02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators

2019年2月17日 (日)

Rising Tide TC Release 2/パブリッシュ104(ライジング・タイド) - 第2回TC1リリース

UO公式 Rising Tide TC Release 2

Facebook広田剣 パブリッシュ104(ライジング・タイド) - 第2回TC1リリース

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

Rising Tide TC Release 2

Posted on February 15, 2019 by UO Dev Team

2/15/2019

Greetings

We are pleased to announce the next update to Test Center of Rising Tide will be available after 4pm ET!  This update focuses on a new event that will offer a chance to put those shiny new cannon mechanics to use!  Check out the publish notes for full details!

We would also like to invite everyone to participate in a public test event spanning the entirety of the weekend!  Visit the Britain Commons and look for Forksis the Gargish Pirate to learn more and participate!

Please also note ? if you plan to test anything on TC1, especially any cannon related changes and the event, you will need to patch up to get the latest client.  When you head back to production, you will see this updated client text ? do not be alarmed, this is normal and expected behavior.

See you in Britannia,

UO Team

・・・・・・・・・・・・・・・・・

パブリッシュ104(ライジング・タイド) - 第2回TC1リリース

出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/15/rising-tide-tc-release-2/

こんにちは。

テストセンターにライジング・タイドの2回目となるアップデートが、日本時間2月16日(土)6:00 a.m. 以降に導入されます! 今回は特に、ぴかぴかの新仕様の大砲を使用する機会を提供するイベントに重点を置いたアップデートとなります。パブリッシュノートはこちらから。
https://uo.com/…/ult…/publish-notes/publish-104-rising-tide/

日本語訳はこちらをご覧ください。
http://bit.ly/2DL0NyB

今週末一杯開催される公開テストイベントにもぜひお越しください。ブリタニア市民広場にいるForksis the Gargish Pirateを訪れて、詳細をご確認の上、ご参加ください!

TC1にてテストをされる場合、特に大砲関連の変更やイベントを体験いただく場合、クライアントを最新の状態にしておくようにしてください。生産の際にアップデートされたクライアントのメッセージが表示される場合がありますが、異常ではありません。

ブリタニアでお会いしましょう。

UO チーム

| | コメント (1)

Lost Hope/失望の入江 - Lost Hope

UO公式 Lost Hope

Facebook広田剣 失望の入江 - Lost Hope

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・
Lost Hope

Posted on February 15, 2019 by UO Dev Team

2/15/2019

The story continues in the lead up to Rising Tide and we invite you to sit back and enjoy, Lost Hope.

By EM Malachi

Many years ago…

The rowboat leaked. With soggy boots, Lassorn spent each trip out to the anchored HMS Cape bailing water. They had drawn straws to see who would have to make the slog, and Lassorn now had to make eight trips across Lost Hope Bay to Minoc and back to the ship.

If the sailor’s orders hadn’t been specific, Lassorn might have been able to deliver the cargo in fewer circuits, but the contents of the crates were too valuable to risk. Lassorn had asked his captain what was in the crates, and he’d been told they were the final work of a famed artisan, a set of masterworks meant for the King himself.

A pair of guards, Madellene and Averill, escorted him from the Minoc coast to a small workshop. The door had been replaced recently, and the workshop inside was cluttered with tools, springs, gears, and other bits of metal. Piled in one corner were eight identical crates. Picking up the first one, Lassorn felt warmth and a sense of calm radiating from the container.

As Lassorn walked back to the rowboat, the locals nodded to him and shook their heads sadly. It seemed everyone in Minoc was wearing an orange-and-black ribbon. After each trip out to the Cape, the guards would meet him and take turns escorting him to the workshop and back. After a long day, the task was done.

As Lassorn went to his hammock, the evening watch weighed anchor and started the journey out of Lost Hope Bay. It was almost midnight when the HMS Cape reached the mouth of the bay, and the northern mountains blocked the moon. The ship had been moving at a good clip, when the winds suddenly stopped. The ship slowed, as if caught in a great net.

A crewman clanged the brass alarm bell, waking the captain and crew, while those on deck shined lanterns into the dark sea. The waters were filled with dozens of graceful shadows flitting back and forth. They had the elegant features of elves, but with gills and long fishtails.

“Mermaids!” shouted the botswain.

One of the creatures jumped aboard and pinned the sailor to the deck with a trident.  “We are the Nixies! You disrespect us at your peril!” More armed Nixies clambered up the hull, as a large wave deposited a gangling sea witch covered in slime onto the deck. The other nixies formed a phalanx around their leader, Sycorax.

The captain stepped forward with open hands, “This doesn’t have to lead to violence. Our King has made peace with the remaining fae folk.”

Sycorax sneered. “Did your king’s peace protect my sister, Noxum, when a net dragged her from the shoals off Skull Island? I claim your lives for hers.”

The captain gave Lassorn a look, and the young sailor dashed to protect the cargo in the hold. “Surely you know that wasn’t us. We can resolve this peacefully.”

The sea witch drew a blade made from broken shells and stabbed the captain in the throat. “There is your peace. A pact of blood for blood.”

Before the captain hit the deck, his crew had drawn their swords, and the two sides clashed. The sailors managed to force the other nixies back into the water, but Sycorax held her place. “I’d hoped to take some of you captive.”

With her gills luminescing with strange magic, the sea witch started to sing. Every barnacle on the hull burst forth from their shells in agony. This frantic wiggling tore apart the very timbers of the ship. The chant sounded over the waters, making the dark sea churn. A maelstrom began pulling the broken ship and its crew beneath the waves.

As the ship filled with water, Lassorn desperately cut the cargo net. The crates smashed open. The carved stones inside tumbled out eight different holes in the hull. The sailor took a deep breath as the dark ocean covered him.

When the mayhem ended and the waters calmed, Sycorax smiled and sank back into the waves.

・・・・・・・・・・・

失望の入江  Lost Hope
出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/15/lost-hope/

By EM Malachi

ずっとずっと昔のこと……

手漕ぎ舟は浸水していた。ラソーンは錨を下ろすHMSケープ号まで、びしょ濡れのブーツのまま水を汲み出しては行ったり来たりしていた。水夫たちはこうなる前に文字通り藁のくじを引いて、誰が貧乏くじを引くかを決めたのだ。結果的にラソーンが失望の入江を横切り、船とミノックの間を八往復するはめになったのだ。

もし、ラソーンが引き受けたこの注文が特別なものでなかったら、彼はこれらの荷物をもっと短いサイクルで運ぶことができただろう、しかし、中身は危険を冒すにはあまりに貴重すぎたのだ。ラソーンは船長に中身は何かと尋ね、これらは高名な匠の最後の作品であり、一連の作品は他でもないかの王に捧げられたものだと告げられたのだ。

マデレーンとアベリルの二人のガードは、彼をミノックの沿岸にある小さな工房へと案内した。ドアは最近取り換えられたばかりのようだったが、工房の中はツール、バネ、ギア、金属の破片といったものが散乱していた。片隅に積み上げられていたのは八つの揃いの木箱だった。最初の一つを持ち上げると、ラソーンは温もりとともに何かが静かに放射されているのを感じた。

ラソーンが手漕ぎ舟まで戻ると、地元の人々は彼に頷いて見せ、そして悲しげに首を振るのだった。ミノックの人々は皆、オレンジと黒のリボンを身に着けているようだった。入り江へと漕ぎ出しては戻る度に、二人のガードは彼を出迎え、工房へと案内することを繰り返すのだった。やがて長い一日とともに彼の仕事は終わった。

ラソーンが彼のハンモックへ戻る頃、夜番は錨を上げ、失望の入江を後にしようとしていた。HMSケープ号が入江を抜けようとする頃には、時刻は既に真夜中近くになっており、北側の山脈が月を覆い隠していた。風が突然止むまでは、船は快適に航行していた。船はまるで巨大な網に引っかかったかのように減速した。

夜番は真鍮のベルを鳴らして船長と他の水夫たちを起こし、甲板にいる者たちは暗い海をランタンで照らしていた。海面は前後に飛び回る優美な黒い影に満たされていた。彼らは上品なエルフのような風貌をしていたが、エラと長い尾ひれを持っていた。

「人魚だ!」甲板長が叫んだ。

生き物のうち一匹が飛び上がって船に乗り込み、三叉槍で水夫を甲板にとめ付けた。「失礼ね! あたしたちはニクシーよ! いい度胸だこと!」さらに多くの武装したニクシーたちが船に乗り込み、ひときわ大きな波が粘着物で覆われたすらっとした海の魔女を甲板に運んだ。他のニクシーたちは彼女らのリーダー、サイコラックスを取り囲んだ。

船長は空の両手を上げて前に進み出て言った。「私たちは争うつもりはない。私たちの王は残党にも平和を約束されたのだ。」

サイコラックスは冷笑した。「あなたの王の言う平和とやらは、妹のノクサムがスカルアイランドで漁網に捕まって群れからはぐれた時、守ってくれた? 彼女のために、あなたたちの命をいただくわ。」

船長はちらりとラソーンを見た。ラソーンは察して荷物を守ろうと船倉へ急いだ。「あなた方はそれが私たちではないことをご存知のはずだ。私たちはこの問題を平和的に解決できる。」

海の魔女は貝の破片でできた剣を抜くと船長の喉に突き刺した。「お前に平安を。血と血の協定によって。」

船長の体が甲板に打ち付けられる前に、水夫たちは剣を抜き、双方はぶつかり合った。水夫たちは他のニクシーたちを海に追い返すことに成功したが、サイコラックスはその場を動かなかった。「お前たちのうち何人かを、捕虜として申し受けたい。」

エラが不思議な魔法で光り輝くと、海の魔女は歌い始めた。船体を覆うすべてのフジツボたちは、苦しさから外へ押し出されて来た。尋常ではない揺れは船の骨組みをばらばらにした。魔法は海上を響き渡り、暗い海を撹拌しはじめた。やがて渦巻が壊れた船を水夫もろとも海の底へ引きずり込み始めた。

船が海水で満たされた時、ラソーンは決死の覚悟で貨物を覆う網を切った。床に叩き付けられて、貨物の蓋が開いた。彫刻を施された石は船倉のそれぞれ異なる八つの裂け目から外に転がり出た。ラソーンは暗い海が彼を飲み込む瞬間、深く息を吸い込んだ。

騒ぎが収まり、海が静かになるとサイコラックスは微笑み、波に紛れるようにして戻って行った。

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

Happy Valentine’s Day! A Special Gift For You!/ハッピーバレンタインデー! 特別なギフトのお知らせです

UO公式  Happy Valentine’s Day! A Special Gift For You!

Facebook広田剣 ハッピーバレンタインデー! 特別なギフトのお知らせです

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・

Happy Valentine’s Day! A Special Gift For You!

Posted on February 14, 2019 by UO Dev Team

2/14/2019

Frog_vday_website

Have you ever wanted to share a romantic candlelit dinner with your special someone while also enjoying the serene company of a pond?  Now you can!  Whether you are a human, elf, gargoyle or a frog now you too can enjoy the warming glow of a candlelit lily pad!

Visit the Britain Commons and double click the Cupid Statue to redeem your lily pad today!

・・・・・・・・・・・・・・

ハッピーバレンタインデー! 特別なギフト

出典: UO公式
https://uo.com/…/happy-valentines-day-a-special-gift-for-y…/

うららかな池の仲間との交流の合間に、特別な誰かとろうそくの灯りに照らされたロマンチックなディナーを楽しみたいと思ったことはありませんか? それが可能になりました! あなたがヒューマン、エルフ、ガーゴイル、あるいはカエルであろうとも、ハスの花の上の温かなろうそくの灯りを楽しむことができます。

ぜひ、ブリテイン市民広場を訪れて、キューピッドの像をクリックしてハスの花を入手してください。

キューピッドの設置は手動のため、各シャードの設置までお時間をいただく場合があることをあらかじめご了承ください。

ブリタニアでお会いしましょう。

UO チーム

・・・・・・・・・・・・・・・

バレンタインキューピット

Bandicam_20190215_074738390
Bandicam_20190215_074730275
各シャード1アカウント1個のみ

Bandicam_20190215_074756609

シャードの名前が入る

Happy Valentine's Day ~(シャード名)

ダブルクリックで蝋燭のON OFF切替

左 OFF 右 ON ↓

Bandicam_20190215_074800846

ロックダウンするとON/OFFがいじれない

Bandicam_20190215_074815052

配布は5日間

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

Publish 104 - Rising Tide/パブリッシュ104

UO公式 Publish 104 - Rising Tide

Facebook広田剣 パブリッシュ104(ライジング・タイド) - TC1リリース

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・

Publish 104 - Rising Tide

Posted on February 6, 2019 by UO Dev Team

TC Release 1 - 2/6/2019

Visit the forums for discussion on these changes.

Veteran Rewards

・New veteran rewards have been added to the veteran reward system!
・Water Wheel - 10th Year
   ・House addon that can be placed on existing house addon water features, such as the koi pond
   ・Functions as a water source

・Tinker Bench - 7th Year
   ・ Power tool for tinkering that allows tinkering
   ・Stores up to 5000 charges

・Embroidery Tool - 5th Year
   ・Can be used to embroider clothing items
   ・Recharge via NPC tinkers

・Repair Bench - 5th Year
   ・House addon that can store and use repair deeds from all crafting systems
   ・Stores up to 500 charges per skill

・Statuettes - can be turned on & off by double clicking and play a sound when approached
   ・Krampus - 1st Year
   ・Khal Ankur - 2nd Year
   ・Krampus Minion - 3rd Year

Ship Cannon Crafting & Firing Update

・Harvesting saltpeter in Felucca now applies a 1000 point luck bonus where it previously did not.
・Alchemists who sell saltpeter have been added to the Moonglow & Britain docks.
・Match & Matchchord have been removed from alchemy crafting and are no longer needed in the cannon use process.
   ・The match can still be used to fire a cannon
   ・Match & match chord can be turned in for Cleanup Britannia points

・Crafting potash no longer requires water as an ingredient, instead crafters must be near a water source which includes  the water trough, water tub, water barrel, bucket of water, fountain of life, sinks, dragon tubs, dragon turtle fountains, koi ponds, and the water wheel.
・Potash now functions as a “make all” item and will craft as much as possible based on available ingredients.
・The following changes have been made to existing cannon resources,
   ・“light” and “heavy” powder charges are now simply “powder charge”
   ・“light” and “heavy” cannonballs are now simply “cannonball”
   ・“light” and “heavy” grapeshot is now simply “grapeshot”
   ・“light” and “heavy” frost and flame cannonballs are now simply “frost cannonball” and “flame cannonball”
   ・updated tileart for powder charge to make it more visually distinctive from cannonballs
   ・updated tileart for grapeshot to make it more visually distinctive from powder charges

・The following changes have been made to cannons & associated resources,
   ・ All existing cannons must be dismantled and replaced before use after Publish 104 is deployed.
   ・The “light cannon” is now known as “culverin”
   ・The “heavy cannon” is now known as “carronade”
   ・Polished art assets for cannons to make them more visually distinctive
   ・The metallic dyetub can now be used on placed cannons to hue them
   ・Cannons are now containers, resources for firing cannons can be placed inside them in what is referred to as the “magazine”

・The following changes have been made to the cannon firing process,
   ・ Cleaning a cannon is no longer required and the swab has been removed from tinkering.  Existing swabs can be turned in for Cleanup Britannia points.
   ・When double clicking a cannon the firing control has two options “PREP” and “FIRE”
     ・A player must be within 2 tiles to execute this action

・Place cannon firing resources inside the magazine and push the “PREP” button to begin the cannon firing process.  Resources will be taken from the magazine.
     ・Only 1 player may participate in preparing the cannon for firing.

・Cannons will automatically move through each step in the “PREP” process so long as resources are present in the magazine.
     ・This process will continue so long as the player is present on the ship, if the player leaves the ship the process will pause.

・Cannons can now be fired with a match or a torch, as such torches will no longer auto-douse when placed in the backpack.

Note: These changes are still in active development for balance based on damage and the amount of resources required compared to the reward for engaging in ship content, as well as damage output.  Be sure to visit TC1 during play sessions to give feedback!

New Item Property - Last Parry Chance

・When players parry any attack with a shield or weapon it will now display the last parry chance % on the item.

Bug Fixes

・The interior decorator will no longer allow players to increase “house only” tiles pass their height restrictions.
・Reduced lag within the Despise champion spawn.

Classic Client - 7.0.74.72

・Removed snow.
・Updated CliLocs.
・Classic client crash fixes.
・Added new large container gumps for barrels, drawers, armoires, and bookcases.
・Added “Enable Legible Journal” option to the Classic Client under the display menu which makes any new journal text more legible.
・Resolved issue with house placement in the Classic Client being centered relative to the play window rather than the cursor.

Enchanced Client - 4.0.74.72

・Removed snow.
・Updated CliLocs.
・Enhanced client crash fixes.

・・・・・・・・・・・・・・・・・

パブリッシュ104(ライジング・タイド) - TC1リリース

出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/06/rising-tide-tc-release-1/

こんにちは。

日本時間2月7日(木)5:00 a.m. 以降、TC1に“未踏の航路”コンテンツの追加を含むパブリッシュ104(ライジング・タイド)が導入されます。また長期報奨、大砲に関する生産や操作のアップデート、たくさんのバグフィックスも導入されます! パブリッシュノートはこちらから。
https://uo.com/…/ult…/publish-notes/publish-104-rising-tide/

※ 日本語訳は記事最下部をご覧ください。

また、米現地時間金曜日より週末にかけて、公開テストイベントを開催しますので、よろしければTC1でお会いしましょう。

また、TC1にてこれらのコンテンツのテストを行う場合、とりわけ大砲に関する変更についてはテキストの変更を反映させるため、最新のクライアントへのアップデートは必須です。生産にあたり、メッセージが表示される場合がありますが、異常ではありません。

ブリタニアでお会いしましょう。

UO チーム

パブリッシュ104に関するUOフォーラムでの議論にぜひ、ご参加ください。
https://forum.uo.com/categories/test-center

TC1リリース – 2/6/2019

■長期報奨

- 新長期報奨が追加されました!
- 水車(10年)
・鯉の池など水を含むハウスアドオンに設置できます。
・水源として利用できます。

- 細工作業台(7年)
・細工のパワーツールです。
・5000チャージまで格納することができます。

- 刺繍ツール(5年)
・布製の被服類に刺繍を施すことができます。
・NPCの細工師によって再チャージできます。

- 修理台(5年)
・すべての生産修理ディードを格納することができます。
・スキルごとに500チャージまで格納することができます。

- スタチュー
近づくと音が鳴ります。ダブルクリックでオン/オフできます。
・Krampus 像(1年)
・Khal Ankur 像(2年)
・Krampus Minion 像(3年)

■大砲の生産と砲撃プロセスのアップデート

- フェルッカでの硝石の採集は、1000相当の幸運が適用されるようになります。
- 硝石を販売するアルケミストが、ムーングロウとブリテインの港に追加されました。
- マッチ(Match)と火縄(Matchchord)は錬金術の生産メニューから削除されました。これらは大砲の砲撃プロセスには必要がなくなります。
・大砲の点火には引き続き使用することができます。
・マッチ(Match)と火縄(Matchchord)はクリナップブリタニアのポイントにすることができます。
- カリウム(Potash)の生産に水は必要なくなります。その代わり、水桶、水樽、水の入ったバケツ、生命の泉、シンク、ドラゴンシンク、ドラゴンタートルの噴水、鯉の池、水車などの水源の近くにいることが必要になります。
- カリウム(Potash)は“すべての材料を使用”して生産可能なアイテムの対象となります。
- 砲撃用の素材について、下記の変更が追加されています。
・火薬袋の重と軽は、単なる火薬袋になります。
・大砲の弾の重と軽は、単なる大砲の弾になります。
・大砲用散弾の重と軽は、単なる大砲用散弾になります。
・氷結砲弾と火炎砲弾の重と軽は、単なる氷結砲弾と火炎砲弾になります。
・火薬袋の見た目を大砲の弾と区別しやすいように変更しました。
・大砲用散弾の見た目を火薬袋と区別しやすいように変更しました。
- 大砲とその材料について、下記の変更が追加されています。
※パブリッシュ104以降、すべての大砲は解体と再設置が必要になります。
・大砲(軽)は“カルバリン砲”として使用できます。
・大砲(重)は“カロネード砲”として使用できます。
・大砲のアートをより際立つように修正しました。
・設置した大砲は金属タブで染色できるようになります。
・大砲はコンテナとしての機能を持つようになり、砲撃に必要なリソースを格納できるようになり、火薬庫になります。
- 砲撃プロセスに下記の変更が追加されました。
・大砲の掃除は不要になります。モップ(Swab)は細工の生産メニューから削除されました。現存するモップ(Swab)はクリナップポイントにすることができます。
・大砲をダブルクリックすると、“砲撃用意(PREP)”と“発射(FIRE)”の二つのボタンが表示されるようになります。
  * 操作を行うには、プレーヤーは大砲から2タイル以内の範囲にいなければなりません。
・火薬庫に砲撃に必要な材料を入れて、“砲撃用意(PREP)”ボタンを押下し、点火プロセスを開始します。必要なリソースが自動的に消費されます。
  * 大砲の操作プロセスに参加できるのは一人のプレーヤーだけです。
・火薬庫に材料があれば、“砲撃用意(PREP)”プロセスは自動的にすすみます。
  * このプロセスはプレーヤーが船の上にいれば継続します。船の上から立ち去ると中断されます。
・大砲はマッチかトーチで点火することができるようになります。マッチやトーチがバックパックに入ると自動で消火されることはなくなります。

注意: これらの変更はまだ開発段階にあり、ダメージやリソースの消費量と、得られる報酬とのバランスを引き続き考慮する必要があります。ぜひTC1にてフィードバックをお寄せください!

■新アイテムプロパティ - Last Parry Chanceの追加

- 盾や武器による受け流しが発動した場合、最後の受け流しチャンスがパーセンテージで表示されるようになります。

■バグフィックス

- インテリアデコレーターは屋内限定タイルを高さの上限を超えて設置させることはできなくなります。
- デスパイスダンジョンのチャンプスポーンのラグを軽減しました。

■クラッシッククライアント - 7.0.74.72

- 雪景色を終了。
- クリロックのアップデート。
- クライアントクラッシュの修正。
- 樽、引き出し、本棚にも大きなコンテナ表示を追加。
- “簡易ジャーナル”を追加。ジャーナルテキストが読みやすくなります。
- 家を設置する際に、カーソルではなくプレーヤーのウィンドウに中心点が依存していた問題を修正。

■エンハンスドクライアント - 4.0.74.72

- 雪景色を終了。
- クリロックのアップデート。
- クライアントクラッシュの修正。

| | コメント (0)

2019年2月 6日 (水)

The Rune Carver/ルーンを彫る者 – The Rune Caver

UO公式 The Rune Carver

Facebook広田剣 ルーンを彫る者 – The Rune Caver

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Rune Carver

Posted on February 5, 2019  byUO Dev Team

As we approach the release of Rising Tide we invite you to sit back and enjoy the introductory tale of, The Rune Carver.

By EM Malachi

Julia set two cups of tea on the small table and pulled a second stool over from her workbench. The tinker’s calloused hands brushed a few springs and gears off the table into her apron. She smiled at her friend as she heaped sugar into her cup. Mariah sipped at her own tea and looked around the room. It was far less cluttered than the mage remembered it, with only a lone stopped clock in the corner. “Has work been slow?”

Julia shook her head. “My projects are handed off to other tinkers, smiths, and rune-carvers. I’m glad the artisans I helped train are able to keep Minoc’s forges lit. What about you? Keeping busy?”

Mariah relaxed in her chair and started telling Julia about her studies with the gargoyles and the new spells she was mastering. The story of an unfortunate Flam spell in the Lyceaum made Julia laugh and caused Mariah to casually remark, “Why don’t we do this anymore?” She gasped when she remembered the reason.

Julia went pale, as she was the day she died. A shaking hand touched the shoulder where the troll’s club had crushed her heart. Her fiery red hair dulled and faded until it was ghostly and translucent. The abandoned workshop around them showed years of cobwebs and dust. Julia gave a sad look before answering her friend, “I am sorry for the pain this meeting brings, but there is a reason.”

The shade of Julia floated over to the workbench where there appeared eight uncarved stones. As she ran her hand over the stones, each revealed the sigil of a Virtue. “I made these for my king so he could keep watch over his shrines. So long ago. They are missing and need to be found. You and the others must find them.”

The ghost of Julia returned to the table and gave Mariah a hug. It had all the warmth Mariah remembered. “I miss you too, my friend, but I need to go.”

Mariah woke up sobbing.

・・・・・・・・・・・・・・・

ルーンを彫る者 – The Rune Caver

出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/05/the-rune-carver/

By EM Malachi

ジュリアは小さなテーブルにカップを二つ並べ、作業台用のスツールを引き寄せた。細工師らしくたこのできた手が、いくつかのバネとギアを彼女のエプロンの中に払い落とした。彼女は友人に微笑むと、カップに砂糖をたっぷりと入れてやった。マライアはカップからひと口すすると部屋の中を見回した。その部屋は記憶していたよりもずっと、整然としており、壊れた時計が壁にかかっているだけだった。「仕事は落ち着いているの?」

ジュリアは頭を横にふった。「私の仕事は他の細工屋、鍛治屋、そしてルーン彫刻師たちに引き継がれたの。私が育てた匠たちが、ミノックの火を絶やさずにいてくれることを嬉しく思うわ。あなたはどうなの?相変わらず忙しいのかしら?」

マライアは椅子に深く腰掛けると、彼女のガーゴイルについての研究や、新たに習得した呪文やマスタリーについて語り始めた。ライキュームで引火した炎のスペルの話はジュリアを笑わせ、ふと、マライアは我に返った。「なぜ、私たちは一緒に学ぶことを止めてしまったの?」そして、理由に気付いた彼女は愕然とするのだった。

ジュリアは青ざめた。彼女が亡くなった日のように。震える手がトロルに砕かれた肩、そして心臓にあてがわれた。彼女の燃えるような赤い髪はくすみ、徐々に透けて行った。彼女たちを取り巻く廃墟と化した工房は、積年の蜘蛛の巣と埃に覆われていた。ジュリアは質問に答える前に悲しげに言った。「この再会があなたを悲しませることを申し訳なく思うわ。でも、これには理由があるの。」

ジュリアの影が作業台の上の彫り込まれる前の8つの石の上を漂った。手を石の上に滑らせると、それぞれに徳の印が浮かび上がった。「私はこれを王のために彫ったの。彼がいつも神殿を見守ることができるように。とても昔のことよ。でも、失われてしまった。あなたと仲間たちにこれを探し出してほしいの。」

ジュリアの亡霊はテーブルに戻り、マライアを抱擁した。マライアの記憶の中の、そのままのぬくもりだった。「寂しいわ。だけどもう、行かなくちゃ。」

マライアは泣きながら目を覚ました。

| | コメント (0)

2019年1月24日 (木)

Publish 104 Castle Design Contest Important Dates/パブリッシュ104 - 城のカスタマイズコンテスト日程のご案内

UO公式 Publish 104 Castle Design Contest Important Dates

Facebook広田剣 パブリッシュ104 - 城のカスタマイズコンテスト日程のご案内

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

Publish 104 Castle Design Contest Important Dates

Posted on January 23, 2019 by UO Dev Team

1/23/2019

Greetings,

Please take note of the following important dates as they relate to the Publish 104 Castle contest.

Contest Started/Signup - Friday, January 18, 2019 9:13:01 AM GMT-05:00

First Vote Begins - Friday, February 1, 2019 9:19:41 AM GMT-05:00

Second Vote Begins - Friday, February 8, 2019 9:19:41 AM GMT-05:00

Vote Tally - Monday, February 11, 2019 9:19:41 AM GMT-05:00

We look forward to seeing many great designs this time around!

See you in Britannia,

UO Team

・・・・・・・・・・・

パブリッシュ104 - 城のカスタマイズコンテスト日程のご案内

出典: UO公式
https://uo.com/…/publish-104-castle-design-contest-importa…/

こんにちは。
下記の通りパブリッシュ104の城のカスタマイズコンテストの日程をご案内致します。

コンテスト受付開始、申込み - 日本時間1月18日(金)23:13~

第1回投票 – 日本時間2月1日(金)23:19~

第2回(最終)投票 - 日本時間2月8日(金)23:19~

開票 – 日本時間2月11日(月)23:19~

この機会に皆さまのすばらしいデザインを拝見できるのを楽しみにしております!

ブリタニアでお会いしましょう。

UO チーム

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

Developer Meet & Greet and Castle Contest/1月度Dev's Meet & Greetと城のカスタマイズコンテストのお知らせ

UO 公式 Developer Meet & Greet and Castle Contest

Facebook広田剣 1月度Dev's Meet & Greetと城のカスタマイズコンテストのお知らせ

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

Developer Meet & Greet and Castle Contest

Posted on January 17, 2019 by Mesanna

Greetings everyone,

The next meet and greet will be on Drachenfels,  January 28th at 2 pm ET.  We  look forward to seeing you there.

Since we just finished a Keep only contest we are going to do a Castle only this time.  We will be wiping TC1 tomorrow for everyone that wants to submit your new Castle design for voting.

Good luck everyone we look foward to seeing everyones creativity.

UO Team

・・・・・・・・・・・・

1月度Dev's Meet & Greetと城のカスタマイズコンテストのお知らせ

出典: UO公式
https://uo.com/…/17/developer-meet-greet-and-castle-contest/

こんにちは皆さん。

1月度のDev's Meet & Greetの日程を下記の通りお知らせします。ブラックソーン城にお集まりください。

・Drachenfelsシャード
日本時間1月29日(火)4:00 a.m.

前回砦に特化したコンテストを終了したことから、今回は城のデザインのみの募集となります。現状のTC1は米現地時間の1月18日(金)中にワイプ致しますので、デザインはそれ以降に作成くださいますよう、ご注意ください。

皆さまに幸運と、皆さまの創造性に巡り会えますよう、願っております。

UOチーム

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

UO Newsletter #33

UO 公式 UO Newsletter #33

Facebook広田剣 UO Newsletter #33

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #33

・プロデューサーノート
こんにちは。
皆さま素晴らしい休暇と新年を迎えられたことと思います。
ウルティマ オンラインは2019年を迎えるにあたり、とてもエキサイティングしています。私たちは今年、皆さまに新たな冒険の旅、新たなストーリー、そして古い友人との再会をもたらすことをお約束致します。
2010年のリリース以来、未踏の航路 (High Seas) はウルティマ オンラインにおいて最も活発に議論がなされて来た拡張であると言えます。開発とのMeet & Greet、年間を通じて行われるプレーヤーとの集まり、フォーラム、そして直接のフィードバックでもしばしば話題に上ってきたコンテンツです。私たちは2019年の主要テーマとして未踏の航路に取り組むことを宣言致します!
さて、今年のパブリッシュにはどのような影響があるでしょうか? すべてのパブリッシュが航海、釣り、海賊討伐に特化したものになるのでしょうか? 厳密にはそうではありませんが、そうと言えなくもありません! なぜなら私たちの使命は引き続きイベントのサポートを行い、皆さまにとってより良いシステムを作りつつ、もっとも必要とされる未踏の航路分野の改修を行うことだからです。それぞれのパブリッシュにおいて未踏の航路の主要コンテンツに取り組みながら、これらを新仕様、コンテンツ、ユーザビリティ、クライアント、ツール、そしてバグフィックスに結び付けて参ります。
2019年最初のパブリッシュは104となります。ライジング タイド (Rising Tide) です。ライジング タイドは新長期報奨、クラッシック (2D) クライアントの色識別システム搭載、パフォーマンスの向上、更新へのアクセシビリティの向上、受け流しのバランス調整、大砲の使い勝手の向上などなどを含みます!
受け流しのバランス調整につきましてはこちら https://forum.uo.com/discussion/2962/parry-balance-discussion#latest
大砲の使い勝手の向上につきましてはこちら https://forum.uo.com/discussion/3065/high-seas-qol-update-cannons#latest
から議論にご参加いただくことができます。
下記にてより詳細な2019年のロードマップをご確認いただけます。新年に漕ぎ出すにあたり、皆さまと様々な情報をシェアできることを嬉しく思います!
ウルティマ ストアには今年も引き続き、新デザインのポスト、家テレポーター、エセリアル騎乗生物、ペットなど、新しいアイテムを追加して参ります。また、城と砦のコンテストでは、皆さまからの素晴らしいデザインのご提案を楽しみにしております。
ブリタニアを襲う最新の脅威についてのEMイベントが年度明け早々に行われます。あなたはこれらの脅威にどのように立ち向かうのでしょうか? 今後のイベントカレンダーにご注目ください!
1月のDev’s Meet & Greetの予定は下記の通りとなります。
Napa Valleyシャード ・日本時間 1月15日(火) 11:00 a.m. ~ Drachenfelsシャード ・日本時間1月29日(火) 4:00 a.m. ~
最後に、今月の不正操作が確認されたアカウント数を公表致します。
6 x 迷惑行為 3 x 不在マクロ 2 x ハラスメント行為
未踏の航路でお会いしましょう。
Bonnie "Mesanna" Armstrong プロデューサー
・・・・・・・・・・・・
・2019年開発ロードマップ
未踏の航路は壮大で、長い航海になるでしょう! どうぞ、今後一年間の私たちのはちゃめちゃな旅にご一緒しましょう! 3月にはライジング タイドが導入され、大砲の生産、充填、発砲プロセスに改良がくわえられるでしょう! 夏には打ち捨てられた宝 (Forgotten Treasures) が導入され、水陸両面で更新が行われます! 秋に上陸を果たした先には見捨てられた敵、コーガルとカリュブディスに対面することになります。 冬に分け入るとJolly Rogerが海上で笑いと恐怖を同時にお届けします! これらは2019年の計画のほんの一部です。今後一年間、引き続きより詳細な情報をお届けして参ります!
・Q & A コーナー
新しいご質問を引き続き2019年度のDev’s Meet & Greetにて募集中です。
Napa Valleyシャード ・日本時間 1月15日(火) 11:00 a.m. ~ 
Drachenfelsシャード ・日本時間1月29日(火) 4:00 a.m. ~
どうぞ、ご参加ください。
・カスタマーサービス
1. 何年も前にカスタマーサービスによって廃止されたアカウントを復活させたい場合はsupport@ultimaonline.com 宛にアカウントの詳細をお送りいただき、アカウントがご自身のものであることを証明してください。廃止の状況によっては制限を解除し、アカウントを復活させることができます。
2. オリジンストアで購入したソブリンはアカウント管理サイトより入力の必要があります。ゲーム内で入力することはできません。
3. アカウントの復活を希望されるすべての方は、support@ultimaonline.com 宛にすべての情報をお送りください。秘密の言葉がわからない場合はヒントをリクエストしてください。あなたのアカウントを特定するための情報をできる限り提供していただくことが、時間短縮につながります。
4. オリジンストアからコードが届かない場合はこちらからお問い合わせください。  https://help.ea.com/in/contact-us/new/  ※ 英語のみ
5. ゲームに関するご質問や問題がある場合はGMコール、あるいはsupport@ultimaonline.com までメールでお送りください。
6. ゲーム内コンテンツへのフィードバックはUO@broadsword.comまでメールでお送りください。
7. オリジンストアで注文品が届かなかった、あるいは予期した通りにお取り引きを完了させることができなかったプレーヤーの方が散見されます。注文確定のメールが届かなければ、何が起こったのか心配になるでしょう。オリジンストアは詐欺取引への監視を強めており、その確認には最大72時間かかる場合があります。私たちはこれを早めたり、回避することはできません。しかし、オリジンのサポートでは下記リンクよりプレーヤーの皆さんからのご購入に関するご質問をお受けしています。    https://help.ea.com/en/contact-us/new/    ※ 英語のみ
製品はOrigin(オリジン)を、トピックはOrders(ご注文)をお選びください。実際に担当者と話をする前に、内容の絞り込みを行うことができます。
私たちはオリジンストアだけがウルティマ オンラインのコードの正規販売店であることを繰り返しお伝えしておきたいと思います。第三者(友人、ゲーム内の知り合い、おすすめサイト)から購入したコードの有効性については保証いたしかねます。そして不正に入手されたコードが発見された場合、アカウントに適用済みであったとしてもそのコードはアカウントから削除されます。これはゲームタイムのみならず、キャラクタースロットや拡張へのアクセス、ソブリン金貨(またはそれによって購入されたアイテム)を失うことになりかねません。私たちは第三者から購入されたコードが原因で発生する問題をサポートすることはできません。そのコードを購入した業者にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。
- パスワードの問題について パスワードをリセットするためにはあなたがどのアカウントのパスワードをリセットしようとしているのかをはっきりさせておく必要があります。
EAアカウント、Mythicアカウント、そしてMythic製品アカウントはそれぞれ別のパスワードが設定されています。
アカウントはこちらからリセットすることができます。  https://accounts.eamythic.com/
しかしながらBroadswordではEAアカウントに関する問題をサポートすることができません。下記のステップに従って操作してください。
- EAアカウントのリセット  ・https://signin.ea.com/p/web/resetPassword を開きます。
・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを変更してください。
・すべてのスパムフィルターを解除してもパスワードを受け取れなかったり、入力時にエラーが発生する場合はこちらにご連絡ください。 https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin
- クレジットカード情報の更新方法    ・https://accounts.eamythic.com を開きます。
  ・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを入力してください。
  ・Subscriptionを選択します。
  ・カード情報を更新したいアカウントを選択します。
    ・Subscribeボタンを押します。    ・請求間隔(Billing cycle)を選びます。
  ・どの支払方法を選ぶかを訪ねるページが開く場合は、add a cardを押さずに右上のManage Accountsのオプションを選択するようにしてください。新しいページに飛ぶことができ、そこに以前のクレジットカード情報が表示されています。
  ・更新したいカード情報を選び、Xボタンを押します。
    ・新しいカード情報を入力できるようになり、add a cardボタンを押すことで登録できます。
- アカウントセンター(https://accounts.eamythic.com/)について    Q. アカウントを作成、またはログインするにはどうしたらいいですか?  http://uo.com/Account-Login-Guide    ※ 英語のみ
Q. ログイン後のゲームアカウント管理方法を教えてください。 http://uo.com/account-management/    ※ 英語のみ
Q. その他のサポートリンクとビデオ  http://uo.com/faq https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8    ※ 英語のみ
・・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #33

Producer Notes

Greetings,

We hope everyone had a great holiday and a happy new year!!

The Ultima Online team is very excited for 2019!  We can promise the new year will bring new adventures, new stories, and reintroduce you to some old friends!

Since its release in 2010, High Seas has been one of the most commonly talked about additions to Ultima Online. It comes up at meet and greets, the various player gatherings we've had over the years, the forums, and in feedback we receive directly.  We are excited to announce the theme for 2019 will be focusing on the High Seas!

So what does that mean for publishes this year?  Is every publish going to be about sailing the oceans, fishing, and pirate hunting?  Not exactly - but close!  Our goal is to continue to support the events and systems you have come to love while revamping the areas of the High Seas that need it most.  In each publish we will be tackling a major High Seas content area and combining it with often requested new features, content, quality of life updates, client updates, tools, and bug fixes.

The first Publish of 2019 is Publish 104 - Rising Tide.  Rising Tide will introduce new veteran rewards, a new way to identify hues in the classic client, client performance and accessibility updates, Parry balance changes, quality of life updates to cannons, and more!

You can join in on the conversation on the Parrying balance changes and the Cannon QoL update on the official forums!

You can also check out below to see the first look at our 2019 development roadmap - we are excited to share more details with you as the year sails on!

This year we will continue to add to the Ultima Store with new items such as additional mailbox styles, house teleporters, vanity mounts & pets, and more!  We also look forward to the awe inspiring designs from our Castle & Keep contests.

In the beginning part of the year we will see some exciting EM events that will begin to tell the story of the latest threats facing the realm;  how will you rise to face those challenges??  Keep an eye on the UO.com event calendar for more!

For the month of January the Developer Meet and Greet schedule is as follows:
January 14th Napa Valley at 9 pm ET
January 28th Drachenfels at 2 pm ET

Finally, the following are actions taken on accounts that were banned or suspended:

6 - Disruptive Behavior
3 - Macroing
2 - Harassment
   
See you on the High Seas,

Bonnie "Mesanna" Armstrong
Producer

・・・・・・・・・・

2019 Development Roadmap

The High Seas are vast and t'will be a long voyage ahead!

Join us as we look forward to a year of swashbuckling adventure at every turn!

March will bring Rising Tide, updating the cannon crafting, ammunition, and firing process!

As we sail into the Summer June brings Forgotten Treasures where we will focus on updates to treasure chests on both land and sea!

Coasting into Fall we find ourselves confronting Forsaken Foes - a new take on Corgul & Charybdis!

Wading into Winter look high for Jolly Roger bringing both cheer and dread to the oceans far!

This is only a small portion of what 2019 brings and we look forward to sharing more details as the year sails on!

・・・・・

Question & Answer

Look for new Questions & Answers in the next newsletter following our first Meet & Greets of 2019!

Join us on,
January 14th Napa Valley at 9 pm ET
January 28th Drachenfels at 2 pm ET

・・・・・・・・・・・

Customer Service

1. If you have an account that was terminated by CS over a year ago and would like to have it back please contact support here and give them the details and identify the account as yours, depending on the termination we will remove the restriction from your account so you may open it again.

2. All Sovereigns purchased from Origin have to be entered on the Account Management page.  You can not enter these in game. Please know that you can not unlink the account and link it to another account with Sovereigns on your accounts.

3. Anyone that is trying to reopen an account please make sure you send all the information to support@ultimaonline.com so we can have a record of this.  In the original request to support if you do not know your secret word please ask for a hint.  Give them all the information to identify the account as yours so there will not be a lot of delays.

4.  If you are having issues with your Origin purchase follow this link to resolve the issue..

5.  If you have any in game questions or issues submit an in game help request for a GameMaster to contact you.

6.  For any feedback to content put in game please send it to UO@broadsword.com.

7.  Regarding Origin orders, codes, and third party resellers.
 
Recently some of the player base may have noticed that an Origin store purchase they have made did not arrive or complete as expected. A confirmation or code email has not been received and you are wondering what may have occurred with your order. The Origin store enacts reviews on all transactions to safeguard against fraudulent purchases, and these reviews may take up to 72 hours. Unfortunately our Billing department is not able to expedite or circumvent this process, however players who have questions or concerns regarding a store purchase can contact Origin support for assistance using the below link:
 
http://help.ea.com/en/contact-us/new/
 
When prompted for a product, choose Origin. Next choose your platform, and select ‘Orders’ as the topic. You can further specify your issue in the subsequent fields before speaking with an agent.
 
We would also like to reiterate that the Origin store is the only guaranteed provider of codes for Ultima Online. The validity of a code purchased from a third-party seller (be it a friend, in-game acquaintance, or recommended site) cannot be guaranteed. Furthermore, any codes we find to have be fraudulently obtained will be disabled and an account that applies any of these codes will have that code removed from said account. This can result in the loss of gametime, character slots, expansion access, Sovereigns (and the items purchased with them), in-game items and more. Please be advised that we cannot assist with any issues stemming from codes purchased via non-Origin means; you will be required to contact the vendor from which you purchased the code for further assistance.

PASSWORD ISSUES
 
To reset your password you must first understand which type of account you are resetting the password for. EA Accounts, Mythic Master Accounts, and Mythic Product Accounts all have separate individual passwords. All of which you can reset at your leisure at our Account Center at https://accounts.eamythic.com/. Unfortunately, Broadsword Support cannot assist with potential EA Account issues or passwords, please follow the steps below.
 
To reset your EA Account password:
      * Please visit https://signin.ea.com/p/web/resetPassword
      * At the EA.com page enter the email used to log into your EA Account to change its password.
      * If you have not received your password or have received an error while trying to reset the password and you have disabled all spam filters, please contact EA Support here, https://help.ea.com/en/contact-us/new/#?product=origin&platform=pc

CREDIT/DEBIT CARD UPDATE
 
To update your credit card information, please follow these steps: ?Login to the Account Center (https://accounts.eamythic.com) with your EA Account email and its password
・Select the 'Subscriptions' tab
・Locate the account you would like to update the card for
・Select the 'Subscribe' button
・Select the billing cycle you would like to use and continue
・When you get to the page asking which payment method you would like to use, instead of choosing to add a card, select the 'Manage Accounts' option in the top right corner of the page. This should load a new page that will contain your previous credit card information.
・Find the card you wish to update and select the 'X' button
・You can now re-enter your credit card with the updated information by using the 'Add a card' button.

ACCOUNT MANAGEMENT AT THE ACCOUNT CENTER (https://accounts.eamythic.com/)
 
How to create an account or log into my account?
http://uo.com/Account-Login-Guide
 
How to manage my accounts after I’ve logged into the Account Center with my EA Account credentials?
http://uo.com/account-management/
 
Additional support links and videos:
http://uo.com/faq/
https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU
https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

The Blind Beggar’s Friend/盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

UO公式 The Blind Beggar’s Friend

Facebook広田剣 盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・

The Blind Beggar’s Friend

Posted on December 21, 2018 by UO Dev Team

The Blind Beggar’s Friend

By EM Malachi

“Step right up, friend! Look at these! I’ve got all manner of winter and holiday cards, painted by Alberta Giacco herself. Christmas, Yule, and even Walrus Festival! Get your Season’s Greetings here! Some have faux gold foil! It even sounds expensive…

I can see you are a customer of discerning taste, going for the strange and unique. You want to know about that card? Why would someone want a card with such beastly and daemonic iconography this time of year? Well, it scares the little ones into behaving. Children love to be scared almost as much as they love presents, and Ole Krampus is the one to do it.

Wait, wait, you don’t know the story of Krampus? I thought everybody did. I’ll tell you the story my mother told me while you consider purchasing these dancing ethereal prints:

Many years back, there was a pair of beggars, Old Joe and his friend. Both had seen better days, and the Winter months were cold in Vesper. Still, even huddled under a bridge, home was home. Each year, Old Joe would save a coin here or there, and for the holiday, he would buy a bottle of brandy for the pair to share. It would warm them right up, and they’d retell stories from over the years.

In time, his friend, being the older of the two, passed on, but Old Joe would still scrimp and save for the holiday brandy. He’d pour out a cup for his departed friend and anyone else who’d drink with the old beggar. He’d raise a toast to the New Year, but also to better times, when he was young and had loaded cargo onto ships bound for all over Britannia. He continued this tradition even after the years had taken his sight.

There came a time when this city focused more on progress than the care of its people, and a particularly nasty merchant used his wealth and position to force the poor from Vesper. Most beggars left for kinder places, such as Minoc or Britain, but not Old Joe. The blind beggar had no way to travel, and home was home.

That Winter was one of note, the coldest in a hundred years. The streets were empty, save one, for Old Joe was forced from every doorway because of the merchant’s influence. At the same time, a terrible monster wandered out of the Covetous Mountains, drawn forth by greed and malice. It saw the old beggar resting in the street, and I don’t doubt that it meant to maul him.

Old Joe wasn’t aware of the danger and spoke, ‘Friend, I can hear you even if I can’t see. Since we both find ourselves out and about, please share a drink with me.’ He poured some brandy and held it out. The beast took the tin cup in its claws and drank. The sweet drink, with a taste that hinted at spring, calmed the beast. It sat next to the beggar and listened as he talked.

At the end of the bottle, Old Joe toasted with the monster a final time and laid down. ‘My friend, I think this is my last winter, but I’m glad I didn’t have to spend it alone.’

They found Old Joe the next day, long gone but with a smile on his face. There were two cups and monstrous hoof prints around him, but not a hair had been harmed. As for the cruel merchant, he disappeared that very night, and no trace of him was ever found.

Thanks for listening, friend, and I hope you have a wonderful holiday season. Enjoy life and the little things, but come these winter months, be kind and be good. Share a coin with a beggar, have a drink with a friend, or send that lovely card to your dear granny. Don’t ever be naughty, or Ole Krampus will find you!”

・・・・・・・・・・・・・・・

盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend
出典: UO公式
https://uo.com/…/ultima-o…/fiction/the-blind-beggars-friend/

By EM Malachi

“寄ってらっしゃい、見てらっしゃい! グリーティングカードを各種取り揃えておりますよ! こちらはアルベルタ・ジャンコのイラスト入り、クリスマス、キリストの降誕祭からセイウチ・フェスティバル用だってありますよ! これなんて金箔みたいでしょう? すごく高級に見えますよ……

ふうむ、そこのあなたは確かな審美眼をお持ちのご様子、変わったものや、希少なものがお好きなようですね。そのカードが気になりますか? なぜ、この時期にこんなおぞましい悪魔のような図柄のカードが人気かご存知で? そうですとも、これは小さな子どものしつけに使われるんです。子どもたちはプレゼントと同じくらい怖い話が好きなものですよね。クランプスはそれにうってつけなんです。

おやおや、クランプスの話をご存知ない? 私はてっきり皆さんご存知だとばかり思っておりました。よろしければ、その今にも飛び出しそうな幻想的な図柄のカードをお買い上げただくかお考えの間、私の母から聞いた話をお聞かせしましょう。

何年も前の話です。二人の物乞いがおりました。年老いたジョーとその友人です。二人ともかつてはもっとましな時代があったのです。ベスパーの冬はそれは厳しいものでした。でも、橋の下にうずくまればそこが家でした。毎年毎年、年老いたジョーはクリスマスに二人分のブランデーを買うために、こつこつと貯金をしていました。それはたちどころに二人の体を暖め、彼らは思い出話に花を咲かせるのです。

やがて、ジョーよりも年上の友人はこの世を去りました。しかし、ジョーはクリスマスのブランデーのためにやりくりすることをやめませんでした。そして彼は先に逝った友人のカップと、年老いた物乞いと飲もうという者たちのカップに酒を惜しみなく注ぎ続けたのです。彼は新年のために、そして若かりし頃、船の積み荷とともにブリタニア中を巡った良き時代のために乾杯しました。彼はこの習慣を、やがて視力を失ってからも何年も続けました。

いつしかベスパーの街は人々の保護よりも、自らの発展を重視するようになって行きました。とりわけ非道な商人が、金と権力にものを言わせて貧しき者たちを弾圧し始めたのです。多くの物乞いたちがミノックやブリテインなど、より暮らしやすい場所を求めて去って行きました。しかし、盲目の物乞いにはなすすべはなく、彼にとっての家はここしかありませんでした。

その年の冬は記録に残る年でした。何百年に一度という大寒波が襲って来たのです。通りに人影はなく、人々は商人を恐れ、ジョーはドアというドアから締め出されてしまいました。時を同じくして、悪意と欲を嗅ぎつけたモンスターがコブトスの山からやって来ました。それは年老いた物乞いが通りで休んでいるところに通りかかり、誰もが彼が八つ裂きにされることを疑わなかったでしょう。

年老いたジョーは危険が迫っているとは露ほども思わず、モンスターに話し掛けました。「友よ、あなたの姿は見えないが、私は聞くことができる。ここで出会ったのも何かの縁だ。どうかいっしょに飲んでおくれ。」そしてブランデーを注いで差し出しました。モンスターは錫のカップをかぎ爪で掴んで受け取ると、中身を飲み干しました。甘く、春を思わせる味の飲み物はモンスターを落ち着かせました。モンスターは物乞いの隣に座ると彼の話に耳を傾け始めました。

瓶が空になるとジョーはモンスターに最後の乾杯をし、横になりました。「友よ。おそらくこれが私にとって最後の冬になるだろうが、こうして誰かと過ごすことができたことがうれしいよ。」

翌朝、長い旅に出たジョーの顔には微笑みが浮かんでいました。人々は二つのカップとその周りにある巨大な蹄の跡を発見しましたが、ジョーが危害を加えられた形跡はありませんでした。しかし、無慈悲な商人は、まさにその夜跡形もなく姿を消したのです。

お聞きくださってありがとうございます。どうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください。人生を、そして些細なものたちを楽しんでください。冬の間は親切で善良でなくてはなりません。物乞いには施しを与え、友人たちと酒を酌み交わしてください。あるいは祖父母たちにカードを送ってあげてください。悪いことはしてはいけませんよ。さもなくばクランプスがあなたを見つけますからね!”

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

農夫の山羊 - The Farmer’s Goat

UO公式  The Farmer’s Goat

Facebook広田剣 農夫の山羊 - The Farmer’s Goat

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Farmer’s Goat 

By EM Malachi

The winter winds slammed shut the heavy wooden door, and Dr. Cat looked up from the glass he was cleaning. A bewildered young man in a straw hat had entered the Cat’s Lair Tavern, and the bartender knew he wasn’t one of the regulars. Dr. Cat smiled and set the glass on the bar in front of an empty stool. The young man’s shoulders relaxed, and he sat down. He dropped a worn bag that clinked on the bar and asked for ale.

After he’d poured the drink, Dr. Cat picked up the stranger’s coin purse from the bar, “Let’s see. By look and weight, you’ve got twenty-seven gold pieces, ten nails, and a fine apple.”

“That’s amazing!”

“One of my many skills. However, I’d suggest you take better care with your things. Some people may take more interest than they ought.”

“What do you mean?” asked the young man.

“I love this city. It has good music, food from across the Kingdom, and more people than anywhere else. Some of those people are the soul of Compassion, but others… less so. I’ll give you an example. Mind if I borrow those nails for a demonstration?”

When the young man didn’t protest, Dr. Cat took out the nails and set the ten out in a row. “The game is Nim. We take turns picking up one, two, or three nails. Whoever picks up the last nail wins the round. You can go first.”

“Seems easy enough.” The young man removed three from the row.

Dr. Cat took a single nail. “Easy isn’t always enough.”

The stranger took another two nails, and Dr. Cat took two as well. Taking the last pair, the young man seemed happy. “I won!”

Dr. Cat nodded and set up another tenfold row. “Let’s play a couple of games with me going first.”

They played a few more games with Dr. Cat winning and his opponent growing more frustrated. At last, the young man put down the nails in his hand and conceded. “I don’t know what I’m doing wrong.”

Dr. Cat smiled and refilled his patron’s ale. He dropped the nails back into the bag. “You didn’t do anything wrong. The game’s not fair. Games like this exist to pull people in and separate them from what’s theirs. Let me tell you a story:

A few years ago, a farmer from Skara Brae came to town with a full cart pulled by his pet goat. It had been a wonderful harvest, and he planned to use the extra money to help his cousin buy a farmstead. It didn’t take long for him to sell all that was in his cart, so he decided to take a walk and see what Britain had to offer.

The farmer and his goat eventually came upon a man playing this very game against whoever would try their luck. The gambler already had a pile of winnings: a few coins, a bag of onions, and a giant parsnip. The farmer tried his luck, and the gambler let him go first. The farmer won that first game and the next few. He was so happy he fed the parsnip to the goat.

The gambler asked for a chance to win back his losses, unwrapping a glittering pile of coins. Since it was greater than the value of everything else, the gambler asked if the farmer would also wager the goat. Seeing a chance to get that farmstead for his kin, the farmer agreed. I guess the goat knew the huckster was dishonest, since it tried to eat the stones they were playing with!

The farmer graciously let the gambler go first, and you can guess how that turned out! The farmer, being a good sport, gave the goat a pat behind the ears and handed the rope over. He walked back to his cart and left town.

No sooner had the farmer left than the goat got stubborn, refusing to move. Threats and carrots wouldn’t change its mind. The gambler tried to drag the goat across town to the butcher’s shop, but that ornery beast was having none of it. It kicked the huckster as hard as it could and ran off. With the gambler at its hooves, it crawled into the sewers under Britain, and the gambler sure didn’t want to follow.

I don’t know what happened to the goat in those murky tunnels, but it’s still alive. Maybe it was possessed by a daemon or changed by some potion mix from the Sorcerer’s Delight. Some say it crawls up out of the sewers at night for all manner of mischief: chasing down cheaters, kicking in the doors of dishonest merchants, trampling the flower beds of mean landlords, or stealing stale bread that no baker should dare to sell.”

Finished with his story, Dr. Cat handed the coin bag back to the young man. “Anything else I can help you with?”

The young man considered for a moment. “I’m looking for work. I have a bit of experience as a carpenter.

“I know Arty down on the docks is hiring, if you are interested in building ships. The Cavalry Guild also needs a new fence. Whichever you choose, tell them Dr. Cat sent you.”

The young man pulled a coin from his pouch and tried to pay for the drink, but Dr. Cat refused. “Get yourself all set up, and come payday, swing by and have a meal here. We make a mean meat pie.”

Later when he was pouring the wash water down a drain into the sewer, Dr. Cat spoke through the grate, “I helped that young man, so I hope you won’t be giving me any trouble tonight on my walk home, Krampus.”

In the murky darkness under Britain, something moved.

・・・・・・・・・・

農夫の山羊 - The Farmer’s Goat
出典: UO公式
https://uo.com/…/ultima-online-wi…/fiction/the-farmers-goat/

By EM Malachi

冬の突風が重い木の扉をバタンと音をたてて閉じた。ドクターキャッツは磨いていたグラスから顔を上げた。麦わら帽子をかぶった若い男が困惑した様子でキャッツレアーに入って来たのを見て、このバーテンダーは彼が常連ではないことを確認した。ドクターキャッツは微笑んで、空いているスツールの前にグラスを置いた。若い男はほっとしたように肩の力を抜くとスツールに腰かけた。すり切れたバッグをカウンターにひっかけると、エールを注文した。

ドクターキャッツは飲み物をグラスに注ぐと、カウンターに置かれた若い冒険者の小銭入れを手に取った。「ちょっと失礼するよ。この見た目と重さからすると、この中には27ゴールド、釘10本、そして立派な林檎が1個入っている。」

「すごいや!」

「私の数ある特技の中の一つでね。それにしても、君はもう少し自分の持ち物に注意を払った方がいい。身の程知らずの利益を得ようとする人間もいるからね。」

「どういうことですか?」若い男が聞いた。

「私はこの街を愛している。ここには素晴らしい音楽、国中から取り寄せられた食品、そして何よりも人々で賑わっている。多くの人々は慈愛に満ちているが、そうでない者もいる。例えばこんなことだ。説明するのに釘を借りてもいいかい?」

若い男が異を唱えるはずもなく、ドクターキャッツは10本の釘を取り出して等間隔に並べた。「これはニムってゲームだ。順番に1本、2本、あるいは3本の釘を取って行って、最後に釘を取った方が勝ちだ。さあ、最初にやっていいぞ。」

「簡単そうです。」若い男は3本の釘を抜き取った。

ドクターキャッツは1本の釘を抜き取って言った。「簡単に越したことはない。」

男はさらに2本の釘を抜き、ドクターキャッツもまた2本の釘を抜き取った。最後に残った2本の釘を見て、男は嬉しそうに叫んだ。「僕の勝ちだ!」

ドクターキャッツは頷くと、ふたたび釘を10本並べた。「もっとやってみよう。今度は私からだ。」

彼らはゲームを続けたが、いずれもドクターキャッツの勝利に終わった。若い男は不満を募らせた。ついには手に持った釘を置いて降参した。「何が間違っているのかわからないや。」

ドクターキャッツは微笑むと客のエールをついでやった。釘を入れ物に戻すとこう語り始めた。「君は何も間違ってはいないさ。このゲームはフェアじゃない。この種のゲームは人を振り回して本来の自分を失わせるためにあるんだ。例えばこんな風にね:

何年か前の事だ。スカラブレイの農夫がカートに物資を山積みにして、ペットの山羊に引かせて街へとやって来た。今年の収穫は素晴らしく、彼は手にした金で、いとこが農場を買うのを支援してやるつもりでいた。カートの収穫物を売るのにさほど時間はかからなかったので、彼はブリテインに何があるのかを見て回ろうと考えた。

農夫と山羊は、ある男が人々を相手に例のゲームに興じている場面に出くわした。この賭博師はすでにたくさん勝っていた。農夫はいくばくかのコインと、玉ねぎを一袋、大きなパースニップの束を運試しに差し出した。賭博師は農夫に先にやるよう促した。農夫は最初のゲームを勝ち、次の次も買った。彼は嬉しくなってパースニップを山羊に与えた。

賭博師は輝くコインの山を取り出しながら、負けを取り返したいと農夫に懇願した。コインは農夫の所持品すべてを上回る金額だったので、賭博師は山羊を賭けるように言った。いとこに農場を買ってやれるチャンスだと思った農夫は飛びついた。山羊はきっとこの賭博師を信用していなかったに違いない。ゲームに使う石を食らおうとしていたのだから!

農夫は賭博師に先にやるよう丁寧に申し出たが、それがどのような結果を招いたかはもうおわかりだろう! 正直者の農夫は山羊の耳の後ろをそっと撫でてやると、ロープを差し出し、カートまで戻ると街を後にした。

農夫が去ると山羊は途端に言うことを聞かなくなり、その場を動こうとしなくなった。脅しもニンジンも効かなかった。賭博師は肉屋まで山羊を引きずって行こうとしたが、それもこの頑固な獣には通用しなかった。山羊は賭博師をありったけの力で蹴とばすと、一目散に逃げだした。賭博師を足蹴にしたまま山羊はブリテインの下水道に逃げ込んだ。賭博師は無論のこと追うことはしなかった。

その後その山羊に何が起こったかは知る由もないが、彼は淀んだ下水道でまだ生きている。おそらくは悪魔に魅入られたか、魔法屋“Sorcerer’s Delight”から廃棄されたポーションの混ぜ物によって姿を変えられてしまったのだろう。ある者は彼が夜な夜なあらゆるいたずらを仕掛けようと、下水道から這い上がって来るのだと噂する。いかさま師を追いかけたり、嘘つき商人の家のドアを蹴とばしたり、意地悪な主人の花壇を踏み荒らしたり、パン屋がこっそり売りぬこうとしていたひからびたパンを盗んだりするのだとね。」

語り終えると、ドクターキャッツは小銭入れを若い男に返して言った。「ほかに何か必要なものは?」

若い男は少し考えて言った。「仕事を探しているんです。大工として少しばかりの経験があります。」

「もし船を造るのに興味があるなら、船着き場にいるアーティーが人を探している。騎兵隊ギルドもフェンスを新調したがっている。どちらでも好きな方を選んで、ドクターキャッツの紹介だと言えばいい。」

若い男は小銭入れからコインを取り出して飲み物代を置いて行こうとしたが、ドクターキャッツは頑として受け取らなかった。「まず自分のことをしっかりやって、給料日になったら来たまえ。ふらりと立ち寄ってくれたあかつきには、ここで食事をしてほしい。すごいミートパイがあるんだ。」

客が帰った後、ドクターキャッツは洗い物に使った水を排水口から下水に流しながら、格子の向こうへ声を掛けた。「私は若い男を助けたよ。だからどうか、今夜の帰路を邪魔するのはやめておくれ。わかったね?クランプス。」

ブリテインの淀んだ暗闇の中で、何かが動いた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

(*゚∋゚)Shop総合 | 01:UOニュース。 | 02:BNN | 02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators | 03:UOSA新システム一覧表 | 04:Stygian Abyss クエスト一覧 | 05:Underworld クエスト一覧 | 06:Ter Mur-Royal Cityクエスト一覧* | 07:UOSAクエスト-随時更新- | 07:UOSAメモ一覧 | 09:UOSA導入新システム関連(*゚∋゚)memo | 10: UOSA情報関連 | 11:UO High Seas 新システム一覧表 | 12:未踏の航路-Adventures on the High Seas-関連 | 13.深海クエスト関連 | 13.深海クエスト関連一覧 | 14::テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」システム一覧 | 14::テーマパック「王のコレクション」 | 14::テーマパック「王のコレクション」一覧 | 14:テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」 | 15:エクソダス戦関連 | 15:ブラックソン城ダンジョン一覧 | 15:ブラックソン城ダンジョン関連 | 16:トレーダークエスト一覧 Publish 86_ | 16:トレーダークエスト関連 Publish 86 | 17.ToL(Time of Legends.Publish 90) 関連 | 17.ToL(Time of Legends.Publish 90)一覧 | 18:.A Valley of One. ひとつの谷(Publish 92)関連 | 18:A Valley of One.ひとつの谷(Publish 92 )一覧 | 19:Publish 93 関連 | 19:Publish 93クエスト一覧(ミュルミデックスの脅威/ジーパクトリオットルの熱狂/蔓延の根絶 | 20::Publish 94 一覧 | 20::Publish 94 関連 | 21:Publish95一覧 | 21:Publish95関連 | 22.Publish 96 一覧 | 22.Publish 96 関連 | 23..Publish 97 一覧 | 23.Publish 97 関連 | 23.Publish 98 関連 | 23.Publish 98一覧 | 23:.Publish 99一覧 | 23:Publish 99 関連 | 24..Publish 100 関連_ | 24..Publish 100一覧 | 25..Publish 101関連 | 25.Publish 101一覧 | 26:.Publish 102関連_ | 26:Publish 102一覧_ | 27:.Publish 103一覧 | 27:.Publish 103関連__ | 28:Publish 104 関連 | 90: UO北斗EMサイト総合 | 91:hNN(北斗EMサイト) | 92:北斗EMイベント告知 | 93:北斗EMイベントレポート | 94.EMイベント:評議会レポート | 95:UOイベント告知関連。 | 96:UOイベントレポート。 | 97:期間限定イベント/アイテムなど。 | 99:(*゚∋゚) memo。 | 99:(*゚∋゚)事。 | 99:(*゚∋゚)的宣伝とか。 | Five on Friday/開発チームに質問!/プロデューサーからの手紙/あなたの質問、お答えします!Ultima Online House of Commons/UO Developer Live | UO以外 | UO便利小技。 | ときどき無限な(*゚∋゚) | トレハン(*゚∋゚)memo | ブリタニア☆ウォッチ | 内装レア関連 | 内装&カスタマ関連 | 北斗祭り 告知 | 北斗祭りイベントレポート | 新植物の種収集memo