« パブリッシュ62: アップデート情報 - 10/27 | トップページ | ハロウィン2009かぼちゃを拾おう! »

2009年10月27日 (火)

失踪(Hyde and Seek)

9月27日 BNN 失踪(Hyde and Seek) が更新されました。

メンドクサイ方はそのままコピペ↓ (SSも公式のものを使用しています)

失踪(Hyde and Seek)                投稿日:2009年10月27日

ジャレド(Jared)がイスハム(Isham)の身体を見ると、失望が抑えられなくなり、大きなため息が漏れた。彼に投与した先の調合物はまた失敗だった。イスハムの、怒りに満ち、詰問するような凝視をジャレドは耐えることはできなかったが、今は倫理的なジレンマや罪悪感について熟考する時ではなかった。多くの作業を終わらせなくてはならず、残された時間はあまりにも少ない。

突然、研究所のドアの向こうからこもった感じの女性の声が聞こえ、二人は驚いた。ジャレドは動揺しながらドアを凝視する。急いで考えを巡らせる。この女性は誰だ? 誰もこの場所を知る者はいない。彼の妻であるエリザ(Eliza)でさえも知らない。彼がイスハムの方にちらりと振り返ると、ぱっと嬉しそうに眼を見開いていたが、すぐに恐怖に支配されたようだった。すすり泣き、懇願するような眼でジャレドを見た。

「リディア(Lydia)か」ジャレドはすぐに理解した。

彼女はまもなくこの部屋に入ってきて、何が起きていたかを目にすることになるだろう。しかし、それを許すわけにはいかない。彼はイスハムを厳しい目で見ながら「静かにしろ!」とささやく。

イスハムに向かい「An Lor Xen」と詠唱する。呪文は失敗した。保護手袋をしているにもかかわらず、イスハムに触れて冷たくなり、依然として感覚が戻ってこない手を呪った。再び詠唱を行うと、ありがたいことに今回は成功する。イスハムの姿が消えるとすぐに、ジャレドは洞窟の壁に背を貼り付けるようにし、インヴィジビリティークロークを着る。その数秒後、リディアは部屋の中に現れた。

彼女はためらいがちに二、三歩進んだ後に、恥ずかしそうにイスハムの名を呼んだ。返事はない。彼女はさらに部屋の中に歩みを進める。誰もいない……。耳にすることができたのは、鼻が曲がるような匂いのする混合物が大鍋でぐつぐつと煮える音だけ。彼女は落ち込む。昨晩の話……、約束もしたのに……、また待ちぼうけを食わされるなんて……。彼女は信じられなかった。

彼がもう一つ書置きをしたのではないかと微かな希望を抱き、部屋の奥にある机に向かった。錬金テーブル(Alchemy Table)のそばを通り過ぎた時、凍える程に空気が冷たくなり、衣類で覆われていなかった右腕に水ぶくれができた。痛みで悲鳴を上げ、飛び上がるようにして数歩下がった。

突然、暗黒の、邪悪な力を持つものの住処であるような不吉な感じがした。彼女は敢えてドアに走って引き返すことはしなかった。ぎこちなく後ずさりし、視線を絶えずあらゆる方向に向けていた。いつでも邪悪な存在が彼女に突進してきてもわかるように。

リディアが急いで部屋から避難したのを見て、ジャレドの心は激しく痛んだ。水ぶくれはすべて消えていたのだが、デーモンか何かから逃げる時にするように、彼女は「In Mani」と詠唱し続けた。そして彼女は行ってしまった。安堵したところで彼はクロークを脱いだ。彼は魔法が得意ではなかったので、彼女がまだ居るうちに、イスハムにかけたInvisibilityの呪文効果が切れやしないかと危惧していたのだった。

「全て、お前のやったことだ」とイスハムが言うと、再び姿が現れた。だが、彼の発する言葉は、ジャレドにはほとんど理解できないものに変わってしまっていたのだった……。

彼の眼にも涙があふれたが、頬を通る時に氷に変わった。氷の涙が落ち、砕け、無数のダイヤモンドのような粒が床の上で弾んだ

・・・・・・・

エリザは荘厳なるユー裁判所へ赴き、ジャスパー捜査官(Inspector Jasper)に歩み寄った。法の執行者と対面すると、なぜか彼女はいつも緊張してしまう。

「あの……、すいません。捜査官殿」彼女が恐る恐る話しかけた。「“捜索願”を出したいのですが」

Ss09102719184000

|

« パブリッシュ62: アップデート情報 - 10/27 | トップページ | ハロウィン2009かぼちゃを拾おう! »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:BNN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パブリッシュ62: アップデート情報 - 10/27 | トップページ | ハロウィン2009かぼちゃを拾おう! »