« Publish 103 一覧 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:復活!第70回シャドウガード調査レポート »

2018年12月24日 (月)

The Blind Beggar’s Friend/盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

UO公式 The Blind Beggar’s Friend

Facebook広田剣 盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・

The Blind Beggar’s Friend

Posted on December 21, 2018 by UO Dev Team

The Blind Beggar’s Friend

By EM Malachi

“Step right up, friend! Look at these! I’ve got all manner of winter and holiday cards, painted by Alberta Giacco herself. Christmas, Yule, and even Walrus Festival! Get your Season’s Greetings here! Some have faux gold foil! It even sounds expensive…

I can see you are a customer of discerning taste, going for the strange and unique. You want to know about that card? Why would someone want a card with such beastly and daemonic iconography this time of year? Well, it scares the little ones into behaving. Children love to be scared almost as much as they love presents, and Ole Krampus is the one to do it.

Wait, wait, you don’t know the story of Krampus? I thought everybody did. I’ll tell you the story my mother told me while you consider purchasing these dancing ethereal prints:

Many years back, there was a pair of beggars, Old Joe and his friend. Both had seen better days, and the Winter months were cold in Vesper. Still, even huddled under a bridge, home was home. Each year, Old Joe would save a coin here or there, and for the holiday, he would buy a bottle of brandy for the pair to share. It would warm them right up, and they’d retell stories from over the years.

In time, his friend, being the older of the two, passed on, but Old Joe would still scrimp and save for the holiday brandy. He’d pour out a cup for his departed friend and anyone else who’d drink with the old beggar. He’d raise a toast to the New Year, but also to better times, when he was young and had loaded cargo onto ships bound for all over Britannia. He continued this tradition even after the years had taken his sight.

There came a time when this city focused more on progress than the care of its people, and a particularly nasty merchant used his wealth and position to force the poor from Vesper. Most beggars left for kinder places, such as Minoc or Britain, but not Old Joe. The blind beggar had no way to travel, and home was home.

That Winter was one of note, the coldest in a hundred years. The streets were empty, save one, for Old Joe was forced from every doorway because of the merchant’s influence. At the same time, a terrible monster wandered out of the Covetous Mountains, drawn forth by greed and malice. It saw the old beggar resting in the street, and I don’t doubt that it meant to maul him.

Old Joe wasn’t aware of the danger and spoke, ‘Friend, I can hear you even if I can’t see. Since we both find ourselves out and about, please share a drink with me.’ He poured some brandy and held it out. The beast took the tin cup in its claws and drank. The sweet drink, with a taste that hinted at spring, calmed the beast. It sat next to the beggar and listened as he talked.

At the end of the bottle, Old Joe toasted with the monster a final time and laid down. ‘My friend, I think this is my last winter, but I’m glad I didn’t have to spend it alone.’

They found Old Joe the next day, long gone but with a smile on his face. There were two cups and monstrous hoof prints around him, but not a hair had been harmed. As for the cruel merchant, he disappeared that very night, and no trace of him was ever found.

Thanks for listening, friend, and I hope you have a wonderful holiday season. Enjoy life and the little things, but come these winter months, be kind and be good. Share a coin with a beggar, have a drink with a friend, or send that lovely card to your dear granny. Don’t ever be naughty, or Ole Krampus will find you!”

・・・・・・・・・・・・・・・

盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend
出典: UO公式
https://uo.com/…/ultima-o…/fiction/the-blind-beggars-friend/

By EM Malachi

“寄ってらっしゃい、見てらっしゃい! グリーティングカードを各種取り揃えておりますよ! こちらはアルベルタ・ジャンコのイラスト入り、クリスマス、キリストの降誕祭からセイウチ・フェスティバル用だってありますよ! これなんて金箔みたいでしょう? すごく高級に見えますよ……

ふうむ、そこのあなたは確かな審美眼をお持ちのご様子、変わったものや、希少なものがお好きなようですね。そのカードが気になりますか? なぜ、この時期にこんなおぞましい悪魔のような図柄のカードが人気かご存知で? そうですとも、これは小さな子どものしつけに使われるんです。子どもたちはプレゼントと同じくらい怖い話が好きなものですよね。クランプスはそれにうってつけなんです。

おやおや、クランプスの話をご存知ない? 私はてっきり皆さんご存知だとばかり思っておりました。よろしければ、その今にも飛び出しそうな幻想的な図柄のカードをお買い上げただくかお考えの間、私の母から聞いた話をお聞かせしましょう。

何年も前の話です。二人の物乞いがおりました。年老いたジョーとその友人です。二人ともかつてはもっとましな時代があったのです。ベスパーの冬はそれは厳しいものでした。でも、橋の下にうずくまればそこが家でした。毎年毎年、年老いたジョーはクリスマスに二人分のブランデーを買うために、こつこつと貯金をしていました。それはたちどころに二人の体を暖め、彼らは思い出話に花を咲かせるのです。

やがて、ジョーよりも年上の友人はこの世を去りました。しかし、ジョーはクリスマスのブランデーのためにやりくりすることをやめませんでした。そして彼は先に逝った友人のカップと、年老いた物乞いと飲もうという者たちのカップに酒を惜しみなく注ぎ続けたのです。彼は新年のために、そして若かりし頃、船の積み荷とともにブリタニア中を巡った良き時代のために乾杯しました。彼はこの習慣を、やがて視力を失ってからも何年も続けました。

いつしかベスパーの街は人々の保護よりも、自らの発展を重視するようになって行きました。とりわけ非道な商人が、金と権力にものを言わせて貧しき者たちを弾圧し始めたのです。多くの物乞いたちがミノックやブリテインなど、より暮らしやすい場所を求めて去って行きました。しかし、盲目の物乞いにはなすすべはなく、彼にとっての家はここしかありませんでした。

その年の冬は記録に残る年でした。何百年に一度という大寒波が襲って来たのです。通りに人影はなく、人々は商人を恐れ、ジョーはドアというドアから締め出されてしまいました。時を同じくして、悪意と欲を嗅ぎつけたモンスターがコブトスの山からやって来ました。それは年老いた物乞いが通りで休んでいるところに通りかかり、誰もが彼が八つ裂きにされることを疑わなかったでしょう。

年老いたジョーは危険が迫っているとは露ほども思わず、モンスターに話し掛けました。「友よ、あなたの姿は見えないが、私は聞くことができる。ここで出会ったのも何かの縁だ。どうかいっしょに飲んでおくれ。」そしてブランデーを注いで差し出しました。モンスターは錫のカップをかぎ爪で掴んで受け取ると、中身を飲み干しました。甘く、春を思わせる味の飲み物はモンスターを落ち着かせました。モンスターは物乞いの隣に座ると彼の話に耳を傾け始めました。

瓶が空になるとジョーはモンスターに最後の乾杯をし、横になりました。「友よ。おそらくこれが私にとって最後の冬になるだろうが、こうして誰かと過ごすことができたことがうれしいよ。」

翌朝、長い旅に出たジョーの顔には微笑みが浮かんでいました。人々は二つのカップとその周りにある巨大な蹄の跡を発見しましたが、ジョーが危害を加えられた形跡はありませんでした。しかし、無慈悲な商人は、まさにその夜跡形もなく姿を消したのです。

お聞きくださってありがとうございます。どうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください。人生を、そして些細なものたちを楽しんでください。冬の間は親切で善良でなくてはなりません。物乞いには施しを与え、友人たちと酒を酌み交わしてください。あるいは祖父母たちにカードを送ってあげてください。悪いことはしてはいけませんよ。さもなくばクランプスがあなたを見つけますからね!”

|

« Publish 103 一覧 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:復活!第70回シャドウガード調査レポート »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

03:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

31:Publish 103関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Publish 103 一覧 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:復活!第70回シャドウガード調査レポート »