« 20th Anniversary Grandfathered Castle Giveaway!/20周年記念(旧式)城プレゼント! | トップページ | 粉クジやります!第7回北斗自由市in禅都は2017年8月12日(土)22:00~ »

2017年8月11日 (金)

The Oracle and the Bard/予言者と吟遊詩人

UO公式 The Oracle and the Bard

Facebook広田剣 予言者と吟遊詩人

詳細は各リンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

The Oracle and the Bard
         Posted on August 10, 2017 by UO Dev Team

The moongate opened, and a mage stepped through, carrying a heavy picnic basket with both hands. A few gargoyles in the settlement waved to her, and Mariah put down her basket to wave back. Mariah had taken to visiting Naxatilor every few weeks for tea. While the seer would share Ter Mur delicacies like grilled skree or salmon and thistle tart, the elder gargoyle had developed a sweet tooth for pastries from Moonglow’s bakery. Today, Mariah had also brought along spiced dates from Nujel’m for the two to share as they discussed history and arcane lore.

As she came into view of the seer’s home, she noticed two armored gargoyles standing guard in front. When she got closer, they nodded at her and moved their pikes out of the doorway. Inside the stone house, her friend was lying unconscious on a futon, his entire body trembling with fever. Zhah, queen of the gargoyles, sat beside the seer, holding his hand and looking very worried.  When Mariah was noticed, Zhah turned to her. “Mariah of Moonglow. I’ve been expecting you.”

“What happened?

“Naxatilor collapsed in the midst of an intense vision. Something he experienced so affected him that this happened.” Zhah pulled back a sheet to reveal that the old gargoyle’s wings were badly mangled, as if they had been slashed and burned. “This has never occurred before.”

“Will he recover?”

“I do not know. He is the last of his generation and the oldest of us. My best mystics have not been able to do much more than help him sleep.”

“What happens now?”

“Now, I will have him moved to the Royal City to keep him safe. Whatever did this may try again. You must deliver word of these events to your king.” Queen Zhah handed a scroll sealed with her mark to Mariah. “We all must be ready for what is coming.”

*****

Bundor Bard unpacked a box of quills as he watched the movers put the last of the furniture into place. The rented room was small, but it would do nicely for what he had planned. He nodded to the workers as they left and continued to unpack his writing supplies. On a desk nearby, a magic quill continued to make copies of a sheet of paper.

After a time, a woman dressed in the finest silks strode into the room and sat in a chair across from him. She played with an ink bottle and stared at him.

“You look like you want to ask me something, good lady.”

Lady Machiavelli gave a laugh. “You really are serious about all this? Getting the old gang back together?”

Bundor handed her a piece of paper, a copy from the enchanted desk.

She glanced at the paper. “That colloquial misspelling always did make me want to cry. Still, I do miss the excitement. Very well, I have a scoop for you.”

・・・・・・・・

予言者と吟遊詩人
出典: UO公式
https://uo.com/…/the-shattered-obe…/the-oracle-and-the-bard/

ムーンゲートが開き、両手に重そうなピクニックバスケットを下げた一人のメイジが姿を現した。集落から何人かのガーゴイルが彼女に気付いて手を振り、マライアもまた手を振り返すためにバスケットを下ろした。マライアは数週間毎にナクサティラーを訪ねてお茶を飲むのが習慣になっていた。ナクサティラーはそんなマライアにグリルしたスクリーやサーモン、あるいはアザミのタルトなどテルマーのごちそうをふるまってくれたが、彼自身もまたムーングロウのパン屋の甘い焼き菓子を好むことをマライアは発見した。歴史と神秘学について語り合う時に二人でいただこうと、今日、マライアはそんなナクサティラーのためにスパイスの効いたデーツもニュジェルムから仕入れて来たのだ。

ナクサティラーの家に近づくと、鎧に身を固めたガーゴイルが二人、戸口で警備に当たっているのが目についた。彼女が近づくと彼らは頷き、ドアの前からパイクを引いて彼女に道を開けた。石造りの家の中に入ると、彼女の友人である彼は意識を失ったまま布団の中に横たわり、彼の全身は熱のために震えていた。傍らにはガーゴイルの女王ザーが彼の手を握り締めながらひどく心配した様子で座っていた。マライアに気付くとザーは彼女の方を向いて言った。「ムーングロウのマライア。お待ちしていましたよ。」

「何が起こったのです?」

「ナクサティラーはあまりに凄惨なビジョンを見て倒れたのです。まるで見たものをそのまま経験したかのように。」 ザーはシーツをめくり、老いたガーゴイルの羽が切りつけられ、火傷を負ったかのようにひどく傷ついているさまを見せた。「こんなことは今までありませんでした。」

「師は回復されるのでしょうか?」

「わかりません。彼は彼の世代の最後の生き残りで私たちの中で最年長のガーゴイルです。私の知りうる最高の魔法を持ってしても彼を眠らせてあげることが精一杯でした。」

「これから、どうなるのです?」

「ロイヤルシティに彼を移送して身の安全を図ります。こういったことはまたいずれ起こるかも知れません。あなたはこの出来事を王に知らせるのです。」ザーは彼女のものである封蝋がされたスクロールをマライアに託した。「私たちは迫り来るものに対して備えておかねばなりません。」

*****

かつてのBNNの局長でもある吟遊詩人のブンドールは、引越屋が最後の家具を運び終えたのを確認すると、箱詰めになった羽ペンを 取り出した。借りた部屋は小さかったが、彼の計画にはぴったりだった。彼は去り際の作業員に頷いて見せると執筆道具の荷解きを続行した。近くのデスクでは魔法の羽ペンがせっせとコピーを作成していた。

しばらくして、上等なシルクのドレスをまとった女が部屋の中に滑り込んで来ると彼の向かいの椅子に座った。彼女はインクのボトルを手で弄び、じっと彼を見つめていた。

「何か言いたげだね?」

レディ・マキアベッリ(*注1)は笑い出した。「あなたったら本気なの? BNNのギャングたちを呼び戻すだなんて?」

ブンドールは彼女に魔法のデスクから刷り上がった紙を渡した。

彼女は紙を一瞥した。「あの俗っぽいスペルミス(*注2)にはいつも泣きそうな気分にさせられたものよ。だけど、今の私には刺激が足りない。いいわ、あなたにスクープがあるの。」

゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚
*注1: 元タウンクライヤー紙とBNNのレポーター。スクープのためなら敵地にも臆せず侵入した。
*注2: タウンクライヤー (Town crier) のスペルミスが名称になったかつてブリタニアで発行されていた新聞 (The Town Cryer) のこと。

|

« 20th Anniversary Grandfathered Castle Giveaway!/20周年記念(旧式)城プレゼント! | トップページ | 粉クジやります!第7回北斗自由市in禅都は2017年8月12日(土)22:00~ »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20th Anniversary Grandfathered Castle Giveaway!/20周年記念(旧式)城プレゼント! | トップページ | 粉クジやります!第7回北斗自由市in禅都は2017年8月12日(土)22:00~ »