« 北斗プレイヤーイベント:北斗エクストリーム槍試合テストプレイは2017年9月9日22:00~ | トップページ | 【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ »

2017年9月 6日 (水)

The Mountain King/山の王

UO公式 The Mountain King

Facebook広田剣 山の王

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Mountain King
        Posted on September 5, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

The dead whispered, and Shamino listened. The murmurs belonged to those Shamino Salle’ Dacil had known over the long years ? family, friends, soldiers he had sent into battle, and his beloved Beatrix. With the grief renewed after the centuries, he had spent a time wandering the wilds. Then he had returned to Skara Brae to find a way to serve, to bury his pain in work. Now he was standing vigil on Iver’s Rounding to watch over the Well of Souls.

While mages would have explained the Well of Souls with talk of leylines and arcane geometry, the rangers had a simpler explanation: some places are crossroads between here and there, between life and death. These are hallowed places to find solace and peace and to lay to rest wandering spirits, but they are also targets for necromancers and daemons. Protecting this particular crossroad had fallen to the rangers of Skara Brae.

It was sudden when the voices went quiet. The wind through the trees stopped. At the Well, the boundary between life and death weakened, and the color seemed to drain from everything close to it. Shamino frowned and moved closer to look inside. He placed his hand carefully against the veil as he had been taught and felt part of himself step across.

The other side looked like a simple stone catacomb. There was light from strange necromantic runes, and the air was still and stale. The ranger moved forward, walking for what seemed like hours. Eventually, the catacombs gave way to a natural cave. At his feet, the earth itself formed into a face and spoke, “Who are you, little being, to stand in my way?”

“I am Shamino Salle’ Dacil. And who might you be?

“I am Lithos. I am the Mountain King. I am the Heart of Earth. I claim this place.”

Shamino asked, “What is the basis for your claim?”

“By right of power. I claim all those who return to the ground, and they serve me forever. As shall you.”
Shamino noticed then that skeletons were rising from the earth around him, their bones etched with evil looking runes and writings. The ancient necromancers reached out glowing hands to grasp at Shamino. He quickly moved between them, dodging their lethal spells. He turned and fled back to the place where he had entered the shadow realm.

Stepping back across the veil, Shamino found himself again on Iver’s Rounding. The ghost of an old ranger he had befriended decades before mouthed the word, “Run!” just as the Well of Souls exploded. Specters and ghosts he did not recognize spilled forth from the rift between life and death, covering the island and crossing the channel to Skara Brae.

The dead had begun their siege of the city of Spirituality.

・・・・・・・・・・・・・・・

山の王
出典: UO公式
https://uo.com/…/f…/the-shattered-obelisk/the-mountain-king/

By EM Malachi

死者が囁き、シャミノは聞いていた。ざわめきはシャミノが長年にわたって知る者たち – 家族、友人、彼が戦地へと送り込んだ戦士、そして愛するビュートリクスのものだった。何百年経とうとも蘇る後悔の念に苛まれながら、彼は森の中を彷徨う日々を送った。そして罪をあがない、彼自身の痛みを和らげる方法を見つけ出そうと、スカラブレイまで戻って来たのだ。彼は今、アイヴァーランディング島の魂の井戸の寝ずの番をしていた。

メイジであれば魂の井戸について線と数式によって証明したであろうが、レンジャーたちはもっと単純な定義を持っていた。とある場所ではそことこことが交わるのだ。生と死の間で。その場所は彷徨える魂が慰めと平安を得て眠りにつくための神聖な場所であると同時に、ネクロマンサーとデーモンらの標的となる場所でもあった。このような場所の一つである魂の井戸を守ることが、スカラブレイのレンジャーたちに課せられた責務だったのである。

ざわめきは突然静かになった。木々を渡る風はやんだ。井戸では生と死との境界線があいまいになり、その周辺から色がどんどん抜けて行くようだった。シャミノは眉をひそめ、中を覗き込むために近づいた。教えられた通りに注意深く井戸の膜に手を置くと、彼は自分の一部が境界を超えるのを感じた。

反対側の世界は簡素な石造りの地下墓地だった。奇妙なネクロマンシーのものと思しきルーン文字から光がもれ、空気はしんとして動かなかった。シャミノは前へ踏み出し、そして一時間ほど歩いただろうか。地下墓地は自然の洞窟へと変化した。彼の足もとで大地そのものが顔となり、語り掛けて来た。「お前は誰だ?行く手を遮る小さき者よ。」

「私はシャミノ・サールダシルです。あなたはどなたですか?」

「私はリソス。山の王だ。大地の心臓であり、この場所は私のものだ。」

シャミノは問うた。「あなたのものである根拠は?」

「力の権利によって。私は土に還るすべての者たちを受け入れ、彼らは私に永遠に仕えるのだ。そしてお前も。」

シャミノはスケルトンたちが地面から現れて彼を取り囲んでいることに気付いた。彼らの骨には邪悪なルーンと呪詛が刻み込まれていた。古代のネクロマンサーたちが光る手を伸ばしてシャミノを掴み取ろうと迫って来た。シャミノは彼らの破壊的な呪文を避けながら、素早く彼らの間をすり抜けた。そして身を翻すと影の世界へと入り込んだ元の場所へと逃れた。

膜を通り抜けたシャミノは彼自身が再びアイヴァーランディング島に佇んでいるのに気付いた。 何十年も前に親交を温めた年老いたレンジャーの亡霊が言葉を発した。「走れ!」その瞬間魂の井戸は爆発した。信じ難い数の亡霊たちが、生と死の狭間のリフトから溢れ出て島を覆いつくし、スカラブレイへ向かって海峡を渡り始めた。

死霊は霊性の街へと侵攻を開始したのである。

|

« 北斗プレイヤーイベント:北斗エクストリーム槍試合テストプレイは2017年9月9日22:00~ | トップページ | 【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

23.Publish 98 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斗プレイヤーイベント:北斗エクストリーム槍試合テストプレイは2017年9月9日22:00~ | トップページ | 【大和・桜・北斗・瑞穂シャード】10月のイベント日程のお知らせ »