« Pet Dyes ペットペイントの議論は延期。 | トップページ | 復活のエリクサー (Elixir of Rebirth) »

2009年9月 2日 (水)

ゴーゴンレンズとメデューサの鱗

メデューサ(Medusa)と戦う時に、 ゴーゴンレンズはメデューサ戦において絶対に必要なアイテムという訳ではないが、石化視線を防げるというメリットは戦いを有利に進める上で大いに役立つ。

■ 作製に必要なスキル:

・Alchemy [錬金術] - 「クリスタルの粉末」の作製に必要 (カテゴリーは「地質混合物」)

・Tinkering [細工] - 「ゴーゴンレンズ」の作製に必要 (カテゴリーは「その他」)

■ 必要アイテムと入手方法:
1)乳鉢(Mortar)St_map  と、細工道具(Tinker's Tool)Bw_tinkertool

錬金術、細工スキルを使用するのに必要。錬金術師(Alchemist)や細工師(Tinker)から購入。
2)クリスタルの粉末 (Crystal Dust)Gl_brokencrystals Gl_crystaldust

クリスタルの粉末は、Alchemy [錬金術]の「地質混合物」の項目から作製する。材料としてBroken Crystalsが4個必要。

【(*゚∋゚)からの注意】
Broken Crystalsは光晶洞(プリズム オブ ライト)の鍵持ちモンスの中からいわゆる「偽鍵」と呼ばれていた制限時間のないキー及び、制限時間付きの鍵でも作れました。今後の修正はわかりません(2010/2月現在)。
公式にも載っていないし、検索でひっかからないので、詳細は不明。そのうちどこかに載るでしょう。

3)鱗 (Scales)Gl_medusascale

*メデューサの石化視線防御80%の確率の防具を作製

DragonやSea Serpentなどの鱗を落とすモンスターを倒して、刃物で死体から資源を採取することでも入手。

*メデューサの石化視線防御100%の確率の防具を作製

メデューサが生きているなら、彼女に対して刃物を使って資源を採取できるか試みる。成功すれば、魔力を含んだ鮮やかな色のメデューサの鱗を手に入れることができる。

彼女の死体に刃物を使っても、いくらかの魔力を含んだ鱗を入手できる可能性があるが生きている時と比べると大きく確率が下がる。
Ss09090211264702

■ ゴーゴンレンズを装備に埋め込む:

細工スキルでゴーゴンレンズを作製し、作製したゴーゴンレンズをダブルクリックして防具を選択。
ゴーゴンレンズは次の箇所の防具に埋め込み可能。

・首スロットの防具
・耳スロットの防具
・頭スロットの防具
・盾
Ss09090211264400 Ss09090211264501

■ ゴーゴンレンズの効果:

ゴーゴンレンズを埋め込んだ防具はメデューサの石化視線に対して耐性を持ち、石化を一度防ぐたびに1チャージを消費する。
ゴーゴンレンズの防御効果は使用した鱗の種類に依存し、魔力を含んだメデューサの鱗から作られたレンズは100%の確率で石化を防ぐが、他の鱗から作られたものは80%の確率でしか防がない。

メデューサの石化視線は非常に強力で、石化すると数秒間全く動けなくなるだけでなく、抵抗値が減少する呪いに犯される。石化が解除されても、しばらくすると自分の姿をした石像が動き出して襲いかかってくる。

引用:「ステイジアン アビス」 プレイガイド

|

« Pet Dyes ペットペイントの議論は延期。 | トップページ | 復活のエリクサー (Elixir of Rebirth) »

09:UOSA導入新システム関連(*゚∋゚)memo」カテゴリの記事

コメント

Broken Crystals>
ヒドラ、ボルテックス、天使も持ってたような・・・
偽鍵と呼んでるやつですよね。

投稿: みんと | 2009年9月 2日 (水) 21:07

あ・・そうだったような?
忘れましたっ!
ありがとうございます。訂正しときまう!

投稿: (*゚∋゚) | 2009年9月 2日 (水) 21:13

Broken Crystals
以前、ボル鍵で偽鍵って言われてたルートできない緑色のクリスタルだったような・・・

画像は白でシーサペントのとそっくりのは
Crystalline Fragmentsでした。
これ、確かクエストアイテムですよねぇ

今鍵集めついでに少しルートしました。
結構でますわ・・・

投稿: みんと | 2009年9月 2日 (水) 23:22

よくでるなら、素材としては集めるのにあまり苦労はなさそうですね!
問題は・・彼女の鱗ですね・・
あひるの自力ゲットはかなり遠い予感。

投稿: (*゚∋゚) | 2009年9月 6日 (日) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pet Dyes ペットペイントの議論は延期。 | トップページ | 復活のエリクサー (Elixir of Rebirth) »