« ギルド私信。 | トップページ | 【日本全鯖】侵攻がはじまったようです! »

2017年9月 8日 (金)

Daemon’s Crag/デーモンクラグ

UO公式 Daemon’s Crag

Facebook広田剣 デーモンクラグ

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

Daemon’s Crag
       Posted on September 7, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

The harsh winds attempted to push the king into the endless void. Blackthorn braced himself against the wind and summoned a field of energy to direct the unnatural gusts away from himself. He stood at the edge of a flat stone ruin with paths branching out in four directions. At the center of the plane, in the circle of glowing runes, were a few broken pieces of blackrock.

The winds ceased pummeling the field, and the air in front of him condensed into a feminine form. The being spoke with a voice like a silver bell, “You are everything we hoped you would be. We do not need to be adversaries.”

King Blackthorn focused mana into an attack spell before responding to the being that had just tried to kill him. “You really don’t understand who we Britannians are. We do not yield to threats.”

Stratos laughed. Her voice rang out, “I was testing you, just as some of our worshippers have been testing your people. If you consider this a threat, perhaps we overestimated you.”

Blackthorn replied, “We have dealt with would-be conquerors before.” He channeled raw power into a blast to dissipate the aerial being.

The Titan of Air reappeared an instant later, unharmed. She gave a cruel smile and said, “You have never faced anything like us, little human king.”

Blackthorn expected the air creature to attack him directly as she had before. Instead, he felt a tightness in his lungs, as the very air he was breathing thinned. He fought to control the primal panic and focused on the flow of mana around him, seeing the delicate weave of elemental magic. He made the motions of a powerful frost spell. As his motions whipped the spell around him, he cut the elemental tendrils choking him.

The air around him calmed. He watched the Titan of Air fade away, a mocking grin on her face. “I did offer you an alternative.”

Blackthorn had barely caught his breath when he felt a wave of heat coming from one of the stone paths. The temperature rose as the creature came into view. It held the shape of a daemon, but its flesh moved and rippled like living flame. Even from a hundred yards away, the king felt discomfort from the radiating heat. He expected it to move slowly, but it quickly closed the distance. He was still casting a spell to protect himself when the great fiery form smashed into him.

The burning claws of Pyros caused Blackthorn’s wards to sputter and spark. Believing this was his best opportunity, the king grabbed the dark shard from his belt. He plunged the blackrock spike into the creature’s chest and began chanting words of binding.

Pyros tore the blackrock shard from the king’s hands and tossed it out into the void. The terrible face snarled at him, “Better sorcerers than you have tried to bind me.” There was a crackle as the last of his wards died. Blackthorn felt the flames and the force of the Titan’s claws tearing at him. In desperation, he fumbled for the rune in his cloak. He had just cast the Recall spell onto the rune when the heat caused the marked stone to shatter.

*****

Those waiting to do business at the West Britain bank heard a boom like thunder above them. Looking into the sky, they saw a man falling, desperately trying to cast a spell to save himself. Even though he managed to slow his fall, his body hit the ground hard enough to spook the horses tied around the bank. Those who rushed forward to help recognized the burned and broken form of their king

・・・・・・・・・・・・・・

デーモンクラグ
出典: UO公式
https://uo.com/…/fiction/the-shattered-obelisk/daemons-crag/

By EM Malachi

激しい風が王をボイドの虚空間へと押しやろうとしていた。ブラックソーンは身を固くして風に立ちはだかり、エナジーフィールドを召還してこの異様な風を遮ろうとした。平らな石の遺跡らしきものからは道が四方に伸びていて、彼はその先端に立っているのだった。光るルーンが輪を連ねたその中心にあるのは、数個の砕けたブラックロックであった。

風は大地を打つのを止め、濃縮された空気は女の形をして彼の前に姿を現した。それは銀の鈴のような声で語り掛けて来た。「あなたは私たちが見込んだすべてを満たす方。どうして争う必要がありましょう。」

ブラックソーン王はたった今自分を闇に葬り去ろうとした存在に答える前に、マナを攻撃魔法に蓄積した。「お前はブリタニアの民が何者であるかを知らない。我々は脅威に屈しない。」

ストラトスは笑った。彼女の声が空間に響き渡った。「私はあなたを試したのよ。私たちの崇拝者があなたの民を試したように。これを脅威だと思うなら、私たちはあなたを買いかぶっていたようね。」

ブラックソーンは答えて言った。「我々は以前にも自称支配者に対峙したことがある。」王は空気のような存在を消滅させようと、爆発へと素のエネルギーを集中させた。

風のタイタンは姿を消し、瞬時に無傷のまま再び現れた。彼女は残酷な微笑みを浮かべて言った。「私たちのような者に出会ったことはないはずよ。小さきヒューマンの王め。」

ブラックソーンは空気のような生き物が、再び彼を直接攻撃するだろうと予測した。しかし、その代わりに彼が感じたのは肺の息苦しさであり、今まさに彼が呼吸している空気が薄まっているのだった。パニックを起こさないよう己を律しながら、王は周辺のマナの流れに意識を集中させ、周辺に紡がれたエレメンタル・マジックを発見した。モーションとともに強力なフロストの呪文を発動し、ブラックソーンは彼に巻き付いている紐を引きちぎった。

彼の周りの空気が静まり返った。あざけるような笑みを残して風のタイタンが消えるのを彼は見た。「私はチャンスをあげたわよ。」

ブラックソーンがかろうじて呼吸を整えた時だった。石の分岐の一つから熱風が迫って来るのを彼は感じた。化け物が姿を現し、周辺の温度が上昇した。それは悪魔の姿をしていながら、その体は燃える炎のように休むことなく波打っているのだった。百ヤード離れた場所からでさえ、王はそれが発する熱に不快感を覚えた。それはゆっくり接近しているように見えたが、予想に反してすぐに距離を縮めて来た。巨大な火の形をしたものが襲い掛かって来た時、彼はまさに結界の魔法を詠唱していた。

パイロスの燃え盛る鉤爪が結界に突き刺さると、それはパチパチと音を立てて火花を散らした。一瞬の隙を逃さず王は黒い破片をベルトから抜き取った。ブラックロックで出来た杭をパイロスの胸に突き立てると、封印の呪文を唱え始めた。

パイロスは王の手からブラックロックの破片をもぎ取ると、ボイド空間に廃棄した。恐ろしい形相で彼は王に怒鳴った。「お前よりも優れた魔法使いたちが、何度私を封印しようとしたことか!」ブラックソーンの結界が完全にひび割れ、消滅した。ブラックソーンは炎の熱とタイタンの鉤爪が彼を引き裂くのを感じた。死にもの狂いで、彼はクロークの中のルーンを探った。彼がリコールの呪文を詠唱するのと、マークされたルーンが熱のために粉々になったのは同時だった。

*****

ブリテイン第一銀行に取引のため集まっていた人々は、頭上で雷のような音が鳴るのを聞いた。空を見上げると、必死に呪文を詠唱しながら落ちてくる人の姿が見えた。落下速度はどうにか減速できたものの、銀行の周辺に繋がれていた馬をいななかせる程度には強く、彼は体を地面に打ち付けた。助けようと駆け寄った人々は、焼け焦げ、損傷したそれが彼らの王の姿をしてることに気づいた。

|

« ギルド私信。 | トップページ | 【日本全鯖】侵攻がはじまったようです! »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

23.Publish 98 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギルド私信。 | トップページ | 【日本全鯖】侵攻がはじまったようです! »