« 北斗EMミニイベント:島の異変レポート | トップページ | Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )一覧 »

2019年4月17日 (水)

Sea of Tears/嘆きの海 - Sea of Tears

UO公式 Sea of Tears

Facebook広田剣 嘆きの海 - Sea of Tears

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・

Sea of Tears

Posted on April 16, 2019 by UO Dev Team 

4/16/2019

As the story  of Rising Tide continues and we invite you to sit back and enjoy, Sea of Tears

Sea of Tears

By EM Malachi

In the large iron-girded aquarium, the nixie in chains sang to herself. The song started as a wordless child’s melody of warm seas, full of wonder and beauty. It became a dirge as the song spoke of her capture and years of captivity. The final verse rose into a defiant ballad of escape. Her voice channeled the magic around her, fighting the manacles holding her. The iron resisted, glowing red and burning against the bracelets of scars around her wrists.

When she could bear the pain no more, she fell silent, the spell song breaking in a shower of sparks. Across the room, there came a mocking applause. Noxum turned her head toward the pirate lord with a small wooden chest under his arm. She looked away. “You have returned. You didn’t die.”

“You shouldn’t sound so hopeful.”

“I’m always hopeful.”

“Sea elf, hope has no place here, nor do any more escape attempts.”

Noxum held up the cooling manacles. “This cannot be suffered forever. Even death would be preferable to this existence.”

Hook scowled. “I have never harmed a scale on you.”

“Only because you see me as part of your collection, something to be owned. But I have witnessed your cruelty to others. I will never forget what you are, nor be a willing part of it.”

Hook shrugged, as he put down the chest. “Your approval is not required.” He removed the Rune of Valor from a bed of cotton and held it up to the lantern. A cut on his hand left blood on the etching of a sword on the Rune’s surface.

Something about the Rune made Noxum remember an old ballad about a nixie who saved her kin from a shark. “What is that rune to you? Something else for your treasure pile? Something to ransom with?”

Hook laughed. “On no. This is a weapon.”

*****

Hook watched as Rankin placed various objects in the circle around the rune. “Are the human bones really necessary? I thought they were the props of dramatic little pretenders.”

Rankin adjusted a femur. “Normally, you would be correct. Skeletons aren’t actually required for necromancy, but there was one Pagan school I wasn’t able to learn because it’s in the blood and marrow of a person.”

“How did you come by these? I can’t image the owner gave them up willingly.”

“When the Tempest died resisting capture, her body made its way to a friendly gravedigger. I have been saving her final blood magic for a special occasion.”

Rankin placed a final grinning relic at the North position. “Oh, Mordea. You had such beautiful blood. A pity the Royal Guard spilled so much of it.”

Hook tapped his foot impatiently. “So an old friend’s bones will give us the shrine?”

“As I explained, this is only the first spell of many. Still, I believe you will appreciate the effect. Now I need to begin chanting, so no more glib comments.”

*****

With a storm to the north and shallows to the south, escape was impossible. The Royal Navy had chased the Crown Jewel and its pirate fleet from the Cape of Heroes to just off Valor Island. With more ships and cannons, the fleet admiral was confident they would crush the pirate scourge in a single confrontation.

A small pirate ship had already fallen to the naval cannons. Assuming that the pirate leader was trying make a break for open ocean, the admiral had ordered full sail. He was surprised when the pirate crews lowered sail.

There was a sudden pressure change, and the waters churned around Valor Island. The storm at the fleet’s back surged south, growing in both intensity and fury. The wind and water smashed against the naval fleet. The sailors hurried to lower the sails, all fully unfurled for the chase, but half the armada lost masts in the first few minutes. Crews who managed to lower their sails were helpless as their ships ran aground off the coast and were raked by heavy cannon fire.

While a few ships managed to skirt the storm and retreat, Britannia had lost half its southern fleet. Watching the destruction from the Crown Jewel, Rankin laughed. “Those fools in Moonglow will respect me now.”

・・・・・・・・・・

嘆きの海 - Sea of Tears

出典: UO公式
https://uo.com/2019/04/16/sea-of-tears/

By EM Malachi

鉄格子が嵌められた大きな水槽の中で、鎖に繋がれたニクシーはただ自分のために歌った。歌は海の温みにも似た、好奇と美しさに満ちた子どものように言葉のない旋律に始まり、幾年にも渡る彼女の監禁生活を物語る葬送歌へと変化し、やがて脱出を試みる勇敢なバラードへ昇華して行くのだった。彼女の声は周辺の魔法を引き寄せ、彼女を拘束する手錠を攻撃した。彼女の手首をまるで腕輪のように囲む傷の周りで、鉄は赤い光を放って耐えながら燃えていた。

もはやこれ以上の痛みに耐えられなくなった時、彼女は沈黙し、歌は降り注ぐ稲妻となって崩壊した。部屋の向こう側から小ばかにしたような拍手が鳴り響いた。ノクサムは小脇に小さな木箱を抱えた海賊王を振り返り、そして目をそらした。「戻って来たのね。あなたは死なずに済んだってわけ。」

「期待していたような言い方だな。」

「どんな時も希望は捨てていないわ。」

「海のエルフよ、ここに希望などない。おめおめ逃げ出そうなどと考えるな。」

ノクサムは熱を奪われて行く手錠を掲げて言った。「いつまでもこんなことは続かないわ。生き恥を晒すよりも死んだほうがましよ。」

フックはしかめ面をして見せた。「お前の鱗を傷つけるような真似はしていないはずだ。」

「それはあなたが私をコレクションの一部として、単なる所有物しか思っていないからよ。だけど私はあなたの他者に対する仕打ちを目にして来たし、あなたが何者であるかを忘れることは無い。ましてあなたの仲間になんてならないわ。」

フックは木箱を降ろしながら肩をすくめた。「お前さんの許可はいらん。」そう言うとフックは真綿の上の武勇のルーンを取り出してランタンに透かした。手の傷がルーンの表面に施された剣の彫刻に血の跡を付けた。

ルーンにまつわる何かが、仲間をサメから救い出したと言うニクシーの古いバラードをノクサムに思い出させた。「それがあなたに何の役に立つというのかしら。宝の山にでも放り込んでおくつもり? あるいはゆすりたかりの道具とでも?」

フックは笑った。「違うね。これは武器だ。」

*****

フックはランキンがルーンを囲む魔方陣に様々な道具を置いて行くのを眺めていた。「本当に人骨が必要かい?そんなものは自分に酔った詐欺師の小道具だと思っていたよ。 」

ランキンは大腿骨の位置を修正しながら言った。「君が言っていることはおおむね正しい。ネクロマンシーで実際に骸骨が使用されることはない。だが、私が唯一習得する機会のなかったペイガン魔法があってね。なぜならそれは人の血と髄に宿るものだからだ。」

「どうやってそれを手に入れた? 所有者が簡単に手放すはずがあるまい。」

「かのテンペストは最期まで囚われの身となることはなかったが、遺体は気のいい墓堀人へと引き渡されたのさ。私は彼女の血脈を期が熟すまで保存しておいたというわけだ。」

ランキンは最後に微笑みをたたえた遺留物を北に配置した。「おおモルデイアよ、なんと美しい血をあなたは持っていたことか。惜しむらくはロイヤルガードがそのほとんどをこぼしてしまったことだ。」

フックは苛立ちを隠さずに足を踏み鳴らした。「古き友の骨が我々に光をもたらすとでも?」

「説明した通り、この呪文は最初の一歩に過ぎない。だが君は間違いなくその効果に感謝することになる。私は詠唱に取りかからねばならない。もっともらしいコメントはそこまでだ。」

*****

北に向かって吹きすさぶ嵐と南の浅瀬に阻まれ、もはや脱出は不可能だった。王室海軍は武勇島から英雄岬に向けてたった今出港したばかりのクラウン・ジュエル号と海賊の船団を追っていた。数で勝る船と大砲を有する海軍の指揮官は、一度接近しさえすれば忌々しい海賊どもを一網打尽にできると信じて疑わなかった。

小さな海賊船が既に海軍の大砲によって降伏していた。指揮官は海賊の船団が血路を開こうとしていると見て、全速力での追尾を命じた。だから彼らが速度を落とした時、指揮官は驚きを隠さなかった。

突如として気圧が変化し、武勇島を取り巻く海面が渦を巻き始めた。海軍艦隊の背後で嵐は強さと猛々しさを増して成長し続けた。風が、水が、艦隊を打ちのめした。乗組員たちは帆を降ろそうと躍起になったが、満帆で追尾に当たっていた艦隊は、ものの数分で半数がマストを失う事態となった。よしんば帆を降ろすことが出来たとしても、座礁した船が大砲の集中砲火を浴びるのを、乗組員はただ見ているしかできなかった。

二、三隻の船がかろうじて嵐を回避して退却に成功したが、この一件でブリタニアは南方の艦隊を半分失うことになった。惨状をクラウン・ジュエル号から眺め、ランキンは笑った。「ムーングロウの愚か者どもは、今こそ私の力を思い知るがいい。」

|

« 北斗EMミニイベント:島の異変レポート | トップページ | Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )一覧 »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北斗EMミニイベント:島の異変レポート | トップページ | Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )一覧 »