« ポストのお礼とお知らせ | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:EX槍試合カフェ7/25 »

2019年7月19日 (金)

Iolo Undercover/アンダーカバー

UO公式 Iolo Undercover

Facebook広田剣 アンダーカバー - Iolo Undercover

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

Iolo Undercover

Posted on July 18, 2019 by UO Dev Team
7/18/2019

We invite you to sit back and enjoy, Iolo Undercover.

By EM Malachi

“You’re Iolo the Bard!”

“Not today I’m not. I’m just someone with a bowl of stew. Mind if I take this seat?” The bard sat down. “How are you doing today?”

Feridwyn examined the bard sitting across from him. An old cap covered shaggy white hair, and there was a warm smile behind the long beard. “I’m well. What brings you to the Fellowship?”

Iolo tentatively ate a small spoonful of the stew and looked pleasantly surprised. He set to work on the bowl. “I heard of the good work being done here and wanted to see it for myself.”

“What do you think so far?”

“I think I’m hungry. After a morning of stacking crates, I still have a lot of questions. The first being: Is this really the best way to help people?”

“Many have voiced doubts about our work, even a dear friend of mine, but trust is required.”

Iolo thought for a moment. “That reminds me of a story.”

There once was a farmer who bred and trained horses. One day, when he went into his stable, a voice said to him, “The nail holding the lantern is loose. One good gust, and it will fall.”

The farmer didn’t see anyone, just his horses, but he went over to the lantern and checked. The piece of wood was rotten, and the nail fell right out when he pulled on it. “Thank you! The whole place could have burned down.”

“You’re welcome!” said the strange voice.

A few days later, the farmer was getting ready to repair the thatch on the stable roof. He had the ladder in place when the same voice said, “The ground is soft under one rail. It’ll sink as you climb, and you will fall.”

Again, the farmer only saw a few of his horses in the corral, but he checked the ladder. One side was indeed sinking into the ground. “Thank you again! May I know your name?”

“I have a couple of names, but all my friends call me Smith.”

A couple of weeks later, the farmer was purchasing a new saddle from a traveling merchant in the village, when the voice warned him, “Don’t buy that saddle. The rigging isn’t attached very well.”

The farmer checked the straps and didn’t see a problem, and the merchant assured him that no one had ever had a problem with one of his saddles. Since it was a very good deal, the farmer ignored the advice. “I think I know a thing or two about saddles.”

The farmer put the new saddle on the horse and started the ride for home. Feeling good about his purchase, the farmer started to push his horse into a brisk gallop. As horse and rider turned the bend for home, the farmer saw the fence gate had somehow shut, and he decided to try to jump it. The horse under him had other ideas and instead turned off to the side. Just then the billet straps tore loose, and the rider tumbled off the horse into a puddle of soft mud.

While the farmer was wiping the stinking mud from his face, the horse bent his head down. “I also know a thing or two about saddles. While you are putting on our old saddle, grab me a sugar cube.”

As Iolo finished his tale, Feridwyn laughed. “My little ones would have loved that story.” Feridwyn’s face darkened for a moment when he remembered. “I need to see about a food shipment to Ter Mur.”

Iolo patted the other man’s shoulder as Feridwyn got up to leave. “I know what you’re going through. It’s difficult. Let me know if you ever want to talk about it.”

Feridwyn gave a sad nod. “If you stick around, I’m sure we’ll share another meal. Good meeting you, Iolo.” He left.

Iolo wiped a crust of bread along the bottom of his empty bowl. “For a cult, they make a decent stew.”

・・・・・・・・・・・・・・

アンダーカバー - Iolo Undercover
出典: UO公式
https://uo.com/2019/07/18/iolo-undercover/

By EM Malachi

「吟遊詩人のイオロではありませんか?」

「少なくとも今はそうじゃない。シチューボウルを抱えた、ただの腹ペコのおっさんだ。ここに掛けても構わないかね?」吟遊詩人はそう言って座った。「調子はどうだね?」

フェリドウィンは向かいの席に座った吟遊詩人を観察した。白いぼさぼさの髪を古びたキャップで覆い、長いあごひげの下には暖かなほほ笑みをたたえていた。「元気にやっています。なぜ、あなたがフェローシップに?」

とりあえずシチューをひと口すすったイオロは、良い意味で期待を裏切られたような顔をした。彼は立て続けにシチューをすすった。「ここで良いことが行われていると聞いたんでね。自分も何かの役に立てると思ったんだ。」

「どう思われました?」

「腹が減ったよ。朝から積み荷の上げ下ろしをやらされたが、疑問だらけだ。そもそもこれが本当に人々を救う最適な方法なのかい?」

「多くの者が仕事の内容について疑問を口にしますし、私の親友ですらそうです。しかし、信じることが必要です。」

イオロは少し考えると言った。「こんな話を思い出したよ。」

=============

その昔、馬の繁殖と訓練を生業にしている農家があった。ある日、主人が厩舎に行くと声がした。「ランタンを吊っている釘が緩んでいる。風が吹けばランタンが落ちるだろう。」

主人は辺りに自分と馬以外は誰もいないことを確かめたが、ランタンを点検することにした。腐った木片に刺さった釘を引っ張ると、それは難なく抜けた。「ありがとう! 何もかもが燃えてなくなってしまうところだったよ。」

「どういたしまして!」 奇妙な声が答えた。

数日後、主人は厩舎のかやぶき屋根を修理しようと準備していた。奇妙な声が聞こえた時、主人はまさに屋根にはしごを立て掛けたところだった。「はしごの片側の地面がぬかるんでいる。上ると同時にはしごが沈んであなたは落ちるだろう。」
またしてもそこには囲いの中に数頭の馬がいるだけであったが、主人ははしごを点検した。はしごの片側が本当に地面にめり込んでいた。「また助けてくれてありがとう! 名前を聞いても構わないかい?」

「私には名前がいくつかあるけれど、友だちはみんな僕をスミスと呼ぶよ。」

数週間後、主人は村に来ていた行商人から新品の鞍を買ったが、声は主人に警告した。「その鞍を買ってはいけない。索具の具合が良くないようだ。」

主人はベルトを点検したが、特に問題はないように見えた。商人もまた、これまで彼の売る鞍に問題が起こったことはないと請け合った。これはとても良い取引だったので、主人は声を無視した。「鞍について多少の知識はあるつもりだ。」

主人は馬に新しい鞍を着けて跨り、家へと向かった。自分の買い物に満足しており、はやる気持ちは馬をきびきびとギャロップさせた。馬と主人が家へと続く角を回ると、なぜか垣根の戸が閉まっており、主人はそれを跳び越えてみることにした。しかし、馬は違ったようでそうする代わりに脇へと避けた。その瞬間にベルトが緩み、主人は柔らかな泥だまりの中へと転げ落ちた。

主人が悪臭のする泥を顔からぬぐっていると、馬が顔を近づけて来て言った。「私も鞍について多少のことは知っている。古い鞍に付け替える間、角砂糖を一つ、くれないかい?」

=============

イオロが語り終えるとフェリドウィンは笑った。「僕の子どもたちはきっとその物語を気に入っただろうな。」回想するわずかな間、フェリドウィンの顔が曇った。「テルマーへの食糧支援の件を片付けて来なければ。」

イオロは行きかけたフェリドウィンの肩を軽くたたいて言った。「君が何をしているのかわかっているつもりだ。困難を伴うだろうが、それについて話したくなったら知らせてくれ。」

フェリドウィンは悲しげに頷いた。「ここに居てくださる限り、また食事をご一緒する機会もあるでしょう。イオロ、あなたにお会いできてよかった。」そう言って彼は去った。

イオロは空になったシチューボウルの底をパンの耳できれいに拭いた。「カルトにしてはまともなシチューを作るものだね。」

|

« ポストのお礼とお知らせ | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:EX槍試合カフェ7/25 »

01:UOニュース。」カテゴリの記事

03:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators」カテゴリの記事

34:Publish 106関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポストのお礼とお知らせ | トップページ | 北斗プレイヤーイベント:EX槍試合カフェ7/25 »