« イルシェナートレハンでのささやかな楽しみ。 | トップページ | プロデューサーからの手紙 - 2010年9月 »

2010年9月 5日 (日)

BNN - 子守歌

BNN - 子守歌が更新されました。

メンドクサイ方はこちらからどうぞ↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BNN - 子守歌                       2010年9月4日

ドーン(Dawn)は鉄のピッチャーをカップの上で傾けるが、空だったことに気付く。付き添い人の一人が、肩をすくめている彼女の方を向く。

「申し訳ありません陛下。数時間前、水を取ってくるよう人を送ったのですが、まだ戻ってきていないのです」

ここ数日頼れる何かがあったならと思い、ドーンは溜息をついた。「死と税金」彼女は自問した。「ちょっと待って、今は税金もなんとかできるわね」冗談めかしてつぶやくと、彼女の気分は幾分よくなった。

城の熱く澱んだ空気は、広間で苦しそうに呼吸する体調不良の年老いたレスラーのようだった。陰と涼感を与えるように設計されているはずの壁は、その意図を全く反映していない。ドーンは日々息が詰まりそうになっていった。まごつき、自分の状況……女王の地位か? をくよくよと考えるたび、近づいてくる足音が聞こえた。「これは一時的なものよ」彼女は一時間おきに自分にそう言い聞かせた。馬鹿げた外交を担うのに適した誰かが間もなく現れるだろう。

不眠症は助けにならなかった。ほんのわずかな眠りの合間にも夢を見るのだ。落ち着きを失わせ、不安にさせる恐怖がどこから来ているのか。その答えは見つからない。

なにか、彼女は思った。どんなものでも、うんざりした状況を打破するため、彼女は心の中でほぼ懇願していた。

答えなのだろうか。足音は入り口で止まった。「陛下。陛下のお悩みを解決できると思われる策があります」その執事は、意味深長かつ印象的な大きい本を大事そうに腕に抱えていた。彼は汗をかいていた。ドーンはその汗が、彼の持っている本の重さから来ているのか、あるいは彼がもたらそうとしている情報から来ているのかはわからなかった。

ドーンはひきつった微笑をたたえて言った。「あなたは、事務作業とささいな論争の仲裁をこなすゴーレム(golem)を、ついに発明したのね?」

彼女のアドバイザーはユーモアに気付かず、しかめっ面をした。「いいえ、違います陛下。不眠症を解消できるかもしれないものがあるのです」

ドーンは再び肩を落とした。「ああ。私は、どんな酒場でも暖かくてうとうとできることを知ってるのでございます。気持ちを落ち着かせて寝るために、エールを何パイントも呑まなくてもいいのでございます」

アドバイザーは微笑んだ。「いやいや。この解決策はちょっとした冒険を伴うものでして……」

ドーンは瞳を輝かせた。口を開けるのをぐっとこらえたので、唇は妙な微笑みで隠れた。「続けなさい……。そして、なにも隠さないで……」

彼は彼女の微笑みを微笑みで返した。「私たちが探すものは、最も素晴らしい徳の中にあります。慈悲(Compassion)です」

彼は本を持ち上げて開いた。血色が悪く曲がった指で、まだ痛んでいないページを開く。前腕部に本を置くと背骨がボキッと鳴った。彼は始めた:

「慈悲のセージ(Compassion sage): イルシェナー地域で発見された、希少な植物。刺激性の芳香および繊細な葉で知られる。かつては“恋人の葉(Lover's Leaf)”と誤った名称で呼ばれており、有能な錬金術師により幸福感を誘導することができた。同様に、悪夢の治療にも使われた」

ドーンは素早く彼女の特徴的な編み方で髪をまとめた。指の動きは慣れたもので、物凄い早さだった。「それでは、行きましょう」

彼女は椅子から立ち上がり、廊下を彼に案内させた。どうにか、廊下に監禁されている感覚を消すことができた。

|

« イルシェナートレハンでのささやかな楽しみ。 | トップページ | プロデューサーからの手紙 - 2010年9月 »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:BNN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルシェナートレハンでのささやかな楽しみ。 | トップページ | プロデューサーからの手紙 - 2010年9月 »