~はじめに~このブログのコンセプト

* あひるさんのおしりUOは、UO北斗シャードで生活するあひるの日々の記録や
ウルティマオンライン公式HPの内容を適当に載せている個人のブログです。
最近では、Facebook広田剣の内容も適当に載せています。

このスタンスは、仕事が忙しく、なかなかブリタニアでまったりする時間をとれないUO内friendsの声を反映したものです。
クエストやイベントレポートに関しては、実際に自分がやってみたこと、参加したものを記録しています。よって、自分が参加できなかったイベント内容を載せることはありません。また、それらのレポートの募集もしていませんのでご理解いただきたいと思います。

* 2006年~2008年8月分は削除しました。
* どこに書いてあったっけ?右サイドバーのサイト内検索 !!
* 左サイドバー カテゴリー バックナンバーをぽちっとすると、2008年9月~のバックナンバーが全部表示されます。

* 一覧表関連は、随時更新していく予定です。


* このブログはあひる個人のブログです。ここに載せている情報や検証をもとに実行し、不利益を生じたとしても、責任は負いかねますので、自己責任でお願いします。なお、情報に関しては必ずウルティマオンライン公式HPやFacebook広田剣でご確認されることを強くオススメします。

                          2018年1月1日更新 管理鳥 (*゚∋゚)

|

2018年12月11日 (火)

【大和・桜・北斗・瑞穂・飛鳥・倭国】2019年1月のイベント日程のお知らせ

【大和・桜・北斗・瑞穂・飛鳥・倭国】2019年1月のイベント日程のお知らせ

詳細はリンク先をご覧ください

*北斗のみ強調加工あり

・・・・・・・・・・・・・

【大和・桜・北斗・瑞穂・飛鳥・倭国】2019年1月のイベント日程のお知らせ

平素はEMプログラムへのご理解とご協力ありがとうございます。
2019年1月のイベントスケジュールをお知らせします。

1月1日(火)
・0:00~ 大和シャード / 新春 ローブ初め

1月8日(火)
・22:00~ 倭国シャード / ミニイベント未定

1月12日(土)
・22:00~ 桜シャード / ミニイベント未定

1月13日(日)
・20:00~ 飛鳥シャード / イベント
・22:00~ 北斗シャード / イベント

1月14日(月)
・22:00~ 瑞穂シャード / ミニイベント未定

1月18日(金)
・22:00~ 倭国シャード / イベント未定

1月19日(土)
・22:00~ 大和シャード / ブリタニアン・アベンジャーズ ~魔女の野望再び

1月20日(日)
・22:00~ 桜シャード / イベント未定

1月25日(金)
・22:00~ 瑞穂シャード / イベント未定

1月26日(土)
・22:00~ 飛鳥シャード / 評議会
・22:00~ 瑞穂シャード / 評議会
・23:00~ 飛鳥シャード / ミニイベント

1月27日(日)
・22:00~ 倭国シャード / 評議会
・22:00~ 大和シャード / 評議会
・22:00~ 桜シャード / 評議会

※ 北斗シャードの評議会の開催はありません。

| | コメント (0)

UO Newsletter #32

UO公式 UO Newsletter #32

Facebook広田剣 UO Newsletter #32

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #32

Producer Notes

Greetings everyone,

It's that time of year where families get together and enjoy each other's company and some really good food.  From our family to yours we hope everyone has a safe and happy Thanksgiving!

We are putting the finishing touches on Publish 103 after some great public testing events and anticipate the next update to be on TC1 by Friday November 16, 2018.  Following our return from the Thanksgiving Holiday we will continue with our Origin release schedule with an anticipated worldwide release of December 4, 2018.

Publish 103 is full of exciting new features including new rewards for the Artisan Festival, Holiday Gifts, new Classic Client functionality and the new Krampus encounter!  Be sure to check out the full publish notes for all the details and head over to TC1 if you haven't already checked it out!

We are also pleased to announce the UO Swag store that allows you to purchase many items to show off your love of Ultima Online.  If there is any new art you would like to see available for that favorite shirt or mug, or even a nice canvas picture please send me your suggestions at my regular email.

The votes are in and we are happy to announce the winners of the Keep Design Contest for Publish 103 are as follows,

Robin's Nest by Robin
Traditional Keep by Newcastle Arms
Villa Crowley by Mr. Crowley
Darkthorn Keep by Violet Darkthorn
The Sandalwood Keep by Holly
Casa Maya by Mandrake

Visit TC1 to check out these great designs and look for them in the house placement tool with Publish 103 goes WW!

The following are the accounts that were banned or suspended:

1 - Disruptive Behavior
2 - Solicitations
24 - Macroing
19 - Multiboxing
3 - Abuse of Game Mechanics

See you in Britannia,

Bonnie "Mesanna" Armstrong
Producer

Publish 103 Highlight - Krampus

With all the gifts moving on trade routes between cities during the Holiday Season there have been sightings of strange creatures ambushing those routes - including the vile Krampus!  The true nature of this beast is unknown and reports vary wildly, yet great treasures can be had by those who are brave enough to best him!

New weapon type - whips!
New craftables wearables - hats, boots, talons, and earrings!
New titles!
Krampus' Coin Purse - with a chance for one of Krampus' trinkets inside!

5e677fe74aa0490daaee797db205ed70_2

We are also pleased to include one of the many stories on the origins of Krampus - this one from Jaana of Yew,
   
The Winter Satyr
By EM Malachi

The face on the cottage wall was a snarling beast. The mask had the curling horns of a ram and the teeth of a feral wolf. Its fur was mangy, but pale like snow. The small child hid behind the druid when she saw it.

Jaana patted Karelia on the head. “Don't be afraid. It’s just a mask.” She took it down from the wall to help the little girl see it better.

Fear turning to fascination. Karelia patted the fur and poked at the teeth. “What’s it a mask of?”

“People call him the Winter Satyr or Krampus, but not even the druids know what he calls himself. He comes from the deepest forest, a place where no hunter or druid goes.”

“Have you ever seen the Krampus?”

“When I was a little older than you, lumberjacks from Britain came to cut trees for their city. They went deep into the old-growth, hoping to find timber that was rare and valuable. Only one of them managed to make it back, and his story was troubling.

The lumberjacks had ignored our warnings, wastefully slaughtering more animals than they could eat and cutting down young trees to rot. They had even burned down an ancient Birch grove that was in their way. They had angered the forest and the forest’s protector.

A storm had come in the night, and with it, the screams. A horned beast that stood tall on two legs rampaged through the camp. Those who tried to fight him were torn apart. The lone survivor had buried himself in the snow to hide. In the morning, finding no one else alive, he had fled back to Yew. 

All of Yew stood watch that night with torches and bows. We caught glimpses of Krampus in the darkness, his winter fur still matted with dried blood. Warning arrows kept him from attacking the settlement, but no hunter could wander alone the rest of that winter.”

Karelia thought for a moment before asking, “Is the Krampus still out there?

“I don't know. It was many years ago. The old woods hold many dangers, and there will always be conflict when human encroach on places so wild. But do not worry. Yew will always be safe. Now, let’s talk about happier things. I have a Yule present for you.”

Jaana handed the little girl a brightly wrapped package, which was promptly torn open. The child clapped in glee at the pixie mask carved from silverleaf. Jaana helped her put it on, and Karelia danced around the cottage, singing:
   
“Wassaile the trees, that they may bear
You many a Plum and many a Pear.
For more or less fruit they will bring,
As you do give them Wassailing.”

Jaana smiled. “A perfect Wassaile princess! Shall we head over to the orchard?”

As Karelia put on her cloak, Jaana put the Satyr mask back on the wall, next to a bow and quiver. “Krampus, I hope you stay away from Yew this winter.” 

Question & Answer

1.  Would it be possible to have hair added to Mannequins?

We have requests for enhanced mannequin functionality for a future publish, we've added the ability to change hair with that request.

2.  I want to be able to ride an ethereal for free since gargoyles can fly for free without sacrificing a pet slot.

We are sorry but this is not going to be changed.  Each race has a benefit and we have no plans to change racial abilities at this time.

3.  I want to train detect on a pet, is that possible?

This is not something a pet can gain in so we are not going to be adding this to the list available for pet training.

4.  Britain presents some issues with guard zones for Grimms  & trade ambushes because of how massive the guard zone is - can this be fixed?

This issue should be resolved for trade ambushes in Publish 103.

5.  Since the lever in Khaldun is broken on many shards can you fix this?

It would be easier to do away with the levers to get into the secret areas and just open the door for everyone.  We have already removed the door from several shards and will be doing it on the rest.

6.  Is it possible to add door stops to keep doors open?

We have added this to the backlog we can do for a future publish. 

Customer Service

1. If you have an account that was terminated by CS over a year ago and would like to have it back please contact support here and give them the details and identify the account as yours, depending on the termination we will remove the restriction from your account so you may open it again.

2. All Sovereigns purchased from Origin have to be entered on the Account Management page.  You can not enter these in game. Please know that you can not unlink the account and link it to another account with Sovereigns on your accounts.

3. Anyone that is trying to reopen an account please make sure you send all the information to support@ultimaonline.com so we can have a record of this.  In the original request to support if you do not know your secret word please ask for a hint.  Give them all the information to identify the account as yours so there will not be a lot of delays.

4.  If you are having issues with your Origin purchase follow this link to resolve the issue..

5.  If you have any in game questions or issues submit an in game help request for a GameMaster to contact you.

6.  For any feedback to content put in game please send it to UO@broadsword.com.

7.  Regarding Origin orders, codes, and third party resellers.
 
Recently some of the player base may have noticed that an Origin store purchase they have made did not arrive or complete as expected. A confirmation or code email has not been received and you are wondering what may have occurred with your order. The Origin store enacts reviews on all transactions to safeguard against fraudulent purchases, and these reviews may take up to 72 hours. Unfortunately our Billing department is not able to expedite or circumvent this process, however players who have questions or concerns regarding a store purchase can contact Origin support for assistance using the below link:
 
http://help.ea.com/en/contact-us/new/
 
When prompted for a product, choose Origin. Next choose your platform, and select ‘Orders’ as the topic. You can further specify your issue in the subsequent fields before speaking with an agent.
 
We would also like to reiterate that the Origin store is the only guaranteed provider of codes for Ultima Online. The validity of a code purchased from a third-party seller (be it a friend, in-game acquaintance, or recommended site) cannot be guaranteed. Furthermore, any codes we find to have be fraudulently obtained will be disabled and an account that applies any of these codes will have that code removed from said account. This can result in the loss of gametime, character slots, expansion access, Sovereigns (and the items purchased with them), in-game items and more. Please be advised that we cannot assist with any issues stemming from codes purchased via non-Origin means; you will be required to contact the vendor from which you purchased the code for further assistance.

PASSWORD ISSUES
 
To reset your password you must first understand which type of account you are resetting the password for. EA Accounts, Mythic Master Accounts, and Mythic Product Accounts all have separate individual passwords. All of which you can reset at your leisure at our Account Center at https://accounts.eamythic.com/. Unfortunately, Broadsword Support cannot assist with potential EA Account issues or passwords, please follow the steps below.
 
To reset your EA Account password:
      * Please visit https://signin.ea.com/p/web/resetPassword
      * At the EA.com page enter the email used to log into your EA Account to change its password.
      * If you have not received your password or have received an error while trying to reset the password and you have disabled all spam filters, please contact EA Support here, https://help.ea.com/en/contact-us/new/#?product=origin&platform=pc

CREDIT/DEBIT CARD UPDATE
 
To update your credit card information, please follow these steps:

・Login to the Account Center (https://accounts.eamythic.com) with your EA Account email and its password
・Select the 'Subscriptions' tab
・Locate the account you would like to update the card for
・Select the 'Subscribe' button
・Select the billing cycle you would like to use and continue
・When you get to the page asking which payment method you would like to use, instead of choosing to add a card, select the 'Manage Accounts' option in the top right corner of the page. This should load a new page that will contain your previous credit card information.
・Find the card you wish to update and select the 'X' button
・You can now re-enter your credit card with the updated information by using the 'Add a card' button.

ACCOUNT MANAGEMENT AT THE ACCOUNT CENTER (https://accounts.eamythic.com/)
 
How to create an account or log into my account?
http://uo.com/Account-Login-Guide
 
How to manage my accounts after I’ve logged into the Account Center with my EA Account credentials?
http://uo.com/account-management/
 
Additional support links and videos:
http://uo.com/faq/
https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU
https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8

・・・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #32

広田 剣・2018年12月9日日曜日

出典: UO公式
https://mailchi.mp/broadsword/ultima-online-december-newsletter?e=9e1273cca7
ブリタニアの最新情報をお届けすべく、UOチームはニュースレターを定期的にお届け致します!uo.comウェブサイトからサインアップしていただけますよう、お知り合いにもぜひお声がけください。

・プロデューサーノート

こんにちは皆さん。
ウルティマ オンラインの家族より、皆さまに季節のご挨拶を申し上げます。
パブリッシュ103がリリースされ、ブリタニア中の人々はクランプスとの戦いに明け暮れ、匠のフェスティバルのエルフたちにたくさんのバルクオーダーを提供しています!もし、まだパブリッシュ103の内容をご確認されていないようでしたら、ぜひこちらのパブリッシュノートの詳細をご覧ください!

※日本語訳はこちらから。
ウルティマ ストアには今月、ヘア&髭スタイル変更トークンと魔法の変身トーテムを含む素晴らしいアイテムが入荷しています。12月はさらに選りすぐりのアイテムの出血大セールを実施中ですので、あなたのキャラクターを誰よりも先んじてカスタマイズすべく、今すぐストアにお運びください!
私たちはこのところ数週間を新長期報奨、人気コンテンツの使い勝手向上のための調整、バグフィックス、ブリタニアの世界観を新鮮で生き生きとしたものにするためのライブイベントなどを策定する、2019年のロードマップに費やしました。私たちは2019年の3月を新年度と定め、最初のリリースを予定しています。すべての計画が出揃いましたら、ウルティマ オンラインの目指す先に何があるのか、より詳しい内容についてお知らせする予定です。
また、UOフォーラムに投稿されたUOグッズ販売ストア(UO Swag Store)と連絡が取れないという問題についてお知らせがあります。投稿された問題について管理会社と話をしました。これについては到底許容できる問題ではなく、将来このようなことが起こらないよう是正するということです。UOグッズ販売ストアは別会社が運営しているため、こういったパートナー関係を構築するのはいつも困難を伴うものです。皆さまにはご不便をお掛けすることと思いますが、どうぞ、何か問題がありましたらいつでもご連絡くださいますようお願い致します。
私たちは2019年も城と砦のカスタマイズコンテストを継続する予定です。次回は城のみの募集にて開催致します。uo.comの続報をお待ちください。
最後に直近の処分アカウントの状況についてお知らせ致します。

  2 x 迷惑行為
25 x 不在マクロ
   1 x 募集・勧誘行為
   5 x デュープによるアカウントはく奪
ハイシー(未踏の航路)でお会いしましょう。
Bonnie "Mesanna" Armstrong
プロデューサー

・ホリデーコンテンツまっさかり!

あなたはクランプスの出現する現状のブリタニアのトレードルートにチャレンジする勇気はありますか?挑戦する者には大いなる富が約束されています!
もし、戦闘はあまり得意ではないという方は、匠のフェスティバルがブリタニアの市政ストーンのある街で開催されています。匠たちは彼らの街のクリスマスツリーを完成させようと、忙しくも力を合わせているようです!
今年のホリデーギフトはベテランアカウント(有償アカウント)かつ、作成してから30日以上が経過したキャラクターで、日本時間1月5日(土)13:59までにログインしたキャラクターで入手することができます。素敵なコレクションアイテム、レアアイテム、リースや看板など季節のアイテム、レシピブックを入手するチャンスです!
こちらは期間限定アイテムとなっておりますのでお早めにどうぞ!

・Q & A コーナー

1. 幸運はどのように作用していますか?私のキャラクターの行動によって幸運が作用した場合、それを知ることはできませんか?
A. 幸運が作用するキャラクターの定型行動はなく、また幸運が作用する時点まで追跡を行い、そこに効果的にメッセージを挿入するのは2019年の開発スケジュールでは到底まかなえないほどの膨大なタスクになってしまいます。しかし次のパブリッシュに間に合うようwikiページの編集者とともに幸運についての包括的なページを作成するようにしたいと思います。
2. 2019年にはクライアントのどのような使い勝手の向上を期待できますか?
A. 私たちは2019年のロードマップ策定の最中であり、各仕様の実装範囲については全体のゴールを見極めながら吟味しています。現状議論されている仕様の改善には以下のものがあります。
・バルクオーダーディードに見られる問題点の解決とバランスの改善
・時間制の給料の代わりに家のセキュアを消費し、手数料のみ徴収する新ベンダー
・ギルドと同盟のレベルを追加した家の新セキュリティシステム
3. EC とクラッシックの本の見え方の違いを修正してください。
A. これは非常に繊細な問題です。現存する本に受け継がれる歴史を保存しながら、将来的には一環した本のUIを作成することが必要だからです。将来のパブリッシュにてアップデートをお待ちください。
4. リソースの採取におけるランダム制度を廃止してもらえませんか。どこに行けばどの素材が手に入るかわかるようにしてもらえませんか?
A. 私たちはこの問題についてコミュニティの期待を裏切らず、またゴールが設定しやすくなるよう、ゲームバランスとユーザー体験双方の観点から解決策を模索しています。来週以降これらの問題について話し合う場を設ける予定です。
5. クラッシッククライアントのジャーナルを読みやすくできませんか?
A. はい。ジャーナルの文字色をすべて黒にするオプションを追加する予定です。
6. 次のパブリッシュで期待できる長期報奨にはどのようなものがありますか?
A. 水車、細工作業台、修理台などを予定しています。来年TC1でぜひご覧ください!

・カスタマーサービス

1. 何年も前にカスタマーサービスによって廃止されたアカウントを復活させたい場合はsupport@ultimaonline.com 宛にアカウントの詳細をお送りいただき、アカウントがご自身のものであることを証明してください。廃止の状況によっては制限を解除し、アカウントを復活させることができます。
2. オリジンストアで購入したソブリンはアカウント管理サイトより入力の必要があります。ゲーム内で入力することはできません。
3. アカウントの復活を希望されるすべての方は、support@ultimaonline.com 宛にすべての情報をお送りください。秘密の言葉がわからない場合はヒントをリクエストしてください。あなたのアカウントを特定するための情報をできる限り提供していただくことが、時間短縮につながります。
4. オリジンストアからコードが届かない場合はこちらからお問い合わせください。  https://help.ea.com/in/contact-us/new/  ※ 英語のみ
5. ゲームに関するご質問や問題がある場合はGMコール、あるいはsupport@ultimaonline.com までメールでお送りください。
6. ゲーム内コンテンツへのフィードバックはUO@broadsword.comまでメールでお送りください。
7. オリジンストアで注文品が届かなかった、あるいは予期した通りにお取り引きを完了させることができなかったプレーヤーの方が散見されます。注文確定のメールが届かなければ、何が起こったのか心配になるでしょう。オリジンストアは詐欺取引への監視を強めており、その確認には最大72時間かかる場合があります。私たちはこれを早めたり、回避することはできません。しかし、オリジンのサポートでは下記リンクよりプレーヤーの皆さんからのご購入に関するご質問をお受けしています。 
https://help.ea.com/en/contact-us/new/ 
※ 英語のみ
製品はOrigin(オリジン)を、トピックはOrders(ご注文)をお選びください。実際に担当者と話をする前に、内容の絞り込みを行うことができます。
私たちはオリジンストアだけがウルティマ オンラインのコードの正規販売店であることを繰り返しお伝えしておきたいと思います。第三者(友人、ゲーム内の知り合い、おすすめサイト)から購入したコードの有効性については保証いたしかねます。そして不正に入手されたコードが発見された場合、アカウントに適用済みであったとしてもそのコードはアカウントから削除されます。これはゲームタイムのみならず、キャラクタースロットや拡張へのアクセス、ソブリン金貨(またはそれによって購入されたアイテム)を失うことになりかねません。私たちは第三者から購入されたコードが原因で発生する問題をサポートすることはできません。そのコードを購入した業者にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。
- パスワードの問題について パスワードをリセットするためにはあなたがどのアカウントのパスワードをリセットしようとしているのかをはっきりさせておく必要があります。
EAアカウント、Mythicアカウント、そしてMythic製品アカウントはそれぞれ別のパスワードが設定されています。
アカウントはこちらからリセットすることができます。
https://accounts.eamythic.com/
しかしながらBroadswordではEAアカウントに関する問題をサポートすることができません。下記のステップに従って操作してください。
- EAアカウントのリセット  ・https://signin.ea.com/p/web/resetPassword を開きます。  ・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを変更してください。  ・すべてのスパムフィルターを解除してもパスワードを受け取れなかったり、入力時にエラーが発生する場合はこちらにご連絡ください。  https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin
- クレジットカード情報の更新方法 
https://accounts.eamythic.com を開きます。 
・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを入力してください。  ・Subscriptionを選択します。 
・カード情報を更新したいアカウントを選択します。 
・Subscribeボタンを押します。 
・請求間隔(Billing cycle)を選びます。 
・どの支払方法を選ぶかを訪ねるページが開く場合は、add a cardを押さずに右上のManage Accountsのオプションを選択するようにしてください。新しいページに飛ぶことができ、そこに以前のクレジットカード情報が表示されています。 
・更新したいカード情報を選び、Xボタンを押します。 
・新しいカード情報を入力できるようになり、add a cardボタンを押すことで登録できます。
- アカウントセンター(https://accounts.eamythic.com/)について 
Q. アカウントを作成、またはログインするにはどうしたらいいですか?  http://uo.com/Account-Login-Guide 
※ 英語のみ
Q. ログイン後のゲームアカウント管理方法を教えてください。
http://uo.com/account-management/ 
※ 英語のみ
Q. その他のサポートリンクとビデオ
http://uo.com/faq
https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU
https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8 
※ 英語のみ

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

New Store Item: Mystical Polymorph Totem/ウルティマ ストア新アイテム - 魔法の変身トーテム

UO公式 New Store Item: Mystical Polymorph Totem

Facebook広田剣 ウルティマ ストア新アイテム - 魔法の変身トーテム

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

New Store Item: Mystical Polymorph Totem

Posted on December 6, 2018 by UO Dev Team
12/6/2018

Have you ever wanted to enjoy afternoon tea while dressed like an orc?  Do you absolutely need to role play a talking dragon for your guild’s holiday pageant while still maintaining your combat readiness ? well now you can!  Combine costumes with this totem to free up your precious equipment slots to stay combat ready and look great while doing it!  Get yours in the Ultima Store today!

Poly_totem

・・・・・・・・・・・

ウルティマ ストア新アイテム - 魔法の変身トーテム

出典: UO公式
https://uo.com/…/06/new-store-item-mystical-polymorph-totem/

オークに変身したままアフタヌーンティーを楽しみたいと思ったことは?ギルドのコンテスト開催中に武装を解かずにおしゃべりするドラゴンとしてロールプレイを楽しみたいと思ったことは?今、それが可能になりました!お手持ちのコスチュームをこのトーテムと合体させることで、貴重な両手のスロットを犠牲にすることなく、武装したまま変身することができます!ぜひ、ウルティマ ストアで今すぐお買い求めください!

| | コメント (0)

2018 匠のフェスティバル Yew クリスマスプレゼントがいっぱい風景

これだけたくさんもらえたらいいのになぁ・・・

20181210_234125950
今回は2016年~2018年の3回分の報酬なので、新報酬をそろえるのが難しそう。

報酬一覧はただいま作成中・・・・(汗

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

第23回北斗自由市in禅都は2018年12月8日22:00~(22:30~Yew首長主催ゲームあり)

今回も宿泊来客のため、(*゚∋゚)は欠席になります(泣)

・・・・・・・・・・・・

以下、うおみん Hokutoの住人集まれ~♪コミュより抜粋

北斗のフリーマーケットイベント「第22回北斗自由市in禅都」の開催をご案内いたします。
今回は早い時期の開催です。開催日をお間違えのないようご注意ください。

開催日時:
2018年12月8日(土) 22時~23時半


場所:禅都銀行周辺

当日はニューヘイブンよりゲート輸送を行います(21:45~22:15)。
本イベントは旧北斗祭りの終了を受け、月に一度ぐらいみんなで集まれる場をつくろうという思いから生まれました。
首長や評議会とはまた違ったポジションから北斗を盛り上げていければと思います。
露店、酒場、ミニゲーム、ストリートパフォーマンスなどなど、もめ事が起こらない範囲で自由にお楽しみくださいませ。
運営スタッフは旧北斗祭りを踏襲したファイアカラーの衣装です。何かあればお気軽にお声掛けください。

[お知らせ]
・運営本部にて記念ワインを無料でお配りします。是非本部にお立ち寄りくださいませ。
・自由市チャットチャンネル「Jiyuu Ichi」を開設します。スタッフへのご連絡などにもご利用ください。

[出店について]
・出店は各自自由に行ってください。事前申し込み等は不要です。
・本部席にて、無料でテーブルや椅子の配布を行います。
・ステージはパフォーマンスやオークションなど、ご自由にお使いください。

[運営からのお願い]
・騎乗生物はラグの原因になりますので、できるだけ厩舎にお預けください。
・終了後は会場美化のため、清掃にご協力ください。
・荒らし行為を見かけたら運営スタッフに通報の上、お客様ご自身でのGMコールはお控えください。
・死にゲート対策のため、会場ルーンは一切撒きません。

[今後の予定]
基本的に毎月第2土曜日に開催いたします。
当面は禅都で開催になります。

・・・・・・・・・・・・

Yew首長主催ゲームのお知らせ

Yewイベントお馴染みのアレを北斗自由市でします。
もうすぐクリスマスなのでギフトボックス入り副賞つき。
敗者復活戦もあり、最終戦の賞品は毎度おなじみの品。
ソウルストーンフラグメントトークンです。

日時:12月8日(土)22時半頃から
(開始時間ずれる可能性あり)
場所:第23回北斗自由市in禅都のステージ


賞金:1回に付き1M(複数回あり)
副賞:氷の雪だま+雪だるま+ヘリテージトークン

「ハイかローか?」ゲームのルール
(ゲーム名変更しました)

ディーラーを使ったゲームで、一投目はEdgarが振ります。
ハイかローかを予想し、最後まで残った人が賞品Get!

・1~50はロー=ステージの東側(→)へGo!
・51~100はハイ=ステージの西側(←)へGo!

一騎打ちになった場合、無理にハイかローに分れなくてOK。
お二人の意見が一致すれば、ダイス勝負でもOKです。

ディーラー・ダイスの振り方  
 1.ディーラーダブルクリック
 2.ダイスの数は、1
 3.ダイスの面は、100
 4.OK(ロール)押す

ロー推しの場合は、少ない数を出した方が勝者。
ハイ推しの場合は、多い数を出した方が勝者です。

勝者の方は次回のゲームに参加出来ません。

その代わり、次回戦のダイスを決着まで振ってください。
幸運のおすそ分けのような感じです。

次々回以降は引き続きゲームご参加OKです。

北斗シャード以外の方もぜひいらしてください。
皆さまのお越しを心からお待ちしています!

| | コメント (0)

UOA不要!UO地図ソフト:UOAM,UOCの後継をガチで目指すuovmcリリースバージョン uovmc 0b22 (2018年12月6日更新)

 

バージョンアップ更新されていたのでお知らせ

*バージョン更新履歴は一番上が最新となります。

SOSボトルを連続で開けても、その場所がマークされたり、トレハン地図の場所もマークされる便利機能つき!

~特徴などのまとめ~

・UO2D, UOSAどちらでも補助ツールや特別な設定無しに単体で座標を追尾可能
・クライアントに対し、プログラム面でも操作面でもライトアクション(書き換えや動作)を一切行わない
 (ただしこれはアカウントの安全を保障するものではありません)
・ 殆どの描画を含めてほぼ全て自前で計算(*ネイティブ言語)するので、リアルタイム性に強く、高速で反応が早い(半透明表示を使用すると遅くなる場合があります)
・クライアントを同時に起動すると全てリアルタイムに追尾し、表示される(最大10まで)
・ UOSAクライアントのインストール先が見つかった場合は、直接そこから描画のマップデータをメモリに読み込むため、更新の度に中間ファイルを変換、生成する時間と手間がとられずにすむ(UO2Dのみの場合は変換が発生)
client.exeやUOSA.exeから起動する場合に、uovmcも非管理者権限で使用可能(uo.exeやuopatch.exeから起動する場合は管理者権限が必要です)
・ 画面のドラッグや上下左右でマップの見る場所を動かせる伝統のUIを再現。また、マウスホイールで0.1倍から32倍までズーム
・自由な回転角度(最小で1°単位)を任意に変更できるため、「地図は進行方向が上じゃないと読めないの!」という方も安心
・座標が移動するなどで表示内容が変更されない限り描画処理を一切行わないため、負荷が最小限
・非常に高速かつ正確なリアルタイム位置のネットワーク共有
・複数の一時マーカーを打つことができ、任意に削除できる(最寄りのSOSなど)
・ vmサイト上のマップで現在の座標を開く機能
・ マウスを地図上にもっていくとウィンドウを非表示にするなど、邪魔になりにくいデスクトップアクセサリとしてのいくつかのオプション
・デジタル署名されています

 配布やオンラインマニュアルは以下まで
 https://uovm.info/vmc/

UOAM,UOCの後継をガチで目指すuovmcベータ公開

 "uovmc" (UO2D, UOSA Cartographer) は、UOクライアントの座標を追尾し、近くの施設や、地形などを広く把握することができる地図アプリです。
公開と開発が停止したUOAM、UOCの後継として開発されたこのアプリは、クライアントに対して一切のライトアクション(書込み、変更、動作)を行わず、かつ何のツールにも頼ることなく使用できます。

UO2D, UOSA クライアントのどちらにも標準対応しています。

非常に高速、かつ正確な位置把握と共有ができます。
日本語と英語に対応しています。
このアプリは申請はしていますが、現在非公式なツールです。
バージョン 0b4 Rev.1.1 Beta 以降では、それ以降の最新バージョンに自動アップデートされます。
名称-Application Title:uovmc(Ultima Online-veterinary meister Cartographer)
制作者-Author:弦生ささと
組織名-Organization:veterinary meister (個人/会社名ではありません)
必要なもの-Require:Ultima Online Classic Client(UO2D Client)
                                     or Ultima Online Enhanced Client(UOSA Client)
動作環境-Support:Windows XP,Vista,7,8,8.1,10/Windows Server 2008,2012,2016
開発環境-Dev:Windows8.1 Pro 64bit/Microsoft Visual Studio 2008
最新バージョン-NewestVer:[version 0b18 / 2018/10/12]
ダウンロード-Download:https://uovm.info/vmc/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[version 0b22 / 2018/12/06]
 ○ 複数クライアント起動にて、アクティブなクライアント以外のファセットが違う場合でも、同一のカラー表記になっていた不具合を修正。
 ○ 方向ガイトの三角形が別ファセットのときも同一のカラー表記になっていた不具合の修正。
 ○ ユーザーラベルリスト上で、選択したものを直接一時マーカーに指定できるボタンを追加。
 ○ ユーザーラベルリストで、アイコンやファセットで順序をソートできる機能を追加。
 ○ コモンラベルリストを追加。
 ○ 「カーソル位置のユーザーラベル追加/編集」の名称を「マウスカーソル位置のユーザーラベル追加/編集」に変更。
 ○ サーバー境界線、および8x8グリッドのライン描画を改善し、拡大しても点線にならないように変更。
 ○ 多角形の複数モニターを使用中に、画面外にでてしまう場合がある不具合の修正。
[version 0b21 / 2018/11/12]
 ○ プレイヤーのポインタに、進行方向のガイド表示を追加。
  *これは移動した方向を示すもので、キャラクターの向いている方向ではありません。
  表示設定の進行方向ガイトでオンオフできます。
 ○ ウィンドウの初期位置がモニターの画面外に出てしまわないように変更。
[version 0b19 / 2018/10/19]
 ○ チャットウィンドウとチャットログにて、接続ユーザーの[JOIN]と[QUIT]、[RENAME]を表示し、誰がいるのかを把握できるように変更。
  メインウィンドウもこれに準拠し、名前変更なのか新規なのかを区別できるように変更。

[version 0b18 Rev.3 / 2018/10/19]
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合の修正(3)

[version 0b18 Rev.2 / 2018/10/19]
 ○ 0b18 Rev.1の64bitで2D Clientのマップ使用時にブラックアウトするバグの修正。

[version 0b18 Rev.1 / 2018/10/19]
 ○ 2D Clientのマップ使用時のヒープ破損バグの修正。
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合の修正(2)
 ○ 公認応募に関するインフォメーションの表示。
[version 0b18 / 2018/10/12]
 ○ ホストとして起動している間に通信の開始や停止があった場合、access_logフォルダにログとして出力されるように変更。
 ○ ホストサーバーを「起動時に開始」するオプションを追加。
 ○ プログラムを終了した際に、正しくプロセス終了が完了せず、デーモンプロセスが残存してしまう不具合を修正。
[version 0b17 Rev.1 / 2018/10/06]
 ○ 旧カラー情報が更新で壊れる不具合の修正。

[version 0b17 / 2018/10/06]
 ○ 10個の接続プロファイル切り替え。プロファイルには、セルフネーム、セルフカラー、接続先情報が含まれます。
 ○ ゲスト側のプログラム終了時に、ログアウト送信が正しく送られない場合がある不具合の修正。
[version 0b16 / 2018/09/26]
 ○ 六分儀の入力で、NがS扱いされてしまう不具合の修正。
 ○ user.mapの名前を変更してコモン扱いにしても、シャード特有の表示が適用されるように変更。
 ○ マップファイル単位で、ラベル表示のオンオフを切り替える機能を追加。
 ○ 位置共有で、接続継続中にホスト側のプログラムを先に終了させると、ゲスト側がクラッシュする不具合の修正。
 ○ チャットのログを、プログラム以下のフォルダ以下 "chat_log/(day).txt" に出力するように変更。
 ○ コモンラベルの更新。
[version 0b15 Rev.3 / 2018/08/31]
 ○ 船で移動中などにマップをドラッグした場合に、ドラッグ位置が一時的に優先されるように変更。
 ○ マップを移動した後に自分を中央に戻す、「プレイヤーを中央に表示する」を追加。

[version 0b16 / 2018/09/26]
 ○ 六分儀の入力で、NがS扱いされてしまう不具合の修正。
 ○ user.mapの名前を変更してコモン扱いにしても、シャード特有の表示が適用されるように変更。
 ○ マップファイル単位で、ラベル表示のオンオフを切り替える機能を追加。
 ○ 位置共有で、接続継続中にホスト側のプログラムを先に終了させると、ゲスト側がクラッシュする不具合の修正。
 ○ チャットのログを、プログラム以下のフォルダ以下 "chat_log/(day).txt" に出力するように変更。
 ○ コモンラベルの更新。
[version 0b15 Rev.1 / 2018/08/02]
 ○ プロセスが正常に終了しない場合がある問題の修正テスト2。
 ○ トレハン地図で、速度→詳細の各段階、50W 75W 100W の選択肢を追加。数値が大きいほど判定エリアが広く、速度は遅くなる。
[version 0b15 / 2018/08/01]
 ○ 資源などの管理単位である8x8グリッドのラインを表示する設定を追加。
 ○ トレハン地図で200x200の地図を選択肢に追加。
[version 0b14 Rev.1 / 2018/07/31]
 ○ サーバ切断したときに反応していないサーバーだった場合にプログラムが停止してしまう問題の修正。
 ○ 32bitOSでUOフォルダが見つからない場合がある問題の修正。
 ○ 一部の環境(主に古いOS)で、マップ変換後に自動的に表示が切り替わらなかった問題の修正。
 ○ チャットの改行コードの改善。
 ○ チャットが一部の環境で発言が表示されなかった不具合の修正。
[version 0b14 / 2018/07/31]
 ○ 日本語ラベルがオフの時にユーザーラベルの追加をすると、再起動するまで名前が適用されない不具合の修正。
 ○ 「ユーザーラベルの追加/編集」を「中央位置にユーザーラベル追加」と、「カーソル位置のユーザーラベル追加/編集」の2つに分けた。
 ○ チャットウィンドウの追加と、位置共有メンバーとのチャット機能の追加。
[version 0b13 / 2018/07/31]
 ○ 共有の開始停止によるメモリリークの修正と、ホスト側で通信の処理が閉じれずにプログラムが正しく終了しない場合がある不具合の修正。
 ○ 共有メンバーリストのウィンドウをモードレス(本体ウィンドウの操作をロックしない)に変更。
 ○ UOSAクライアントのマップ画像が見つかっている場合に「UO2Dマップを優先にする」を選択すると、マップ変換が実行されなかった不具合の修正。
 ○ トレハン画像解析のロジックの改善。
[version 0b12 Rev.2 / 2018/07/29]
 ○ OSの言語の判定を GetSystemDefaultLangID() から GetUserDefaultUILanguage() に変更。
 ○ 位置共有の際の名前を、指定されたセルフネームに限定するように変更(タイミングによってアカウント名が出てしまう事があるため)
  以降のバージョンでは、共有される名称はセルフネームに指定したもののみで、キャラクター名やアカウント名がでることはありません。
[version 0b12 Rev.1 / 2018/07/28]
 ○ 0b11の変更から、画面サイズが毎回変更されている判定になり、負荷と不要な再描画が常に発生していた不具合を修正。
 ○ 共有メンバーリストで、ゲスト側になった場合に自分の座標が更新されない問題の修正。
[version 0b12 / 2018/07/28]
 ○ メニューから表示する言語を日本語と英語から任意に選択、切り替えができ、その設定を保存できるようにした。
  *uovmcはベータ時にメニューが日本語固定になるバグがありましたが、開発初期から日本語と英語に対応できるように設計されており、OSの地域設定で「日本語」を選んでいない環境のPC上では全て自動的に英語表記になるようにしていました。
  が、従来のアプリのように、言語の選択の場所が無い事が原因なのか、「このアプリは日本語しか表示しないから使えない」言われて、確認してすらもらえませんでした。
  ならいっそ任意の切り替えができるようにすれば誰でも解るということで、言語を任意に切り替えられるようにしました。
 ○ 0b11の変更から、最前表示でスタートすると空白部分ができてしまう不具合の修正。[version 0b11 / 2018/07/27]
 ○ 位置共有で、共有しているメンバーをリスト表示し、接続しているメンバーのうちの一人の位置をトレース。または自分からそこまでのマーカーを任意に表示できるようにした。
 ○ 0b3 Beta3 以降で、最前表示ではない状態で使用すると、毎更新毎に描画エリアを再作成する不具合を修正。意図しない無駄な高負荷と動作不安定を解消。
[version 0b10 / 2018/07/25]
 ○ トレハン地図の画像マッチングで、SAの×ポイントを検出できない場合が多いのを改善。
 ○ UOSAのトレハン地図の画像マッチング、およびトレハンViewで、トラメルとフェルッカ以外のファセットで縮尺がちがうことが判明し、対応。
 ○ トレハン地図の画像マッチングで、特定の条件のときにクラッシュする問題への対処[version 0b9 / 2018/07/20]
 ○ ユーザーラベルのシャード固有が、複数クライアント使用に正しく切り替えられなかった不具合の修正。
 ○ ユーザーラベル追加ダイアログで、ドロップダウンメニューの閉じた状態でアイコンが表示されなかった問題の修正と調整。
 ○ ユーザーラベル追加ダイアログのウィンドウ表示が遅い問題の軽減。
 ○ ユーザーラベルのリスト表示、およびラベル位置への移動や選択削除。シャード固有の一斉切り替えなどができる「ユーザーラベルのリスト」を追加。
[version 0b8 / 2018/07/19]
 ○ UOフォルダが見つからない場合のメッセージを変更。「UOフォルダ変更」に、フォルダ選択ダイアログを出す参照ボタンを追加。
 ○ 位置表示にシャード名を追加。(クライアントのウィンドウの文字列より)
 ○ ユーザーラベルの追加、編集時に、現在のシャードの固有ラベル(他シャードでは非表示になる)をつけられるように変更。チェックしない場合は全シャード共通。
[version 0b7 / 2018/07/17]
 ○ トレハン地図を画像マッチングによって解析する「トレハン地図画像解析」を追加。ただしこれの実行はCPU負荷がしばらくかかり、確実に的中するものではありません。
[version 0b6 Rev.2 / 2018/07/16]

 ○ 地図に反映するプレイヤーネームを任意に指定する、「セルフネーム指定」を追加。これは共有時にも適用されます。英字以外も使用できます。
[version 0b6 Rev.1 / 2018/07/15]
 ○ UO2Dの現配布バージョンのインストール先を検知できていなかった問題を修正。
 ○ UOクライアントのディレクトリの扱いで、末尾が¥でない場合に自動追加するように変更。
[version 0b5 / 2018/07/11]
 ○ セルフカラー(自分の文字とポインタ色)を指定できるように変更。
 ○ 位置共有の更新
  ・設定したセルフカラーが適用されるようにした。
  ・切断、接続に伴う諸々の不具合の修正。
  ・クライアントを閉じたプレイヤーの表示が残ってしまう不具合の修正。
  ・ホスト側が先に切断した後にゲスト側が切断、またはプログラム終了させるとクラッシュする不具合の修正。
  ・ホスト側またはゲスト側が切断する際、状態の変化が画面に正しく反映されるように変更。ただし、障害などが発生して強制切断された場合は送受信が発生するタイミングまで残る。
  ・実際の移動から送信までの連携調整により、反映までの時間を短縮(およそ2倍となり、最大で0.05秒前後に)
 ○ キーPを押すと、パニック宣言ができるように変更。パニックは複数人が宣言でき、共有されます。ホットキーを指定することもできます。
  パニック宣言がでると以下の表示が加わります。
  ・左上にだれがパニックを出しているかがリストアップ表示。(自分の場合はカッコで囲まれます)
  ・画面が赤線で囲われる。
  ・パニックを出している人までのラインが表示。
 ○ キーDを押すと、名前の頭に[DEAD] をつけることができるように変更。この情報は共有されます。
 ○ 位置共有でのログインログアウト表示
  ・クライアントの新規ログイン(ウィンドウのキャラクターネームが変化)した際に、左上に緑色で[Login] 名前 が30秒間表示される。
  ・ログアウトを検知はしないが、クライアントを終了した場合に、左上に緑色で[Logout] 名前 が30秒間表示される。
  ・ゲストのだれかが接続をきった場合は、そのゲストの名前が全てログアウトとして表示される。
 ○ 複数クライアントを起動し、別のクライアントで追加ログインした場合に、初回のファセットが正しく適用されない場合があった不具合を修正。
 ○ 六分儀入力に、一回ずつ閉じることなく、連続して指定した座標にマーカーを直接追加していけるボタンを追加。

・・・・・・・・・・・・・・・

2018年7月10日リリース

UOAM,UOCの後継をガチで目指すuovmcベータ4臨時

 ○ 一時マーカーの全てに、現在の位置からの距離(タイル数)を表示するように変更。
 ○ 一番近くにあるマーカーに対しての線を表示する機能の追加。
 ○ 【重要】OSが日本語以外のロケールの場合に、メニューの文字列が英語を正しく参照していなかった不具合を修正。
[version 0b3 Rev.1 & Rev.2 Beta3 / 2018/07/09]
 ○ common.map, user.map以外の.mapファイルをフォルダに入れると、追加ではなくリセットされ、最後にロードしたものしか内容が見えなくなってしまう不具合の修正。
 ○ 一定の条件で一時マーカーを消すと、表示の一部が消えてしまう不具合の修正。
 ○ ラベル編集で、全てのアイコンの種類が選択できていなかった不具合の修正。[version 0b3 Beta3 / 2018/07/09]

 ○ UOSAクライアントで、ログイン中にログインアカウント名がキャラ名としてuovmc上にでてしまう問題をある程度修正。
 ○ UO2Dのマップ変換で、トラメルもフェルッカになってしまっていた不具合の修正。(facet**.2dファイルを消して再変換して下さい)
 ○ UO2D, UOSAの各クライアントで、トレジャーハント地図の尺度に合わせた表示をするモード、トレハンViewを追加。
 ○ 右上の矢印を右クリックでも回転角度を変えられるようにした。
 ○ ウィンドウを最前表示にした際、地図表示エリアのサイズと位置が変動しないようにした。
 ○ SOSなどに向けて、六分儀形式で座標入力して移動させられるようにした。
 ○ 進行方向が必ず上にくるように表示されるジョーク機能、カーナビゲートViewを追加。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[version 0b2 Beta2 / 2018/07/05]
 ○ メニューに表示するファセットの選択を追加。
 ○ プレイヤーのポイント位置の表示を大きくした。
 ○ アイコン表示を個別にオンオフできるようにした。
 ○ アイコン表示がオンで、ラベルがオフの場合、カーソルを合わせるとラベルが追加表示されるようにした。
 ○ UOのフォルダが見つからない場合に、フォルダを手動で変更できる設定を追加。
 ○ ユーザーラベルを任意に追加/編集/削除し、保存されるようにした。
 ○ より速くて軽い、64bit版 uovmc64.exe を追加。

| | コメント (0)

«2018ホリデーギフト (2018Holiday Gifts)