« 粉くじやります!第15回北斗自由市in禅都は2018年4月14日22:00~ | トップページ | 第15回北斗自由市in禅都レポート »

2018年4月14日 (土)

Ink Slinger/ブンヤ - Ink Slinger

UO公式 Ink Slinger

Facebook広田剣 ブンヤ - Ink Slinger

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・

Ink Slinger 

Posted on April 11, 2018 by UO Dev Team

Ink Slinger

By EM Malachi

The magic quill transcribed faster than any human, and the dancing feather point left the ink dry and the page slightly warm. Bundor Bard skimmed a final time for mistakes before adding the paper to the pile. He handed the full bundle of The Town Cryer off to a courier. “Get these to West Britain immediately.”

Bundor had nearly finished editing a retrospective on the Time Between Crowns, when Lady Machiavelli recalled into his office. She unceremoniously dropped a bag of mismatched pages on his desk. “A brief summary of the Governors’ Meeting, the Yew farm report, an interview with a goblin, and my letter of resignation.

“Good lady, you cannot quit. We would be lost without your keen observations. Please do stay.”

“Flattery will only get you so far, Bundor. I’ve already visited two other cities before breakfast. We need more people.”

“I have a plan for that. I hired someone to cover the beat in each town, and the guilds can report on themselves. This will let the rest of us focus on whatever the next crisis is.”

Lady Machiavelli pulled her resignation letter and a cranberry muffin out of her bag. “I’ll mull things over during my next interview. A mayor is discussing his sixty-point plan for Cove. Should be plenty of dead time.”

“That’s all I ask.”

“And I would hate for someone else to get the story before I do.”

As Lady Machiavelli wandered off to finish her late breakfast, Bundor looked at the pile of edits before him. These were interesting times. Smiling, he pulled out a fresh quill and started a new piece, The Endless Journey.

・・・・・・・・・・・・・・・

ブンヤ - Ink Slinger
出典: UO公式
https://uo.com/wiki/ultima-online-wiki/fiction/ink-slinger/

By EM Malachi

魔法の羽ペンの転写はどのヒューマンよりも素早かった。踊る羽の先はインクを乾かし、紙面をほんのりと暖めた。吟遊詩人のブンドールは刷り上がった紙を束に加える前に、最後にもう一度ざっと見直した。彼はぱんぱんに膨らんだ束をメッセンジャーに渡して言った。「これを西ブリテインに届けて。今すぐに。」

レディ・マキアベッリが彼の事務所に現れた時、ブンドールは「空白の時代」に関する回顧録を間もなく仕上げるところだった。彼女はばらばらの紙を無造作に彼のデスクに落とすと言った。「評議会のまとめ、ユー牧場の報告書、ゴブリンのインタビュー、そしてわたくしの辞表よ。」

「レディ、君は辞めることはできないよ。君の鋭い洞察力抜きでは僕らは路頭に迷ってしまう。どうか考え直してくれないか。」

「お世辞が上手ね、ブンドール。私は朝食前に街を二か所もまわったのよ。もっと人手が必要だわ。」

「それに関しては僕に考えがある。僕はそれぞれの街で持ち場を担当する人材を雇った。ギルドは自分たちで報告が可能になる。手が空けば僕らは次の危機が何かについてより注意を払うことができるようになるだろう。」

レディ・マキアベッリは辞表とクランベリーマフィンをかばんから取り出して言った。「次のインタビューの間によく考えることにするわ。市長がコーブで60分野における計画を議論しているの。うんざりするくらいの時間がかかるはずよ。」

「願ってもないことだ。」

「そしてわたくしは他の誰かが自分より先にネタをかっさらって行くのは許せないの。」

レディ・マキアベッリが彼女の遅い朝食を摂るために歩み去ると、ブンドールは編集を終えた束に目をやった。これはこれで興味深い時代だったには違いない。彼は微笑み、新しい羽ペンを取り出し、新たな章をしたため始めた。エンドレス ジャーニーである。

|

« 粉くじやります!第15回北斗自由市in禅都は2018年4月14日22:00~ | トップページ | 第15回北斗自由市in禅都レポート »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

23:Publish 99 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粉くじやります!第15回北斗自由市in禅都は2018年4月14日22:00~ | トップページ | 第15回北斗自由市in禅都レポート »