この艶もない、貧相な毛。

あの、でっかい頭もなくなって、全身、こんな感じでモフモフの欠片も感じられない犬の毛。

あぁ、懐かしい。

館林では、2018年4月23日には、32℃を記録したという夏日だったわけですが、

朝晩は冷えて一桁になるこの地域では

Dsc03448_2
早まって毛を抜きすぎた犬には寒い様子。

(*゚∋゚)さん、羽毛のクッションがないと困るんですが・・・。

Dsc03449
そうそう、これがないと、僕、おなかが冷えちゃうよ。

・・・・。

ほんと、はやまって換毛しすぎですよ(怒)!

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

桜は散りはじめ。

この雨で かわいらしい富士桜の花も散り始めてしまったけれど

Dsc03422
山菜の王様 タラの芽も1食分になるくらいは自分たちの敷地内で採れたので良し。

天ぷらするには足りないので、おひたし程度かな。

Dsc03414
雨の中、桜のはなを撮るのは大変なので、違うはなで我慢するか。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

2018春がきた。

Dsc03366
どうも むぎです。

今日は真夏日になるって言ってたけど、朝の13℃は、軽く掛物があるといいよね。

Dsc03375
富士山は雲に隠れてみえなかったけど、富士桜(豆桜)はだいぶ咲き始めた感じ。

ポーズを決めるのは苦手なんで、この気分をごまかすには、ブルブルするしかないでしょう?

(*゚∋゚)さん、僕、まだ うーんってスッキリしていないから、こんな台に乗せられても困ります・・・。

Dsc03378
クリスマスローズと水仙がどこの家でも花盛りを迎えているけど、

Dsc03382
僕は、落ち葉を拾って食べるほうがいいな(口から落ち葉の茎部分がはみ出ている)。

花より団子ってやつ?(違っ

Dsc03385
僕をほっぽって洗車をする(*゚∋゚)さん、

うちの富士桜も咲いているの、知ってる?

Dsc03394

Dsc03391
洗車のあとは、おまちかね 僕のブラッシングタイム♪

そのときにでた僕毛は、ちゃんと野鳥の巣作りに貢献しているんですよ!

以上、柴犬 むぎが春をお送りしました。

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

春はうれしいが敵も増える。

Dsc03299
カタクリの咲く季節がやってきた。

Dsc03307
カタクリとイチゲのペアがかわいらしい。

Dsc03317
ただ、敵は群れでやってくる。

これ、散歩途中にいた鹿のメスの群れ。

4~5頭だったか。

たぶん3ⅿも離れていないと思う。

Dsc03318
くっ・・・

かわいくないヤツ!

はるか昔はかわいいと思ったこともあるけれど・・・・。

Dsc03304
ただ、このカタクリだけは、鹿の群れにも食べられないと思う。

日中は、こうやって見張りがいるし、

夜もさすがにこの距離だと、番犬がけたたましく吠えるエリアだからだ。

それ以外の山野草などは、運としかいいようがない。

花が食べられても葉が残っていれば、絶えることはないけれど、アイツらは容赦なくすべて食べつくすからなぁ。

だれか、ジビエだ!っていって、300頭くらい狩ってくれないかしら?

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

燃ゆる野原。

週末のちょっと遅い 朝のむぎの散歩

なんだか演習場から号令のような声が聞こえた。

Dsc03151
バチバチというすごい音、降ってくる灰やスス

そうか、今日は野焼きの日だったようだ。

Dsc03154
毎年この野焼きを行うことによって、日本全国に良質な萱が届けられたり、害虫駆除、山菜の宝庫になったりするんだね。

きっと、大量に住んでいるであろう野生動物や野鳥、そのほかの生物も一斉に逃げているに違いない。

どうか、逃げ遅れる子がいませんように。

野焼きをするには、風も少なく、天気もいい。

今日は風向きが違うせいか、(*゚∋゚)家方面にススや灰は降ってこない。

ひどいときは、かなり空から降ってくるので、デッキが真っ黒になったりするし、洗濯物を外に干しているお宅は残念な結果になってしまうのである。

Dsc03161
天気がいい証拠に、天然のパラボラアンテナが3つ、盛大に開きましたよ♪

| | コメント (0)

2018年2月28日 (水)

僕は見たんだ!

2018年2月27日

職場のほうではもう梅が咲いて春ですねぇ・・・という気もしますが

Dsc03115
こちらは、積もるほどではないけれど、26日夜~27日朝方までは雪でした。

ヒマワリの種を食べるリスの頭にも雪がついたり。

でも、2018年2月27日の日中は、花粉が飛ぶほどの暖かさだったせいか

2月28日の富士山は

Dsc03118
演習場の雪も消えて、富士山の雪もだいぶ融けたような姿に。
Dsc03117_2
僕がうーんってしていた目線に飛び込んだもの。

それは、人工河川の先にある雑木林を走る鹿の群れ。

もちろん、追いかけることができる場所ではない。

その10分後
Dsc03119
鹿の臭いがするよ、(*゚∋゚)さん!

石の塀に登って臭いを追う犬。

そうね、10分前くらいに鹿が通ったんだね、ここはその風下。

むぎが、うーんってしているときに走っていった鹿の群れがいたのは、この写っている雑木林だ。

さすが、犬なんだねぇ・・・と感心した(*゚∋゚)なのでした。

そして、本日の午後

Dsc03120
福寿草が咲きました!

(*゚∋゚)家に春がきた!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧