« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

The Lost Vale/秘められし谷

UO公式 The Lost Vale

Facebook広田剣 秘められし谷

内容は以下↓詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

The Lost Vale  
            Posted on September 28, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

As they waited for the parade to start, an old man and a mouse shared a plate of cookies. Mythran carefully bit into the sweets and considered the crowd around him. The sun warmed his face, and he felt more happiness than he had in years. He began laughing.

The small mouse looked up, startled, her whiskers covered with crumbs. “Are you all right?”

Mythran smiled at her. “Just remembering a story my mother told me long ago.”

Sherry nibbled on a chocolate chip. “Would you tell it to me?”

Mythran sat back in his chair. “When I was young and just starting to be interested in magic, I asked my mother what spell was the most powerful. Was it a spell that made a great inferno, or summoned storms, or turned everything to gold? She told me this story:

Long ago high in their cloud city, the god of grief and the goddess of fear were arguing, while a third deity watched in amusement. The two bickering gods each believed their powers greater, and it was proposed they would each empower an army to prove their might. The third, the goddess Felicitar, asked if she could join the game. Seeing no threat, the other two agreed. Each set out to build their forces, and the contest would take place in a year and a day.

Doloras, the Weeping Torax, collected twisted and horrible beasts; he trained them by lash and grief for the year. Timyra, the Lady of Screams, recruited the cruelest mages and taught them to summon nightmares. Laughing Felicitar found a simple village situated between the other two forces and gave them a good harvest. She danced with the people during their festivals and sang their songs.

When the final day came, all the other deities came to watch the contest. Doloras and Timyra sent their armies to converge on the village. As the other two armies approached, Felicitar spoke to her people, and the villagers scattered and fled.

Doloras and Timyra laughed and ignored the flight of Felicitar’s folk, focusing their attention on the other’s army. It was a terrible battle, filled with blood and cacophony. When each side had nearly destroyed the other, the people of Felicitar’s village returned to the ruins of their home and drove off the broken remains of each army. They then set to rebuilding.

The other deities were confused by these events and asked the laughing goddess what she had told her people. Felicitar explained that she had told them not to lose hope as they would see their friends and families again.”

As Mythran finished, Sherry rested a paw on her friend’s hand. “I think I would have liked your mother. Thank you.”

Mythran nodded, “You are most welcome. I believe my mother would have liked you too. She was right. Hope is a most powerful thing to fight for. I have you and all of Britannia to thank for giving it back to me.”

As the parade began, Sherry asked Mythran, “What will you do now?”

Mythran considered for a moment before responding, “Many of my people were scattered and lost when our world fell. I heard rumors that some found a hiding place, safe from the Titans. If they are still out there, I will find them and bring them home. Then, I hope, we too can rebuild.”

*****

Across the Ethereal Void, in a place of great power, a being wrapped in shadow sensed the defeat of its pawns and turned its attention toward Britannia.

・・・・・・・・・・・・・・・

秘められし谷
出典: UO公式
https://uo.com/…/ficti…/the-shattered-obelisk/the-lost-vale/

By EM Malachi

パレードが開始するのを待つ間、年老いた男とネズミがクッキーの皿を分け合っていた。ミスランは慎重にお菓子をかじりながら、周囲の喧騒に思いを馳せた。日差しが彼の顔を暖め、ここ数年味わったことのないような幸せを感じた。彼は笑い出した。

ひげにクッキーのくずをいっぱいつけた小さなネズミがびっくりしたように彼を見上げた。「ねえ、大丈夫?」

ミスランはネズミに微笑んで見せた。「大丈夫だ。母が大昔に話してくれた物語を思い出しただけだよ。」

シェリーはチョコチップに噛り付いた。「話してくれるかしら?」

ミスランは椅子に深く座った。「まだ私が少年のころ、魔法に興味を持ち始めて間もないころ、母に尋ねたことがあるんだ。最強の呪文は何かってね。大火事を起こす魔法か、嵐を呼ぶ魔法か、はたまたすべてを金に変えてしまう魔法なのかってね? 母は私にこんな話をしてくれた。

昔むかし、高い雲の上の街で、悲しみの神と、恐れの女神が口論し、三人目の神は面白がってそれを眺めていた。言い争う二人の神は互いに自分の力の方が上だと言って譲らず、軍を率いてそれを証明しようという話になった。三人目の女神、フェリシタールは、自分もゲームに加わっていいかと聞いた。脅威にはあたらないと思った後の二人は合意した。それぞれが軍を編成し、戦いは一年と一日の内に開始するはずだった。

トラックスリザードの頭部を持つ泣き虫のドロラスは、改造した恐ろしげな獣を一年もの間、鞭と罵倒によって訓練した。絶叫の女神ティマイラは、残忍なメイジたちを連れて来て彼らにナイトメアを召還する術を教え込んだ。フェリシタールは笑いながら、それぞれの軍の中間地点に簡素な村を見つけ、豊作を与えた。祭りの季節には彼女は村の人々に交じって踊り、彼らの歌を歌った。

最終日が来たとき、すべての神々が戦いを見物しようとやって来た。ドロラスとティマイラは、彼らの軍を村に集合させるために向かわせた。二つの軍が進軍して来るとフェリシタールは村の人々に話をし、人々は散り散りになって逃げだした。

ドロラスとティマイラはフェリシタールの手の者たちが逃げ出すのを笑い、気にも留めず、互いに軍を挟んで睨み合った。それは血と聞くに堪えない悲鳴に満ちた恐ろしい戦いだった。双方が相手の軍をほぼ殲滅した頃、フェリシタールの村の人々が戻り、彼らの家の残骸や、それぞれの軍の壊れた残留物を投棄し始めた。そして村の再建に取り掛かったのである。

二人の神はこの事態に戸惑い、笑う女神に人々に一体何を言ったのか問うた。フェリシタールは友人や家族に再び会えるのだから、決して希望を失わないよう告げたのだと説明した。」

ミスランが話し終えると、シェリーは前足を彼の手にもたせかけて言った。「私はあなたのお母さんを好きだったと思うわ! 話してくれてありがとう。」

ミスランは頷いた。「どういたしまして。母も君のことを好きになったと思うよ。彼女は正しい。希望こそ最強だ。私は君とすべてのブリタニアの人々に、それを取り戻してくれたことに感謝しなくてはならない。」

パレードが始まると、シェリーはミスランに聞いた。「これから、どうするつもりなの?」

ミスランは答える前にしばらく考え込んだ。「私たちの住む国が滅ぼされた時、多くの人々が散り散りになり、行方がわからなくなった。そのうちの何人かはタイタンから逃れて安全な場所を見つけたと聞いた。彼らがまだそこにいるのなら、私は彼らを見つけて故郷に連れ帰りたい。そして、私たちもまた国を再建できればと思うのだ。」

*****

エセリアル・ボイド、強大な力が集まるその場所では、黒い影に覆われた何者かが手持ちのポーンの敗北を察知し、その視線をブリタニアに向けたのだった。

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

2017年9月28日ブリタニアの勝利報酬配布開始

失われたオベリスクイベント ブリタニアの勝利をタウンクライヤーが称え始めた。

20170928_231348074
Bandicam_20170928_232720615vert
Bandicam_20170928_232750254
ブラックソーン城前には、王が戻られ、記念オブジェクトあり

20170928_231428208vert
近づくと

20170928_231407141
4つのうちどれか報酬を選ぶようにガンプがでる。

・Mementos of Pyros

・Mementos of Lithos

・Mementos of Stratos

・Mementos of Hydros

最後のボスにダメを与えたキャラじゃないともらえないようだ。

20170928_234151829
2キャラしかやっていないので、2個だけ。

バッグが普通なんだけど。

スペシャルな刻印とかないの???

ちょっとつまらんな、バッグが。

タロットカード、紋章旗、称号の証書(Hero Of Britannia)

Mementos_of_lithos
Mementos of Lithos ↑

Mementos_of_hydros
Mementos of Hydros ↑

Bandicam_20171001_231333288
Mementos of Stratos ↑ (2017年10月1日追加)

Bandicam_20171003_162020406
Mementos of Pyros ↑(2017年10月2日追加)

紋章旗は各色に応じたものになったいる。

Bandicam_20171003_162037852
Mementos of Stratos とMementos of Pyrosのセットは、心優しい(好みじゃなかったらしい)赤いひとがくれました!ありがとーーーーーー!

無事に20周年失われたオベリスクイベントアイテムをそろえることができました。

メイジ倒せシリーズの上位特攻等グッツ詰め合わせをくれた人よ、ありがとー!

まぁ、特攻ベアなど、コアなものはそのうちまたイベントがあればとれたらいいなと思います。

みなさま、おつかれさまでした。

もうハロウィンイベントがはじまったよ!ガンバリマショウ!

| | コメント (2)

街の侵攻は終わりか?

もともと2017年9月28日までという告知はあった街の侵攻。

でも、それが日本時間で何時なのかわからず、よく14時すぎにいろいろなものが導入されるから、その頃かとおもいきや、夜まで侵攻が続いていたり。

でもボスタイタンが倒されてから20分後の22:50過ぎても、タウンクライヤーが街の名前を叫ばないから終了したのか?

杖持ちスペルブック落としのNPCを探すにも、競争になかなか勝てないし(それでもやっととれたのがダメ+47止まり。自分としては十分頑張ったと思う)。

せっかく次なる楽しみを侵攻に見つけたのに・・・。

Omake
セキュアが消えて素材を全ロスした身としては、ハーピー系列から羽をむしることは、とても喜びだったりするのです。

ときには犬の育成をしてみたり、

棺桶から布にすべくマントをあさってみたり(探すと棺桶にないのよね

今までの侵攻イベント系って、みなさんが飽きるころに本気出す(*゚∋゚)だったのだけど、以前とちがって1か月もだらだらやらず、2週間で終わらせるようになったので、流れとしては問題ないけど、重い腰をやっとこあげるような(*゚∋゚)には、ついていけない速さなのでした。

久々に、寝る時間を惜しんで?ブリタニアへのログインが増えた期間でありました。

みなさま、街の防衛おつかれさまでした!(まだストーリー終わってないけど)

| | コメント (0)

Battle of the Shattered Obelisk/失われたオベリスクの戦い

UO公式 Battle of the Shattered Obelisk

Facebook広田剣 失われたオベリスクの戦い

内容は以下↓
詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・

Battle of the Shattered Obelisk
           Posted on September 26, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

“Any requests?” asked the bard as he tuned the strings on his lute. Even at the bustling war camp in East Side Park, enough were off duty that Iolo had drawn a crowd. A young recruit requested the song Stones, and Iolo frowned slightly but nodded. Testing his lute one final time, he settled into the tune and started singing:

“Long ago ran the sun on a folk who had a dream
And the heart and the will and the power:
They moved earth; they carved stone; moulded hill and channeled stream
That we might stand on the wide plains of Wiltshire.”

Dupre understood his friend’s reluctance. While a favorite of the former king, it was a somber and sobering piece. He took his mug and moved away from the crowd. A gargoyle dressed in heavy armor walked up to him and stood at attention. “Troop Leader Bolesh, reporting for duty!”

Dupre waved the gargoyle over to his tent. Inside, he grabbed a second goblet and filled it. The paladin offered it to the other warrior, and surprisingly, Bolesh accepted and raised the drink, “To the health of your king!”

“To the success of your queen!” Dupre finished the toast with a smile. They each took a few sips while listening to Iolo’s song:

“Now men asked who they were, how they built and wonder why
That they wrought standing stones of such size.
What was done ‘neath our shade? What was pray’ed ‘neath our skies
As we stood on the wyrd plains of Wiltshire.”

Dupre moved over to a map table with the current deployments around Britannia. “Each city has its own fighting force ready for its defense. With the bulk of our forces here in Britain, we can bolster any city we need to. May I ask how many from Ter Mur we can expect to be part of this operation?”

“Half.”

“Half a company?” Dupre asked with a frown.

“No, half of Ter Mur’s forces. The rest are needed to maintain our borders.”

Dupre whistled. “That will help tremendously.”

Bolesh smiled. “My queen is nothing if not bold. She believes it important that this threat be dealt with decisively.”

Dupre finished his drink as he let Bolesh study the map and the current state of Britannia’s war effort. The other warrior asked pointed questions about how best to defend each location and where to best deploy his forces.

“Oh what secrets we could tell if you’d listen and be still.
Rid the stink and the noise from our skirts.
But you haven’t got the clue and perhaps you never will.
Mute we stand on the cold plains of Wiltshire.”

A messenger ran into the tent and handed a scroll to Dupre. The paladin tore open the seal and quickly read the report. He dismissed the messenger and picked up his sword and helmet. “Looks like your people won’t get a chance to rest, Bolesh. There has been a major attack on Trinsic, and we are needed there as reinforcements.”

As news of the attack started to move through the camp, Iolo finished his song:

“Still we loom in the mists as the ages roll away
And we say of our folk, “they are here!”
That they built us and they died and you’ll not be knowing why
Save we stand on the bare plains of Wiltshire.”

・・・・・・・・・・・・・・・

失われたオベリスクの戦い

出典: UO公式
https://uo.com/…/the-shatt…/battle-of-the-shattered-obelisk/

By EM Malachi

「リクエストはあるかい?」吟遊詩人はリュートの絃を調整しながら聞いた。イーストサイドパークのせわしないキャンプのさ中にあっても、イオロはそこそこの数の非番の戦士を集めた。若い新入りがストーンズをリクエストし、イオロはわずかに表情を曇らせたが、頷いた。最後にもう一度だけリュートを調整すると、彼は曲に入り込み、歌い始めた。

“遠い昔、夢追う民に光ありき
その民、情けと意思と力を持てり
彼らは大地を動かし、石を削り、山を造り、川を通した
そして我は立つ、このウィルトシャーの平原に”

デュプレには彼の友人の抗う気持ちが理解できた。前王のお気に入りであったその曲は、本来厳粛で身の引き締まるものであったはずだ。彼はマグを持って群集から離れた。重厚な鎧に身を包んだガーゴイルが近づいて彼の視界に入った。「小隊リーダー、ボレッシュはご報告申し上げます!」

デュプレはガーゴイルを彼のテントに招き入れた。テントの中で彼は二つ目のゴブレットを引き寄せ、なみなみと注いだ。騎士がそれをすすめると、驚いたことにボレッシュはそれを受け取って高々と掲げて言った。「あなたの王の健やかなることを!」

「あなたの女王の栄光に!」デュプレは笑顔とともに乾杯を締めくくった。彼らはイオロの歌を聞きながら、いくらか口を湿らせた。

“かかる巨石の柱を並べたる、いにしえの民よ
其れは何者なるや、いかにして造りたもうたか
夜に何をなされたか、昼に何を祈られたか
このウィルトシャーの平原に立ちて我思う”

デュプレはブリタニアの現在の配備状況を示す地図へと移動した。「各街にはそれぞれ防衛のための軍隊を配置している。ブリテインの軍はどの街も必要なときに支援することができる。テルマーにこの作戦の一部を担っていただくにあたり、どれくらいの支援が期待できるかお聞きしても?」

「半分。」

「中隊の半分かね?」デュプレは顔をしかめて聞いた。

「いいえ、テルマーの半分です。残りは私たちの国境線を守る必要がありますから。」

デュプレは口笛を吹いた。「そりゃあものすごく助かる。」

ボレッシュは微笑んだ。「大胆が女王になったようなお方です。彼女はこの脅威に徹底的に対処することが必要だと考えています。」

デュプレはボレッシュに地図を見てブリタニアの現在までの戦況を把握するよう促すと、杯を飲み干した。その戦士はどのようにして各拠点を防衛すべきか、また彼らの援軍をどこに展開するのが一番良いかについて的確に質問した。

“この思い通じたるならば、いかなる秘密を教えられんや
其の喧騒は押し黙らん
しかし、石は語らず、いにしえ人の来る気配はなし
凍てつくウィルトシャーの大地に黙然とたたずむのみ”

一人のメッセンジャーがテントに駆け込み、デュプレにスクロールを手渡した。騎士は封蝋を破って素早く報告を読んだ。彼はメッセンジャーを下がらせ、剣とヘルメットを手にした。「どうやらあなたの民は休む間もないようだぞ、ボレッシュ。トリンシックで大規模な襲撃があった。増援に向かわねばならない。」

襲撃開始のニュースがキャンプに広がると、イオロは歌うのを止めた。

“霧に織り込まれ、歳月の帯は巻かれゆく
しかし我は同朋に言う。「彼らはここにいる」と
彼は我々をここに作りて、訳を告げず、この世を去れり
今はただ、ウィルトシャーの草原に立ちたるを感ずるのみ”

| | コメント (0)

Endless Journey/エンドレス・ジャーニー

UO公式 Endless Journey

Facebook広田剣 エンドレス・ジャーニー

内容は以下↓詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・

Endless Journey

Logo

・・・・・・・・・・・

Coming Spring 2018

For over 20 years Ultima Online has given thousands the ability to live in a world born of mystic arts and ancient sorcery.  Endless Journey will allow players past and present to return to Britannia and rekindle the magic of the most venerable MMO of all time!

FAQ

What is Endless Journey?

Ultima Online: Endless Journey is a way for players to experience the core features of Ultima Online without a paid subscription.

Who is eligible for Endless Journey?

New accounts and previously paid veteran accounts that have been closed for at least 120 days are eligible for Endless Journey.

What do I get with Endless Journey?

Endless Journey accounts receive complementary access to all Ultima Online expansions through Stygian Abyss.  Other expansions can be purchased and applied to an Endless Journey account.  Endless Journey accounts have access to Ultima Online’s core features and can enjoy exploring Britannia, training character skills, making friendships that will last a lifetime, and much more!

What does Endless Journey cost?

Endless Journey accounts are free to access.

What kind of access to storage does an Endless Journey account have?

Previous veteran accounts have access to remove a limited amount of items from their bank box.  Endless Journey accounts have access to a vault for secure storage that can be rented for in-game gold.  Additional vault storage can be rented using tokens purchased from the Ultima Store.

What happens to my vault if I don’t pay the rent?

Vaults that become delinquent in their rent payments will be auctioned off to the highest bidder.

What happens to my bank if I am a veteran account and decide to close my account?

Nothing.  Your bank will remain waiting for you until you decide to resubscribe or return as an Endless Journey account.  The contents of your bank box will never be auctioned off.  Remember though, Endless Journey accounts only have access to a limited number of items from their bank and may not add new items to it.

Can Endless Journey accounts place or use a house?

No, Endless Journey accounts may not place a house and may only enter public housing.

What are the other restrictions on an Endless Journey account?

Full restrictions are still in active development and a comprehensive list will be available as soon as it is finalized.  As of this time Endless Journey accounts will not be eligible for EM rewards, promotional, holiday, or veteran rewards.  Endless Journey accounts may not place ships.  Endless Journey accounts may only enter public housing and may not access containers or stacks of items within a house.  Endless Journey accounts cannot place or rent vendors and cannot be co-owned or friended to a house.

If I’m playing an Endless Journey account can I upgrade to a veteran account at any time?

Yes!  You may upgrade your Endless Journey account to a full veteran subscription at any time.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エンドレス・ジャーニー
出典: UO公式
https://uo.com/endless-journey/

~ 2018年春・開始

20年以上にわたり、ウルティマ オンラインは神秘と古の魔法の世界で生き抜く千の術をもたらして来ました。エンドレス・ジャーニーは過去と現在のプレーヤーにブリタニアに戻る機会を与え、現在に至るまでもっとも荘厳なMMOの魔法を再び燃え立たせることでしょう!

FAQ
1. エンドレス・ジャーニーとは何ですか?
A. エンドレス・ジャーニーによってプレーヤーは無課金でウルティマ オンラインの基本的な仕様を楽しむことができます。

2. エンドレス・ジャーニーを選択できるのはどのようなプレーヤーですか?
A. 新規アカウント、あるいは以前課金済みのアカウントで無課金状態から120日以上経過しているアカウントが対象になります。

3. エンドレス・ジャーニーでは何を得られますか?
A. エンドレス・ジャーニーではウルティマ オンラインのステイジアン アビス拡張までのアクセスを提供します。その他の拡張についてもご購入の上、エンドレス・ジャーニーアカウントに付与することが可能です。エンドレス・ジャーニーアカウントはウルティマ オンラインの基本的な仕様をご提供しますので、ブリタニアを冒険し、キャラクターのスキルを鍛え、一生の友情を育むなど、たくさんのことが可能です!

4. エンドレス・ジャーニーはいくらかかりますか?
A. エンドレス・ジャーニーのアカウントは無料です。

5. エンドレス・ジャーニーに付与されるストレージはどのようなものでしょうか?
A. 以前課金済みのアカウントについては銀行内でアクセスできるアイテムの数が制限されます。エンドレス・ジャーニーアカウントについてはゲーム内でゴールドを支払うことで保管庫を借りることができます。追加の保管庫はウルティマ・ストアでトークンを購入することで利用可能になります。

6. もし、保管庫の支払いを怠るとどうなりますか?
A. 支払いを滞納された保管庫は競売にかけられ、最高額入札者によって落札されます。

7. もし、私が課金アカウントを停止することを決めたら私のバンクボックスはどうなりますか?
A. 何も起こりません。あなたの銀行はあなたがふたたび課金、あるいはエンドレス・ジャーニーアカウントで復帰する時までそのままです。あなたの銀行内のアイテムが競売にかけられることはありません。しかしながらエンドレス・ジャーニーアカウントでは、復帰後銀行内でアクセスできるアイテムの数に制限がかけられ、新たなアイテムを追加することはできない点にご留意ください。

8. エンドレス・ジャーニーアカウントは家を設置したり、使用したりすることができますか?
A. いいえ。エンドレス・ジャーニーアカウントは家を設置することはできず、パブリックハウスにのみ立ち入り可能です。

9. その他、エンドレス・ジャーニーの制限事項は何ですか?
A. すべての制限事項についてはまだ開発中で、包括的なリストについては最終決定後できるだけ早い時期に発表する予定です。現在のところ、エンドレス・ジャーニーアカウントはEMリワードの取得、プロモーショナルトークンの使用、ホリデーギフトあるいは長期報奨の獲得はできません。エンドレス・ジャーニーアカウントは船を設置することはできません。エンドレス・ジャーニーアカウントはパブリックハウスにのみ立ち入り可能で、家の中にあるコンテナやアイテムへのアクセス権はありません。エンドレス・ジャーニーアカウントはベンダーを立てたり、家の共有者やフレンドになることはできません。

10. エンドレス・ジャーニーアカウントから課金アカウントへのアップグレードはいつでも可能ですか?
A. はい! あなたはエンドレス・ジャーニーアカウントをいつでも制限なしの課金アカウントにアップグレードすることができます。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

A Huge Thank You/多大なる感謝を申し上げます

UO公式 A Huge Thank You

Facebook広田剣 多大なる感謝を申し上げます

内容は以下↓詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

A Huge Thank You
           Posted on September 26, 2017 by UO Dev Team

Greetings,

On behalf of the entire UO Team, we want to extend a very special thank you to all of our players, past and present, for your continued support of Ultima Online as we celebrate 20 years of UO!

The Anniversary party was a huge success and it was such a pleasure to meet everyone.  We have over 700 photos to sift through and will post those here and on social media so you can check them out!

For all of the winners of the castle raffle, I have emailed everyone with a valid email address.  If you have not received an email and you were a winner, please contact me.

We were also very excited to announce the next major stage in Ultima Online’s history with Endless Journey coming Spring of 2018.  You can check our preliminary FAQ page about the Endless Journey here.  We look forward to sharing more information about the Endless Journey and what’s next in Britannia in the coming weeks and months.

We also want give a very special thanks to In10se BBQ for an amazing meal and a very big thank you to the Spawn family for making the amazing mugs and decals.  We also want to thank Larper’s Lounge for donating the prizes for the costume contest.

As a special treat, one of the attendees at the party brought a drone and took this amazing photo of the BBQ on Saturday.  Thanks again for everyone who attended.

See you in Britannia,

Bonnie “Mesanna” Armstrong

Drone_20th_2
30%サムネ↑

・・・・・・・・・・・・・・・

多大なる感謝を申し上げます

出典: UO公式
https://uo.com/2017/09/26/a-huge-thank-you/

こんにちは。

UOが20周年を迎えるにあたり、過去から現在に至るまで支えてくださったすべてのプレーヤーの皆さんに、UOチームを代表してとても特別な感謝を述べたいと思います。

20周年記念パーティーは大きな成功をおさめ、皆さんにお会いできたことはとても嬉しいことでした。私たちは700枚にもおよぶ写真を選別中で、当ウェブサイトやSNSに投稿予定ですのでぜひチェックしてください!

お城の当選者についてはすでに有効なメールアドレスにメールを発信しております。パーティーでの当選者でまだメールをお受け取りになっていない方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

私たちはウルティマオンラインの次の段階であるエンドレス・ジャーニーを2018年春に発表できることにとてもエキサイトしています。エンドレス・ジャーニーについては予告FAQページでお読みになることができます。
https://uo.com/endless-journey/

※日本語訳はこちら
https://www.facebook.com/broadsword.hirota.ken/posts/1987221844887090

エンドレス・ジャーニーについて、また今後の“What's next in Britannia”においてさらなる情報をご提供できるのを楽しみにしております。
https://www.youtube.com/watch?v=e8IRJKmk9SQ&feature=youtu.be

パーティーではすばらしい食事を提供してくださったIn10se BBQ様、すばらしいマグや転写グッズを作成してくださったSpawn family様に心より感謝申し上げます。また、コスチュームコンテストの賞品をご提供くださったLarper's Lounge様に御礼申し上げます。

また出席者の一人がドローンを持参くださり、土曜日のバーベキューの際にこのすばらしい写真を撮ってくださいました。ご出席くださったすべての皆さんに感謝申し上げます。

ブリタニアでお会いしましょう。

Bonnie “Mesanna” Armstrong
プロデューサー

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

北斗プレイヤーイベント:第44回シャドウガード調査レポート

2017年9月24日に行われた北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査のレポートです。

Bandicam_20170925_125316923
集合22時前の光景↑

そして開始直前の光景↓

Bandicam_20170925_125331099vert
愛の人に絡む動物も

絡まれた愛の人も

どちらも相思相愛のようにみえなくもない・・・・。

いつものように2PTに分かれて小部屋を終わらせ、

屋上前の5分休憩中の様子

Bandicam_20170925_125435469
QK

ありですね、これ。

Bandicam_20170925_125454347
体力を温存すべく、保険をかけて丸椅子を持ち歩くレディあり。

戦闘以外の時間は、シャドウガード調査に慣れた勇者たちの個性が光る、ウォッチング時間ともいう。

Bandicam_20170925_125506128
呪いの壺から不幸の壺へ名称が変わったかどうかは、熊のみぞ知る。

第44回ということもあり、4つのカメヲが期待されたのだが・・・・

Bandicam_20170925_125532704
雑魚がたくさん沸きすぎたのか

Bandicam_20170925_125544418
あ・・・れ・・・?

ここで死ぬのは久々ですよ?

Bandicam_20170925_125601276
仲間がいっぱい!?

Bandicam_20170925_125621168
結局何個の死体が増産されたんでしょうか・・・・

第44回は4つのカメヲのはずが、第死死回になってしまったのはいうまでもない。

Bandicam_20170925_125634494
カメヲの波はこなかった・・・。

おつかれさまでした!

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第三章「追跡」 レポート

いやー、ログが全部文字化けしているとか、一時どうなるかとおもったけれど。
1文字余計にはいってしまうと、文字化けするということがどこかに書いてあったので、あっちこっち検索かけて、あーでもない、こーでもないやってどうにか読めるようになった深夜2時。

・・・。

2017年9月23日に行われた 20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第三章「追跡」北斗のイベントレポートです。

*すべてのレポートにおいて、地形や障害物・状況等により、ログはすべてではありません。
*コネロスしたため、ログに欠けがあります。
*会話の流れによって、ログが前後している箇所があります。
*ストーリー展開を楽しむ程度のレポートとしてお読みいただければ幸いです。
*完璧なイベントログをお求めの方は、ほかのサイトさまをご覧ください。

*呪文詠唱や一斉発言等は一部省略しました。
*プレイヤー名はすべて“冒険者”とひとくくりにしています。

・・・・・・・・・・・・・・

20170923_2
Lord Dupre: こんにちは。諸君!
Lord Dupre: 待たせてすまなかった

20170923_3

冒険者: こんばんは
冒険者: こんにちわ
冒険者: hero-
冒険者: にちは!
冒険者: banha
冒険者: ばわ~
冒険者: おぉ
冒険者: おひさしぶりですクマー

Lord Dupre: 懐かしい顔がいるようだ。お元気そうで何よりだ。

冒険者: 射的ごっこで暇つぶしできた
冒険者: サー デュプレ!

Lord Dupre: さて、本来であれば皆で再会を祝して一杯やりたいところだが、残念ながら緊急事態だ。
Lord Dupre: 至急、諸君の力をお借りしたい。協力してもらえないだろうか?

冒険者: もちろんですとも
冒険者: おっけ0
冒険者: 了解です
冒険者: もちろーん
冒険者: いいですとも!

Lord Dupre: ありがとう。
Lord Dupre: では本日のミッションについて説明するのでよく聞いておいて欲しい。
Lord Dupre: 実は1週間ほど前にトリンシックで大規模な襲撃があった。
Lord Dupre: 我々はテルマーからの援軍と救援に向かうと同時に
Lord Dupre: いくつかの小隊をある特殊任務のためトリンシックの街中に展開することにした。
Lord Dupre: 他の小隊はすべて戻った。しかし……
Lord Dupre: ボレッシュというガーゴイル率いる小隊だけが戻らない。

冒険者: しいかし?
冒険者: 逃げた?
冒険者: 裏切り?
冒険者: まさか・・・

Lord Dupre: 彼らの身の安全のために今日まで特殊任務の内容も含め、
Lord Dupre: 秘密裏に捜索活動を行って来たが、もう彼らの物資も尽きる頃だろう。
Lord Dupre: 事態は急を要すると判断した。

冒険者: 心配クマね…
冒険者: おう・・・

20170923_4

Lord Dupre: 既に我々は何らかの事情を知る人物としてGwillimという男をマークした。
Lord Dupre: ブリテインで農業を営んでいた男だが、
Lord Dupre: 大火災ですべてを失ってトリンシックに流れて来たそうだ。
Lord Dupre: 聞けば、少なくない数のブリテインの農夫たちがトリンシックに流れて来ていると言う。
Lord Dupre: これほど多くの農夫が農業が盛んとは言い難いトリンシックに留まるのは不自然だ。

冒険者: 農村部から都市部に・・・
冒険者: 侵攻もあるのにな・・・
冒険者: 幾三かな
冒険者: 麻薬の密売
冒険者: 切ない...
冒険者: 家燃えてたしね

Lord Dupre: さて諸君。
Lord Dupre: 密売・・・・
Lord Dupre: 本日のミッションとは秘密裏に進められて来た特殊任務を最後まで遂行すること、
Lord Dupre: そしてボレッシュの小隊を全員無傷で救出することだ。
Lord Dupre: 特殊任務とは他でもない、あのモルドラ率いるカルトのアジトを突き止め、
Lord Dupre: 一網打尽にすることだ!

冒険者: おおお

Lord Dupre: 一網打尽にすることだ!

冒険者: 一網打尽!
冒険者: おー
冒険者: !
冒険者: やるぞ!
冒険者: 昔日の恨み・・・
冒険者: 皆殺し
冒険者: モルドラは結局カルトでしたか・・・
冒険者: *がうー*
冒険者: カルトを狩ると

Lord Dupre: 大事なことだから2回言ったぞ

冒険者: えっ?
冒険者: 12
冒険者: 大事!
冒険者: 大事ですとも
冒険者: はっ

Lord Dupre: まずはそこのKeg & AnchorでGwillimに接触を試みる。

冒険者: おかげで胸に刻み込めた!

Lord Dupre: 店に入る前にペットは外にステイさせ、ガーゴイル諸君は降りてついて来て欲しい。

冒険者: 秘密裡なのにこんな手前でw

Lord Dupre: Before we enter the tavern, stay your pets outside and gargoyles are asked to stay down.

冒険者: りょーかーい
冒険者: サーイエッサー!ボス!
冒険者: こまかいことはいいのよ!

Lord Dupre: また連絡用に20th Live Eventに入っておいてくれ。

冒険者: え・・・英語にw
<45466779>冒険者: てすてす
<21643120>冒険者: よし!
冒険者: anniversary/みゅー
冒険者: 準備万端!
<61132074>冒険者: よろしくお願いしますー

<44193502>Lord Dupre: みんな入っているか?

<11721328>冒険者: OKです!
<32912937>冒険者: よろしくお願いしますー
<59111918>冒険者: ui
<46681698>冒険者: はい
<31920593>冒険者: あいさ~あいさ~みんな見えまっせ

冒険者: ガーゴイルさんも降りてくれっていってたよ

Gwillim the farmer: なんだい。
Gwillim the farmer: 騒々しいな……。

冒険者: みんな早いなぁ
冒険者: なに、早漏だと申すか

20170923_5

Gwillim the farmer: ……?!

冒険者: 言ってないよ・・・
冒険者: すげぇ 圧迫面談w
冒険者: お

Lord Dupre: Gwillimだな?

Gwillim the farmer: そうですが、ガードさんが私に何のご用でしょう。

Lord Dupre: ハハハ! そんなに固くなる必要はないさ。
Lord Dupre: ここは俺のオゴリだ。好きなものを飲んでくれ。

20170923_6

Gwillim the farmer: ……はあ。

冒険者: (目は笑っていない)
冒険者: w

Lord Dupre: 単刀直入に言おう。人を探している。ボレッシュというガーゴイルを知らないか?
Lord Dupre: トリンシックで任務遂行中に行方がわからなくなった。

Gwillim the farmer: なぜ……私に?

Lord Dupre: 彼は大事な友人なのでね。どのような手を使ってでも探し出すつもりだ。

Gwillim the farmer: ………。

Lord Dupre: ブリテインの出身だそうだな? なぜトリンシックに?
Lord Dupre: タイタンのブリタニア全土への侵攻による被害は極めて甚大だが、
Lord Dupre: トリンシックはむしろ人口が増えて物資は一層潤沢になったように見える。
Lord Dupre: 妙だとは思わないか?

Gwillim the farmer: やめてください……。誰が聞いているかわかりませんよ。

Lord Dupre: この後店を出たらすぐにそこの簡易キャンプでかくまってもらえ。
Lord Dupre: あいにく我々には時間がないんでね。すぐに答えてもらえるとありがたい。
Lord Dupre: なぜ、避難所に指定されているジェロームではなくここへ?
Lord Dupre: 衣食住と金と引き換えに、誰に何を要求された? そいつは今どこにいるんだ?
Lord Dupre: 答えろ。

Gwillim the farmer: ぐっ……。
Gwillim the farmer: 私は……私は本当に何も知らないんです。
Gwillim the farmer: ただ、落ち着くまでいい働き口があるからって連れて来られただけなんです。
Gwillim the farmer: あの人は……ブリテインの農夫たちに家と食べ物を手当てしてくれただけじゃない。
Gwillim the farmer: スカラブレイの病人やべスパーの孤児たちに奇跡を起こしたのをみんな見てるんです。
Gwillim the farmer: ブリタニアを災厄から救うために寺院を建てるんだって言われて、
Gwillim the farmer: 山賊の真似事をさせられても、あの人に……モルドラさんに……
Gwillim the farmer: 一体どうやったらみんな逆らえるって言うんです?
Gwillim the farmer: みんな帰る家もないんです。ここにいる人たちはみんな孤独なんですよ。
Gwillim the farmer: あのキランドラのように……。

Lord Dupre: キランドラ?

Gwillim the farmer: その昔時の権力者に病気の子どもを見殺しにされたかわいそうな女性です。
Gwillim the farmer: おそらくもう正気に戻ることはないでしょう。
Gwillim the farmer: もともとは腕のいい漁師でしたが、

冒険者: ;_;

Gwillim the farmer: 今は日がな一日港でわけのわからない歌を歌っています。
Gwillim the farmer: モルドラさんは彼女の面倒をずっと見ていて……
Gwillim the farmer: あなたが探しているガーゴイルもおそらく、
Gwillim the farmer: モルドラさんの広告塔であるキランドラに会いに行った可能性は高いでしょう。
Gwillim the farmer: ただ、キランドラがモルドラさんの居場所を答えられるとは思えませんし、
Gwillim the farmer: あなた方も目立つ行動を取ればモルドラさんに何をされるかわかりませんよ。
Lord Dupre: ありがとう。あなたは自分の心配をしたまえ。

20170923_7

Lord Dupre: 港だな? 恩に着る。

Gwillim the farmer: ……。

20170923_8

Lord Dupre: みんな、行くぞ!

冒険者: はい!
冒険者: おー
冒険者: はーい
冒険者: おー
冒険者: おー
冒険者: おー!
冒険者: おー
冒険者: はいっ
冒険者: おー
冒険者: またどこかで会いましょう!

Lord Dupre: ついてこい

冒険者: 20th
冒険者: おおぉ
冒険者: お、うごいた

20170923_9

Kilandra the fisherwoman: お魚さんは教えてくれる

冒険者: 素敵なステージが

Kilandra the fisherwoman: 色んなことを教えてくれる

冒険者: 行儀いい
冒険者: お魚さん!

Kilandra the fisherwoman: 晴れの日も、雨の日も、
Kilandra the fisherwoman: いつも優しく教えてくれる

冒険者: ぎょぎょ!!

Kilandra the fisherwoman: お魚さんがおならをすると

冒険者: くぅ~
冒険者: オリジナルソング?

20170923_10

Kilandra the fisherwoman: 泡がぶくぶく浮いてくる

冒険者: *ぷぅ・・・*
冒険者: 詩人かね

Lord Dupre: ………ふむ。

Kilandra the fisherwoman: *じぃっ*

Lord Dupre: かわいいお嬢さんだ。こんにちは。
Lord Dupre: ここにガーゴイルが来なかったかい?

冒険者: こんにちはー

Kilandra the fisherwoman: あなたも歌ウタウネ?

冒険者: ・・・導入に手慣れた感がw

Lord Dupre: 歌か。あまり得意じゃないんだが……。

冒険者: *しーっ*

Kilandra the fisherwoman: *クスクス*
Kilandra the fisherwoman: いっしょにウタウネ?
Kilandra the fisherwoman: みんなもいっしょにウタウネ?

冒険者: ウタウネ!
冒険者: ウタウヨ
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: 歌おう歌おう

Kilandra the fisherwoman: お魚さんは教えてくれる

冒険者: どうせだから付き合うよ
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる

Kilandra the fisherwoman: 色んなことを教えてくれる

冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる

20170923_11

Lord Dupre: お魚さんは教えてくれる

冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれるー
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: お魚さんは教えてくれる
冒険者: 色んな事を教えてくれる
冒険者: 色んなことを教えてくれる
冒険者: what the fish tell me
Jasmine: 色んなことをおしえてくれる

Lord Dupre: 色んなことを教えてくれる

冒険者: 色んなことを教えてくれるー
冒険者: お魚さん
冒険者: いろんなことを教えてくれる
冒険者: 色んなことを教えてくれる

Lord Dupre: さあ、みんなも歌おう!

Kilandra the fisherwoman: どこにいるのかどこに行くのか

冒険者: 色んなことを教えてくれる
冒険者: 色んなことを教えてくれる
冒険者: 色んなことを教えてくれる
冒険者: 色んなことを教えてくれる
冒険者: ウタうのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか

Kilandra the fisherwoman: そんなのバレちゃうだけなのに

冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: どこにいるのかどこに行くのか
冒険者: そんなのバレちゃうだけなのに

Kilandra the fisherwoman: 食べてもおいしいお友だち

冒険者: そんなのばれちゃうだけなのに
冒険者: そんなのバレちゃだけなのに
冒険者: そんなのバレちゃうだけなのに
冒険者: どこにいるのか
冒険者: そんなのバレちゃうだけなのに
冒険者: そんなのばれちゃうだけなのに
冒険者: 食べてもおいしいお友だち
冒険者: そんなのバレちゃうだけなのに
冒険者: 食べてもおいしいお友達
冒険者: そんなのばれちゃうだけなのに
冒険者: 食べてもおいしいお友達
冒険者: 食べてもおいしいお友だち
冒険者: 食べてもおいしいお友だち
冒険者: 食べてもおいしいお友だち
冒険者: 食べてもおいしいお友達
冒険者: かわいそうー
冒険者: 食べるんだ・・・
冒険者: たべるのかい!
冒険者: テンポが早い歌だな・・・
冒険者: 食べてもおいしいおともだち
冒険者: 食べてもおいしいお友だち
冒険者: 友達食うなよ
冒険者: 食べてもおいしいお友達
冒険者: Oh the fish tell me all sorts of things
冒険者: 食べてもおいしいお友達

Lord Dupre: ハハハ! 酷い歌だな。

Kilandra the fisherwoman: *ニコニコ*

Lord Dupre: お魚さんはボレッシュの行方も教えてくれないものかな?

冒険者: 食育

Kilandra the fisherwoman: お魚さんは教えてくれる
Kilandra the fisherwoman: 色んなことを教えてくれる

冒険者: ・・・餌・・・・

20170923_12

Kilandra the fisherwoman: 角が生えてる大きな鳥が
Kilandra the fisherwoman: 小さく叫んで橋から落ちた

冒険者: …!

Kilandra the fisherwoman: 20THって叫んで橋から落ちた

20170923_13

冒険者: 角!
冒険者: !

Kilandra the fisherwoman: お魚さんは教えてくれる

冒険者: メタな!!!

20170923_14

Kilandra the fisherwoman: 色んなことを教えてくれる

冒険者: お魚さんありがとう・・・

Kilandra the fisherwoman: お魚さんの歌が好き……

冒険者: 魚君さんありがとう
冒険者: ダイイングメッセージかよ・・
冒険者: 食べてもおいしいお友だち・・・

Kilandra the fisherwoman: お魚さんの歌が好き……

冒険者: あら、行っちゃった
冒険者: ボレッシュ酔っぱらっていただけでは…
冒険者: w
冒険者: 了解した

Kilandra the fisherwoman: ♪

冒険者: お魚さんの歌はかわいいな

冒険者: ありがとー
冒険者: クマ~

Lord Dupre: ……待て。

Kilandra the fisherwoman: *ニコニコ*

20170923_15

Lord Dupre: 角の生えた大きな鳥だと?

冒険者: どういうことなの・・・
冒険者: ♪
冒険者: げんきでねー

Lord Dupre: 橋だと?

Kilandra the fisherwoman: *クスクス*

冒険者: ガーゴイルさんクマ きっと
冒険者: 落ちたって。

Lord Dupre: どこの橋だ? 何か見なかったか?

冒険者: うむ
冒険者: なる
冒険者: なわばしごがあったくま!!
冒険者: 橋なら通った
冒険者: さっき水色の縄はしごあったよ
冒険者: なんですと
冒険者: とおりすぎたよ
冒険者: 途中の橋になんかあったね
冒険者: 来る途中の橋に
冒険者: 鳥か

Lord Dupre: なに

冒険者: あったクマー!
冒険者: 戻る?
冒険者: おお、目敏いクマ!
冒険者: さっき変なハシゴあったな
冒険者: 通りがかったあの橋?
冒険者: 3日前くらいからあるよ
冒険者: 縄梯子の...
冒険者: 3日も

Lord Dupre: 案内してくれ
Lord Dupre: よし、急ごう!

冒険者: ごーごー
冒険者: もどるクマー
冒険者: いこう
冒険者: 元の道を戻ろう
冒険者: やや ほんとだ

20170923_16
Bandicam_20170924_160037629
*2017年9月24日では、まだキーワードを言うと中に入って見学できます。
東の奥の部屋の縄梯子に行けばこの場所に戻ってくることができました。

冒険者: 20TH
: trying interfacet
冒険者: Long Live King Ulitima Online Congrats 20th Anniversary
冒険者: 20TH
冒険者: 20th
冒険者: 20th
冒険者: 20TH
冒険者: いい色だ
冒険者: 20TH
冒険者: 20TH
冒険者: 20TH
冒険者: 20TH
冒険者: はっ
冒険者: なんだろうとおもってた
冒険者: 20th
冒険者: 20th
冒険者: ほんまや
冒険者: 20th
冒険者: 水色にカモフラージュするとは、巧妙な・・・
冒険者: まわりあけたほうが いいとおもうの
冒険者: いい色だね 取れないかなぁ
冒険者: きぃ
冒険者: あれ
<32912937>冒険者: ミノックに飛ばされたんだけどヒーラーどこ・・・
冒険者: 突進だ
冒険者: デュプレまだか
<11721328>冒険者: なにかいる!
冒険者: どこだ
<33547425>冒険者: デュプレ卿ー?
<29318238>冒険者: 完全防備されてる
<46681698>冒険者: ミノックのヒーラーは南の人狼村のほう
<45466779>冒険者: 港にはいない
<17930847>冒険者: どうやってはいるん?
<15749362>冒険者: 縄梯子のところで20thと叫ぶ!
冒険者: なんだこれは
<32376875>冒険者: なるほど
冒険者: うあ

20170923_17

恐怖にあなたの心を切り裂かれ、 a crimson dragon に抵抗することができない。

<45466779>冒険者: 地下になんか湧いてる・・

<44193502>Lord Dupre: 梯子の近くでキーワードを言うんだ

a crimson dragon: *Mur Kal Ort*
a crimson dragon: *Ku Ort*
a crimson dragon: *Mur Kal Ort*
a crimson dragon: *Mur Kal Ort*
a crimson dragon: *Ku Ort*

<15749362>冒険者: クリムゾンドラゴンの群れがお出迎えだ…
<32912937>冒険者: 蘇生できたありがとう!

再び動けます!

<67671667>冒険者: 地下はクリドラと乱戦中!
冒険者: HAHAHA

<44193502>Lord Dupre: キーワードは20thだ

<61132074>冒険者: ストーリー進む前に待ってた人達用のが 残ってるんじゃないかなw
<32912937>冒険者: クリスタルドラゴン・・・!?

a crimson dragon: *Ku Ort*
a crimson dragon: *Mur Kal Ort*

<45466779>冒険者: クソウ、モルドラめ・・・クリドラまで使役するとは…

<44193502>Lord Dupre: みんな入れたか?

<32912937>冒険者: クリドラだからクリスタルドラゴン・・・?

ログイン時にリソースをカウントするのは良い習慣です。
'20th Live Event' チャンネルに参加しました。
ブラックホールの外へテレポートしました。

<44193502>Lord Dupre: 橋に残っている人はいるか?

<32912937>冒険者: ミノックに飛ばされたからまだトリンシックに行けてない・・・

20170923_17_2
20170923_18
20170923_19
(*゚∋゚):コネロスしてログインしたらミノックだったので、急いでまたトリンシックの橋に戻り現地へ向かう。

<44193502>Lord Dupre: 急いで戻ってきてくれ

<43491233>冒険者: クラッシュして飛ばされた、余計なことを
<32912937>冒険者: なんとか!

Mordra the healer: なんだい!

<61882050>冒険者: モルドラ出てきた!
冒険者: 物騒なことが書いてあるぞ・・・
<67671667>冒険者: ここはリログしてもとばされるからねえ

Mordra the healer: 騒々しい!

冒険者: へんなきかい
冒険者: リーキング・ソウル・エッセンス

<44193502>Lord Dupre: もう、ドラゴンはいなくなった。召還はやめてくれ。

冒険者: 良くも物々しい出迎えしてくれたもんだな!
冒険者: なんじゃこりゃ?

Mordra the healer: なんだいあんたたち!

20170923_20

冒険者: そうるすとれーじあと53ぱー
冒険者: 魂の・・・

Mordra the healer: どなたのお出ましかと思えばそこにいるのはデュプレ卿ではありませんか?

冒険者: …クマ

Mordra the healer: それにしても騒々しいこと!

冒険者: まさか
冒険者: こえええ

20170923_21

Mordra the healer: そんなに大勢で土足で踏み込んで、いささか失礼が過ぎませんこと?

冒険者: 魂入れ替え装置?
冒険者: なんのたましい・・・?
冒険者: …
冒険者: むうう
冒険者: あ
冒険者: ストーリー始まってる
冒険者: 誰か居る

Mordra the healer: 何を背を向けているのさ!
Mordra the healer: こっちを見なさいよ!

Lord Dupre: ちょっと
Lord Dupre: モルドラと話をするから召還はやめてくれ

冒険者: こないだの変なヒーラーだ!
冒険者: はい

Mordra the healer: 変なだと?!

冒険者: シェリーに酷い人したひと!

Mordra the healer: どっちがだよ!

冒険者: *くわー!*
冒険者: そっち!!

Mordra the healer: 人んちに土足であがりこんで!

冒険者: もう地が出てる

Mordra the healer: 失礼な!

冒険者: *くわー*
冒険者: 召喚やめろってー
冒険者: それに関してはごめん><
冒険者: その割には素敵な出迎えでしたこと
冒険者: 化けの皮がはがれてるな
冒険者: にぇーしっし
冒険者: 変わった家だな・・

Lord Dupre: モルドラだな。
Lord Dupre: ボレッシュはどこだ? 望みは何だ? 事と次第によっては取引に応じよう。
Lord Dupre: まずはボレッシュと小隊の無事を確認させてもらいたい。

Mordra the healer: ほ・ほ・ほ!

20170923_22
Mordra the healer: 周辺を嗅ぎまわった挙句、のこのことやって来たあの愚かなガーゴイルのことかい?
Mordra the healer: ガーゴイルは痩せすぎててスープの出汁にもならないのさ。*肩をすくめる*
Mordra the healer: あの立派な鉤爪くらいは取っておけばネックレスくらいにはなったかねえ?

冒険者: げ・・・
冒険者: 日本語通じない人多いのか
冒険者: 外人多いのかな

Mordra the healer: ほ・ほ・ほ!

Lord Dupre: ……貴様!

Mordra the healer: もはやお前たちは袋のネズミ。 思い知るがいい!

冒険者: それが本性か、貴様の・・・

20170923_23

Mordra's Vengeful Spirit: 灰になるがいい!
Mordra's Vengeful Spirit: *Ul Flam*
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*

20170923_24
Slasherの雄叫びで周りの壁が揺れ、驚きで体がすくんでしまった!
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
再び動けます!

20170923_25
不協和音に全身を揺さぶられ、身体の反応が鈍くなってしまった。
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: Come, sweet death... embrace these mine enemies
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Ul Flam*
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: 灰になるがいい!
Slasherの雄叫びで周りの壁が揺れ、驚きで体がすくんでしまった!

再び動けます!

<44193502>Lord Dupre: みんな頑張れ!

再び動けます!

Lord Dupre: みんな頑張れ1

Slasherの雄叫びで周りの壁が揺れ、驚きで体がすくんでしまった!
不協和音に全身を揺さぶられ、身体の反応が鈍くなってしまった。
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: *Mur Kal Ort*
再び動けます!
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *
Mordra's Vengeful Spirit: *Ku Ort*
Mordra's Vengeful Spirit: * The open flame begins to scatter the swarm of insects! *

水晶球の報酬がバックパックに入りました。
あなたのバックパックに、アイテムが収められました。

冒険者: お ボレッシュだ 生きてたか―

<44193502>Lord Dupre: みんな大丈夫か?

Bolesh the captain: デュプレ殿!

20170923_26

Lord Dupre: みんな大丈夫か?

Bolesh the captain: デュプレ殿!

<33547425>冒険者: だいじょぶ!
冒険者: いきてた!
<68029792>冒険者: 町にとばされてしまいました
冒険者: よかった
冒険者: ご無事だった

Bolesh the captain: デュプレ殿!

Lord Dupre: おお……! ボレッシュ! 無事か! 無事だったか!

冒険者: よかったよう
冒険者: ありがとう
冒険者: 無事でよかった
<36963726>冒険者: 糞ラグだから落ちるとどっか飛んじゃうね。ドンマイ

Lord Dupre: よかった……!
Lord Dupre: 他のメンバーはどうした? 皆無事か?

Bolesh the captain: すれ違いましたな……。
Bolesh the captain: はっ!

20170923_27

冒険者: あはは

20170923_28

Bolesh the captain: こちらの不手際にもかかわらず、ご心配痛み入ります。
Bolesh the captain: 全員で密かに脱出口を掘り進め、先ごろ全員が無事脱出致しました。

冒険者:   おお

Bolesh the captain: さあどうぞ! こちらです!
Bolesh the captain: こちらです!

冒険者: おお、一人も欠けずか でかした!

Lord Dupre: みんな行くぞ

20170923_29
Bandicam_20170924_160402535

Lord Dupre: みんな出れたかな?

冒険者: ありがとございますー
冒険者: 無事でよかったー
冒険者: 生きてたボレッシュさんよかった
冒険者: 出汁になってなくてよかった

Bolesh the captain: デュプレ殿。
Bolesh the captain: 本来であればすぐにテルマーへ戻るべきなのですが、
Bolesh the captain: このボレッシュ、その前に一つだけわがままを聞いていただきたく存じます。

Lord Dupre: うむ
Lord Dupre: どうしたんだ? あらたまって。

Bolesh the captain: ブラックソーン国王陛下のお見舞いにお伺いしたいのです。

20170923_31
Lord Dupre: ううむ。それは難しいであろうな。
Lord Dupre: ……ふむ。
Lord Dupre: そういえば、城の橋のたもとに陛下が手ずからお植えになったオーフラーがある。
Lord Dupre: どうだね、ひとつ我々で花を囲み、陛下のご快癒を祈ろうではないか。

Bolesh the captain: ご一緒させていただけましたら身に余る光栄でございます。

冒険者: はい!
冒険者: クマー!
冒険者: はげのクスリじゃないの

Lord Dupre: では行こう!

冒険者: おお
冒険者: しーっ

Lord Dupre: 誰かゲートを頼めるかい?
Lord Dupre: おおお

冒険者: ありがとー

Lord Dupre: 助かる

冒険者: ありがとうへ
冒険者: !
冒険者: はちみつが・・・
冒険者: おお
冒険者: 職人でも役にたつ!

Bolesh the captain: ハチミツが……?

冒険者: ^^
冒険者: 蜂蜜あるよね
冒険者: はちみつ備えられてる
冒険者: はちみつ
冒険者: 供え
冒険者: 健康になれる
冒険者: くまー

Lord Dupre: ……おお、みんな見てみろ!

20170923_32

冒険者: はちみつは体にいいから正しい

Bolesh the captain: なるほど。

冒険者: 色が戻ってる
冒険者: お供え。

Lord Dupre: オーフラーが回復している。これは、遠からず陛下もご快癒されるしるしに違いない。

Bolesh the captain: それは良い兆しに思われますね。

冒険者: よかったー
冒険者: おぉ!

冒険者: あ みずやりがかりだ

Gilbert the guard: !!!

冒険者: Gさん!
冒険者: Gさん
冒険者: やらかしたひとだ

20170923_33
(*゚∋゚):北斗EMサイト:BNN Wednesday – か弱き者  BNN Wednesday – 胸騒ぎ

こちらを参照

Gilbert the guard: サー・デュプレ!
Gilbert the guard: お出迎えもせずに大変失礼致しました。ロイヤル・ガード、ギルバートにございます。

冒険者: ちょんぼのGさん

Lord Dupre: やあ、ご苦労さん。

Bolesh the captain: ?

Lord Dupre: 君がこのオーフラーのお世話をしているのかい?

Gilbert the guard: はっ! 恐れ入ります。

冒険者: ギルバートさん、いつもお疲れさま。

Lord Dupre: ……ところで、その荷物は何だね?

冒険者: マントでかくしたGさん

Gilbert the guard: 実は陛下のご快癒を市民に知らせるべく、

冒険者: *じーー*

20170923_34
Gilbert the guard: ささやかながら王室広報担当官より記念品を預かって参りました。
Gilbert the guard: 皆様お揃いのようですので、お出ししましょう。さあ、どうぞ!

Lord Dupre: おお、そうだったか。

冒険者: わわ
冒険者: ええ
冒険者: おお

Lord Dupre: では、私も一ついただこう。

冒険者: でか
冒険者: *ゆさゆさ*
<45525452>冒険者: おわりました?

この木にはもう果実が残っていません。
冒険者: わわ
冒険者: 今うっちゃうと 記念撮影でうてない・・
<33844166>冒険者: おわったよ
冒険者: 最チャージおせえw

Bolesh the captain: では私も。

<45466779>冒険者: 今はブラックソーン城の前

Gilbert the guard: 撮影しますか?

Lord Dupre: みんな使うの早いぞ!

冒険者: Gさんの前だった
<32912937>冒険者: 今ブラクソン城前で記念パーティー中
冒険者: あ

<32376875>冒険者: えっ
再チャージされるまで、しばらくお待ちください。

Gilbert the guard: デュプレ卿はどこかな
Gilbert the guard: あ
Gilbert the guard: いらっしゃった。

冒険者: デュプレ卿が帰らぬうちにw
冒険者: 20周年おめでとうでふ
冒険者: あい^^
冒険者: はーい
冒険者: もちましたー

20170923_35
20170923_37

Lord Dupre: いくぞ!

Gilbert the guard: ブリタニア万歳!
Gilbert the guard: ブリタニア万歳!

冒険者: 黒王快癒万歳☆

Lord Dupre: Long Live the King, Long Live Ultima Online, Congrats on the 20th anniversary!

冒険者: 20周年おめでとう!
冒険者: おめでとー^^

Gilbert the guard: ブリタニア万歳!

冒険者: 20しゅうねん
冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: ブリタニア万歳!
冒険者: Long Live the King, Long Live Ultima Online, Congrats on the 20th anniversary!
冒険者: ブリタニア万歳!
冒険者: おめでとう!

Gilbert the guard: ブリタニア万歳!

冒険者: 万歳
冒険者: ばんざい!
冒険者: UO20周年おめでとうー★
冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: 20周年おめでとうー!

Lord Dupre: ブリタニア万歳!

冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: 20周年おめでとう

Gilbert the guard: ブリタニア万歳!

冒険者: ブリタニア万歳☆
冒険者: おめでとう
冒険者: ブリタニアばんざーい!
冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: 万歳!
冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: UO20周年おめでとうー★
冒険者: おめでとう!!

Lord Dupre: ブリタニア万歳!

冒険者: 20周年おめでとう
冒険者: おめでとー
冒険者: 万歳
冒険者: 20周年おめでとう~
冒険者: 20周年おめでとーーー☆
冒険者: ブリタニア万歳!
冒険者: ブリタニアばんざーい
冒険者: Long Live the King, Long Live Ultima Online, Congrats on the 20th anniversary!
冒険者: 20周年おめでとーーー☆

Lord Dupre: これからも諸君のますますのご活躍をお祈り申し上げる。

冒険者: Congrats!

Lord Dupre: 今日はゆっくり休んでくれ!

冒険者: 末永くなー
冒険者: お互いにね
冒険者: おー
冒険者: おつかれさまでしたー
冒険者: おつかれさまでした!
冒険者: おつかれさまー

20170923_36

Lord Dupre: またいつか、会おう!

冒険者: すえながくよろしくねー
冒険者: おつかれらまぁ^^
冒険者: またね
冒険者: Dupre様もお元気で。
冒険者: またー
冒険者: ながーく
冒険者: デュプレ卿おつかれさま!
冒険者: デュプレさまもお元気でー
冒険者: 次は30周年か
冒険者: ^^
冒険者: お疲れ様でした
冒険者: ^^/
冒険者: おつー

Lord Dupre: うむ
Lord Dupre: ありがとう
Lord Dupre: では

20170923_39
A Snowy Scene Of The Plateau

北斗は水色だけど他のシャードは色が違うのかな?

ダブルクリックでキラキラしてヒールの音がする。

| | コメント (2)

北斗プレイヤーイベント:第44回シャドウガード調査は2017年9月24日22:00~

本日です!

うおみん [Hokutoの住人集まれ~♪] コミュと同じ内容です。

主に、ソロ活動が多く、ひとりではシャドーガードに行くことができない人向けに企画されたものです。

普段、ひとりでは行けない場所になりますので、ぜひ、ご参加ください。

通称:愛の人主催のシャドウガード調査です。

日時:2017年9月24日(日)22:00~

場所:屋上現地集合


ただし、一定の条件があります。

参加条件:バー、果樹園をクリアしていること
(ネット検索で攻略等もありますので、頑張ってクリアしてきてくださいね)

*屋上のみ参加もOK

武具屋→噴水→鐘楼→屋上をパーティの皆で実施

職種は不問

*転送バッグを持参すると、保険代を稼ぐことができます。
*途中でパーティーを解散させるので、バッグ沸きや棺桶のもの等はすべて自分への報酬となります。分配はありません

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

UO Newsletter #20

UO公式 UO Newsletter #20

Facebook広田剣 UO Newsletter #20

内容は以下↓ 詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #20

Producer Notes

Greetings everyone,

The team and I are working hard to finish up the second part of Publish 98 which includes Holiday gifts, new Artisan Festival Rewards and new Veteran Rewards as well as several bug fixes.  This month, Ultima Online turns twenty years old, which is an incredible milestone!  UO could not have ever reached this point without the tireless work of scores of staff and the amazing support and help of the over 1 million people have played UO in its lifetime!  Recently, UO was named the 3rd best MMORPG of all time for 2017 by MMORPG.com!  Again, we could not have attained this distinction without you, so from all of us - a huge thank you to Ultima Online's players past and present!  As many of you know, to celebrate this joyous occasion we will be hosting a 20th Anniversary Party and cannot wait to celebrate with the over 200 of you that registered, filling us to capacity in record time!  We hope everyone is as excited as we are! 

For those attending the party be sure to check the party page often as we will be updating it with the latest information.  We are especially excited for Friday evening when we will be hosting a costume contents.  The Judges for the contest will be our honored guests Starr "Lord Blackthorn" Long and Richard "Lord British" Garriott.  The prizes for this contest were donated by Mr. David Johnson of Larpers Lounge.  They are great people to work with and extremely helpful with your armor needs if you might have any.  We can't wait to see what everyone comes dressed as!

For those that are unable to attend the party we will be taking lots of pictures for you guys so you do not feel left out.  Speaking of not leaving you guys out, I have the three winners of the in-game castle raffle that was on TC1.  I will be contacting you via email today so please reply with the shard and character name you will be receiving the castle with.

Recently there has been quite a bit of discussion regarding how the Enhanced Client performs with certain graphical effects that creatures use.  In an attempt to provide a solution I stated you could adjust settings to increase performance.  It turns out these settings were not functioning as we expected, however we have identified the problem and will be releasing a client patch soon to correct it.  Thank you to all those who brought this issue to our attention, and apologize for not addressing this sooner.  You can read more about Enhanced Client performance issues below.

You can see September has been a busy month for us!  We will not be hosting our normal in-game Meet and Greets this month, and will resume those in October.  Keep an eye on UO.com for dates, times, and locations for those Meet and Greets.

As a final note from the UO Team, our thoughts and prayers go out to all that have been affected by Hurricane Irma.

See you in Britannia,  Bonnie "Mesanna" Armstrong 
Producer

Enhanced Client Performance

Recently there has been quite a bit of discussion regarding how the EC performs with certain particle effects as well as how it performs when opening public monster corpses.

With regard to the particle effects, EMs have been instructed to not use these particle effects or request monsters that use them until we can get a patch out to add additional filtering options for particle effects and fix the issues with the existing filters.  Once this patch is deployed you will be able to properly filter out all particle effects in addition to a new option that will allow you to filter out only those particles that are part of an area or location based effect.

21686206_1984127131863228_6998986_2
(50%サムネ)

When it comes to opening public monster corpses in the enhanced client, the solution becomes a little trickier.  The challenge is finding a balance in providing enough loot on the monster to keep the encounter enticing, while not overwhelming the clients with hundreds of items.  Recently a video was posted that showed a public monster corpse with over 900 items!  This is far too much, and as most players pointed out the majority of the items in these corpses are undesirable.  One solution we are investigating is to put a cap on the number of items that end up back in a public corpse from the numerous instanced corpses that are part of large scale encounters.  Again, finding a balance between performance and enough items to keep the corpse enticing is key here. In addition to this, we will investigate filtering out certain low-level items to make sure only the higher-end loot is ending up in a public corpse.  This will not impact instanced corpses and players would expect to see the full complement of a monster's loot in their instanced corpse.  This would only apply once the monster's corpse becomes public.  This change will take a little longer to test and implement and we look forward to community discussion and testing of the solution once it is implemented.

We know it is incredibly frustrating to encounter performance issues when trying to play your favorite game and experience the newest encounters and content.  The entire team must and will do a better job to keep these performance issues in mind and find a balance between making an encounter visually exciting while still offering peak performance.  Thank you to everyone who brought these issues to our attention!

Question & Answer Corner

1.   Is there any way to reverse the random resources collection?

This change was made to deter monopolization of high-end resource nodes within the world.  While we are open to reverting random resource collection this change requires additional consideration and discussion of all the impacts.  We look forward to continued discussion within the community.

2.   There are some facings of items that cannot be added to BODs properly, can you fix this?

Yes, we are curating a list of items that need to be fixed.  If you have specific items in mind please contact us.

3.  Can Axem the Curator give out stacked gems instead of loose ones?

This is something we will investigate and check add for a future publish.

4.   Can we have a key ring for the skeleton keys from Treasure maps ?

Yes!  Look for this in a future publish.

5.   Can you please add Fire Ants and Fire Deamons to the fire slayer list?

Yes, we can add these monster types to the appropriate slayers.  If there are creatures you feel should be in a slayer list feel free to contact us.

6.  Can you add Gargoyle artifacts in Shadowguard?

This will be fixed in Publish 99.

Customer Service

1. If you have an account that was terminated by CS over a year ago and would like to have it back please contact support here and give them the details and identify the account as yours, depending on the termination we will remove the restriction from your account so you may open it again.

2. All Sovereigns purchased from Origin have to be entered on the Account Management page.  You can not enter these in game.

3. Anyone that is trying to reopen an account please make sure you send all the information to support@ultimaonline.com so we can have a record of this.  In the original request to support if you do not know your secret word please ask for a hint.  Give them all the information to identify the account as yours so there will not be a lot of delays.

4.  Anyone that does not get their codes from Origin please follow this link to resolve the issue..

5.  If you have any in game questions or issues please either page in game or email support@ultimaonline.com.

6.  For any feedback to content put in game please send it to UO@broadsword.com.

7.  Regarding Origin orders, codes, and third party resellers.
 
Recently some of the player base may have noticed that an Origin store purchase they have made did not arrive or complete as expected. A confirmation or code email has not been received and you are wondering what may have occurred with your order. The Origin store enacts reviews on all transactions to safeguard against fraudulent purchases, and these reviews may take up to 72 hours. Unfortunately our Billing department is not able to expedite or circumvent this process, however players who have questions or concerns regarding a store purchase can contact Origin support for assistance using the below link:
 
http://help.ea.com/en/contact-us/new/
 
When prompted for a product, choose Origin. Next choose your platform, and select ‘Orders’ as the topic. You can further specify your issue in the subsequent fields before speaking with an agent.
 
We would also like to reiterate that the Origin store is the only guaranteed provider of codes for Ultima Online. The validity of a code purchased from a third-party seller (be it a friend, in-game acquaintance, or recommended site) cannot be guaranteed. Furthermore, any codes we find to have be fraudulently obtained will be disabled and an account that applies any of these codes will have that code removed from said account. This can result in the loss of gametime, character slots, expansion access, Sovereigns (and the items purchased with them), in-game items and more. Please be advised that we cannot assist with any issues stemming from codes purchased via non-Origin means; you will be required to contact the vendor from which you purchased the code for further assistance.


PASSWORD ISSUES
 
To reset your password you must first understand which type of account you are resetting the password for. EA Accounts, Mythic Master Accounts, and Mythic Product Accounts all have separate individual passwords. All of which you can reset at your leisure at our Account Center at https://accounts.eamythic.com/. Unfortunately, Broadsword Support cannot assist with potential EA Account issues or passwords, please follow the steps below.
 
To reset your EA Account password:
      * Please visit https://signin.ea.com/p/web/resetPassword
      * At the EA.com page enter the email used to log into your EA Account to change its password.
      * If you have not received your password or have received an error while trying to reset the password and you have disabled all spam filters, please contact EA Support here, https://help.ea.com/en/contact-us/new/#?product=origin&platform=pc


CREDIT/DEBIT CARD UPDATE
 
To update your credit card information, please follow these steps:

  • Login to the Account Center (https://accounts.eamythic.com) with your EA Account email and its password
  • Select the 'Subscriptions' tab
  • Locate the account you would like to update the card for
  • Select the 'Subscribe' button
  • Select the billing cycle you would like to use and continue
  • When you get to the page asking which payment method you would like to use, instead of choosing to add a card, select the 'Manage Accounts' option in the top right corner of the page. This should load a new page that will contain your previous credit card information.
  • Find the card you wish to update and select the 'X' button
  • You can now re-enter your credit card with the updated information by using the 'Add a card' button.

ACCOUNT MANAGEMENT AT THE ACCOUNT CENTER (https://accounts.eamythic.com/)
 
How to create an account or log into my account?
http://uo.com/Account-Login-Guide
 
How to manage my accounts after I’ve logged into the Account Center with my EA Account credentials?
http://uo.com/account-management/
 
Additional support links and videos:
http://uo.com/faq/
https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU
https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8

・・・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #20

広田 剣・2017年9月19日

出典: UO公式
http://mailchi.mp/broadsword/uo-newsletter-9bxfes63mu
ブリタニアの最新情報をお届けすべく、UOチームはニュースレターを定期的にお届け致します!uo.comウェブサイトからサインアップしていただけますよう、お知り合いにもぜひお声がけください。
∞----------------------------------------∞
・プロデューサーノート

こんにちは皆さん。
私とUOチームはホリデーギフト、匠のフェスティバルの新報酬、新ベテラン報奨、いくつかのバグフィックスを含むパブリッシュ98の第二弾を仕上げるべく忙しくしております。今月、ウルティマ オンラインは驚くべき20周年という記録に到達しようとしています!スタッフらのたゆみなき努力と100万人を超えるUOをプレイした人々の素晴らしき支援なくしてUOがここまで到達することは到底不可能だったことでしょう。先日、UOはMMORPG.comで2017年のベストMMORPGのベスト3に入るという栄誉もいただいております。何度も申し上げた通り、皆さんなくしてこのような栄誉にあずかることはありません。過去と現在のすべてのプレーヤーの皆さんに心より御礼申し上げます。皆さんご存知の通り、この喜ばしい機会を祝うべく、20周年記念パーティーが開催されますが、私たちにこの機会を与えてくださった200人を超える登録者の皆さんとお祝いする時が待ち遠しくてなりません。私たちと同じくらい皆さんも楽しみにしてくださっていることを願います。
パーティーにお越しになる皆さんは、こちらのページのアップデートをご確認ください。
https://www.uo.com/20th-anniversary-party/
とりわけ金曜日の夜のコスチュームコンテストについてはとてもエキサイトしています。審査員を務めるのは私たちの栄えあるゲスト、 Starr "Lord Blackthorn" Long氏と Richard "Lord British" Garriott氏です。賞品はコスチューム店Larper's LoungeのDavid Johnson氏のご厚意です。もしコスチュームをお探しでしたら彼らは素晴らしく頼りになる人々です。皆さんがどのような装いで来られるか今から楽しみでなりません!
パーティーにお越しになれない皆さんのために、たくさんの写真を撮ってシェアするつもりです。また、TC1でお城の抽選を行いましたが、3名の当選者には本日メールにてご連絡致します。どうぞ、シャードと受け取りになるキャラクター名を添えてお返事ください。
最近エンハンスド・クライアント(EC)の、モンスターに付随するエフェクトに対するパフォーマンスについての議論がありました。その際、セッティングを調整することでパフォーマンスを向上させることができると回答しましたが、結果的にこのセッティングが予期した働きをしていないことが判明しました。既に原因を究明済みですので、近々クライアントパッチを配布する予定です。これらの問題についてお知らせくださった皆さまに感謝申し上げるとともに、この問題にすぐに着手しなかったことについてお詫び申し上げます。エンハンスド・クライアント(EC)のパフォーマンスに関する問題については詳細を下記しております。
9月は私たちにとってとても忙しい月であったことがおわかりいただけたかと思います! 今月はゲーム内のMeet & Greetは行わずに10月に再開致します。日時とシャードについては今後のUO.comの情報にご注意ください。
最後に、私たちの思いと祈りがハリケーンの被害に遭われた方々に届きますように。
ブリタニアでお会いしましょう。
Bonnie "Mesanna" Armstrong
プロデューサー

∞----------------------------------------∞

・エンハンスド・クライアント(EC)のパフォーマンスについて

最近エンハンスド・クライアント(EC)に特定の爆発エフェクトが与える影響、またモンスターの棺桶を開けた際の動作についての議論がありました。
爆発エフェクトにつきましては、新たなオプションの追加を可能にするパッチのリリースによって問題が解決されるまで、EMは特定のエフェクト、またはそれらを持つモンスターを使用しないことを指導されております。パッチが当たればそのエリアの一部であったり、あるいは場所に付随するエフェクト以外はフィルターをかけることが可能になります。

モンスターの棺桶が解放された後、ECで開く場合は解決方法は少し複雑になります。十分なルート品がモンスターとの遭遇を魅力的にするということを踏まえた上で、100を超えるアイテムによってクライアントにかかる負荷を軽減しなくてはならず、そのバランスを探ることが必要です。最近、棺桶が解放された後その中身が900を超えていたことを示すビデオが公開されました。そして多くのプレーヤーがほとんどのアイテムが必要のないものであることを指摘しました。解決策の一つとして解放された棺桶のアイテムに上限数を設けることを検討しています。繰り返しになりますが、パフォーマンスと棺桶を魅力的に保つためのバランスが重要です。それに加えてより強度の高いアイテムが棺桶が開放された際に表示されるようにフィルターをかける試みも行っています。それは棺桶解放前のご自身のルート品には影響を与えません。この変更はやや長くかかるでしょう。この件に関して皆さんの積極的な議論と、導入時のテストを期待しております。
お気に入りのゲームで新しいボスやコンテンツに遭遇する際に、パフォーマンスの問題に悩まされるのは非常にストレスがかかるものです。私たちチームはパフォーマンスに関する問題を念頭により良い仕事をしなければなりませんし、またこれらのボスやコンテンツを視覚的にもエキサイティングなものにし、なおかつ最高のパフォーマンスを提供するためのバランスを探らなくてはなりません。これらの問題をご報告くださった皆さんに心より感謝申し上げます。

∞----------------------------------------∞
・Q&A コーナー

1. リソースを採取する際のランダム性を元に戻すことはできませんか?
A. そもそもこの変更は高レベルのリソースの独占を阻止するために導入されたものです。これを元に戻すには、更なる検討とこれが与える影響についての議論が必要です。この件に関しては引き続き皆さんの議論を期待しております。
2. 何種類かのアイテムが向きによってバルクオーダーに追加できないようです。修正してもらえますか?
A. はい。現在修正が必要なアイテムのリストを収集しています。もし、お心当たりがあればuo@broadsword.comまでお寄せください。
3. ロイヤルシティのAxem the Curatorの報酬の宝石をスタックするようにできませんか?
A. これについては着手予定で将来のパブリッシュで導入したいと思います。
4. トレジャーハンティングで得られるスケルトンキーをまとめるためのキーリングの導入の予定はありませんか?
A. はい! 将来のパブリッシュで導入を検討します。
5. Fire Ants と Fire Daemonsをフレイム特効に追加してもらえませんか?
A. はい。これらのモンスターを適切な特効のリストの中に加えることができます。他に特効リストに入れるべきと思われるモンスターにお心当たりがありましたらuo@broadsword.comまでお寄せください。
6. シャドウガードの戦利品にガーゴイル用の装備品を追加してもらえませんか?
A. これについてはパブリッシュ99で修正されます。
∞----------------------------------------∞
・カスタマーサービス
1. 何年も前にカスタマーサービスによって廃止されたアカウントを復活させたい場合はsupport@ultimaonline.com 宛にアカウントの詳細をお送りいただき、アカウントがご自身のものであることを証明してください。廃止の状況によっては制限を解除し、アカウントを復活させることができます。
2. オリジンストアで購入したソブリンはアカウント管理サイトより入力の必要があります。ゲーム内で入力することはできません。
3. アカウントの復活を希望されるすべての方は、support@ultimaonline.com 宛にすべての情報をお送りください。秘密の言葉がわからない場合はヒントをリクエストしてください。あなたのアカウントを特定するための情報をできる限り提供していただくことが、時間短縮につながります。
4. オリジンストアからコードが届かない場合はこちらからお問い合わせください。
https://help.ea.com/in/contact-us/new/
※ 英語のみ
5. ゲームに関するご質問や問題がある場合はGMコール、あるいはsupport@ultimaonline.com までメールでお送りください。
6. ゲーム内コンテンツへのフィードバックはUO@broadsword.comまでメールでお送りください。
7. オリジンストアで注文品が届かなかった、あるいは予期した通りにお取り引きを完了させることができなかったプレーヤーの方が散見されます。注文確定のメールが届かなければ、何が起こったのか心配になるでしょう。オリジンストアは詐欺取引への監視を強めており、その確認には最大72時間かかる場合があります。私たちはこれを早めたり、回避することはできません。しかし、オリジンのサポートでは下記リンクよりプレーヤーの皆さんからのご購入に関するご質問をお受けしています。
https://help.ea.com/en/contact-us/new/
※ 英語のみ
製品はOrigin(オリジン)を、トピックはOrders(ご注文)をお選びください。実際に担当者と話をする前に、内容の絞り込みを行うことができます。
私たちはオリジンストアだけがウルティマ オンラインのコードの正規販売店であることを繰り返しお伝えしておきたいと思います。第三者(友人、ゲーム内の知り合い、おすすめサイト)から購入したコードの有効性については保証いたしかねます。そして不正に入手されたコードが発見された場合、アカウントに適用済みであったとしてもそのコードはアカウントから削除されます。これはゲームタイムのみならず、キャラクタースロットや拡張へのアクセス、ソブリン金貨(またはそれによって購入されたアイテム)を失うことになりかねません。私たちは第三者から購入されたコードが原因で発生する問題をサポートすることはできません。そのコードを購入した業者にお問い合わせくださいますよう、お願い致します。
- パスワードの問題について
パスワードをリセットするためにはあなたがどのアカウントのパスワードをリセットしようとしているのかをはっきりさせておく必要があります。
EAアカウント、Mythicアカウント、そしてMythic製品アカウントはそれぞれ別のパスワードが設定されています。
アカウントはこちらからリセットすることができます。
https://accounts.eamythic.com/
しかしながらBroadswordではEAアカウントに関する問題をサポートすることができません。下記のステップに従って操作してください。
- EAアカウントのリセット
https://signin.ea.com/p/web/resetPassword を開きます。
・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを変更してください。
・すべてのスパムフィルターを解除してもパスワードを受け取れなかったり、入力時にエラーが発生する場合はこちらにご連絡ください。
https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin
- クレジットカード情報の更新方法
https://accounts.eamythic.com を開きます。
・EAアカウントログイン時に使用しているメールアドレスを入力し、パスワードを入力してください。
・Subscriptionを選択します。
・カード情報を更新したいアカウントを選択します。
・Subscribeボタンを押します。
・請求間隔(Billing cycle)を選びます。
・どの支払方法を選ぶかを訪ねるページが開く場合は、add a cardを押さずに右上のManage Accountsのオプションを選択するようにしてください。新しいページに飛ぶことができ、そこに以前のクレジットカード情報が表示されています。
・更新したいカード情報を選び、Xボタンを押します。
・新しいカード情報を入力できるようになり、add a cardボタンを押すことで登録できます。
- アカウントセンター(https://accounts.eamythic.com/)について
Q. アカウントを作成、またはログインするにはどうしたらいいですか?
http://uo.com/Account-Login-Guide
※ 英語のみ
Q. ログイン後のゲームアカウント管理方法を教えてください。
http://uo.com/account-management/
※ 英語のみ
Q. その他のサポートリンクとビデオ
http://uo.com/faq/
https://www.youtube.com/watch?v=5G7ABl5wdyU
https://www.youtube.com/watch?v=S5qQwJ6rgI8
※ 英語のみ

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

ポストのお礼

クエストを受けなおさずに幸運2000にしてべスパー付近のSOSを使い切ってしまった(*゚∋゚)です。

そんな嘆いている(*゚∋゚)のもとに、動物の神が光臨!

20170920_195050110
これでイベントアイテム記録としての保管ができます!

ありがとうございました!

| | コメント (2)

2017年9月19日 (火)

Family Squabbles/家族会議

UO公式 Family Squabbles

Facebook広田剣 家族会議

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

Family Squabbles
        Posted on September 18, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

“Do we have a compact?” asked the wind.

The mountain rumbled in disinterest. He had already started playing with the dead things buried on this new world. The remaining two, the fire and the sea, glowered at each other. It was clear that they had some disagreement.

Stratos considered for a moment before asking, “What is the problem?”

“Only the same problem we always have: incompetence. Why don’t you ask the Lord of Flame how he failed to capture one human?” Hydros scoffed.

The flames on Pyros’s daemonic face grew hotter. “He is lucky to be alive. I meant to kill him.”

“So you intended to interfere with my plans? You know I like the subtle taste of mage blood. Did the little human scare you?”

The great fire elemental exploded in a burst of flame before pulling himself back together. “I will not work with her.”

Stratos looked to Lithos for help, but the stone face had fallen asleep. She tried to calm both parties, “Brother. Sister. The human leader is maimed. We need to make full use of this opportunity and disperse any opposition. We must work together.”

Hydros gave a cruel laugh. “I can be the ocean and the sea. Why would I need any of you?”

Stratos pleaded with her siblings, “This world is ours for the taking. I have always admired our power when we work together.”

Pyros sneered. “You think you can sweet talk me like your little servants? I claw my mark across the faces of worlds, little sister.”

Lithos opened an eye. “None of us walks unnoticed, brother. Do not forget how I make the ground tremble.” The Titan of Earth returned to his nap.

Stratos continued, “How about a compromise? Each of us will attack alone, but the strikes will be coordinated against the cities of Britannia.” She shaped the air into the globe of Sosaria, marking the location of each major city.

Hydros examined the globe. “I will consider helping, but I want something.”

“What do you need?”

“I want this island here. What is it called? New Magincia? It is less littered with human vermin than some of the others. I will build my temple there.”

Stratos nodded. “We can agree to that.”

Pyros huffed. “If Hydros gets an island, I must as well.”

“You wish to build a temple?” Stratos asked.

“No, I simply want my due. It will be something I destroy so she can’t have it.”

Hydros gave a dismissive wave. “Whatever.”

“Do you have a preference?” asked the air elemental.

Pyros turned the illusionary globe, running a claw along the fault lines and tectonic plates. “I feel the fire under this one. I will break the Valorian islands with one stroke when I come into my full power.”

Stratos looked to Hydros who nodded. “Then we are agreed.”

Lithos seemed to wake from his nap. “When do we discuss which mountain ranges are mine?”

・・・・・・・・・・・・・・

家族会議

出典: UO公式
https://uo.com/2017/09/18/family-squabbles/

By EM Malachi

「協定を結ばない?」風が聞いた。

山は関心がなさそうに地響きを立てた。彼はすでにこの新しい土地に葬られた屍を弄び始めていた。あとの二人、火と水は互いに睨み合っていた。彼らが合意に至っていないのは明白であった。

ストラトスは少し思案してから切り出した。「何が問題なの?」

「私たちが抱えている問題はいつも同じよ。無能ってだけ。火の神に聞いてみることね。なぜたった一人のヒューマンを捕まえることができないのかってね。」ハイドロスは嘲笑った。

パイロスの悪魔らしい形相を取り囲む炎が温度を上げた。「生きているとは運がいい。あれは殺すつもりだった。」

「つまり私の計画を邪魔したってわけね? 私が魔法使いの微妙な血の味が好きなことを知ってるでしょ。どれだけあの小さなヒューマンにビビらされたわけ?」

大きな火のエレメンタルは爆発してはじけ、再び元の塊に戻った。「あの女とは手を組まん!」

ストラトスは助けを求めてリソスの方を見たが、石の顔をしたそれは眠りに落ちたようであった。彼女は二人をなだめようと語り掛けた。「お兄様、お姉様。あのヒューマンの指導者はどうせ再起不能よ。この好機を逃さないで抵抗勢力を押さえ込むの。力を合わせるべきだわ。」

ハイドロスは無慈悲に笑った。「私は水であり海にもなれるのよ。なぜあなたたちの助けが必要なの?」

ストラトスは兄と姉に懇願した。「この世界はいずれ私たちのものになるの。私は兄妹が力を合わせるとき、いつもその力に驚嘆したものよ。」

パイロスは冷笑した。「お前の小さな家来のように、甘い言葉で私を惑わせることができると思うのか? あらゆる世界の表面には私の爪痕が刻まれるだろう、小さな妹よ。」

リソスが片目を開けた。「何者も私に気付かれることなく歩き去ることはできない、兄弟よ。私がどのようにして大地を揺るがすか覚えておくんだな。」大地のタイタンは再び眠りに落ちた。

ストラトスは続けた。「じゃあこんな妥協案はどう? 私たちはそれぞれ単独で攻撃する。ただし、ブリタニアの各街を組織的にやるのよ。」そう言って彼女はソーサリア儀を宙に描いて見せ、主要な街に印をつけた。

ハイドロスは球体を吟味した。「助けてあげてもいいけど、欲しいものがあるの。」

「何がいるの?」

「ここの島が欲しいわ。何ていう島なの? ニューマジンシアですって? 他の街ほどヒューマンに荒らされていないように見える。私の寺院はここに建てるわ。」

ストラトスは頷いた。「私たちは構わないわ。」

パイロスは不機嫌になった。「ハイドロスが島をもらうなら、私もそうさせてもらう。」

「寺院を建てたいの?」ストラトスは聞いた。

「そうじゃない。私の当然の権利を要求するまでだ。あの女が手を出せないよう、破壊しておくことになるだろうがな。」

ハイドロスは軽蔑したように手をひらひらさせた。「好きにしなさいよ。」

「どの島がいいの?」風のエレメンタルは聞いた。

パイロスは宙に浮くソーサリア儀に向き直り、断層と地殻構造に沿って爪を走らせた。「この下に炎を感じる。ヴァーロリアン諸島 (*注1) は私の力が最高潮に達したとき、一撃で破壊されるだろう。」

ストラトスはハイドロスが頷くのを見た。「じゃあ決まりね。」

リソスは昼寝から目覚めたようだった。「俺のものになる山はいつ決めるんだい?」

*注1: 現ジェローム

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査レポート

2017年9月17日に行われた北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査のレポートです。

・・・・・・・・・・・

街の侵攻などパブ98イベントでお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます、的な愛の人の言葉からはじまり、

今回は方角指定のない いつもどおり2列の指示

20170918_13_2
20170918_13_3
先頭になった人はPTリーダーになるため、
なんとなく先頭のスペースが後ろのほうにズレているのはキノセイ。

小部屋が終わり、屋上までの休憩タイム

20170918_13_4
蕪をかぷかぷ食べる熊が居たり。

20170918_13_5
ただいま進行中のクエスト クラーケンの嘆きで引き上げる金の棒 The Staff Of Kalen's Apprenticeを、いとも簡単に2本引き上げた愛の人に@くれ とにじり寄る鳥が1羽。

ラッキーボーイじゃないというので

20170918_13_6
ラッキーおじさんと命名。

20170918_13_7
そして追い払われる。
20170918_13_1
いつものふたりの片割れ、暗黒の騎士が不在のため、

怪しい赤い壺をもつ壺教か、ラッキーおじさんか、どちらのPTを選ぶかは貴方次第。

4週連続 カメオが出たのだが、前日に熊さんが小部屋をやるついでに屋上まで突っ走り、カメオを出してしまったせいで運が逃げ 5週連続カメオとはなりませんでした(嘘、熊さんおめでとう!)。

その代わりが、うにょ2だったり、その他武器だったようで、しょぼい感じに。

20170918_13_9
継続は力なり。

本日もおつかれさまでした!

*おまけ*

このあと、街の侵攻に23時から参加しようと思っていたら、台風18号の影響で、嵐になり、デッキの犬が怖いよ、ウォンっ!と鳴き始めてしまった。
結局、そのまま、雨風しのげるデッキで朝まで犬小屋の横で寝ることに。

犬は幸せそうに(*゚∋゚)の脇で横倒しになってスヤスヤ寝ているが、
(*゚∋゚)は、犬小屋の真横の狭い 犬スペースデッキに、薄い座布団を敷いて丸くなって寝ていたので、朝には全身が痛いったら・・・。

今夜はブリタニアに行けるといいなぁ・・。

| | コメント (2)

2017年9月17日 (日)

ポストのお礼と謝罪

Bandicam_20170917_215709629
もしかして、間違って変成を修理のほうに入れてしまっていたかしら・・・?

ゴメンナサイ

そして、秘薬とポーチの中身、ありがたく頂戴いたします!
ありがとうございました!

| | コメント (2)

北斗プレイヤーイベント:第43回シャドウガード調査は2017年9月17日22:00~

本日です!

うおみん [Hokutoの住人集まれ~♪] コミュと同じ内容です。

主に、ソロ活動が多く、ひとりではシャドーガードに行くことができない人向けに企画されたものです。

普段、ひとりでは行けない場所になりますので、ぜひ、ご参加ください。

通称:愛の人主催のシャドウガード調査です。

日時:2017年9月17日(日)22:00~

場所:屋上現地集合


ただし、一定の条件があります。

参加条件:バー、果樹園をクリアしていること
(ネット検索で攻略等もありますので、頑張ってクリアしてきてくださいね)

*屋上のみ参加もOK

武具屋→噴水→鐘楼→屋上をパーティの皆で実施

職種は不問

*転送バッグを持参すると、保険代を稼ぐことができます。
*途中でパーティーを解散させるので、バッグ沸きや棺桶のもの等はすべて自分への報酬となります。分配はありません

| | コメント (0)

釣り三昧に終止符。

オベリスクを作るためのクエストアイテム

普通に釣り上げた箱に入っているだけと思っていたので、ちゅどーん!というエフェクトがあることを知らずにいた。

SSも撮らずに終わった。

Bandicam_20170917_002522186
The Staff Of Kalen's Apprentice

Bandicam_20170917_002536386
最初のSOS15本くらいは幸運気にしなかったけど、そのあとに幸運1500くらいでやったら3本目くらいで出た。

でも、そのあと10本くらいやっても出ないから、幸運は関係なかったのか・・・?

とりあえず、赤い人に借りていたコレをポストに投函し、肩の荷がおりた。

長い間お借りしていまして、ありがとねー!

自分の保管用も!って思ったけど、街の侵攻もあと1週間で終わってしまうので、そっちに参加することにしようか・・・。

あ・・・

この記事書いていて思い出した。

クエスト、再度受けていないとダメってどこかに書いてあったような気が・・・・

やっちまった・・・・。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (4)

北斗EMイベント:20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第三章「追跡」

20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第三章「追跡」

SSは北斗EMサイトのものを使用しています。

内容は以下↓詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第三章「追跡」
                 Posted on by Riccia

お魚さんは教えてくれる
色んなことを教えてくれる
晴れの日も、雨の日も、
いつも優しく教えてくれる
お魚さんがおならをすると
泡がぶくぶく浮いてくる

お魚さんは教えてくれる
色んなことを教えてくれる
お魚さんの歌が好き
海の中の生命の賛美歌
お魚さんがおしっこしても
きっと誰にもわからない

お魚さんは教えてくれる
色んなことを教えてくれる
どこにいるのかどこに行くのか
そんなのバレちゃうだけなのに
食べてもおいしいお友だち

– from “What the Fish Tell Me”, by Kilandra (Ultima VIII)

゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚

日時:
9月22日(金)
倭国シャード / 21:00~
無限シャード / 22:00~

2017年9月23日(土)
飛鳥シャード / 20:30~
桜シャード / 21:15~
北斗シャード / 22:00~

9月24日(日)
出雲シャード / 20:30~
大和シャード / 21:15~
瑞穂シャード / 22:00~

集合場所:
トリンシック簡易キャンプ
(六分儀座標:104o 24’S, 43o 56′ E)
※当日はニュジェルムEMホールより現地までゲートを設置します。無限シャードのみニューヘイブン前からとなります。

Duprecamp

◆ チャットチャンネル20th Live Eventにお入りください。
◆ 戦闘準備の上、お越しください。
◆ 予期せぬ出来事が発生するかも知れません!貴重品はなるべく持ち込まないよう、お願いします。
◆ イベント中はロールプレイキャラクターの周囲を開けておいていただけますよう、ご協力をお願い致します。
◆ 円滑なイベント進行のため、皆さまのご協力をお願い致します。

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

北斗プレイヤーイベント:第15回トリビア教室「ニジェルム迷所観光」は2017年9月18日22:00~

北斗ムーングロウ首長さん主催 第15回トリビア教室「ニジェルム迷所観光」のお知らせです。

今回は街が侵攻されているイベント開催中なので、集合場所が違うため、ご注意ください。

以下 うおみん Hokutoの住人集まれ~♪コミュより転載

日時等、字の加工あり

・・・・・・・・・・・

※今回は集合場所がいつもと違います。ご注意ください!

第15回トリビア教室は、風光明媚な街ニジェルムの少々マニアックな名所をゆるーく巡ってみようと思います。
宿屋の椅子のようなちょっとした話題から、ニジェルムパレスの池の秘密、ビーチ周辺のギミック解説、そしてあの伝説の「ニジェルム騎士団」の所にもお邪魔してみます。
ちょっとした謎解きゲームもございます。あなたはあの座れない椅子に見事座ることが出来るか!?
侵攻イベントの息抜きに是非どうぞ。

今回はニジェルム市内のガード圏内のみを巡ります。
危険なモンスはいないはずですが、念のため貴重品は銀行に預けておくことをオススメします。
また今回は(侵攻回避の意味もあり)ニジェルムに現地集合となります。ご注意ください。
転送クリスタルもしくはブリ1銀前のEMホール行き直通ゲートが便利です。

日時:
2017年9月18日(月)22時より1時間程度+α
Tニジェルム銀行前集合

連絡用チャット「trivia」にお入りください。
※月曜日開催です。お間違いのないように

| | コメント (0)

第8回北斗自由市in禅都は2017年9月16日22:00~(粉くじ未定)

今週の土曜日ですよ

普段は第2土曜日だけど、大規模イベントにより、今回は第3土曜日に変更となっています。

リアル都合にて、今回(*゚∋゚)の参加および粉くじの開催は未定です。

当日になってから粉くじの告知をするかもしれません。
そのときは、このブログ及びうおみん北斗住民コミュでの告知を予定しています。

・・・・・・・・

以下、うおみん Hokutoの住人集まれ~♪コミュより転載

日時等の字は加工しています。

・・・・・・・・・・・・・

北斗のフリーマーケットイベント「第8回北斗自由市in禅都」の開催をご案内いたします。

開催日時:
2017年9月16日(土) 22時~23時半

※今回は第3土曜日の開催です。お間違いのないようご注意ください。

場所:禅都銀行周辺
(※もし禅都が侵攻を受けた場合、会場をアンブラに変更します)

当日はニューヘイブンよりゲート輸送を行います(21:45~22:15)。
本イベントは旧北斗祭りの終了を受け、月に一度ぐらいみんなで集まれる場をつくろうという思いから生まれました。
首長や評議会とはまた違ったポジションから北斗を盛り上げていければと思います。
露店、酒場、ミニゲーム、ストリートパフォーマンスなどなど、もめ事が起こらない範囲で自由にお楽しみくださいませ。
運営スタッフは旧北斗祭りを踏襲したファイアカラーの衣装です。何かあればお気軽にお声掛けください。

[お知らせ]
・(重要)もし禅都が侵攻された場合、会場をアンブラに変更します。アンブラも危険な場合はさらに別の場所に変更します。今後のアナウンスにご注意ください。
・運営本部にて記念ワインを無料でお配りします。是非本部にお立ち寄りくださいませ。
・自由市チャットチャンネル「Jiyuu Ichi」を開設します。スタッフへのご連絡などにもご利用ください。

[出店について]
・出店は各自自由に行ってください。事前申し込み等は不要です。
・本部席にて、無料でテーブルや椅子の配布を行います。
・ステージはパフォーマンスやオークションなど、ご自由にお使いください。

[運営からのお願い]
・騎乗生物はラグの原因になりますので、できるだけ厩舎にお預けください。
・終了後は会場美化のため、清掃にご協力ください。
・荒らし行為を見かけたら運営スタッフに通報の上、お客様ご自身でのGMコールはお控えください。
・死にゲート対策のため、会場ルーンは一切撒きません。

[今後の予定]
基本的に毎月第2土曜日に開催いたします。
当面は禅都で開催になります。

| | コメント (0)

The Zealot/狂信者

UO公式 The Zealot

Facebook広田剣 狂信者

詳細はリンク先をご覧下さい

・・・・・・・・・・・・

The Zealot
      Posted on September 12, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

A few weeks ago…

“Grave robbing. Almost no skill to it.”

The thief muttered to himself as he carefully pushed aside the stone door. He waved his torch in front of him and tossed a few pebbles onto the stone floor. When nothing happened, he moved deeper into the tomb. When Sherry had challenged Ricardo to be the first Britannian thief to steal something from another world, he had expected exciting rooftop chases, clever disguises, and better locks. Then the mage Mythran had gotten him here with a single spell, and so far, there hadn’t been even one trap. Where was the challenge for Britannia’s greatest thief?

Moving down through the crypts, he saw the still forms of generations of warriors in rusting armor. They seemed peaceful, so he was respectfully quiet when sneaking forward to steal from them. Ricardo quickly found the fallen king’s treasure horde. It wasn’t the largest room of treasure he’d ever seen, but the thief had to admire the heaping pile of dark gems. A few made their way into a pocket. The room hummed with mystical power, and it seemed to direct the thief toward a pyramid-shaped artifact hidden in the back. The base was worn, as if it had broken off a larger structure. When Ricardo’s hand touched the relic, there came an inhuman screech from down a tunnel and then the sound of something terrible and angry coming toward him.

He was about to run when a sword caught his attention by shouting at him, “Hey, kid! Yes, you! Pick me up! Pick me up! Let me help! Unless you’d rather be cut down in your prime.”

Ricardo grabbed the sword just as a large skeleton dressed in an assortment of lavish robes and armor burst into the room. Without ceremony, the skeleton swung a giant scimitar at him again and again, trying to cleave him in two. The sword in his hand leapt back and forth to block the undead warrior’s strikes.

The feral skeleton paused for a moment to ask, “Who steals from Khumash-Gor?”

Ricardo without thinking replied, “Who is Khumash-Gor?”

The sword chuckled, “You shouldn’t have said that.”

“Khumash-Gor, the Sword of Odion! Khumash-Gor, mortal husband of the Goddess Amoras! Khumash-Gor, Uniter of the Zealans, he who was judged worthy by Apathas himself! Khumash-Gor, who stands before you!” The skeleton’s eyes glowed red with rage.

The sword twitched to parry the great black scimitar, “Well he’s certainly full of himself. Husband, really? We all know it was just a fling!”

The skeletal warrior gave a yell and slammed a boney shoulder into Ricardo, knocking him square across the room.

The sword continued to taunt Khumash-Gor, “And Uniter, really? Really? You just killed everyone who wouldn’t follow you.”

Ricardo held the sword desperately, as the undead king continued to slash at him. “I’m not really sure you’re helping.”

“Would you like to take over? Let me know if you feel capable of tirelessly parrying the supernatural blows of the undead wraith of a murderous raider king. I’ll take a break. Actually, I think that’s going to happen soon anyway.”

The great scimitar hit the black longsword a final time and shattered it like glass. There was a flash of light and the smell of brimstone. Standing beside Ricardo and Khumash-Gor was a grinning red fiend. The daemon stretched and swatted away a strike from the skeleton. “It’s good to be free after so long. I’m glad I was able to find someone willing to wield me so recklessly.”

Khumash-Gor turned his attention back to the thief, and Ricardo pathetically tried to parry with the broken hilt of the sword. “Are you going to return the favor?”

“What turnip patch were you born in? I’m a daemon. We don’t do favors. We make deals. I protected you as long as the sword I was bound to would allow. Blame the people who made a blackrock sword. Wonderful for binding daemons for millennia, but not a terribly practical martial tool.”

“You mentioned a deal?”

“You are about to be cleaved in half by an insane undead despot. I think you’re a bad investment. Nice knowing you, kid.” The daemon disappeared in a puff of smoke.

The broken sword hilt was knocked out of Ricardo’s hand, and he fell to the ground trying to dodge the supernaturally fast strikes. The skeleton held his scimitar within killing distance of Ricardo’s neck and held out a bony hand. Ricardo handed over the artifact he had traveled so far to recover. The glowing eyes looked at the relic before raising his blade to finish the thief.

There came a great wind through the passages of the tomb as if three voices were arguing. Khumash-Gor stopped mid-strike to listen. When the wind died down, the skeleton dropped the blackrock artifact in front of Ricardo and returned to his throne.

Around Khumash-Gor, ghosts and skeletons started to gather, at first a few, and then hundreds of warriors: an army. When it seemed no more would fit in the room, Khumash-Gor strode through them and lead them out of the tomb.

Ricardo recovered his senses and the obelisk top. “I wonder what that was all about.”

A strange woman appeared beside him, her gown shimmering. “My husband has your world to unite.”

・・・・・・・・・・・・・・・

狂信者
出典: UO公式
https://uo.com/…/…/fiction/the-shattered-obelisk/the-zealot/

By EM Malachi

数週間前……

“墓泥棒求む。経験不問。”

泥棒は石の扉を押しやりながら自分自身に何事か呟いた。たいまつを目の前にかざすと小石をいくつか石の床に転がした。何も起こらないことを確認すると、彼は墓の深部へと入って行った。リカルドはシェリーから異世界から何かを盗んだブリタニア初の泥棒になるよう促された時、屋根を伝っての逃走劇、巧妙な変装、そしてよく出来た錠前を予想していた。しかし実際はミスランが呪文を一つ詠唱するや否や彼はここに飛ばされ、そして現在までのところ、一つの罠すら見つかってはいないのだった。これがブリタニアの最も偉大な泥棒様への挑戦かい?

地下墓地の奥深くへ入って行くと、彼は年代ごとの錆びた甲冑に身を包んだ戦士たちが静かに佇んでいるのを見た。彼らの安らかな眠りを妨げないよう、こちらもまた静寂のうちに忍び寄って盗むのが礼儀というものだろう。リカルドは素早く、崩御した王の宝の在り処を発見した。そこは彼が今まで目にした宝の部屋の中で取り立てて大きな部屋というわけではなかったが、うず高く積まれた黒い宝石の山には目を奪われずにはいられなかった。そのうちのいくつかは彼のポケットに収まった。部屋はその背後に隠されたピラミッド形をしたアーティファクトの方向へと泥棒を導くかのように、神秘な力にざわめいていた。その土台は壊れてはいたが、もともとはもっと大きな物体を支えていたように見える。リカルドの手がその遺跡に触れると人のものではない金切り声が墓の深部から聞こえて来た。そして恐ろしげで怒りに満ちた何かが音を立てて彼に向かって来たのである。

走って逃げ出そうとしたその時だった。そこにあった剣が彼に向かって叫んだのが目に入った。「ヘーイ! 坊主! 俺を拾うんだ! 拾えったら! 助けてやるよ! バラバラにされちまうぞ!」

贅沢なローブと甲冑に身を包んだ巨大なスケルトンが部屋に飛び込んで来た瞬間、リカルドは剣を掴んだ。何の挨拶もなく、スケルトンは彼を真っ二つにしようと巨大なシミターを何度も振り下ろして来た。リカルドの手の中の剣はアンデッド戦士の攻撃をかわしては後ろに跳び退り、ある時は防御のため前に踊り出た。

凶悪なスケルトンはしばしの沈黙の後口を開いた。「クーマッシュ・ゴーから盗んだのは誰だ?」

リカルドはたいして考えもせずに答えた。「クーマッシュ・ゴーって誰だい?」

手の中の剣がクスクス笑った。「それ言っちゃダメだって。」

「クーマッシュ・ゴーはオディオンの剣、クーマッシュ・ゴーはアモラスの夫、クーマッシュ・ゴーはジーランの統治者、アパサスによって認められし者、クーマッシュ・ゴーは今お前の目の前にいる!」スケルトンの目が怒りに赤く燃えた。

大きな黒いシミターを避けようと、剣がぐいっと手前に引かれた。「おやまあ、ずいぶんと自惚れてるんだな。夫だって? マジ? あれは一夜のお遊びだってみんな知ってるぞ。」

スケルトンの戦士が叫び、骨ばった肩でリカルドを突き飛ばしたので彼は部屋を対角線上に飛ばされてしまった。

剣は続けざまにクーマッシュ・ゴーをあざけった。「それで何? 統治者ってマジ? マジで? 邪魔者を片っ端からぶっ殺しただけじゃないの?」

アンデッドの王が立て続けに斬り付けて来るので、リカルドは必死に剣を握り締めた。「君が本当に助けてくれているのかわかんなくなって来たよ。」

「代わりたいか? お前が侵略王の亡霊アンデッドの超人的な攻撃を、このままかわし続けられると思うならそうしろ。俺も休みたいしな。実際、もうそろそろだと思うぜ。」

手の中の黒いロングソードに巨大なシミターの最後の一撃が加わると、剣はガラスのように粉々になってしまった。閃光が走り、硫黄のにおいがした。リカルドとクーマッシュ・ゴーの傍らに立っていたのはにやりと笑う赤い悪魔だった。悪魔は伸びをするとスケルトンからの攻撃をぴしゃりと払いのけて言った。「長いこと待ったかいがあったぜ。俺様をこんなにめちゃくちゃに振り回そうってやつに出会えたのは嬉しい限りだ。」

クーマッシュ・ゴーは泥棒に再び注意を向け、リカルドは壊れてしまった剣の柄で涙ぐましい防御を試みた。「お礼をしてくれるんじゃないのかい?」

「このうすのろはどっから来た? 俺は悪魔だ。礼なんぞ知らん。これは取引だ。俺は剣に閉じ込められている間はお前を守ってやった。文句ならブラックロックの剣を作ったやつらに言え。千年の間悪魔を封印するにはいいだろうが、武器としては微妙だってな。」

「取引だって!?」

「お前はこのアンデッドの暴君に真っ二つにされるところだったんだぞ。助けたかいのないやつだな。あばよ、小僧。」煙が立つとデーモンは消えていた。

壊れた剣の柄がリカルドの手から叩き落され、リカルドは超人的に早い攻撃をかわそうと床を転がった。スケルトンがシミターをリカルドの喉元に突き付け、骨ばった手を差し出した。リカルドはここに来るまでにくすねたアーティファクトを差し出した。泥棒にとどめを刺そうとシミターを振りかぶる直前に、スケルトンの光る眼が宝に見入った。

その時、墓の通路を通じて大いなる風が言い争うような三つの声を運んで来た。クーマッシュ・ゴーはまさに振り下ろそうとした手を止めて聞き入った。風が止むとスケルトンはブラックロックのアーティファクトをリカルドの前に落として彼の玉座へと戻って行った。

クーマッシュ・ゴーの周囲にゴーストが、そしてスケルトンたちが集まり始めた。最初はほんの数体、やがて何百もの戦士らがまとまって軍となった。これ以上は部屋に収まらないだろうと思われた時、クーマッシュ・ゴーは群集の間を大股で横切り、そのまま彼らを率いて部屋から出て行った。

リカルドは彼の意識とオベリスクの先端を取り戻して言った。「一体何が起こったんだ。」

光るガウンを纏った見たことのない女が彼の横に現れて言った。「私の夫があなたの世界を支配するのよ。」

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

あの土台がほしい(石でできた貯蔵庫)。

コメント、およびメッセをいただいたので、試してみました。

Bandicam_20170912_235124504
増産可能でした(2017年9月12日時点)。

ただ、普通の箱と違って、中身全面にアイテムを置くことができず、左側?方面に重なっちゃうので、使いやすいか?と言われると、うーん・・・・。

でも、かっちょぇぇ!

何かを飾ったりする内装として使って、ついでに収納もできちゃうよ?っていう感じにはいいと思う。

情報をくださった方々、ありがとうございました!

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

なんか違うぞオベリスク。

親切な赤い人に釣りのクエストアイテムとデーモン像をお借りして、無事にオベリスクのクエストを完成させたのですけどね。

オベリスク、組み立てができないんですよ。

みなさんどうやって土台に乗せましたか

土台がセキュアになる入れ物だから、中にはいってしまうのですけども?

デコレーションツールで上げ下げとかですか?

Bandicam_20170911_210919029
先端を上に乗せるみたいですが、下に置いたままロックダウンしても、ちょこっと床からフワフワと浮いていて、この状態でも使用可能でした・・・。

本来、先端があるべきところに、鶏がにょきっと顔を出すことができます(笑)。

土台?

ほったらかしだけど、使えるようになって、ちゅどーんって光がでたから、いっか?

むしろ、この土台だけ、セキュアとしてほしくないですか?

かっちょえぇ色です。

| | コメント (4)

北斗プレイヤーイベント:第42回シャドウガード調査レポート

2017年9月10日(日)に行われた北斗プレイヤーイベント:第42回シャドウガード調査のレポートです。

20170910_1
動物+それをもふる人たちのPTが組まれた。
20170910_2
現在行われている侵攻イベントのクエストで必要なアイテム ‘Heart Of Earth’も小屋になってしまうという 動物目線なUOアイテム。

20170910_4
カメヲを狙いにいくのですが、代わりに亀田製菓の柿の種がAFででるっていうのはいかがですか?

20170910_5
ふつーのカメヲを目指そうって言ったら、

ふつーってなんだろう

ふつーじゃないカメヲってなんだろう

例えば、槍試合での脅威 なんとかの死体さん特攻カメヲとかでたらいいな!なんてことまででましたよ。

20170910_6
ま、何も出ませんでしたけどね。

Jumus_sacred_hide
茶色いバナナみたいな当たりAFを出した人がいたようです。

Jumu's Sacred Hide という、武器ダメつきのマントらしいです。
みたことないけど。

20170910_8
侵攻イベントの最中にも関わらず、たくさんの方々のご参加、ありがとうございました!

愛の人には、うねうねがでたそうですよ。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

北斗プレイヤーイベント:第42回シャドウガード調査は2017年9月10日(日)22:00~

うおみん [Hokutoの住人集まれ~♪] コミュと同じ内容です。

主に、ソロ活動が多く、ひとりではシャドーガードに行くことができない人向けに企画されたものです。

普段、ひとりでは行けない場所になりますので、ぜひ、ご参加ください。

通称:愛の人主催のシャドウガード調査です。

日時:2017年9月10日(日)22:00~

場所:屋上現地集合


ただし、一定の条件があります。

参加条件:バー、果樹園をクリアしていること
(ネット検索で攻略等もありますので、頑張ってクリアしてきてくださいね)

*屋上のみ参加もOK

武具屋→噴水→鐘楼→屋上をパーティの皆で実施

職種は不問

*転送バッグを持参すると、保険代を稼ぐことができます。
*途中でパーティーを解散させるので、バッグ沸きや棺桶のもの等はすべて自分への報酬となります。分配はありません

| | コメント (0)

ポストのお礼

Bandicam_20170910_013249210
腐ってなくなってしまったものと同じものが!

店のほうはイベント終了後に改装する予定なので、しばらくはこのままですが、母屋のほうでつかわせていただこうと思います。

ありがとうございます!


| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

【日本全鯖】侵攻がはじまったようです!

まだ現地をみていないのですが、侵攻がはじまったらしく、北斗でも深夜にミノックの侵攻が確認されたようです。

ここからは、クエストを受けていなくても大丈夫なので

他の人の家に設置されたオベリスクを使わせていただいて

武器を手に持ち、オベリスクをダブルクリック。

するとペイガンタイタン特効が。
スペルブックにも可。

ただ、1キャラごと(2017年9月9日追記)1日1回、1時間だけ使用可のようなので、ボスのときだけ使う・・なのかしら?

街を守る以前の侵攻イベントと同じように、あちこちの街に沸くらしい。

あとはどこの街を守るのかは、シェリーやフクロウ、タウンクライヤーなどの情報を聞きつつ、出撃する感じでしょうか?

夜に参加できるといいなぁ・・・・

では、今日も1日お仕事頑張りましょう・・・。

| | コメント (2)

Daemon’s Crag/デーモンクラグ

UO公式 Daemon’s Crag

Facebook広田剣 デーモンクラグ

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

Daemon’s Crag
       Posted on September 7, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

The harsh winds attempted to push the king into the endless void. Blackthorn braced himself against the wind and summoned a field of energy to direct the unnatural gusts away from himself. He stood at the edge of a flat stone ruin with paths branching out in four directions. At the center of the plane, in the circle of glowing runes, were a few broken pieces of blackrock.

The winds ceased pummeling the field, and the air in front of him condensed into a feminine form. The being spoke with a voice like a silver bell, “You are everything we hoped you would be. We do not need to be adversaries.”

King Blackthorn focused mana into an attack spell before responding to the being that had just tried to kill him. “You really don’t understand who we Britannians are. We do not yield to threats.”

Stratos laughed. Her voice rang out, “I was testing you, just as some of our worshippers have been testing your people. If you consider this a threat, perhaps we overestimated you.”

Blackthorn replied, “We have dealt with would-be conquerors before.” He channeled raw power into a blast to dissipate the aerial being.

The Titan of Air reappeared an instant later, unharmed. She gave a cruel smile and said, “You have never faced anything like us, little human king.”

Blackthorn expected the air creature to attack him directly as she had before. Instead, he felt a tightness in his lungs, as the very air he was breathing thinned. He fought to control the primal panic and focused on the flow of mana around him, seeing the delicate weave of elemental magic. He made the motions of a powerful frost spell. As his motions whipped the spell around him, he cut the elemental tendrils choking him.

The air around him calmed. He watched the Titan of Air fade away, a mocking grin on her face. “I did offer you an alternative.”

Blackthorn had barely caught his breath when he felt a wave of heat coming from one of the stone paths. The temperature rose as the creature came into view. It held the shape of a daemon, but its flesh moved and rippled like living flame. Even from a hundred yards away, the king felt discomfort from the radiating heat. He expected it to move slowly, but it quickly closed the distance. He was still casting a spell to protect himself when the great fiery form smashed into him.

The burning claws of Pyros caused Blackthorn’s wards to sputter and spark. Believing this was his best opportunity, the king grabbed the dark shard from his belt. He plunged the blackrock spike into the creature’s chest and began chanting words of binding.

Pyros tore the blackrock shard from the king’s hands and tossed it out into the void. The terrible face snarled at him, “Better sorcerers than you have tried to bind me.” There was a crackle as the last of his wards died. Blackthorn felt the flames and the force of the Titan’s claws tearing at him. In desperation, he fumbled for the rune in his cloak. He had just cast the Recall spell onto the rune when the heat caused the marked stone to shatter.

*****

Those waiting to do business at the West Britain bank heard a boom like thunder above them. Looking into the sky, they saw a man falling, desperately trying to cast a spell to save himself. Even though he managed to slow his fall, his body hit the ground hard enough to spook the horses tied around the bank. Those who rushed forward to help recognized the burned and broken form of their king

・・・・・・・・・・・・・・

デーモンクラグ
出典: UO公式
https://uo.com/…/fiction/the-shattered-obelisk/daemons-crag/

By EM Malachi

激しい風が王をボイドの虚空間へと押しやろうとしていた。ブラックソーンは身を固くして風に立ちはだかり、エナジーフィールドを召還してこの異様な風を遮ろうとした。平らな石の遺跡らしきものからは道が四方に伸びていて、彼はその先端に立っているのだった。光るルーンが輪を連ねたその中心にあるのは、数個の砕けたブラックロックであった。

風は大地を打つのを止め、濃縮された空気は女の形をして彼の前に姿を現した。それは銀の鈴のような声で語り掛けて来た。「あなたは私たちが見込んだすべてを満たす方。どうして争う必要がありましょう。」

ブラックソーン王はたった今自分を闇に葬り去ろうとした存在に答える前に、マナを攻撃魔法に蓄積した。「お前はブリタニアの民が何者であるかを知らない。我々は脅威に屈しない。」

ストラトスは笑った。彼女の声が空間に響き渡った。「私はあなたを試したのよ。私たちの崇拝者があなたの民を試したように。これを脅威だと思うなら、私たちはあなたを買いかぶっていたようね。」

ブラックソーンは答えて言った。「我々は以前にも自称支配者に対峙したことがある。」王は空気のような存在を消滅させようと、爆発へと素のエネルギーを集中させた。

風のタイタンは姿を消し、瞬時に無傷のまま再び現れた。彼女は残酷な微笑みを浮かべて言った。「私たちのような者に出会ったことはないはずよ。小さきヒューマンの王め。」

ブラックソーンは空気のような生き物が、再び彼を直接攻撃するだろうと予測した。しかし、その代わりに彼が感じたのは肺の息苦しさであり、今まさに彼が呼吸している空気が薄まっているのだった。パニックを起こさないよう己を律しながら、王は周辺のマナの流れに意識を集中させ、周辺に紡がれたエレメンタル・マジックを発見した。モーションとともに強力なフロストの呪文を発動し、ブラックソーンは彼に巻き付いている紐を引きちぎった。

彼の周りの空気が静まり返った。あざけるような笑みを残して風のタイタンが消えるのを彼は見た。「私はチャンスをあげたわよ。」

ブラックソーンがかろうじて呼吸を整えた時だった。石の分岐の一つから熱風が迫って来るのを彼は感じた。化け物が姿を現し、周辺の温度が上昇した。それは悪魔の姿をしていながら、その体は燃える炎のように休むことなく波打っているのだった。百ヤード離れた場所からでさえ、王はそれが発する熱に不快感を覚えた。それはゆっくり接近しているように見えたが、予想に反してすぐに距離を縮めて来た。巨大な火の形をしたものが襲い掛かって来た時、彼はまさに結界の魔法を詠唱していた。

パイロスの燃え盛る鉤爪が結界に突き刺さると、それはパチパチと音を立てて火花を散らした。一瞬の隙を逃さず王は黒い破片をベルトから抜き取った。ブラックロックで出来た杭をパイロスの胸に突き立てると、封印の呪文を唱え始めた。

パイロスは王の手からブラックロックの破片をもぎ取ると、ボイド空間に廃棄した。恐ろしい形相で彼は王に怒鳴った。「お前よりも優れた魔法使いたちが、何度私を封印しようとしたことか!」ブラックソーンの結界が完全にひび割れ、消滅した。ブラックソーンは炎の熱とタイタンの鉤爪が彼を引き裂くのを感じた。死にもの狂いで、彼はクロークの中のルーンを探った。彼がリコールの呪文を詠唱するのと、マークされたルーンが熱のために粉々になったのは同時だった。

*****

ブリテイン第一銀行に取引のため集まっていた人々は、頭上で雷のような音が鳴るのを聞いた。空を見上げると、必死に呪文を詠唱しながら落ちてくる人の姿が見えた。落下速度はどうにか減速できたものの、銀行の周辺に繋がれていた馬をいななかせる程度には強く、彼は体を地面に打ち付けた。助けようと駆け寄った人々は、焼け焦げ、損傷したそれが彼らの王の姿をしてることに気づいた。

| | コメント (0)

ギルド私信。

海沿いに住む人よ

ポストの設定を確認するべし

もし、意図する設定なのであれば問題なし

そうでないなら危険な状態

以上、茶色い獣からの伝言でした。

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

【重要】下のほうの赤字を読んでね!20th Anniversary Event Arc/失われたオベリスク(2017年9月7日更新)

UO公式 20th Anniversary Event Arc

Facebook広田剣 失われたオベリスク
(このページはFacebook埋め込みができないページでした)

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・

20th Anniversary Event Arc

To celebrate Ultima Online’s 20th Anniversary we are pleased to announce our next content arc, The Shattered Obelisk.

The Shattered Obelisk includes activities for group and solo play, challenging quests and puzzles, new areas of the world to explore and a continuation of the saga that is Ultima Online.  Along with the in game features and fiction that are part of Publish 98, we have exciting new fiction that will be posted on UO.com as well as support events held by our Event Moderators.

The Shattered Obelisk will begin on August 16th, 2017 at approximately 11:00am ET.  A new post will be put on the front page of UO.com when a new part becomes active on all shards.  The Shattered Obelisk exists in 5 parts, with each previous part able to be completed when a new part becomes active until Part V becomes active.

Part I – The Not-So-Ordinary World – Now Active

It is just another day in Britannia, or is it?  In an effort to stimulate trade and bolster city treasuries his Royal Highness has announced a reduction in tariffs, giving a large bonus to all city trade deliveries.  With an increase in trade traffic, royal trade carts are finding themselves ambushed on Britannia’s roads.  Who are these unknown attackers and what is their intent?  Are they merely highway men looking to score some easy coin or are there more sinister forces at work…

The Oracle and the Bard

Enlightment

Hickory Dickory Dock

Part II – Exotic Treasures – Now Active

The treasuries of Britannia’s cities overflow with coin as brave citizens take to protecting the commerce of the realm, hoping to recover otherwise useless trinkets of unknown highwaymen.  Clues from those trinkets have raised more questions then they have answered.  As the questions continue to mount, exotic treasures are found buried deep in the otherwise quiet Britannian countryside…to what end are these treasures important and what role do they play – only time will tell…

Talking Through Wisps

Part III – An Ethereal Journey – Now Active

Skara Brae reels from the devastation of a recent earthquake, Britain’s farms are engulfed in an inferno, and Vesper is drowned in catastrophic floods – despite these events, the whole of Britannia seems mostly unfazed.  Perhaps a testament to the resolve of the Britannian people, or are there riches drawing the attention of would be treasure seekers – to what end are these events connected? Will it be too late before that question is answered…

The House Between There and Here

Part IV – The Evil From Afar – Now Active on Origin

As the full picture of recent events in Britannia come into focus it all begins to make sense.  Cultists influenced by zealots from the far away world known as Pagan have used ancient magics to open a gateway to this dead and vile world.  Using that gateway the armies of the Elemental Titans have leeched into Britannia, bringing with them catastrophe and chaos.  At the behest of Sherry the Mouse and with the aide of Mythran, Britannia stands a chance to fend off this coming disaster – but to the victors go the spoils, can Britannia and her people’s emerge victorious?

Special note: Part IV includes invasions throughout Britannia.   While creatures killed have a chance to drop special equipment, in order to be eligible for non-equipment & decorative rewards in Part V a character must battle the elemental titans of Part IV.  Eligibility is determined by damage taken, damage dealt, and damage healed from elemental titans.

Part V – September 28, 2017

This page will be updated with more information as we progress through each part – so be sure to check back often for updates!

・・・・・・・・・・・・・・

失われたオベリスク
       広田 剣·2017年8月17日

ウルティマ オンラインの20周年を記念して、最新のライブイベントが導入されます。「失われたオベリスク」です。
「失われたオベリスク」はクエストへの挑戦やパズル、新エリアの探索、ウルティマ オンラインならではの年代記の継承など、グループ、そしてソロプレイコンテンツが用意されています。これらのゲーム内仕様とともに、新しいフィクション、そしてイベントモデレーターによるサポートイベントも実施されます。
■パート I - 非日常 (開始されました!) (2017年8月17日更新)

これは、ごくありふれたブリタニアの日常の一場面ではないのでしょうか? トレードオーダーの活性化と街の財源の改善に着手した王は税率の引き下げを宣言し、トレードオーダーに大幅なボーナスを与えました。トレードオーダーの活性化により、王室の貨物もまた、ブリタニアの街道で襲われることになるのです。何者の仕業なのか? 単なる追いはぎなのか、それとももっと邪悪な者の存在が背後にあるのでしょうか……。
・予言者と吟遊詩人 http://bit.ly/2vJI3h2
・啓発 http://bit.ly/2w2Ue8P
・ヒッコリー ディッコリー ドック http://bit.ly/2ijpjzm
■パート II - エキゾチック・トレジャー
                
(開始されました!)(2017年8月24日更新)

ブリタニアの国庫は謎の山賊から商業を守り、回復を願う勇敢な市民の働きでかつてないほど潤っています! 一方、山賊の所持品は彼らの素性についてますます謎を深めました。そんなさ中、異国のものと思しき財宝が静かなブリタニアの片田舎の地中深くあるのを発見されます。これらの財宝はどれほど重要なものなのでしょうか。そして、誰が何のために隠したのでしょうか。- 謎を解決するのは時間だけなのでしょうか……。
・ウィスプの伝言 http://bit.ly/2ipIMP7
■パートIII - エセリアル・ジャーニー
                       (開始されました!)(2017年9月7日更新)
スカラブレイは最近発生した地震の影響で地滑りを起こし、ブリテインの農場は火の海に飲まれ、べスパーは壊滅的な水害に見舞われました。これらの出来事がブリタニア全体に及ぼす影響は、しかしながらそれほど大きいようには見えません。おそらくはブリタニアの人々の性であり、あるいはもっと興味を惹かれる富がそこにあるのでしょう。これらの出来事は繋がっているのでしょうか?手遅れにならないうちに答えが得られれば良いのですが……。 
・そことここの間に http://bit.ly/2wi5gX4
・ラーカー http://bit.ly/2vxPHf8
パートIV - 彼方からの悪
(開始されました!)(2017年9月8日更新)

ブリタニアで起こった様々な出来事が徐々に繋がり始めました。はるか彼方の世界から現れたペイガンと呼ばれる熱狂的な信者らに影響を受けたカルトは古の魔法を使い、この生命の潰えた邪悪な世界へとゲートを開いたのです。このゲートを通じて四元素のタイタンらはブリタニアに降り立ち、災害と混沌とをもたらしました。シェリーの要望とミスランの支援を受けて、ブリタニアは迫り来る災厄に立ち向かいます。戦利品に慢心することなく、ブリタニアは真の勝利を掴むことができるのでしょうか?
※ 必ずお読みください
パートIVはブリタニア全土への侵攻を含み、侵略者を倒すことで特別な装備品が得られますが、パートVで得られる非装備品と装飾品の報酬を獲得するためにはパートIVでタイタンと戦闘しておくことが必要です。報酬の獲得資格はそのキャラクターのタイタンに対する被ダメージ、与ダメージ、そして回復したダメージに応じて決められます。
・デーモンクラグ http://bit.ly/2f7ftwq
・家族会議 http://bit.ly/2f5LVPv
・・失われたオベリスクの戦い http://bit.ly/2fxlk1O
■  パートV - (開始されました!)
血と汗とがブリタニアの街を染め上げました。ブリタニアは再び共通の敵に向かって手を携え、ブリタニアをあらゆる災厄から救ったのです。タイタン退却のニュースがブリタニアを駆け巡り、祝賀ムードが広がります。失われたオベリスクの戦いに貢献した人々を称えるため、ブラックソーン国王陛下はブリテインで大規模なパレードを催します。人々はThe Right Fit付近より開始され、川沿いの道をブラックソーン城のたもとまで続くパレードとともに練り歩くと良いでしょう。祝いましょう、勝利はふたたび私たちのものになったのです!
・ 秘められし谷 http://bit.ly/2fBNfNW
◆ イベントモデレーターのイベント予定はこちらから https://uo.com/events/
◆ 以降のスケジュール
パート IV – 9月7日(木)
パート V – 9月28日(木)
各パートが導入される毎にこちらのページで情報を更新致します。どうぞお楽しみに!

| | コメント (0)

失われたオベリスククエストについてこのブログの方針

今回進行中の 失われたオベリスククエストですが、

まず、自分がついていけていないというのがひとつ

他のサイトさまにたくさん進め方や攻略が載っている ということもあり、

今回、このブログではこのクエスト攻略については書かない方向で検討しています。

ただし、もしも、期間中に自分がオベリスクを完成させることができ、余裕があったら、
今が旬!という時期をすぎて、こんなことがあったよね、というUOのイベント歴史として残していけたらいいな、とは思っています。

今それをやってしまうと自分のクエストが終わらないような気がするので、ちょっと手をつけないでおこうと思っています。

もっとはやい段階で着手できていたら書けたのかもしれませんが、今回は、記事を書くよりも自分のクエスト達成を優先したいと思います。

万が一、まとめを期待していた方がいらっしゃったとしたら、

ゴメンナサイ!(いないか・・?)

| | コメント (2)

BNN Wednesday – 胸騒ぎ

北斗EMサイト BNN Wednesday – 胸騒ぎ

詳細はリンク先をご覧ください。
SSは北斗EMサイトのものを使用しています。

・・・・・・

皆さんこんにちは。BNNのレディ・マキアベッリです。

Ladymachiavelli_3

陛下のオーフラーのお世話を仰せつかったガードはあれからどうしているのでしょうか。
早速、様子を見に行ってみることにしましょう。

Thorn
2017y09m04d_220733732
2017y09m04d_220805544
Guard_large_4                                   Gさん(仮名)
                                 既婚、38才、血液型O型

Machiavelli
あらためましてマキアベッリです。えっと、何を隠していらっしゃるのですか?

Cloak_4_2

Guard
……何も隠してなどいない。

Machiavelli_2
クロークをかぶせてしまったらお花に陽が当たりませんよ?

2017y09m04d_220928196_2

Guard_2
いやいや、待ってくれ! そんなはずはないのだ。昨日まできれいに咲いていたんだ。何者かの悪質な悪戯に違いない。

Machiavelli_8
いやしくも陛下から預かったお花を枯らすなどあるまじき失態。この後始末をどうつけるおつもりです?


Guard_7
私は逃げも隠れもしない。陛下にありのままを申し上げるつもりだ。



Machiavelli_4
それはまたとない特ダネ。ご一緒しても?


Guard_5それが、陛下は昨日からずっとご不在とのことなのだ。供の者もつけず、お一人でどこかへお出掛けになられたご様子。


Machiavelli_5
なんとまあ。


Guard_6かよわき花に違わず陛下にも弱点はおありになる。それは、自己過信であるとジョフリー隊長が以前、おっしゃっておられた。ご無事なら良いのだが。


Machiavelli_6
(え……頭皮じゃないの?)

Thorn_2

というわけで、陛下と陛下のオーフラーはどうなってしまうのでしょうか。BNNでは引き続き、陛下と陛下のオーフラーに悪さをした不届き者の行方を追って行きたいと思います。

以上、レディ・マキアベッリが現場よりお伝えしました。

| | コメント (0)

【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ

北斗EMサイト 【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・

【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ
                         Posted on by Riccia

平素はEMプログラムへのご理解とご協力ありがとうございます。
10月のイベントスケジュールをお知らせします。

10月7日(土)
・22:00~ 大和シャード / ブリタニア十五夜

10月8日(日)
・22:00~ 北斗シャード / ミニイベント

10月14日(土)
・22:00~ 瑞穂シャード / ミニイベント

10月15日(日)
・22:00~ 桜シャード / ミニイベント

10月20日(金)
・22:00~ 瑞穂シャード / イベント

10月21日(土)
・22:00~ 大和シャード / 王のご視察 ~ユー

10月22日(日)
・22:00~ 北斗シャード / イベント

10月28日(土)
・22:00~ 桜シャード / イベント

10月29日(日)
・22:00~ 瑞穂シャード / 評議会

※ 大和・桜・北斗シャードの10月の評議会の開催は未定です。

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

The Mountain King/山の王

UO公式 The Mountain King

Facebook広田剣 山の王

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Mountain King
        Posted on September 5, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

The dead whispered, and Shamino listened. The murmurs belonged to those Shamino Salle’ Dacil had known over the long years ? family, friends, soldiers he had sent into battle, and his beloved Beatrix. With the grief renewed after the centuries, he had spent a time wandering the wilds. Then he had returned to Skara Brae to find a way to serve, to bury his pain in work. Now he was standing vigil on Iver’s Rounding to watch over the Well of Souls.

While mages would have explained the Well of Souls with talk of leylines and arcane geometry, the rangers had a simpler explanation: some places are crossroads between here and there, between life and death. These are hallowed places to find solace and peace and to lay to rest wandering spirits, but they are also targets for necromancers and daemons. Protecting this particular crossroad had fallen to the rangers of Skara Brae.

It was sudden when the voices went quiet. The wind through the trees stopped. At the Well, the boundary between life and death weakened, and the color seemed to drain from everything close to it. Shamino frowned and moved closer to look inside. He placed his hand carefully against the veil as he had been taught and felt part of himself step across.

The other side looked like a simple stone catacomb. There was light from strange necromantic runes, and the air was still and stale. The ranger moved forward, walking for what seemed like hours. Eventually, the catacombs gave way to a natural cave. At his feet, the earth itself formed into a face and spoke, “Who are you, little being, to stand in my way?”

“I am Shamino Salle’ Dacil. And who might you be?

“I am Lithos. I am the Mountain King. I am the Heart of Earth. I claim this place.”

Shamino asked, “What is the basis for your claim?”

“By right of power. I claim all those who return to the ground, and they serve me forever. As shall you.”
Shamino noticed then that skeletons were rising from the earth around him, their bones etched with evil looking runes and writings. The ancient necromancers reached out glowing hands to grasp at Shamino. He quickly moved between them, dodging their lethal spells. He turned and fled back to the place where he had entered the shadow realm.

Stepping back across the veil, Shamino found himself again on Iver’s Rounding. The ghost of an old ranger he had befriended decades before mouthed the word, “Run!” just as the Well of Souls exploded. Specters and ghosts he did not recognize spilled forth from the rift between life and death, covering the island and crossing the channel to Skara Brae.

The dead had begun their siege of the city of Spirituality.

・・・・・・・・・・・・・・・

山の王
出典: UO公式
https://uo.com/…/f…/the-shattered-obelisk/the-mountain-king/

By EM Malachi

死者が囁き、シャミノは聞いていた。ざわめきはシャミノが長年にわたって知る者たち – 家族、友人、彼が戦地へと送り込んだ戦士、そして愛するビュートリクスのものだった。何百年経とうとも蘇る後悔の念に苛まれながら、彼は森の中を彷徨う日々を送った。そして罪をあがない、彼自身の痛みを和らげる方法を見つけ出そうと、スカラブレイまで戻って来たのだ。彼は今、アイヴァーランディング島の魂の井戸の寝ずの番をしていた。

メイジであれば魂の井戸について線と数式によって証明したであろうが、レンジャーたちはもっと単純な定義を持っていた。とある場所ではそことこことが交わるのだ。生と死の間で。その場所は彷徨える魂が慰めと平安を得て眠りにつくための神聖な場所であると同時に、ネクロマンサーとデーモンらの標的となる場所でもあった。このような場所の一つである魂の井戸を守ることが、スカラブレイのレンジャーたちに課せられた責務だったのである。

ざわめきは突然静かになった。木々を渡る風はやんだ。井戸では生と死との境界線があいまいになり、その周辺から色がどんどん抜けて行くようだった。シャミノは眉をひそめ、中を覗き込むために近づいた。教えられた通りに注意深く井戸の膜に手を置くと、彼は自分の一部が境界を超えるのを感じた。

反対側の世界は簡素な石造りの地下墓地だった。奇妙なネクロマンシーのものと思しきルーン文字から光がもれ、空気はしんとして動かなかった。シャミノは前へ踏み出し、そして一時間ほど歩いただろうか。地下墓地は自然の洞窟へと変化した。彼の足もとで大地そのものが顔となり、語り掛けて来た。「お前は誰だ?行く手を遮る小さき者よ。」

「私はシャミノ・サールダシルです。あなたはどなたですか?」

「私はリソス。山の王だ。大地の心臓であり、この場所は私のものだ。」

シャミノは問うた。「あなたのものである根拠は?」

「力の権利によって。私は土に還るすべての者たちを受け入れ、彼らは私に永遠に仕えるのだ。そしてお前も。」

シャミノはスケルトンたちが地面から現れて彼を取り囲んでいることに気付いた。彼らの骨には邪悪なルーンと呪詛が刻み込まれていた。古代のネクロマンサーたちが光る手を伸ばしてシャミノを掴み取ろうと迫って来た。シャミノは彼らの破壊的な呪文を避けながら、素早く彼らの間をすり抜けた。そして身を翻すと影の世界へと入り込んだ元の場所へと逃れた。

膜を通り抜けたシャミノは彼自身が再びアイヴァーランディング島に佇んでいるのに気付いた。 何十年も前に親交を温めた年老いたレンジャーの亡霊が言葉を発した。「走れ!」その瞬間魂の井戸は爆発した。信じ難い数の亡霊たちが、生と死の狭間のリフトから溢れ出て島を覆いつくし、スカラブレイへ向かって海峡を渡り始めた。

死霊は霊性の街へと侵攻を開始したのである。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

北斗プレイヤーイベント:北斗エクストリーム槍試合テストプレイは2017年9月9日22:00~

トリンシック公安さん主催の槍試合
アリーナを使った新バージョンのテストプレイの告知です。

うおみん [Hokutoの住人集まれ~♪] コミュより抜粋

日時等、一部 字の加工あり

・・・・・・・・・・・・

アリーナを使った新バージョンの槍試合を現在企画中です。
それに伴い、テストプレイをヘイブンアリーナにて行います。
多数の騎士のご協力を必要としています。腕に自信がある騎士の方は是非ご参加ください!
見学の方も大歓迎です。

日時は以下の通りです。

日時>
2017年9月9日(土)22時開始
北斗ヘイブンアリーナ集合

連絡用チャット「Ex Jousting」にお入りください。

また、いつもの槍試合大会とルールが多少変わります。
主な変更点は次の通りです。

・槍試合ギルド非参加キャラでも参加OK
・ガーゴイルキャラ参加OK(エセリアル騎乗生物は不可)
・2回ディスマウントされるか、死亡させられた時点で敗北(※今回は死亡は即敗北扱い)
・試合は制限時間あり。時間切れになった場合はポイントの多い方が勝利、同点だったらサドンデス。
・(9/3追記)ディスマウントの効果解除後は速やかに騎乗・離陸すること(落馬から15秒以内に騎乗しないとペナルティを科される可能性があります。ちなみにディスマウントの騎乗不能効果は10秒)
・(9/3追記)騎乗生物が死んだ場合は試合を一時中断し、蘇生後に再開

また、禁止行為は以下の通りです。
禁止行為を行った場合はペナルティとして1ポイントが相手に入ります。
・会場内にいる審判(Sakuya Tsukiyono)への攻撃
・相手の騎乗生物への攻撃及び殺害
・落馬中の相手への攻撃
・落馬した相手が再騎乗(あるいは離陸)してから1秒以内に攻撃を加える「起き攻め」を行うこと
・ランス以外の攻撃手段の使用(魔法、アイテム、ペット等全て。ただしランス自体の追加効果及び防具のダメージ反射はOK)
・(9/3追記):ディスマウントの効果解除後長時間騎乗しないなど、悪質な時間稼ぎ行為

テストプレイにつき、現場で状況に応じてルール調整が入る可能性があります。
ご了承ください。

今回は大会ではなくあくまでテストプレイという体裁で行います。
進行は本番の大会に準じてトーナメント形式ですが、表彰は行いません。
その代わり、ご協力頂いた選手に多少ですが謝礼を進呈いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

北斗プレイヤーイベント:第41回シャドウガード調査レポート

2017年9月3日(日)に行われた 北斗プレイヤーイベント:第41回シャドウガード調査のレポートです。

20170903_3
珍しく初参加の方(うちの出現率がレアなギルメン)がいるので段取りから説明になりました。

20170903_2
今回、並ぶ方角まできちんと指定があったので、迷走することなく並ぶはずの参加者たち・・・・。

まぁ、お約束ですよね

愛に満ちたこの行動。

20170903_4
まるで善と悪のような配列

壺教は今日も完璧

ヤバイ壺を撫でくりまわして屋上へ挑む

Bandicam_20170904_193221536
今回、カメヲが2個ほど出たようですよ。

カメヲの波がやってきているかもしれないよ!

20170903_5
解散後のお知らせ2つほど

あるもののつかみ取り&花火大会と

20170903_1
今週土曜日がガーゴイルも参加できるようになった槍試合のテスト版あり

北斗イベント盛りだくさん!

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第二章「挑戦」 レポート

2017年9月2日に行われた 
20周年記念ライブイベント“失われたオベリスク”第二章「挑戦」
北斗のレポートです。

*すべてのレポートにおいて、地形や障害物・状況等により、ログはすべてではありません。
*コネロスしたため、ログに欠けがあります。
*会話の流れによって、ログが前後している箇所があります。
*ストーリー展開を楽しむ程度のレポートとしてお読みいただければ幸いです。
*完璧なイベントログをお求めの方は、ほかのサイトさまをご覧ください。

*呪文詠唱は一部省略しました。
*プレイヤー名はすべて“冒険者”とひとくくりにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・

20170902_3

Ss17090222005101_2
↑このSSだけ50%サムネ(クリックで大きくなります)

冒険者: シェリーこんばんはー
冒険者: *がぶ*
冒険者: こんばらまぁ^^
冒険者: シェリー!
冒険者: こんばんはー

Sherry the mouse: こんばんは!

冒険者: シェリーさんこんばんは
冒険者: ちっちゃ!
冒険者: こんばクマー
冒険者: ばんわ~
冒険者: konnbannha

Sherry the mouse: みんな! よく来てくれたわね!

冒険者: こんばんはー
冒険者: こんんばんは
冒険者: シェリー、この間は大丈夫だったクマか
冒険者: konbannwa
冒険者: こんばんはこんばんは
冒険者: ねずみがふえた・・・

Sherry the mouse: 大丈夫よ

冒険者: シェリーの呼びかけならいつだってさ!
冒険者: よかた

Sherry the mouse: ありがとう!
Sherry the mouse: 頼もしいわ!
Sherry the mouse: ええと
Sherry the mouse: この中で早速エセリアルボイドのミスランに会ってくださった方はいらっしゃるかしら?

冒険者: 食い物だ

Sherry the mouse: いるかしら?

冒険者: 会えたよ
冒険者: あ~い
冒険者: ・・・
冒険者: 会ったお^^

Sherry the mouse: まあ、ありがとう!
Sherry the mouse: オベリスクは順調に集まっているかしら?

冒険者: オベリスクのよーなものもらったー
冒険者: ない・・・
冒険者: まったくやってないぞ
冒険者: 組み立て方難し~

20170902_2

Sherry the mouse: オベリスクはもともとはタイタンをブリタニアに侵入させるために
Sherry the mouse: カルトによって持ち込まれたものだけれど、

冒険者: 後でまとめてやるタイプなんだ

Sherry the mouse: ブリタニアに自然災害をもたらし、
Sherry the mouse: 征服をもくろむタイタンを封じ込めることができるのもまたオベリスクしかないの。
Sherry the mouse: 4つのオベリスクを集めるのは皆さんにかかっているの。どうかお願いね!

marimo: 代わりに仕事やってくれるなら
冒険者: 四つ!!!
冒険者: はい!

Sherry the mouse: それでね。よく聞いてほしいの!

冒険者: はーい
冒険者: がんばってみるー
冒険者: クマー

Sherry the mouse: あなたたちが集めているオベリスクだけれど、実はもう一つ、先端部分が存在しているの。
Sherry the mouse: そう、5つ目のオベリスクよ。
Sherry the mouse: 5つ集めて初めてオベリスクは完成するの。

冒険者: 先っちょ!
冒険者: へー
冒険者: 週刊オベリスク(ディアゴスティーニ)
冒険者: 5個も・・・
冒険者: ひぃ

Sherry the mouse: 先っちょよ!
Sherry the mouse: ミスランが言うにはその先端部分はもともとジーランの神々が保有していたのだけれど、

冒険者: ふるふる
冒険者: セキュアのピンチ!!!

Sherry the mouse: タイタンの台頭で力を失った彼らは、
Sherry the mouse: それを地中深くにあるクーマッシュ・ゴーの墓に隠したんですって!
Sherry the mouse: クーマッシュ・ゴーってっていうのはね、ジーランのヒーローだった人よ。

冒険者: くまっしゅ!
冒険者: 先っちょだけでもいいのか
冒険者: クマッシュ..!
冒険者: クマーッシュ
冒険者: 熊っ種
冒険者: 熊・・・

Sherry the mouse: 英雄には何かと影の部分もつきまとうものだけど……それは置いておいて。

冒険者: くまぁ
冒険者: クマ~

Sherry the mouse: 今日、皆さんにはそのお墓へ入るための手助けをしてほしいの!

冒険者: 影…

Sherry the mouse: そのために必要なスクロールと秘薬も全部じゃないけどミスランから預かって来たわ。

冒険者: 墓あらし・・・
冒険者: お~

Sherry the mouse: 入り口さえ開ければ、ミスランも亜空間を通って墓まで来れるはず。
Sherry the mouse: それにね、今日はブリタニアの最終兵器を用意したわ!
Sherry the mouse: そろそろ来るはずなんだけれど……あ、来たわよ!

冒険者: ハロウィン気分の先取りになりそうだし行くぜーー
冒険者: 派手なミスランか
冒険者: お

20170902_4

Ricardo the thief: やあ、みんな。シェリー。
Ricardo the thief: ……ちぇっ。真正面から現れて挨拶とか泥棒っぽくないな。

冒険者: こんばらまぁ^^
冒険者: 最終兵器・・・
冒険者: 本物…?

Sherry the mouse: *クスクス*
Sherry the mouse: 待ってたのよリカルド! 引き受けてくれてうれしいわ。

冒険者: Ricardoさんだ あの?

Sherry the mouse: なにしろミスランのソーマツルギーの奥義をもってしても、
Sherry the mouse: 古のテネブレ、それも地中となると、
Sherry the mouse: 私たちを入り口まで送り届けるのが精一杯なんですって!
Sherry the mouse: そこから先は複雑な地下墓地があなたを待ってるわ。
Sherry the mouse: あなたならきっとできると思うの。

Ricardo the thief: フフ、俺への挑戦状のつもりかい?

冒険者: 死のよっか~~~~mm><
冒険者: …噛んだ><

Ricardo the thief: 準備は万端だぜ。始めようか?

Sherry the mouse: あっ……それが、言いにくいんだけど、一つだけ足りないものがあって。

Ricardo the thief: Σ えええ! それを早く言ってよ。 何が足りないんだい?

Sherry the mouse: 足りないものはブラックロックよ。

冒険者: 愛情

Sherry the mouse: でもとても特殊なブラックロックらしいわ。
Sherry the mouse: まあまあ、落ち着いて!
Sherry the mouse: ミスランが言うにはそのブラックロックはあのペイガン年代記を書いた学者、
Sherry the mouse: ベンティックさんの家に代々伝わって来たものなんですって。
Sherry the mouse: どういう経緯でブリタニアに持ち込まれたのかははっきりしていないのだけど、
Sherry the mouse: 他に心当たりもないみたいなのでとりあえず当たってみない?
Sherry the mouse: ブリテインで商いをしているベンジャミンさんがそのブラックロックを持っているらしいわ!

Ricardo the thief: オーケー。わかったよ。

Sherry the mouse: みんな迷子にならないようにチャットに入っておいてね。
Sherry the mouse: 異常があったらすぐに知らせてね!
Sherry the mouse: 20th Live Event よ!

<45466779>冒険者: てすてす
<33547425>冒険者: クマー
<46681698>冒険者: こんばんは
<61132074>冒険者: よろしくお願いしますー
冒険者: おっけー

Ricardo the thief: 知らせるんだぞ!

Sherry the mouse: 入ったかしら?

冒険者: よろしくお願いします~
冒険者: おー
<18957529>冒険者: 入りました!
<34226272>冒険者: よろしくー
<31920593>冒険者: よろしくお願いします~
<8734069>冒険者: よろしくです

Ricardo the thief: よし

Sherry the mouse: じゃあ道具屋へ
Sherry the mouse: 行きましょう!

冒険者: よっしゃーー

Ricardo the thief: 行こうぜ

20170902_5

冒険者: リカルドのろまだな・・・
冒険者: ダイジョブなのか、この先・・・・?

Benjamin the merchant: i\いらっしゃい。
Benjamin the merchant: ずいぶんにぎやかですな。

Sherry the mouse: ええとっても。

Ricardo the thief: うむ

20170902_6

Benjamin the merchant: いらっしゃいませ。何かお探しで?

冒険者: 床が抜けそう…ミシミシ‥‥

Sherry the mouse: こんにちは! ミスランからの手紙を預かって来ました。
Sherry the mouse: *スクロールを手渡す*

冒険者: のった

Benjamin the merchant: ……ふむふむ、ほうほう。
Benjamin the merchant: するとあなた方は師ミスランのお弟子さんなのですね?

Sherry the mouse: まあ! ミスランをご存じなのね!

冒険者: シェリーかわいい

20170902_7

Benjamin the merchant: ご存じも何も、私もジーランの端くれ、ベンティックは私の叔父にあたります。
Benjamin the merchant: 両親がどのようにしてブリタニアに落ち延びたのかは、
Benjamin the merchant: 私は幼い時分でしたので記憶にないのですが……
Benjamin the merchant: やはりこれのせいではないかと思います。

20170902_8

冒険者: シェリーかわいいな…

Sherry the mouse: !!!
Sherry the mouse: こ、これがミスランの言っていた特殊なブラックロックなのね!

冒険者: でか!!
冒険者: でかい・・・
冒険者: 持ち歩いてるんだ…

Ricardo the thief: え?!

Sherry the mouse: あ、あの、その!
Sherry the mouse: そ、それでこれはいかほどでお譲りいただくことができるのかしら?
Sherry the mouse: ご、ご、ごご両親との思い出がおありだし、難しいわよね。きっと、そうよね!

Benjamin the merchant: いえ、どうぞタダでお持ちください。

Ricardo the thief: え?!

Sherry the mouse: え?!

Benjamin the merchant: このブラックロックのことは両親の日記で知りました。
Benjamin the merchant: 両親は割合早くに亡くなりましたが、しばらくこの石のことは忘れていたのです。
Benjamin the merchant: 私は結婚し、子どもにも恵まれました。
Benjamin the merchant: ある日、ポストを覗くとこの石が入っていたのです。
Benjamin the merchant: どういう経緯でポストに入っていたかはわかりませんが、
Benjamin the merchant: 私はすぐにあの石だとわかりました。
Benjamin the merchant: 以来、どうにもおかしなことが続くのです……。
Benjamin the merchant: こほん。
Benjamin the merchant: まず、妻がよその男と恋仲になって子どもを連れて出て行ってしまいました。
Benjamin the merchant: 取引先が倒産して回収不能になったり、輸入品を積んだ船が沈没してしまったり、

冒険者: Σ

20170902_9

Benjamin the merchant: すっかり商売あがったりです。
Benjamin the merchant: 譲ってくれというメイジも少なからずいましたので格安でお譲りして来ましたが、
Benjamin the merchant: この石はどのような呪文、儀式に用いても決して消えるということがないのです……。

冒険者: いわくつきだ
冒険者: 呪いの石・・・

Benjamin the merchant: そして気付けばまたポストに入っているのです。

Ricardo the thief: うへえ! なんだよそのホラーな石は。

Sherry the mouse: うむむむむむ……。

Benjamin the merchant: そのようなわけでお代はけっこうです。ささ、どうぞ、どうぞ!
Benjamin the merchant: 私はこれで!

冒険者: 終わったらポストに返しとくね><
冒険者: あ、行っちゃった・・

Sherry the mouse: なんだかいやだわ!

Ricardo the thief: お、おい

Sherry the mouse: でもミスランがこれが必要だって言うんだからきっとそうなのよね。

冒険者: 憑いてるよね
冒険者: やっかいばらいされたクマなー
冒険者: w

Sherry the mouse: ね?

Ricardo the thief: おいおい。まさか俺を呼んでおいてやっぱりやめた、はないだろうな?
Ricardo the thief: こう見えても結構忙しいんだぜ。いいからやってみよう。

Sherry the mouse: そうね!

冒険者: シェリーに持てるのかしら

Sherry the mouse: じゃあちょっと失礼して。

冒険者: 泥棒が忙しいってどうなの…
冒険者: …い、忙しいのか!!!

Sherry the mouse: しぃーっ!

冒険者: シェリー力持ち
冒険者: クマ!
冒険者: ・・
冒険者: 軽いのか

Sherry the mouse: えっと、

Ricardo the thief: 忙しいんだよ

Sherry the mouse: ここは狭いわ。
Sherry the mouse: 外に出ましょう!

冒険者: はーい

Sherry the mouse: この辺りが良いかしら?
Sherry the mouse: 周りをあけておいてね!

冒険者: (美味しそうなうろこ)
冒険者: オーナー付き??
冒険者: ピザかと
冒険者: ぁゃιぃ儀式道具ばかり

20170902_11
20170902_15
Sherry the mouse: じゃあみんな! 少し離れてちょうだい! これから呪文を教えるわ。
Sherry the mouse: 力の言葉は
Sherry the mouse: VAS ORT GRAV POR よ!
Sherry the mouse: クーマッシュ・ゴーの墓に入り口を開くためにスペルブックにパワーを集中させるのよ!
Sherry the mouse: 行くわよ!

20170902_19
Sherry the mouse: VAS ORT GRAV POR!
Sherry the mouse: VAS ORT GRAV POR!
Ricardo the thief: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: vas ort grav por
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: vas ort grav por!
冒険者: Vas OrT GraV poR

Ricardo the thief: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAY POR

Sherry the mouse: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR

Ricardo the thief: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: vas ort grav por!
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: claim list
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAVPOR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: Vas OrT GraV poR
冒険者: VAS ORT GRAV POR

Sherry the mouse: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR

Ricardo the thief: VAS ORT GRAV POR!
Ricardo the thief: VAS ORT GRAV POR!

冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: Vas OrT GraV poR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: vas ort grav por
冒険者: AS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: vas ort grav por!
冒険者: vas ort grav por
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: きたきたきたーーーーー
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: Vas ort graw por
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: vaz ortgrav por
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: VAS ORT GRAV POR
冒険者: くまーしゅ

Sherry the mouse: ついたわね! よかった!

冒険者: 怪しい影が
冒険者: なんかいる…
冒険者: なんか近付いて来るぞ・・!

<70893597>Sherry the mouse: みんなちゃんと来れたかしら?

冒険者: うわ
冒険者: 立ち止まった
冒険者: あ、また

<70893597>Sherry the mouse: 何かいるわよ!?

<31920593>冒険者: 細い通路・・・ヤル気満々だ!!
<33844166>冒険者: じょもんおしえて。。

20170902_20

The Tempest Queen: 灰になるがいい!

再び動けます!
死の竜巻が、あなたの生命力を飲み込んでいく!
死の竜巻が、あなたの生命力を飲み込んでいく!
不協和音に全身を揺さぶられ、身体の反応が鈍くなってしまった。
再び動けます!

The Tempest Queen: 灰になるがいい!

再び動けます!
毒に侵された!

20170902_21
20170902_22
20170902_23

ウルティマ オンラインへようこそ!
死んでいてはギフトを受取れません。

The Tempest Queen: 灰になるがいい!

不協和音に全身を揺さぶられ、身体の反応が鈍くなってしまった。
蘇生すると工具の報酬を受け取れます。

Ricardo worn lockpicking boxの報酬がバックパックに入りました。

Bandicam_20170903_212756169

冒険者: もう倒したのか

20170902_24

Ricardo the thief: 無事だったかい?

冒険者: いたたた・・・

Sherry the mouse: なんだったのかしら……?

Ricardo the thief: 少し、周りを開けてくれ

冒険者: 女の化け物がいた・・・

Ricardo the thief: 少し、周りを開けてくれ

Mythran the thaumaturge: おお、無事に到達できたぞ!
Mythran the thaumaturge: シェリー! よくやってくれた。でかしたぞ! リカルド!

Sherry the mouse: ロ! ミスラン! 来てくれたのね!
Sherry the mouse: でも大変だったのよ! あれは一体、なんだったのかしら?!

20170902_25

Mythran the thaumaturge: ふむ……これはモルディアの霊だな。
Mythran the thaumaturge: あのブラックロックに封印されていたんだろう。

Sherry the mouse: モルディアですって?!

Mythran the thaumaturge: モルディアはテネブレの女王だったが、

Ricardo the thief: ふむふむ

20170902_26

Mythran the thaumaturge: 彼女の誕生は王室の政略結婚による悲しいものだった。
Mythran the thaumaturge: 時の王、キーン王はテネブレでの彼らの王位継承を確固たるものにするために、
Mythran the thaumaturge: 娘のセリディアを水の魔術テンペストリーの使い手である
Mythran the thaumaturge: ケルダンという貧しい男に嫁がせた。
Mythran the thaumaturge: やがてモルディアはテンペストリーの片鱗を見せ始め、ケルダンの死去後即位した。
Mythran the thaumaturge: しかし何が彼女をそうさせたのか、彼女は逆らう者を片っ端から斬首し、圧政を敷いた。
Mythran the thaumaturge: そんなさ中、学者ベンティックはモルディアに腹違いの兄がいること、
Mythran the thaumaturge: 彼の友人のデヴォンこそその人だということを突き止めた。
Mythran the thaumaturge: そのためベンティックは殺され、デヴォンも捕えられてしまった。
Mythran the thaumaturge: しかしアバタールによって血統を証明されたデヴォンは
Mythran the thaumaturge: モルディアとデュエルで決着をつけることになった。
Mythran the thaumaturge: ……テンペストリーとしての力はデヴォンの方が上だった。
Mythran the thaumaturge: モルディアは死んだ。
Mythran the thaumaturge: あのブラックロックはおそらくベンティックの一族が
Mythran the thaumaturge: 成仏しきれないモルディアの霊から呪いを受けた時に、
Mythran the thaumaturge: 聡明な魔法使いがそれを封印したのだろう。
Mythran the thaumaturge: それが今日、異世界への入り口を開く際に解放されてしまった。
Mythran the thaumaturge: もう私たちの国はなくなり、皆ばらばらになってしまった今となっては、
Mythran the thaumaturge: 安らかに眠ってくれればいいんだが……。

Sherry the mouse: かわいそうね。

冒険者: ペイガンはなんでもかんでもブラックロックに封印しますね・・・
冒険者: なむなむ・・・

Sherry the mouse: 彼女のせいでたくさんの罪のない人たちが殺されたのかもしれないけど、
Sherry the mouse: 彼女の周りには愛がなかったのね。

Ricardo the thief: 愛、ねえ……

Mythran the thaumaturge: おお、リカルド!
Mythran the thaumaturge: こうしてはおられんぞ!
Mythran the thaumaturge: そろそろ君は行かねばならん。君ならできる。きっとやってくれるな?
Mythran the thaumaturge: あっちに地下に降りる階段がある。

Ricardo the thief: 俺を誰だと思ってるんだい?
Ricardo the thief: まあ見てろって。

冒険者: 頼りになるぜ!

Mythran the thaumaturge: リカルドの周りをあけてやっておくれ。

Ricardo the thief: 邪魔だ、どいてくれ。

20170902_27
20170902_28

Mythran the thaumaturge: エセリアル・ボイドでまた会おう。

冒険者: またでふよ
冒険者: おうともー
冒険者: あいー

| | コメント (0)

北斗プレイヤーイベント:第41回シャドウガード調査は2017年9月3日(日)22:00~

うおみん [Hokutoの住人集まれ~♪] コミュと同じ内容です。

主に、ソロ活動が多く、ひとりではシャドーガードに行くことができない人向けに企画されたものです。

普段、ひとりでは行けない場所になりますので、ぜひ、ご参加ください。

通称:愛の人主催のシャドウガード調査です。

日時:2017年9月3日(日)22:00~

場所:屋上現地集合


ただし、一定の条件があります。

参加条件:バー、果樹園をクリアしていること
(ネット検索で攻略等もありますので、頑張ってクリアしてきてくださいね)

*屋上のみ参加もOK

武具屋→噴水→鐘楼→屋上をパーティの皆で実施

職種は不問

*転送バッグを持参すると、保険代を稼ぐことができます。
*途中でパーティーを解散させるので、バッグ沸きや棺桶のもの等はすべて自分への報酬となります。分配はありません

| | コメント (0)

Turning off Housing Decay for the Month of September/家の腐敗の停止のお知らせ

UO公式 Turning off Housing Decay for the Month of September

Facebook広田剣 家の腐敗の停止のお知らせ

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

Turning off Housing Decay for the Month of September
 Posted on September 1, 2017 by Mesanna

Greetings everyone,

We are turning off housing decay for the whole month of September starting today (9/1/2017) to try to help any of our players that are having to go through the disaster occuring in Texas at this time.  Our hearts and prayers go out to you and your families.

Please be aware that during this time you will not be able to place a house, transfer a house, demolish a house or resize a house.

Thank you,

UO Team

・・・・・・・・・・・・・・・・

家の腐敗の停止のお知らせ
出典: UO公式
https://uo.com/…/turning-off-housing-decay-for-the-month-o…/

こんにちは皆さん。

米国時間本日9月1日より一か月間、家の腐敗を停止することをお知らせします。テキサスにおける災害に遭われたプレーヤーの皆さまとご家族の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

この期間中は家の建設、譲渡、消去、リサイズはできないことにご留意ください。

よろしくお願い致します。

UO チーム

| | コメント (0)

Lurker

UO公式 Lurker

Facebook広田剣 ラーカー

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

Lurker  
  Posted on September 1, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

Fog rolled over the bridges and islands of Vesper, cloaking the canal-city in grey. San-Lem shivered and walked faster, so she wouldn’t be left behind by those she had accompanied to the human city. Her employer, Aurvidlem, had requested that his entourage follow human custom and walk from place to place. Now, with such poor visibility, San-Lem was thankful for this rule.

Being the personal healer to a merchant who had grown rich from trade between Ter Mur and Britannia was not what San-Lem had expected from her life. Still, it was better than struggling in the crowded refugee settlements where most of Ver Lor Reg’s survivors had ended up. She was paid in gold and food, a bounty she shared with kin who had escaped with even less than she had. Singularity was worth a few sore talons.

Forewarned of the problems along Britannia’s roads, Aurvidlem had rented passage on a merchant ship. The late summer waters had been warm, and the winds had gotten them to Vesper in excellent time. Then the weather had taken a sudden turn. A human merchant whom Aurvidlem was trading with had mentioned that such fog was out of season.

After leaving Aurvidlem at his opulent room at the Ironwood Inn, San-Lem and the rest of the retinue made their way back to more modest lodgings at the hostel. As they were crossing the bridge from the Marsh Hall, San-Lem noticed that the local birds and insects had gone quiet. She distrusted silence, for she remembered how quiet the machines of Exodus had gone right before they tore her home apart. She listened for a moment, and the sea to the east sounded wrong, rumbling and churning. San-Lem told her compatriots she needed to check something and flew up into the sky. Moving up past the dense ground fog, she had a clear view of the ocean below and the source of her worry: a giant wavefront moving toward the vulnerable canal-city.

She landed quickly back on the ground and shouted a word of alarm, “Jux-wis-re!” The other gargoyles recognized the warning and took to the air, each flying in different directions across Vesper to warn people. San-Lem herself flew toward the most vulnerable part of the city: the docks where they had disembarked.

She yelled warnings as she sped over the canals and cobblestones. Seeing her distress, most seemed to understand well enough. As quickly as she could, San-Lem got to the docks. The waterfront had been cleared by the fog, and she saw only two children were playing at the end. The force of the onrushing waves was clearing the mists. Suddenly seeing the wall of water up-close filled San-Lem with fear. Having the whole docks to themselves, the little boys were jumping from piling to piling, oblivious to the approaching danger. While the same instincts that had saved her from Ver Lor Reg screamed at her to flee, she flew down the dock.

San-Lem grabbed a child under each arm and turned in midair as quickly as the weight would allow. She considered flying into the open sky, but so burdened, she did not think she could stay aloft for long. The door of the Magicians Friend was standing open, and an alchemist was waving for her to hurry. Nearing it, she tossed the small boys into the alchemist’s arms. Hearing the roar behind her, she slammed the door shut and barred it with her body as the cold water hit her.

Vesper was flooded in minutes.

・・・・・・・・・・・・・・・・

ラーカー

出典: UO公式
https://uo.com/…/ulti…/fiction/the-shattered-obelisk/lurker/

By EM Malachi

ベスパーの島々と橋には霧が立ち込め、水路の街を灰色に覆い尽くしていた。サン・レムは身震いすると、ヒューマンたちの街へ共にやってきた一団に後れを取らないよう歩みを早めた。彼女の雇い主であるオーヴィドレムは、ヒューマンたちの習慣にならって土地から土地へと渡り歩くことを使用人たちにも要求したのだ。あまりの視界の悪さにサン・レムはこの習慣に感謝せずにいられなかった。

テルマーとブリタニアの交易で財を成した商人付きのヒーラーになることは、サン・レムが彼女の人生の中で予想だにしなかったことだった。ただ、ヴァーローレグの生存者たちが行く当てもなくひしめく難民キャンプの中でもがいているよりはずっとましだった。彼女はゴールドを得て食べ物を与えられ、彼女よりもずっと失ったものの大きかった親類たちとその恩恵を分かち合った。単一の徳のために鉤爪2、3本を損なう価値は十分にあるのだ。

ブリタニアの街道沿いで発生している問題を前もって把握していたオーヴィドレムは、海路を取るため商船を借り受けていた。夏の終わりの海は暖かく、風は抜群のタイミングで彼らをベスパーに運んで来た。直後に天気は崩れたのである。オーヴィドレムの取引相手であるヒューマンは、このような霧が発生するのは季節外れだと言った。

オーヴィドレムがアイアンウッド・インの贅沢な部屋に引き取ると、サン・レムたち随行者はもっとこぢんまりとした下宿屋の居室に引き上げ始めた。彼らがマーシュホールのたもとから橋を渡ろうとした時、サン・レムは小鳥や虫たちが鳴き止んだことに気付いた。彼女は静寂を信用していなかった。機械仕掛けのエクソダスが彼女の生まれ故郷を引き裂く直前まで、どんなに静かだったかを彼女はよく覚えていた。しばらく耳を澄ませた後、サン・レムは東の海上からうなるような、掻き回すような、聞きなれない音を聞いた。彼女は同胞たちに調べて来ると言い置いて上空へ飛び立った。濃い霧に覆われた陸地を抜けると、彼女は上空からくっきりと海上の異変を見て取ることができた。巨大な波が無防備な水路の街へと向かって進んでいたのである。

彼女はすかさず陸地に取って返すと警告の言葉を発した。 “Jux-wis-re!” 気付いたガーゴイルたちは人々に危険を知らせるため、ベスパーの上空をばらばらに散って行った。サン・レム自身は街で最も脆弱な、彼女たちが上陸したドックを目指して飛んだ。

水路と砂利の上を速度を上げて跳びながら彼女は叫んだ。見る者すべてに彼女の絶望は明らかだっただろう。ありったけの力を振り絞って彼女は飛んだ。海岸線の霧は晴れて、二人の子どもがドックの端で遊んでいるのが見えた。押し寄せる波が霧を押しやったのだ。眼前にそそり立つ水の壁にサン・レムは恐怖で凍りついた。独り占めしたドックで杭から杭へとジャンプに夢中になっている男の子たちは、接近する危険に気付いていなかった。彼女をヴァーローレグの惨事から救った本能が彼女に逃げろと叫ぶのを聞きながら、彼女はドックに降下した。

サン・レムは子どもたちを左右の腕に抱えると、重力に抗いながら素早く浮上を試みた。サン・レムはそのまま上空に留まることを考えたが、長くはこの状態を保てないと悟った。マジシャンズフレンズのドアが開き、アルケミストが早くしろと彼女を手で促していた。彼女は近づくと小さな男の子たちをアルケミストの腕の中に放り込んだ。背後に轟音を聞きながら、彼女がドアを叩きつけ、体ごと押さえたその瞬間、冷たい水が彼女を直撃した。

ベスパーは数分で水没した。

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

20周年記念ギフトの配布がはじまりました。

Publish 98 Comes to TC1 記事より抜粋

米現地時間2017年9月1日(金)12:01 a.m. ~2017年11月18日(土)11:59 p.m. までにログインした、30日以上経過したキャラクターは20周年記念トークンを受け取ることができます。

・・・・・・・・・・

てなわけで、ログインオンラインのはじまりです!

20170901_230938366
ログインすると、

20周年おめでとう!バックパックに贈り物をお届けしました。

20_1
20周年記念バッグの色、いいね。

その中には、20周年記念ギフトトークンと、メッセージカードが入っている。

20_2
・紙吹雪の大砲
・Platinum Dragon像 
ダブルクリックでアニメーション。
30種類のブリタニアの歴史上の出来事のうち1種類が刻印されている。

・徳の経典コデックスの証書
・ウルティマの紋章旗
・速習のスクロールブック
・超越のスクロールブック
・パワースクロールブック
・ソーサリアの軌跡
・求めよ、さらば与えられん(占い水晶)
・アニバーサリーポニー(16周年記念騎乗ポニー)
・陳列ケース(南)
・陳列ケース(東)
・白色革染め桶
・ハープシコードの証書
・シャドウトークン
・クリスタルトークン


この上2つが新しいもの。

20周年記念ギフトトークンをダブルクリックして選択してみる。

■紙吹雪の大砲

20_3
なにも刻印されていない白っぽいバッグに紙吹雪の大砲

SSは使用後なのでチャージが減っているがもらったときは200

20_4
・ダブルクリックで紙吹雪が発射!

・連続使用OK

・チャージなし永久使用OK  

・チャージ200 
(2017年9月2日画像差し替え&変更)
→もらったばかりのときはチャージがなかったけれど、翌日になったら、チャージがついていました。SSにはチャージが減ったものを追加。
ZEPHYRUSさま、コメントありがとうございました。

Platinum Dragon像 

20_5
・ダブルクリックで魔法でマークしたときの音がする。

・キラっと光る?アニメーションあり

・デコレーションツールで回転可能。

・30種類のブリタニアの歴史上の出来事のうち1種類が刻印されている。

これ、30種類集めるのは大変そう。
コレクターさん、がんばって!

| | コメント (4)

The House Between There and Here/そことここの間に

UO公式 The House Between There and Here

Facebook広田剣 そことここの間に

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The House Between There and Here
            Posted on August 30, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

Over two years ago…

From the top of the plateau, an old man looked down at the ruins of his world. A small herd of sickly Torax lizards wandered among the crumbling stones of fallen Morgaelin, watched by a lone shepherd. Though midway through the day, the dim star in the sky gave very little light. Seeing nothing of interest, Mythran muttered to himself and started to limp back to his shack.

At the small hut, the mage traced a rune of entry and pushed the worn door inward. Mythran stepped around various mystical traps in the long corridor, and climbing the winding staircase at the end, he entered a large study filled with tomes and scrolls rescued from ruins across the continent.

The old mage sat in a rocking chair and summoned a small animal. The squirrel scampered into a hole in the wall and returned a few minutes later carrying a cup of tea. As the creature faded away, Mythran traced his finger around the edge of the brim, slowly heating his drink. Leaning back in his chair and sipping the bitter root tea, he stared up at the ceiling. Instead of seeing the underside of thatched roof, there was only the vast darkness and distant lights of the Ethereal Void. The great emptiness between worlds did little to help his mood.

Then, in the vast distance between Pagan and the rest of reality, there was a flare of light, as if from two powerful spells clashing. When the flare faded, there was a strand of silver reaching out across the darkness. It was a most unexpected sight, something he had not seen in his decades studying the ethereal framework.

The old mage leapt out of his chair and hobbled over to a pile of scrolls. Digging through the heap, he found the “Restore to Sight” scroll. Invoking it, he saw hidden objects appear in the Ethereal Void ? fragments of the ancient Dark Path. He traced a connecting path made by these objects and the strand of silver. It would be a long and difficult journey, but he believed it would be possible to make his way to the source of this new magic.

“This changes everything.”

*****

Across the world of Pagan, the elements stirred. Boiling lava vents under the Daemon’s Crag burst forth, forming lava flows in the shape of claws. The dark underground currents of Carthax Lake because whirlpools in Vengeance Bay. The face of Stone Cove was reshaped by a rockslide. The winds around the monastery at Argentrock Isle murmured, “Soon, Master, soon.”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そことここの間に
出典: UO 公式
https://uo.com/…/the-shat…/the-house-between-there-and-here/

By EM Malachi

2年以上前……

高台の上から年老いた男が彼が元いた世界の残骸を見下ろしていた。弱々しいトラックスリザードがモーゲイリンの跡地の砕けた石の間を小さな群れをなして彷徨い、その様子を孤独な羊飼いが眺めていた。日中ではあったが、空の星がぼんやりした輝きを放っているだけだった。特に興味を引かれるものがないことを悟ると、ミスランは何事かを自分に呟くと小屋へ向かって足をひきずり始めた。

小さな小屋で、メイジは入り口のルーンをなぞり、くたびれたドアを内側へと押し開いた。ミスランは長い廊下に仕掛けられた様々な魔法のトラップの間を縫い、つきあたりにあるらせん階段を上ると、大陸の残骸の中から回収した本やスクロールで埋め尽くされた大きな書斎へと入った。

老いたメイジはロッキングチェアに腰掛けると小さな動物を召還した。リスは素早く壁の穴に潜り込むと、数分後にはお茶が注がれたカップを抱えて戻ってきた。生き物が消えてしまうとミスランはカップのふちを指でなぞり、ゆっくりと飲み物を温め始めた。苦い人参茶をすすりながら椅子に背を預けると、彼は天井を見つめた。そこにあったのは藁ぶき屋根の内側ではなく、ただ巨大な暗闇と、遠く離れたエセリアル・ボイドの煌めきだけだった。どこまでも広がる空虚が彼の気持ちを慰めてくれることはなかった。

その時、ペイガンとその他の現実世界の間の広大な空間にまばゆい光が広がり、それはあたかも二つの強大な呪文が衝突したかのように見えた。光が消えるとそこには銀色の物体が暗闇の中に広がっていた。それは最も予期しなかった光景であり、彼がエセリアル空間について研究して来た何十年の間、決して見たことのないものだった。

老いたメイジは椅子から飛び上がってスクロールの山へよたよたと歩いた。堆積した山を掘り起こし、 “Restore to Sight”のスクロールを探し当てた。呪文を実行すると、彼はエセリアル・ボイドに隠されていたものが浮かび上がるのを見た。それは、古代の黒い、道なき道の残骸であった。彼は連なる道の先を、銀色の房を目で追った。それは長くて苦しい旅になるだろう、しかし、彼はこの新しい魔法のあるところへ辿り着くことができると確信していた。

「何もかもが変わるぞ。」

*****

ペイガンの世界では、四元素が動き出した。デーモンクラグの岩山からは煮えたぎる溶岩が噴き出し、悪魔の手の形をした溶岩流を形成した。カルサックス湖の湖底の黒い流れはヴェンジャンス湾の渦巻きとなった。ストーンコーブの斜面は岩すべりによって形を変えてしまった。アーゲントロック島の修道院近くでは風がざわめいていた。「間もなくです、主よ、間もなくです……」

| | コメント (0)

[Update] An Ethereal Journey

UO公式 [Update] An Ethereal Journey

Facebook広田剣 20周年記念ライブイベントパートIII - エセリアル・ジャーニーについてのアップデート

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・

[Update] An Ethereal Journey
        Posted on August 30, 2017 by UO Dev Team

We are pleased to announce that Part III of the Shattered Obelisk is in the process of being activated.

This part is now active on Origin & Europa, and as we monitor the event it will become active on additional shards.  Siege will be active following its next scheduled maintenance.  This post will be updated as more shards become active.

See the Shattered Obelisk page for more details, EM support events and the latest fiction!

Update as of 4:45pm ET 8/29/2017:  Part III is now active on Atlantic.  If the monitoring period goes well, we will activate all shards at 8pm ET.  Thank you for your patience while we roll out the next phase of the arc.

Update 8/31/2017: Due to an unforeseen issue on Siege Perilous, Part III of the Shattered Obelisk will be available after Siege Perilous’ next maintenance on 9/1/2017.  We apologize for any inconvenience and thank you for your patience.

・・・・・・・・・・・

20周年記念ライブイベントパートIII - エセリアル・ジャーニーについてのアップデート
出典: UO公式

https://uo.com/2017/08/30/an-ethereal-journey/

※ 本情報は米現地時間8月30日(水)時点のものです。

「失われたオベリスク」のパートIIIは現在開始作業中です。

パートIIIはOriginシャードとEuropaシャードにて既に開始されており、モニターを経てその他のシャードにも導入されます。Siege Perilousシャードにつきましては次回の定期メンテナンスで導入予定です。このお知らせは随時更新されます。

「失われたオベリスク」の特設ページをご覧ください。EMによるサポートイベントや最新のフィクションが掲載されています!
http://bit.ly/2wRbH1B

※ 米現地時間8月30日(水)4:45 p.m.アップデート
パートIIIはAtlanticシャードに導入されました。モニターが終了すればすべてのシャードに米現地時間8:00 p.m.(日本時間8月31日(木)9:00 a.m.)にパートIIIを導入致します。
導入までのプロセスに辛抱強くお付き合いくださいました皆さまに、心より感謝申し上げます。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »