« 日本全鯖 大黒天危機一髪! ~Setsubun Event 2019 第二幕レポート | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:「ミナクス軍駆逐作戦」第38回は2019年2月7日22:00~ »

2019年2月 6日 (水)

The Rune Carver/ルーンを彫る者 – The Rune Caver

UO公式 The Rune Carver

Facebook広田剣 ルーンを彫る者 – The Rune Caver

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Rune Carver

Posted on February 5, 2019  byUO Dev Team

As we approach the release of Rising Tide we invite you to sit back and enjoy the introductory tale of, The Rune Carver.

By EM Malachi

Julia set two cups of tea on the small table and pulled a second stool over from her workbench. The tinker’s calloused hands brushed a few springs and gears off the table into her apron. She smiled at her friend as she heaped sugar into her cup. Mariah sipped at her own tea and looked around the room. It was far less cluttered than the mage remembered it, with only a lone stopped clock in the corner. “Has work been slow?”

Julia shook her head. “My projects are handed off to other tinkers, smiths, and rune-carvers. I’m glad the artisans I helped train are able to keep Minoc’s forges lit. What about you? Keeping busy?”

Mariah relaxed in her chair and started telling Julia about her studies with the gargoyles and the new spells she was mastering. The story of an unfortunate Flam spell in the Lyceaum made Julia laugh and caused Mariah to casually remark, “Why don’t we do this anymore?” She gasped when she remembered the reason.

Julia went pale, as she was the day she died. A shaking hand touched the shoulder where the troll’s club had crushed her heart. Her fiery red hair dulled and faded until it was ghostly and translucent. The abandoned workshop around them showed years of cobwebs and dust. Julia gave a sad look before answering her friend, “I am sorry for the pain this meeting brings, but there is a reason.”

The shade of Julia floated over to the workbench where there appeared eight uncarved stones. As she ran her hand over the stones, each revealed the sigil of a Virtue. “I made these for my king so he could keep watch over his shrines. So long ago. They are missing and need to be found. You and the others must find them.”

The ghost of Julia returned to the table and gave Mariah a hug. It had all the warmth Mariah remembered. “I miss you too, my friend, but I need to go.”

Mariah woke up sobbing.

・・・・・・・・・・・・・・・

ルーンを彫る者 – The Rune Caver

出典: UO公式
https://uo.com/2019/02/05/the-rune-carver/

By EM Malachi

ジュリアは小さなテーブルにカップを二つ並べ、作業台用のスツールを引き寄せた。細工師らしくたこのできた手が、いくつかのバネとギアを彼女のエプロンの中に払い落とした。彼女は友人に微笑むと、カップに砂糖をたっぷりと入れてやった。マライアはカップからひと口すすると部屋の中を見回した。その部屋は記憶していたよりもずっと、整然としており、壊れた時計が壁にかかっているだけだった。「仕事は落ち着いているの?」

ジュリアは頭を横にふった。「私の仕事は他の細工屋、鍛治屋、そしてルーン彫刻師たちに引き継がれたの。私が育てた匠たちが、ミノックの火を絶やさずにいてくれることを嬉しく思うわ。あなたはどうなの?相変わらず忙しいのかしら?」

マライアは椅子に深く腰掛けると、彼女のガーゴイルについての研究や、新たに習得した呪文やマスタリーについて語り始めた。ライキュームで引火した炎のスペルの話はジュリアを笑わせ、ふと、マライアは我に返った。「なぜ、私たちは一緒に学ぶことを止めてしまったの?」そして、理由に気付いた彼女は愕然とするのだった。

ジュリアは青ざめた。彼女が亡くなった日のように。震える手がトロルに砕かれた肩、そして心臓にあてがわれた。彼女の燃えるような赤い髪はくすみ、徐々に透けて行った。彼女たちを取り巻く廃墟と化した工房は、積年の蜘蛛の巣と埃に覆われていた。ジュリアは質問に答える前に悲しげに言った。「この再会があなたを悲しませることを申し訳なく思うわ。でも、これには理由があるの。」

ジュリアの影が作業台の上の彫り込まれる前の8つの石の上を漂った。手を石の上に滑らせると、それぞれに徳の印が浮かび上がった。「私はこれを王のために彫ったの。彼がいつも神殿を見守ることができるように。とても昔のことよ。でも、失われてしまった。あなたと仲間たちにこれを探し出してほしいの。」

ジュリアの亡霊はテーブルに戻り、マライアを抱擁した。マライアの記憶の中の、そのままのぬくもりだった。「寂しいわ。だけどもう、行かなくちゃ。」

マライアは泣きながら目を覚ました。

|

« 日本全鯖 大黒天危機一髪! ~Setsubun Event 2019 第二幕レポート | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:「ミナクス軍駆逐作戦」第38回は2019年2月7日22:00~ »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本全鯖 大黒天危機一髪! ~Setsubun Event 2019 第二幕レポート | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:「ミナクス軍駆逐作戦」第38回は2019年2月7日22:00~ »