« Happy Valentine ! ポストのお礼 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:第73回シャドウガード調査は2019年2月17日22:00~ »

2019年2月17日 (日)

Lost Hope/失望の入江 - Lost Hope

UO公式 Lost Hope

Facebook広田剣 失望の入江 - Lost Hope

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・
Lost Hope

Posted on February 15, 2019 by UO Dev Team

2/15/2019

The story continues in the lead up to Rising Tide and we invite you to sit back and enjoy, Lost Hope.

By EM Malachi

Many years ago…

The rowboat leaked. With soggy boots, Lassorn spent each trip out to the anchored HMS Cape bailing water. They had drawn straws to see who would have to make the slog, and Lassorn now had to make eight trips across Lost Hope Bay to Minoc and back to the ship.

If the sailor’s orders hadn’t been specific, Lassorn might have been able to deliver the cargo in fewer circuits, but the contents of the crates were too valuable to risk. Lassorn had asked his captain what was in the crates, and he’d been told they were the final work of a famed artisan, a set of masterworks meant for the King himself.

A pair of guards, Madellene and Averill, escorted him from the Minoc coast to a small workshop. The door had been replaced recently, and the workshop inside was cluttered with tools, springs, gears, and other bits of metal. Piled in one corner were eight identical crates. Picking up the first one, Lassorn felt warmth and a sense of calm radiating from the container.

As Lassorn walked back to the rowboat, the locals nodded to him and shook their heads sadly. It seemed everyone in Minoc was wearing an orange-and-black ribbon. After each trip out to the Cape, the guards would meet him and take turns escorting him to the workshop and back. After a long day, the task was done.

As Lassorn went to his hammock, the evening watch weighed anchor and started the journey out of Lost Hope Bay. It was almost midnight when the HMS Cape reached the mouth of the bay, and the northern mountains blocked the moon. The ship had been moving at a good clip, when the winds suddenly stopped. The ship slowed, as if caught in a great net.

A crewman clanged the brass alarm bell, waking the captain and crew, while those on deck shined lanterns into the dark sea. The waters were filled with dozens of graceful shadows flitting back and forth. They had the elegant features of elves, but with gills and long fishtails.

“Mermaids!” shouted the botswain.

One of the creatures jumped aboard and pinned the sailor to the deck with a trident.  “We are the Nixies! You disrespect us at your peril!” More armed Nixies clambered up the hull, as a large wave deposited a gangling sea witch covered in slime onto the deck. The other nixies formed a phalanx around their leader, Sycorax.

The captain stepped forward with open hands, “This doesn’t have to lead to violence. Our King has made peace with the remaining fae folk.”

Sycorax sneered. “Did your king’s peace protect my sister, Noxum, when a net dragged her from the shoals off Skull Island? I claim your lives for hers.”

The captain gave Lassorn a look, and the young sailor dashed to protect the cargo in the hold. “Surely you know that wasn’t us. We can resolve this peacefully.”

The sea witch drew a blade made from broken shells and stabbed the captain in the throat. “There is your peace. A pact of blood for blood.”

Before the captain hit the deck, his crew had drawn their swords, and the two sides clashed. The sailors managed to force the other nixies back into the water, but Sycorax held her place. “I’d hoped to take some of you captive.”

With her gills luminescing with strange magic, the sea witch started to sing. Every barnacle on the hull burst forth from their shells in agony. This frantic wiggling tore apart the very timbers of the ship. The chant sounded over the waters, making the dark sea churn. A maelstrom began pulling the broken ship and its crew beneath the waves.

As the ship filled with water, Lassorn desperately cut the cargo net. The crates smashed open. The carved stones inside tumbled out eight different holes in the hull. The sailor took a deep breath as the dark ocean covered him.

When the mayhem ended and the waters calmed, Sycorax smiled and sank back into the waves.

・・・・・・・・・・・

失望の入江  Lost Hope
出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/15/lost-hope/

By EM Malachi

ずっとずっと昔のこと……

手漕ぎ舟は浸水していた。ラソーンは錨を下ろすHMSケープ号まで、びしょ濡れのブーツのまま水を汲み出しては行ったり来たりしていた。水夫たちはこうなる前に文字通り藁のくじを引いて、誰が貧乏くじを引くかを決めたのだ。結果的にラソーンが失望の入江を横切り、船とミノックの間を八往復するはめになったのだ。

もし、ラソーンが引き受けたこの注文が特別なものでなかったら、彼はこれらの荷物をもっと短いサイクルで運ぶことができただろう、しかし、中身は危険を冒すにはあまりに貴重すぎたのだ。ラソーンは船長に中身は何かと尋ね、これらは高名な匠の最後の作品であり、一連の作品は他でもないかの王に捧げられたものだと告げられたのだ。

マデレーンとアベリルの二人のガードは、彼をミノックの沿岸にある小さな工房へと案内した。ドアは最近取り換えられたばかりのようだったが、工房の中はツール、バネ、ギア、金属の破片といったものが散乱していた。片隅に積み上げられていたのは八つの揃いの木箱だった。最初の一つを持ち上げると、ラソーンは温もりとともに何かが静かに放射されているのを感じた。

ラソーンが手漕ぎ舟まで戻ると、地元の人々は彼に頷いて見せ、そして悲しげに首を振るのだった。ミノックの人々は皆、オレンジと黒のリボンを身に着けているようだった。入り江へと漕ぎ出しては戻る度に、二人のガードは彼を出迎え、工房へと案内することを繰り返すのだった。やがて長い一日とともに彼の仕事は終わった。

ラソーンが彼のハンモックへ戻る頃、夜番は錨を上げ、失望の入江を後にしようとしていた。HMSケープ号が入江を抜けようとする頃には、時刻は既に真夜中近くになっており、北側の山脈が月を覆い隠していた。風が突然止むまでは、船は快適に航行していた。船はまるで巨大な網に引っかかったかのように減速した。

夜番は真鍮のベルを鳴らして船長と他の水夫たちを起こし、甲板にいる者たちは暗い海をランタンで照らしていた。海面は前後に飛び回る優美な黒い影に満たされていた。彼らは上品なエルフのような風貌をしていたが、エラと長い尾ひれを持っていた。

「人魚だ!」甲板長が叫んだ。

生き物のうち一匹が飛び上がって船に乗り込み、三叉槍で水夫を甲板にとめ付けた。「失礼ね! あたしたちはニクシーよ! いい度胸だこと!」さらに多くの武装したニクシーたちが船に乗り込み、ひときわ大きな波が粘着物で覆われたすらっとした海の魔女を甲板に運んだ。他のニクシーたちは彼女らのリーダー、サイコラックスを取り囲んだ。

船長は空の両手を上げて前に進み出て言った。「私たちは争うつもりはない。私たちの王は残党にも平和を約束されたのだ。」

サイコラックスは冷笑した。「あなたの王の言う平和とやらは、妹のノクサムがスカルアイランドで漁網に捕まって群れからはぐれた時、守ってくれた? 彼女のために、あなたたちの命をいただくわ。」

船長はちらりとラソーンを見た。ラソーンは察して荷物を守ろうと船倉へ急いだ。「あなた方はそれが私たちではないことをご存知のはずだ。私たちはこの問題を平和的に解決できる。」

海の魔女は貝の破片でできた剣を抜くと船長の喉に突き刺した。「お前に平安を。血と血の協定によって。」

船長の体が甲板に打ち付けられる前に、水夫たちは剣を抜き、双方はぶつかり合った。水夫たちは他のニクシーたちを海に追い返すことに成功したが、サイコラックスはその場を動かなかった。「お前たちのうち何人かを、捕虜として申し受けたい。」

エラが不思議な魔法で光り輝くと、海の魔女は歌い始めた。船体を覆うすべてのフジツボたちは、苦しさから外へ押し出されて来た。尋常ではない揺れは船の骨組みをばらばらにした。魔法は海上を響き渡り、暗い海を撹拌しはじめた。やがて渦巻が壊れた船を水夫もろとも海の底へ引きずり込み始めた。

船が海水で満たされた時、ラソーンは決死の覚悟で貨物を覆う網を切った。床に叩き付けられて、貨物の蓋が開いた。彫刻を施された石は船倉のそれぞれ異なる八つの裂け目から外に転がり出た。ラソーンは暗い海が彼を飲み込む瞬間、深く息を吸い込んだ。

騒ぎが収まり、海が静かになるとサイコラックスは微笑み、波に紛れるようにして戻って行った。

|

« Happy Valentine ! ポストのお礼 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:第73回シャドウガード調査は2019年2月17日22:00~ »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

03:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

32:Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy Valentine ! ポストのお礼 | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:第73回シャドウガード調査は2019年2月17日22:00~ »