« あの土台がほしい(石でできた貯蔵庫)。 | トップページ | 第8回北斗自由市in禅都は2017年9月16日22:00~(粉くじ未定) »

2017年9月14日 (木)

The Zealot/狂信者

UO公式 The Zealot

Facebook広田剣 狂信者

詳細はリンク先をご覧下さい

・・・・・・・・・・・・

The Zealot
      Posted on September 12, 2017 by UO Dev Team

By EM Malachi

A few weeks ago…

“Grave robbing. Almost no skill to it.”

The thief muttered to himself as he carefully pushed aside the stone door. He waved his torch in front of him and tossed a few pebbles onto the stone floor. When nothing happened, he moved deeper into the tomb. When Sherry had challenged Ricardo to be the first Britannian thief to steal something from another world, he had expected exciting rooftop chases, clever disguises, and better locks. Then the mage Mythran had gotten him here with a single spell, and so far, there hadn’t been even one trap. Where was the challenge for Britannia’s greatest thief?

Moving down through the crypts, he saw the still forms of generations of warriors in rusting armor. They seemed peaceful, so he was respectfully quiet when sneaking forward to steal from them. Ricardo quickly found the fallen king’s treasure horde. It wasn’t the largest room of treasure he’d ever seen, but the thief had to admire the heaping pile of dark gems. A few made their way into a pocket. The room hummed with mystical power, and it seemed to direct the thief toward a pyramid-shaped artifact hidden in the back. The base was worn, as if it had broken off a larger structure. When Ricardo’s hand touched the relic, there came an inhuman screech from down a tunnel and then the sound of something terrible and angry coming toward him.

He was about to run when a sword caught his attention by shouting at him, “Hey, kid! Yes, you! Pick me up! Pick me up! Let me help! Unless you’d rather be cut down in your prime.”

Ricardo grabbed the sword just as a large skeleton dressed in an assortment of lavish robes and armor burst into the room. Without ceremony, the skeleton swung a giant scimitar at him again and again, trying to cleave him in two. The sword in his hand leapt back and forth to block the undead warrior’s strikes.

The feral skeleton paused for a moment to ask, “Who steals from Khumash-Gor?”

Ricardo without thinking replied, “Who is Khumash-Gor?”

The sword chuckled, “You shouldn’t have said that.”

“Khumash-Gor, the Sword of Odion! Khumash-Gor, mortal husband of the Goddess Amoras! Khumash-Gor, Uniter of the Zealans, he who was judged worthy by Apathas himself! Khumash-Gor, who stands before you!” The skeleton’s eyes glowed red with rage.

The sword twitched to parry the great black scimitar, “Well he’s certainly full of himself. Husband, really? We all know it was just a fling!”

The skeletal warrior gave a yell and slammed a boney shoulder into Ricardo, knocking him square across the room.

The sword continued to taunt Khumash-Gor, “And Uniter, really? Really? You just killed everyone who wouldn’t follow you.”

Ricardo held the sword desperately, as the undead king continued to slash at him. “I’m not really sure you’re helping.”

“Would you like to take over? Let me know if you feel capable of tirelessly parrying the supernatural blows of the undead wraith of a murderous raider king. I’ll take a break. Actually, I think that’s going to happen soon anyway.”

The great scimitar hit the black longsword a final time and shattered it like glass. There was a flash of light and the smell of brimstone. Standing beside Ricardo and Khumash-Gor was a grinning red fiend. The daemon stretched and swatted away a strike from the skeleton. “It’s good to be free after so long. I’m glad I was able to find someone willing to wield me so recklessly.”

Khumash-Gor turned his attention back to the thief, and Ricardo pathetically tried to parry with the broken hilt of the sword. “Are you going to return the favor?”

“What turnip patch were you born in? I’m a daemon. We don’t do favors. We make deals. I protected you as long as the sword I was bound to would allow. Blame the people who made a blackrock sword. Wonderful for binding daemons for millennia, but not a terribly practical martial tool.”

“You mentioned a deal?”

“You are about to be cleaved in half by an insane undead despot. I think you’re a bad investment. Nice knowing you, kid.” The daemon disappeared in a puff of smoke.

The broken sword hilt was knocked out of Ricardo’s hand, and he fell to the ground trying to dodge the supernaturally fast strikes. The skeleton held his scimitar within killing distance of Ricardo’s neck and held out a bony hand. Ricardo handed over the artifact he had traveled so far to recover. The glowing eyes looked at the relic before raising his blade to finish the thief.

There came a great wind through the passages of the tomb as if three voices were arguing. Khumash-Gor stopped mid-strike to listen. When the wind died down, the skeleton dropped the blackrock artifact in front of Ricardo and returned to his throne.

Around Khumash-Gor, ghosts and skeletons started to gather, at first a few, and then hundreds of warriors: an army. When it seemed no more would fit in the room, Khumash-Gor strode through them and lead them out of the tomb.

Ricardo recovered his senses and the obelisk top. “I wonder what that was all about.”

A strange woman appeared beside him, her gown shimmering. “My husband has your world to unite.”

・・・・・・・・・・・・・・・

狂信者
出典: UO公式
https://uo.com/…/…/fiction/the-shattered-obelisk/the-zealot/

By EM Malachi

数週間前……

“墓泥棒求む。経験不問。”

泥棒は石の扉を押しやりながら自分自身に何事か呟いた。たいまつを目の前にかざすと小石をいくつか石の床に転がした。何も起こらないことを確認すると、彼は墓の深部へと入って行った。リカルドはシェリーから異世界から何かを盗んだブリタニア初の泥棒になるよう促された時、屋根を伝っての逃走劇、巧妙な変装、そしてよく出来た錠前を予想していた。しかし実際はミスランが呪文を一つ詠唱するや否や彼はここに飛ばされ、そして現在までのところ、一つの罠すら見つかってはいないのだった。これがブリタニアの最も偉大な泥棒様への挑戦かい?

地下墓地の奥深くへ入って行くと、彼は年代ごとの錆びた甲冑に身を包んだ戦士たちが静かに佇んでいるのを見た。彼らの安らかな眠りを妨げないよう、こちらもまた静寂のうちに忍び寄って盗むのが礼儀というものだろう。リカルドは素早く、崩御した王の宝の在り処を発見した。そこは彼が今まで目にした宝の部屋の中で取り立てて大きな部屋というわけではなかったが、うず高く積まれた黒い宝石の山には目を奪われずにはいられなかった。そのうちのいくつかは彼のポケットに収まった。部屋はその背後に隠されたピラミッド形をしたアーティファクトの方向へと泥棒を導くかのように、神秘な力にざわめいていた。その土台は壊れてはいたが、もともとはもっと大きな物体を支えていたように見える。リカルドの手がその遺跡に触れると人のものではない金切り声が墓の深部から聞こえて来た。そして恐ろしげで怒りに満ちた何かが音を立てて彼に向かって来たのである。

走って逃げ出そうとしたその時だった。そこにあった剣が彼に向かって叫んだのが目に入った。「ヘーイ! 坊主! 俺を拾うんだ! 拾えったら! 助けてやるよ! バラバラにされちまうぞ!」

贅沢なローブと甲冑に身を包んだ巨大なスケルトンが部屋に飛び込んで来た瞬間、リカルドは剣を掴んだ。何の挨拶もなく、スケルトンは彼を真っ二つにしようと巨大なシミターを何度も振り下ろして来た。リカルドの手の中の剣はアンデッド戦士の攻撃をかわしては後ろに跳び退り、ある時は防御のため前に踊り出た。

凶悪なスケルトンはしばしの沈黙の後口を開いた。「クーマッシュ・ゴーから盗んだのは誰だ?」

リカルドはたいして考えもせずに答えた。「クーマッシュ・ゴーって誰だい?」

手の中の剣がクスクス笑った。「それ言っちゃダメだって。」

「クーマッシュ・ゴーはオディオンの剣、クーマッシュ・ゴーはアモラスの夫、クーマッシュ・ゴーはジーランの統治者、アパサスによって認められし者、クーマッシュ・ゴーは今お前の目の前にいる!」スケルトンの目が怒りに赤く燃えた。

大きな黒いシミターを避けようと、剣がぐいっと手前に引かれた。「おやまあ、ずいぶんと自惚れてるんだな。夫だって? マジ? あれは一夜のお遊びだってみんな知ってるぞ。」

スケルトンの戦士が叫び、骨ばった肩でリカルドを突き飛ばしたので彼は部屋を対角線上に飛ばされてしまった。

剣は続けざまにクーマッシュ・ゴーをあざけった。「それで何? 統治者ってマジ? マジで? 邪魔者を片っ端からぶっ殺しただけじゃないの?」

アンデッドの王が立て続けに斬り付けて来るので、リカルドは必死に剣を握り締めた。「君が本当に助けてくれているのかわかんなくなって来たよ。」

「代わりたいか? お前が侵略王の亡霊アンデッドの超人的な攻撃を、このままかわし続けられると思うならそうしろ。俺も休みたいしな。実際、もうそろそろだと思うぜ。」

手の中の黒いロングソードに巨大なシミターの最後の一撃が加わると、剣はガラスのように粉々になってしまった。閃光が走り、硫黄のにおいがした。リカルドとクーマッシュ・ゴーの傍らに立っていたのはにやりと笑う赤い悪魔だった。悪魔は伸びをするとスケルトンからの攻撃をぴしゃりと払いのけて言った。「長いこと待ったかいがあったぜ。俺様をこんなにめちゃくちゃに振り回そうってやつに出会えたのは嬉しい限りだ。」

クーマッシュ・ゴーは泥棒に再び注意を向け、リカルドは壊れてしまった剣の柄で涙ぐましい防御を試みた。「お礼をしてくれるんじゃないのかい?」

「このうすのろはどっから来た? 俺は悪魔だ。礼なんぞ知らん。これは取引だ。俺は剣に閉じ込められている間はお前を守ってやった。文句ならブラックロックの剣を作ったやつらに言え。千年の間悪魔を封印するにはいいだろうが、武器としては微妙だってな。」

「取引だって!?」

「お前はこのアンデッドの暴君に真っ二つにされるところだったんだぞ。助けたかいのないやつだな。あばよ、小僧。」煙が立つとデーモンは消えていた。

壊れた剣の柄がリカルドの手から叩き落され、リカルドは超人的に早い攻撃をかわそうと床を転がった。スケルトンがシミターをリカルドの喉元に突き付け、骨ばった手を差し出した。リカルドはここに来るまでにくすねたアーティファクトを差し出した。泥棒にとどめを刺そうとシミターを振りかぶる直前に、スケルトンの光る眼が宝に見入った。

その時、墓の通路を通じて大いなる風が言い争うような三つの声を運んで来た。クーマッシュ・ゴーはまさに振り下ろそうとした手を止めて聞き入った。風が止むとスケルトンはブラックロックのアーティファクトをリカルドの前に落として彼の玉座へと戻って行った。

クーマッシュ・ゴーの周囲にゴーストが、そしてスケルトンたちが集まり始めた。最初はほんの数体、やがて何百もの戦士らがまとまって軍となった。これ以上は部屋に収まらないだろうと思われた時、クーマッシュ・ゴーは群集の間を大股で横切り、そのまま彼らを率いて部屋から出て行った。

リカルドは彼の意識とオベリスクの先端を取り戻して言った。「一体何が起こったんだ。」

光るガウンを纏った見たことのない女が彼の横に現れて言った。「私の夫があなたの世界を支配するのよ。」

|

« あの土台がほしい(石でできた貯蔵庫)。 | トップページ | 第8回北斗自由市in禅都は2017年9月16日22:00~(粉くじ未定) »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

23.Publish 98 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの土台がほしい(石でできた貯蔵庫)。 | トップページ | 第8回北斗自由市in禅都は2017年9月16日22:00~(粉くじ未定) »