« 北斗EMイベント:収穫祭の悪魔レポート | トップページ | Publish 102 Comes to Origin, Baja, and Izumo/パブリッシュ102 - Origin, Baja, Izumoに導入 »

2018年10月17日 (水)

Whispers in the Dark/暗闇にささやく声

UO公式  Whispers in the Dark

Facebook広田剣 暗闇にささやく声

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・
Whispers in the Dark

Posted on October 15, 2018 by UO Dev Team

10/15/2018

To shepherd in the Treasures of Khaldun we have a series of short pieces of fiction to supplement the events in-game.  We present the final installment,

Whispers in the Dark

By EM Malachi

There was the rattling caw of a crow in the distance, and an open window carried an acrid wind from the part of town that had been put to the torch. Even as exhaustion and grief pulled at him, the old sage couldn’t sleep. He could not forget the faces of the murdered innocents he had prepared for burial the next day. He forced his eyes shut and tried to ease his mind.

There came a child’s giggle from the hallway outside his room, and then a voice spoke from the darkness, “Humbolt…”

“Humbolt…” spoke another voice from the other side of the room. This one was from another child.

When Sage Humbolt sat up in fear, the first voice spoke again, “Humbolt, aren’t you going to find us?”

Out of the shadows stepped two small forms, a little boy and girl. Humbolt recognized them. He had seen them earlier that day in shrouds. “You’re alive?”

The boy turned his head slightly to show a cruel wound. “Oh, the optimism of the living! Isn’t it amusing, sister?”

The little girl giggled, and her bloodless eyes rotated oddly. “We could end him tonight, but where is the fun in that? Let’s play the game of questions.” She traced a terrible glyph in the air, and Humbolt felt an icy spell paralyze his limbs.

“Just like the old days? An excellent idea.” The small corpse moved itself closer to Humbolt, staring at him with its unblinking eyes. “The game is simple. We ask each other questions until one of us doesn’t. There will also be consequences if you lie. I’ll even let you go first.”

Humbolt asked, “How are you so powerful?”

Kyrnia giggled, until the small form she wore started to bleed at the mouth. “He still thinks he will stop us, brother. Even now…” A small pale hand picked up a dagger from the bureau.

Lathiari shook his head. “Now, now. We can’t end the game after a single question.” The lich in the stolen body walked over to the bed. “We are so powerful because of patience and study. We always did love the books mother gave us. There were so many secrets there: the Dark Unknown, Mordin Grimswind, even Khal Ankur. Humanity has chosen to forget so much darkness, in the name of civility. We didn’t let the past stay buried.”

Kyrnia tapped on the wall. “It’s our turn to ask now! Can we ask him the person he cares about most? What he is most afraid of?”

Her brother thought for a moment. “I think I have a question, if you’ll let me.” When Kyrnia didn’t object, Lathiari asked, “What will you give to stop us?”

Humbolt didn’t hesitate in answering, “Everything.”

Lathiari learned down, and Humbolt could smell the corpse’s incipient rot. “We may have to hold you to that.”

Kyrnia giggled and started playing with the sharp knife. “That was wonderful, brother! You got him to suggest a new game. I’ll begin ‘everything’ with the little toesies…” She was interrupted by heavy knocking on the door, and armed guards sounding the alarm. “This town is so dull now. So vigilant and suspecting! Let’s move on to the next one.”

Lathiari nodded, and the two wraiths departed the forms they were animating, leaving behind small still corpses.

*****

The potion had been bitter to drink, but the taste of lich heart was worse. The necromancy that had kept the liches alive stuck to the tongue like mold, and it burned all the way to the stomach. It was a cruel task, one Humbolt could not have given to any other. The shadows seemed to taunt him as delirium gripped his mind.

Two shapes appeared before him, the wraiths of Kyrnia and Lathiari. Already, their magic was fraying, sending pieces of their twisted spirits off to whatever darkness was waiting. Kyrnia glared at him as the memory of her face crumbled to dust. The skull of Lathiari grinned as oblivion claimed it, tendrils of corrupted magic reaching out toward Humbolt. When there was almost nothing left, Lathiari whispered:

“Sage, we keep you to your promise. You gave your life, but there is one last thing left to take. You will find no rest, even in death.”

・・・・・・・・・・・・・・・・

暗闇にささやく声

出典: UO公式
https://uo.com/2018/10/15/whispers-in-the-dark/

By EM Malachi

遠くからカラスのカアカア鳴く声が聞こえる。開いた窓からは風に乗って、火を放たれた町の一部の強烈な匂いが漂って来る。消耗と悲しみが彼を苛んでもなお、賢者は眠ることができなかった。翌日の葬儀の準備を彼が手ずから行った、罪なくして殺された者の顔を彼は忘れることができなかった。彼は無理やり目を閉じると平静を保とうと試みた。

部屋の外の廊下から子どものクスクス笑いが聞こえた。そして暗闇から囁く声が続く。「ハンボルト……。」

「ハンボルト……。」別の声が部屋の反対側から聞こえる。もう一人の子どもだった。

賢者ハンボルトが恐怖から起き上がると最初の声が言った。「ハンボルト、なぜ私たちを探しに来ない?」

暗闇からふたつの小さな影が進み出た。小さな男の子と女の子だった。ハンボルトは彼らに見覚えがあった。シュラウドに包まれた二人に。「お前たちは生きているのか?」

男の子は致命傷になった傷が見えるよう、頭を少し動かした。「ははっ! 聞いたかい? なんて楽観的なんだろう! 人間ってやつは面白いね?」

女の子はクスクス笑うと血の気の無い眼球を不器用に動かした。「今夜こいつの息の根を止めてやる。でもただやるんじゃつまんなくない? 質問ごっこをしよう。」女の子は空中におぞましい形をなぞり、ハンボルトは氷の呪文が彼の肉体を凍らせるのを感じた。

「あの日みたいに? すごいアイディアだね。」小さな死体はハンボルトににじり寄り、瞬きをしない目で彼を見据えた。「ゲームは簡単だよ。相手に質問をし続けるんだ。どっちかができなくなるまでね。嘘をついたらダメさ。先にやっていいよ。」

ハンボルトは聞いた。「なぜ、お前たちは力に満ちているのだ?」

キルニアは彼女が肉体をまとった小さな女の子が口から血を流すまでクスクスと笑い続けた。「この人、私たちを止めようとしてるわよ。お兄ちゃん。今もね……。」小さな青ざめた手が書き物机からダガーを取り出した。

ラシアリは頭をふった。「だめだよ。たった一つの質問でゲームを終わりにするなんて。」借り物の体をまとったリッチはベッドへと近づいた。「僕たちがとってもパワフルなのは忍耐強く勉学に励んだからさ。僕たちは母の与えてくれた本をむさぼるように読んだ。そこにはたくさんの秘密があった。暗き者、モーディン・グリムズウィンド、Khal Ankurでさえも。人類は彼らを闇に葬り去ろうとした。秩序という名のもとにね。だけど僕たちは過去を埋もれさせたままにはしない。」

キルニアが壁を叩いた。「あたしたちの番よ! こいつが一番気にかけている誰かのことを聞いてみない? 彼が一番恐れていることは何かしら?」

兄はしばらく考えてから言った。「僕も質問がある。していいかい。」キルニアが反対しないのを確認するとラシアリは聞いた。「僕たちを止めるために何をくれる?」

ハンボルトはためらわなかった。「全部だ。」

ラシアリはにじり寄った。ハンボルトはかすかな腐臭を感じた。「そうこなくっちゃね。」

キルニアはクスクス笑い、鋭利な刃物を弄び始めた。「お兄ちゃんすごい! これって新しいゲームだよ。全部って言ったよね。ちっちゃなつま先からもらおうかしら……」言いかけたその時、武装したガードがドアを激しく叩き、警鐘を鳴らした。「この町は死んでいる! どこもかしこも扉を閉ざして出てこない。次へ行こう!」

ラシアリは頷き、二人のレイスは彼らのまとっていたぴくりとも動かない死体をその場に残して去った。

*****

ポーションは苦かったが、リッチの心臓の味はさらに酷かった。リッチに命を与え続けるネクロマンシーは舌に金型のようにまとわりつき、食道から胃を焼くようだった。これは厳しい仕事だった。他の誰も代わることの叶わない仕事だった。譫妄が彼の心を支配し始めると、影らしきものが彼をあざ笑った。

二つの影が彼の前に姿を現した。キルニアとラシアリのレイスだった。すでに彼らの魔力は弱まっており、暗闇が潜む場所に彼らの魂の欠片が吸い込まれようとしていた。キルニアはよみがえる記憶に顔を粉々にしながら彼を睨み付けた。ラシアリの頭蓋骨は忘却が引き寄せられた時微笑んだ。腐敗した魔法の渦がハンボルトを包み込んだ。そこにチリ一つ残されていないのを確認すると、ラシアリは囁くように言った。

「賢者よ、私たちはお前に約束を果たさせてやった。お前の命はいただいたが、お前に一つだけ贈り物をしてやろう。お前は決して安らかな眠りに就くことはない。死をもってしても。」

|

« 北斗EMイベント:収穫祭の悪魔レポート | トップページ | Publish 102 Comes to Origin, Baja, and Izumo/パブリッシュ102 - Origin, Baja, Izumoに導入 »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

03:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

29:Publish 101関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斗EMイベント:収穫祭の悪魔レポート | トップページ | Publish 102 Comes to Origin, Baja, and Izumo/パブリッシュ102 - Origin, Baja, Izumoに導入 »