« 北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査レポート | トップページ | ポストのお礼 »

2017年9月19日 (火)

Family Squabbles/家族会議

UO公式 Family Squabbles

Facebook広田剣 家族会議

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

Family Squabbles
        Posted on September 18, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

“Do we have a compact?” asked the wind.

The mountain rumbled in disinterest. He had already started playing with the dead things buried on this new world. The remaining two, the fire and the sea, glowered at each other. It was clear that they had some disagreement.

Stratos considered for a moment before asking, “What is the problem?”

“Only the same problem we always have: incompetence. Why don’t you ask the Lord of Flame how he failed to capture one human?” Hydros scoffed.

The flames on Pyros’s daemonic face grew hotter. “He is lucky to be alive. I meant to kill him.”

“So you intended to interfere with my plans? You know I like the subtle taste of mage blood. Did the little human scare you?”

The great fire elemental exploded in a burst of flame before pulling himself back together. “I will not work with her.”

Stratos looked to Lithos for help, but the stone face had fallen asleep. She tried to calm both parties, “Brother. Sister. The human leader is maimed. We need to make full use of this opportunity and disperse any opposition. We must work together.”

Hydros gave a cruel laugh. “I can be the ocean and the sea. Why would I need any of you?”

Stratos pleaded with her siblings, “This world is ours for the taking. I have always admired our power when we work together.”

Pyros sneered. “You think you can sweet talk me like your little servants? I claw my mark across the faces of worlds, little sister.”

Lithos opened an eye. “None of us walks unnoticed, brother. Do not forget how I make the ground tremble.” The Titan of Earth returned to his nap.

Stratos continued, “How about a compromise? Each of us will attack alone, but the strikes will be coordinated against the cities of Britannia.” She shaped the air into the globe of Sosaria, marking the location of each major city.

Hydros examined the globe. “I will consider helping, but I want something.”

“What do you need?”

“I want this island here. What is it called? New Magincia? It is less littered with human vermin than some of the others. I will build my temple there.”

Stratos nodded. “We can agree to that.”

Pyros huffed. “If Hydros gets an island, I must as well.”

“You wish to build a temple?” Stratos asked.

“No, I simply want my due. It will be something I destroy so she can’t have it.”

Hydros gave a dismissive wave. “Whatever.”

“Do you have a preference?” asked the air elemental.

Pyros turned the illusionary globe, running a claw along the fault lines and tectonic plates. “I feel the fire under this one. I will break the Valorian islands with one stroke when I come into my full power.”

Stratos looked to Hydros who nodded. “Then we are agreed.”

Lithos seemed to wake from his nap. “When do we discuss which mountain ranges are mine?”

・・・・・・・・・・・・・・

家族会議

出典: UO公式
https://uo.com/2017/09/18/family-squabbles/

By EM Malachi

「協定を結ばない?」風が聞いた。

山は関心がなさそうに地響きを立てた。彼はすでにこの新しい土地に葬られた屍を弄び始めていた。あとの二人、火と水は互いに睨み合っていた。彼らが合意に至っていないのは明白であった。

ストラトスは少し思案してから切り出した。「何が問題なの?」

「私たちが抱えている問題はいつも同じよ。無能ってだけ。火の神に聞いてみることね。なぜたった一人のヒューマンを捕まえることができないのかってね。」ハイドロスは嘲笑った。

パイロスの悪魔らしい形相を取り囲む炎が温度を上げた。「生きているとは運がいい。あれは殺すつもりだった。」

「つまり私の計画を邪魔したってわけね? 私が魔法使いの微妙な血の味が好きなことを知ってるでしょ。どれだけあの小さなヒューマンにビビらされたわけ?」

大きな火のエレメンタルは爆発してはじけ、再び元の塊に戻った。「あの女とは手を組まん!」

ストラトスは助けを求めてリソスの方を見たが、石の顔をしたそれは眠りに落ちたようであった。彼女は二人をなだめようと語り掛けた。「お兄様、お姉様。あのヒューマンの指導者はどうせ再起不能よ。この好機を逃さないで抵抗勢力を押さえ込むの。力を合わせるべきだわ。」

ハイドロスは無慈悲に笑った。「私は水であり海にもなれるのよ。なぜあなたたちの助けが必要なの?」

ストラトスは兄と姉に懇願した。「この世界はいずれ私たちのものになるの。私は兄妹が力を合わせるとき、いつもその力に驚嘆したものよ。」

パイロスは冷笑した。「お前の小さな家来のように、甘い言葉で私を惑わせることができると思うのか? あらゆる世界の表面には私の爪痕が刻まれるだろう、小さな妹よ。」

リソスが片目を開けた。「何者も私に気付かれることなく歩き去ることはできない、兄弟よ。私がどのようにして大地を揺るがすか覚えておくんだな。」大地のタイタンは再び眠りに落ちた。

ストラトスは続けた。「じゃあこんな妥協案はどう? 私たちはそれぞれ単独で攻撃する。ただし、ブリタニアの各街を組織的にやるのよ。」そう言って彼女はソーサリア儀を宙に描いて見せ、主要な街に印をつけた。

ハイドロスは球体を吟味した。「助けてあげてもいいけど、欲しいものがあるの。」

「何がいるの?」

「ここの島が欲しいわ。何ていう島なの? ニューマジンシアですって? 他の街ほどヒューマンに荒らされていないように見える。私の寺院はここに建てるわ。」

ストラトスは頷いた。「私たちは構わないわ。」

パイロスは不機嫌になった。「ハイドロスが島をもらうなら、私もそうさせてもらう。」

「寺院を建てたいの?」ストラトスは聞いた。

「そうじゃない。私の当然の権利を要求するまでだ。あの女が手を出せないよう、破壊しておくことになるだろうがな。」

ハイドロスは軽蔑したように手をひらひらさせた。「好きにしなさいよ。」

「どの島がいいの?」風のエレメンタルは聞いた。

パイロスは宙に浮くソーサリア儀に向き直り、断層と地殻構造に沿って爪を走らせた。「この下に炎を感じる。ヴァーロリアン諸島 (*注1) は私の力が最高潮に達したとき、一撃で破壊されるだろう。」

ストラトスはハイドロスが頷くのを見た。「じゃあ決まりね。」

リソスは昼寝から目覚めたようだった。「俺のものになる山はいつ決めるんだい?」

*注1: 現ジェローム

|

« 北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査レポート | トップページ | ポストのお礼 »

02:BNN」カテゴリの記事

03:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

26:Publish 98 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査レポート | トップページ | ポストのお礼 »