27:.Publish 103関連__

2019年1月 7日 (月)

北斗プレイヤーイベント:第71回シャドウガード調査レポート&2018匠ツリーYew 2巡目?

2019年1月6日に行われた 北斗プレイヤーイベント:第71回シャドウガード調査のレポートおよび、そのあとに行われた2018匠ツリーのなんと2巡目・・・・・の星付けレポートです。

20190106_123125329_2
1月4日から仕事はじめのひとも、1月7日から仕事のひとも・・・・ってしごとのしは死?

まぁ、だらけるよね。

20190106_123125329_3
気づいたらBOXにされていた けだもの。

20190106_123125329_4
鐘楼でのドラゴンは鳥葬に近い状態にあった・・・・・
          (鳥葬は各自調べてね。初めて知ったよ

20190106_123125329_5

小部屋終了、屋上までの休憩5分間は芋について語り合った。

とある戦士が海外旅行に行っているので赤い人の隣が一人分空席でした(違

20190106_123125329_6
なかなか降りてこない牛

20190106_123125329_7
アンデッドカメヲがでた方や、今 流行りの鞭を使った人に帯がでたり、お年玉をもらえた方々おめでとうございます!

20190106_123125329_8
その後、2019年1月6日13:59で終了するはずだった2018匠フェスティバル。

もう日時は過ぎたのに2巡目がYewにやってきてしま・・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

北斗は3年連続 ツリーに☆が付いたけれど、今年2018年分の首長不在の街のアンカーはYew首長ががんばったといっても過言ではない。

なのに、だ。

もう終わったー!やったー!と気が抜けているところになんだこの仕打ち。

というわけで、急遽イベントが開催され、2巡目を迎えたYewツリーに☆をつけることに。

詳細はこちら

バルクはすべてYew首長が用意してくださっています。

20190106_123125329_9
どうやら、サンタエルフのPDを開いてバッグに物をいれることができるらしい。

雪玉を入れてある、とのことで、Yew首長から雪玉をいただき、エルフに投げつける。

20190106_123125329_10
こんな感じで(笑

20190106_123125329_11
Yew首長からバルクを皆で受け取り、エルフサンタにどんどん渡していく。

ひとりで渡すと時間がかかってしまうので、ここはどーんと!

20190106_123125329_12
ちょっとだけ木っぽくなる

20190106_123125329_13
大木になる

20190106_123125329_14

飾りがつく

20190106_123125329_15
星がてっぺんにつく!

おめでとう!

20190106_123125329_16
これで本当に2018匠フェスタ 北斗全街のツリーに☆が付いたと呼べるだろう。

そして、本当のアンカーはYew首長!

ありがとうございました。そしておつかれさまでした。

2019の匠フェスタはもう、バルクじゃないものにしてもらいたいよね?

あとはたしかに、生産と戦闘と~とかジャンルの違うイベントは必要だけど、一緒すぎるのはどうかと・・・・

飽きさせない!という気持ちはわかる、ありがとう!

だけど、詰め込みすぎです、メサンナさま・・・。

和鯖は、ほら、課金プレイヤーが若くな・・・・(げふんげふん

ともあれ、おつかれさまでした!

*おまけ*

20190106_123125329_1
ステイジアンドラゴンの衣装で変身して雪玉を投げている様子。

後ろ姿なんだけど、この連続した動きが、中国雑技団の動きのようで、金色の後頭部がまるで仮面をつけた顔に見えてしまうんだ・・・。

| | コメント (3)

2019年1月 5日 (土)

北斗2018匠ツリー ブリテインも星がついた!

20190105_205331913
2018匠ツリーの最後を飾るブリテインのツリーにも星がついていました!

これはアンカーとしてユー首長ががんばってバルク奉納してくださった賜物。

ブリテインのツリー

なんだか慌ただしかったpub103

結局、トレーダーは2回(3回でクランプスからアイテムをもらえる可能性)でクランプスの姿だけ拝んで終了した2018。

匠の報奨も今回はそろえるのがつらくて、

Artisan Festival 匠のフェスティバル報酬2016~2018のまとめ

2018のMaskランタンが最後にやっと2個でた。奇跡!

2016~2017のものはガンガンでるのだが。

これもクリーンアップブリタニアのポイントにしてくれればいいのに・・・。
匠のギフトボックスもポイントにならないし。

うーん。

でも、2018年も北斗のツリー全部に星をつけることができたのは、

各街の首長さんや各市民、
首長のいない街、なかなか育たない木を抱える街のアンカーを務めてくださったユー首長のおかげだと思います。

そのおこぼれをいただいている自分もいるのです。

ありがとうございました!

| | コメント (2)

2019年1月 1日 (火)

2019あけましておめでとうございます!北斗2018匠ツリージェロームも星ついた!

2019あけましておめでとうございます!

20190101_022754239_1
だがしかし、年越しそば食べてたら、カウントダウンには間に合わず・・・・。

20190101_022754239_2
でも、皆さんに会えたし、ピンクの豚 イノシシにも会えたからいいか。

20190101_022754239_4
20190101_022754239_5
巫女不在と書かれていたけど、

20190101_022754239_6
Saki ちゃんが一応巫女を務めていた。

けれど、働いていないからいないも同然?

20190101_022754239_7
おみくじの結果をあっちこっちと場所を変えながら発言してもだめっぽい?

20190101_022754239_8
その後、ジェロームのまったく育っていないツリーを見に行く。

年末すぎてみなさんリアルも忙しかったからかもしれない。

自分も用事を済ませるのが精いっぱいでPC電源すら入らず状態だった。

20190101_022754239_9
ユー首長さんがたくさんのバルクを用意してくれたものを、集まった皆にわけてくれたので、それを次々と投入していく。

やっと小さい木が生えたり

20190101_022754239_10
ステップアップ

20190101_022754239_11
飾りがついた!

20190101_022754239_12
星がついた!

20190101_022754239_13
おめでとぉぉぉ!

北斗今のところ、全部星がついている!

ユー首長、今回はほんとにはじめからの育成ありがとうございました!

大変だったでしょう、年末の忙しい時に・・・。

20190101_022754239_14
神社にもどって2019のタイトル画像撮影。

20190101_022754239_15
気まぐれSaki 巫女が働いていた。

その後、こんな記事を書いていたら、2019年1月1日 2:56

初日の出みるんだから、もう寝よう!

おやすみなさい!

| | コメント (6)

2018年12月27日 (木)

北斗ミノック匠ツリー2018 かわいらしい。

はじまっています、ミノック。

20181227_120259625_2
ちょいちょいバルクつっこんではいるけれど、計算もせずに入れていることもあり、なかなか育たない。

でも、この姿、かわいいから好き。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

北斗ムーングロウ2018匠ツリープレゼントいっぱい!

ムーングロウにもプレゼントがいっぱい届きました!

20181226_230531453
やっぱりツリーに星、プレゼント一面ってキレイキレイ!

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

The Blind Beggar’s Friend/盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

UO公式 The Blind Beggar’s Friend

Facebook広田剣 盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・

The Blind Beggar’s Friend

Posted on December 21, 2018 by UO Dev Team

The Blind Beggar’s Friend

By EM Malachi

“Step right up, friend! Look at these! I’ve got all manner of winter and holiday cards, painted by Alberta Giacco herself. Christmas, Yule, and even Walrus Festival! Get your Season’s Greetings here! Some have faux gold foil! It even sounds expensive…

I can see you are a customer of discerning taste, going for the strange and unique. You want to know about that card? Why would someone want a card with such beastly and daemonic iconography this time of year? Well, it scares the little ones into behaving. Children love to be scared almost as much as they love presents, and Ole Krampus is the one to do it.

Wait, wait, you don’t know the story of Krampus? I thought everybody did. I’ll tell you the story my mother told me while you consider purchasing these dancing ethereal prints:

Many years back, there was a pair of beggars, Old Joe and his friend. Both had seen better days, and the Winter months were cold in Vesper. Still, even huddled under a bridge, home was home. Each year, Old Joe would save a coin here or there, and for the holiday, he would buy a bottle of brandy for the pair to share. It would warm them right up, and they’d retell stories from over the years.

In time, his friend, being the older of the two, passed on, but Old Joe would still scrimp and save for the holiday brandy. He’d pour out a cup for his departed friend and anyone else who’d drink with the old beggar. He’d raise a toast to the New Year, but also to better times, when he was young and had loaded cargo onto ships bound for all over Britannia. He continued this tradition even after the years had taken his sight.

There came a time when this city focused more on progress than the care of its people, and a particularly nasty merchant used his wealth and position to force the poor from Vesper. Most beggars left for kinder places, such as Minoc or Britain, but not Old Joe. The blind beggar had no way to travel, and home was home.

That Winter was one of note, the coldest in a hundred years. The streets were empty, save one, for Old Joe was forced from every doorway because of the merchant’s influence. At the same time, a terrible monster wandered out of the Covetous Mountains, drawn forth by greed and malice. It saw the old beggar resting in the street, and I don’t doubt that it meant to maul him.

Old Joe wasn’t aware of the danger and spoke, ‘Friend, I can hear you even if I can’t see. Since we both find ourselves out and about, please share a drink with me.’ He poured some brandy and held it out. The beast took the tin cup in its claws and drank. The sweet drink, with a taste that hinted at spring, calmed the beast. It sat next to the beggar and listened as he talked.

At the end of the bottle, Old Joe toasted with the monster a final time and laid down. ‘My friend, I think this is my last winter, but I’m glad I didn’t have to spend it alone.’

They found Old Joe the next day, long gone but with a smile on his face. There were two cups and monstrous hoof prints around him, but not a hair had been harmed. As for the cruel merchant, he disappeared that very night, and no trace of him was ever found.

Thanks for listening, friend, and I hope you have a wonderful holiday season. Enjoy life and the little things, but come these winter months, be kind and be good. Share a coin with a beggar, have a drink with a friend, or send that lovely card to your dear granny. Don’t ever be naughty, or Ole Krampus will find you!”

・・・・・・・・・・・・・・・

盲目の物乞いのお友だち - The Blind Beggar's Friend
出典: UO公式
https://uo.com/…/ultima-o…/fiction/the-blind-beggars-friend/

By EM Malachi

“寄ってらっしゃい、見てらっしゃい! グリーティングカードを各種取り揃えておりますよ! こちらはアルベルタ・ジャンコのイラスト入り、クリスマス、キリストの降誕祭からセイウチ・フェスティバル用だってありますよ! これなんて金箔みたいでしょう? すごく高級に見えますよ……

ふうむ、そこのあなたは確かな審美眼をお持ちのご様子、変わったものや、希少なものがお好きなようですね。そのカードが気になりますか? なぜ、この時期にこんなおぞましい悪魔のような図柄のカードが人気かご存知で? そうですとも、これは小さな子どものしつけに使われるんです。子どもたちはプレゼントと同じくらい怖い話が好きなものですよね。クランプスはそれにうってつけなんです。

おやおや、クランプスの話をご存知ない? 私はてっきり皆さんご存知だとばかり思っておりました。よろしければ、その今にも飛び出しそうな幻想的な図柄のカードをお買い上げただくかお考えの間、私の母から聞いた話をお聞かせしましょう。

何年も前の話です。二人の物乞いがおりました。年老いたジョーとその友人です。二人ともかつてはもっとましな時代があったのです。ベスパーの冬はそれは厳しいものでした。でも、橋の下にうずくまればそこが家でした。毎年毎年、年老いたジョーはクリスマスに二人分のブランデーを買うために、こつこつと貯金をしていました。それはたちどころに二人の体を暖め、彼らは思い出話に花を咲かせるのです。

やがて、ジョーよりも年上の友人はこの世を去りました。しかし、ジョーはクリスマスのブランデーのためにやりくりすることをやめませんでした。そして彼は先に逝った友人のカップと、年老いた物乞いと飲もうという者たちのカップに酒を惜しみなく注ぎ続けたのです。彼は新年のために、そして若かりし頃、船の積み荷とともにブリタニア中を巡った良き時代のために乾杯しました。彼はこの習慣を、やがて視力を失ってからも何年も続けました。

いつしかベスパーの街は人々の保護よりも、自らの発展を重視するようになって行きました。とりわけ非道な商人が、金と権力にものを言わせて貧しき者たちを弾圧し始めたのです。多くの物乞いたちがミノックやブリテインなど、より暮らしやすい場所を求めて去って行きました。しかし、盲目の物乞いにはなすすべはなく、彼にとっての家はここしかありませんでした。

その年の冬は記録に残る年でした。何百年に一度という大寒波が襲って来たのです。通りに人影はなく、人々は商人を恐れ、ジョーはドアというドアから締め出されてしまいました。時を同じくして、悪意と欲を嗅ぎつけたモンスターがコブトスの山からやって来ました。それは年老いた物乞いが通りで休んでいるところに通りかかり、誰もが彼が八つ裂きにされることを疑わなかったでしょう。

年老いたジョーは危険が迫っているとは露ほども思わず、モンスターに話し掛けました。「友よ、あなたの姿は見えないが、私は聞くことができる。ここで出会ったのも何かの縁だ。どうかいっしょに飲んでおくれ。」そしてブランデーを注いで差し出しました。モンスターは錫のカップをかぎ爪で掴んで受け取ると、中身を飲み干しました。甘く、春を思わせる味の飲み物はモンスターを落ち着かせました。モンスターは物乞いの隣に座ると彼の話に耳を傾け始めました。

瓶が空になるとジョーはモンスターに最後の乾杯をし、横になりました。「友よ。おそらくこれが私にとって最後の冬になるだろうが、こうして誰かと過ごすことができたことがうれしいよ。」

翌朝、長い旅に出たジョーの顔には微笑みが浮かんでいました。人々は二つのカップとその周りにある巨大な蹄の跡を発見しましたが、ジョーが危害を加えられた形跡はありませんでした。しかし、無慈悲な商人は、まさにその夜跡形もなく姿を消したのです。

お聞きくださってありがとうございます。どうぞ、素敵なクリスマスをお過ごしください。人生を、そして些細なものたちを楽しんでください。冬の間は親切で善良でなくてはなりません。物乞いには施しを与え、友人たちと酒を酌み交わしてください。あるいは祖父母たちにカードを送ってあげてください。悪いことはしてはいけませんよ。さもなくばクランプスがあなたを見つけますからね!”

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

北斗ニューマジンシア2018匠ツリープレゼントだらけ!

Bandicam_20181223_012017852

ニューマジンシアのいいところは、かわいい建物内にプレゼントがびっしりになるところ♪

20181223_012312195
2018年分ベンダーに置きました。

でも、彫刻が1種類だけどうしても来ない・・・・。

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

農夫の山羊 - The Farmer’s Goat

UO公式  The Farmer’s Goat

Facebook広田剣 農夫の山羊 - The Farmer’s Goat

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・・

The Farmer’s Goat 

By EM Malachi

The winter winds slammed shut the heavy wooden door, and Dr. Cat looked up from the glass he was cleaning. A bewildered young man in a straw hat had entered the Cat’s Lair Tavern, and the bartender knew he wasn’t one of the regulars. Dr. Cat smiled and set the glass on the bar in front of an empty stool. The young man’s shoulders relaxed, and he sat down. He dropped a worn bag that clinked on the bar and asked for ale.

After he’d poured the drink, Dr. Cat picked up the stranger’s coin purse from the bar, “Let’s see. By look and weight, you’ve got twenty-seven gold pieces, ten nails, and a fine apple.”

“That’s amazing!”

“One of my many skills. However, I’d suggest you take better care with your things. Some people may take more interest than they ought.”

“What do you mean?” asked the young man.

“I love this city. It has good music, food from across the Kingdom, and more people than anywhere else. Some of those people are the soul of Compassion, but others… less so. I’ll give you an example. Mind if I borrow those nails for a demonstration?”

When the young man didn’t protest, Dr. Cat took out the nails and set the ten out in a row. “The game is Nim. We take turns picking up one, two, or three nails. Whoever picks up the last nail wins the round. You can go first.”

“Seems easy enough.” The young man removed three from the row.

Dr. Cat took a single nail. “Easy isn’t always enough.”

The stranger took another two nails, and Dr. Cat took two as well. Taking the last pair, the young man seemed happy. “I won!”

Dr. Cat nodded and set up another tenfold row. “Let’s play a couple of games with me going first.”

They played a few more games with Dr. Cat winning and his opponent growing more frustrated. At last, the young man put down the nails in his hand and conceded. “I don’t know what I’m doing wrong.”

Dr. Cat smiled and refilled his patron’s ale. He dropped the nails back into the bag. “You didn’t do anything wrong. The game’s not fair. Games like this exist to pull people in and separate them from what’s theirs. Let me tell you a story:

A few years ago, a farmer from Skara Brae came to town with a full cart pulled by his pet goat. It had been a wonderful harvest, and he planned to use the extra money to help his cousin buy a farmstead. It didn’t take long for him to sell all that was in his cart, so he decided to take a walk and see what Britain had to offer.

The farmer and his goat eventually came upon a man playing this very game against whoever would try their luck. The gambler already had a pile of winnings: a few coins, a bag of onions, and a giant parsnip. The farmer tried his luck, and the gambler let him go first. The farmer won that first game and the next few. He was so happy he fed the parsnip to the goat.

The gambler asked for a chance to win back his losses, unwrapping a glittering pile of coins. Since it was greater than the value of everything else, the gambler asked if the farmer would also wager the goat. Seeing a chance to get that farmstead for his kin, the farmer agreed. I guess the goat knew the huckster was dishonest, since it tried to eat the stones they were playing with!

The farmer graciously let the gambler go first, and you can guess how that turned out! The farmer, being a good sport, gave the goat a pat behind the ears and handed the rope over. He walked back to his cart and left town.

No sooner had the farmer left than the goat got stubborn, refusing to move. Threats and carrots wouldn’t change its mind. The gambler tried to drag the goat across town to the butcher’s shop, but that ornery beast was having none of it. It kicked the huckster as hard as it could and ran off. With the gambler at its hooves, it crawled into the sewers under Britain, and the gambler sure didn’t want to follow.

I don’t know what happened to the goat in those murky tunnels, but it’s still alive. Maybe it was possessed by a daemon or changed by some potion mix from the Sorcerer’s Delight. Some say it crawls up out of the sewers at night for all manner of mischief: chasing down cheaters, kicking in the doors of dishonest merchants, trampling the flower beds of mean landlords, or stealing stale bread that no baker should dare to sell.”

Finished with his story, Dr. Cat handed the coin bag back to the young man. “Anything else I can help you with?”

The young man considered for a moment. “I’m looking for work. I have a bit of experience as a carpenter.

“I know Arty down on the docks is hiring, if you are interested in building ships. The Cavalry Guild also needs a new fence. Whichever you choose, tell them Dr. Cat sent you.”

The young man pulled a coin from his pouch and tried to pay for the drink, but Dr. Cat refused. “Get yourself all set up, and come payday, swing by and have a meal here. We make a mean meat pie.”

Later when he was pouring the wash water down a drain into the sewer, Dr. Cat spoke through the grate, “I helped that young man, so I hope you won’t be giving me any trouble tonight on my walk home, Krampus.”

In the murky darkness under Britain, something moved.

・・・・・・・・・・

農夫の山羊 - The Farmer’s Goat
出典: UO公式
https://uo.com/…/ultima-online-wi…/fiction/the-farmers-goat/

By EM Malachi

冬の突風が重い木の扉をバタンと音をたてて閉じた。ドクターキャッツは磨いていたグラスから顔を上げた。麦わら帽子をかぶった若い男が困惑した様子でキャッツレアーに入って来たのを見て、このバーテンダーは彼が常連ではないことを確認した。ドクターキャッツは微笑んで、空いているスツールの前にグラスを置いた。若い男はほっとしたように肩の力を抜くとスツールに腰かけた。すり切れたバッグをカウンターにひっかけると、エールを注文した。

ドクターキャッツは飲み物をグラスに注ぐと、カウンターに置かれた若い冒険者の小銭入れを手に取った。「ちょっと失礼するよ。この見た目と重さからすると、この中には27ゴールド、釘10本、そして立派な林檎が1個入っている。」

「すごいや!」

「私の数ある特技の中の一つでね。それにしても、君はもう少し自分の持ち物に注意を払った方がいい。身の程知らずの利益を得ようとする人間もいるからね。」

「どういうことですか?」若い男が聞いた。

「私はこの街を愛している。ここには素晴らしい音楽、国中から取り寄せられた食品、そして何よりも人々で賑わっている。多くの人々は慈愛に満ちているが、そうでない者もいる。例えばこんなことだ。説明するのに釘を借りてもいいかい?」

若い男が異を唱えるはずもなく、ドクターキャッツは10本の釘を取り出して等間隔に並べた。「これはニムってゲームだ。順番に1本、2本、あるいは3本の釘を取って行って、最後に釘を取った方が勝ちだ。さあ、最初にやっていいぞ。」

「簡単そうです。」若い男は3本の釘を抜き取った。

ドクターキャッツは1本の釘を抜き取って言った。「簡単に越したことはない。」

男はさらに2本の釘を抜き、ドクターキャッツもまた2本の釘を抜き取った。最後に残った2本の釘を見て、男は嬉しそうに叫んだ。「僕の勝ちだ!」

ドクターキャッツは頷くと、ふたたび釘を10本並べた。「もっとやってみよう。今度は私からだ。」

彼らはゲームを続けたが、いずれもドクターキャッツの勝利に終わった。若い男は不満を募らせた。ついには手に持った釘を置いて降参した。「何が間違っているのかわからないや。」

ドクターキャッツは微笑むと客のエールをついでやった。釘を入れ物に戻すとこう語り始めた。「君は何も間違ってはいないさ。このゲームはフェアじゃない。この種のゲームは人を振り回して本来の自分を失わせるためにあるんだ。例えばこんな風にね:

何年か前の事だ。スカラブレイの農夫がカートに物資を山積みにして、ペットの山羊に引かせて街へとやって来た。今年の収穫は素晴らしく、彼は手にした金で、いとこが農場を買うのを支援してやるつもりでいた。カートの収穫物を売るのにさほど時間はかからなかったので、彼はブリテインに何があるのかを見て回ろうと考えた。

農夫と山羊は、ある男が人々を相手に例のゲームに興じている場面に出くわした。この賭博師はすでにたくさん勝っていた。農夫はいくばくかのコインと、玉ねぎを一袋、大きなパースニップの束を運試しに差し出した。賭博師は農夫に先にやるよう促した。農夫は最初のゲームを勝ち、次の次も買った。彼は嬉しくなってパースニップを山羊に与えた。

賭博師は輝くコインの山を取り出しながら、負けを取り返したいと農夫に懇願した。コインは農夫の所持品すべてを上回る金額だったので、賭博師は山羊を賭けるように言った。いとこに農場を買ってやれるチャンスだと思った農夫は飛びついた。山羊はきっとこの賭博師を信用していなかったに違いない。ゲームに使う石を食らおうとしていたのだから!

農夫は賭博師に先にやるよう丁寧に申し出たが、それがどのような結果を招いたかはもうおわかりだろう! 正直者の農夫は山羊の耳の後ろをそっと撫でてやると、ロープを差し出し、カートまで戻ると街を後にした。

農夫が去ると山羊は途端に言うことを聞かなくなり、その場を動こうとしなくなった。脅しもニンジンも効かなかった。賭博師は肉屋まで山羊を引きずって行こうとしたが、それもこの頑固な獣には通用しなかった。山羊は賭博師をありったけの力で蹴とばすと、一目散に逃げだした。賭博師を足蹴にしたまま山羊はブリテインの下水道に逃げ込んだ。賭博師は無論のこと追うことはしなかった。

その後その山羊に何が起こったかは知る由もないが、彼は淀んだ下水道でまだ生きている。おそらくは悪魔に魅入られたか、魔法屋“Sorcerer’s Delight”から廃棄されたポーションの混ぜ物によって姿を変えられてしまったのだろう。ある者は彼が夜な夜なあらゆるいたずらを仕掛けようと、下水道から這い上がって来るのだと噂する。いかさま師を追いかけたり、嘘つき商人の家のドアを蹴とばしたり、意地悪な主人の花壇を踏み荒らしたり、パン屋がこっそり売りぬこうとしていたひからびたパンを盗んだりするのだとね。」

語り終えると、ドクターキャッツは小銭入れを若い男に返して言った。「ほかに何か必要なものは?」

若い男は少し考えて言った。「仕事を探しているんです。大工として少しばかりの経験があります。」

「もし船を造るのに興味があるなら、船着き場にいるアーティーが人を探している。騎兵隊ギルドもフェンスを新調したがっている。どちらでも好きな方を選んで、ドクターキャッツの紹介だと言えばいい。」

若い男は小銭入れからコインを取り出して飲み物代を置いて行こうとしたが、ドクターキャッツは頑として受け取らなかった。「まず自分のことをしっかりやって、給料日になったら来たまえ。ふらりと立ち寄ってくれたあかつきには、ここで食事をしてほしい。すごいミートパイがあるんだ。」

客が帰った後、ドクターキャッツは洗い物に使った水を排水口から下水に流しながら、格子の向こうへ声を掛けた。「私は若い男を助けたよ。だからどうか、今夜の帰路を邪魔するのはやめておくれ。わかったね?クランプス。」

ブリテインの淀んだ暗闇の中で、何かが動いた。

| | コメント (0)

トレーダークエスト  Krampusにすぐに会いたい!でもそれってどこに沸いたのよ?というアナタへ。

・・・・・・・・・・・・・・

そもそも、導入されて半月経ち、12月も半ばだというのに、まだ1回しか Krampusにあっていないんですが、ヤバイですか?サンタのレシピ・・・・。

さて、pub103で導入された Krampus。

トレーダークエストの基本はこちらから

トレーダークエストPublish 86 一覧

新しくpub103で導入されたものは、Publish 103 一覧 に載せてありますが

ざっくりというと

- トレーダークエストを実行しているプレーヤーは、Krampusがスポーンするとその位置情報をメッセージで受け取れるようになります。

- Krampusのスポーンするメカニズムを改良し、実際にスポーンするまで5分の待機時間が設定されました。これによりすべてのトレーダーの皆さんが戦闘に参加可能になります。Krampus Minionや氷属性のクリーチャーたちもこの待機時間中にスポーンするようになります。

- Krampusの前回の出現から再出現するまでの間、トレーダークエストに実際に参加していなかったプレーヤーは報酬を得られる確率が下がります。トレーダークエストを一回以上、二回完了した時点で確率が上昇します。

- Krampusの前回の出現から再出現するまでの間、トレーダークエストを三回以上完了しているプレーヤーはKrampusの報酬を保証されます。

・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、Krampusってどこに沸いたのよ??

20181214_074605512_1
こうやって教えてくれるのはいいけどさ、それってどこよ?

こういうときは、VMさんの地図ソフトが便利です。

UOA不要!UO地図ソフト:UOAM,UOCの後継をガチで目指すuovmcリリースバージョン uovmc 0b22 (2018年12月6日更新)

このブログの右サイドにもリンク載せています。
UOAがなくても使えるので超便利ですよ。

https://uovm.info/?p=bulk95

20181214_074605512_2
いまここが現在地です。

地図ソフトはダブルクリックして枠が消えている状態だと、常に正面にでているので地図どこいったー?ってなりません。すみっこに置いておけばいいです。

20181214_074605512_3
地図ソフトを右クリックするとメニューがでる。

六分儀入力をポチ

20181214_074605512_4
そこにさっきNPCが叫んだものを入力。

余計な記号(たとえば ’ みたいなやつ)いらなし、大文字でも小文字でもいいのだ。

詳細はhttps://uovm.info/vmc/?m=84f563bf42bd7b785cbdce55541b290f を見てください。

入力したら、マーカーの追加をポチ

20181214_074605512_5
ここが Krampusスポーンの場所です!!!

で、ここは自分からみたらどこよ?

マウスのホイールをぐるぐるすれば倍率が変わるので

20181214_074605512_6
こんな感じで位置関係がわかる。

トレーダー中はリコールなどはできないので、近くなら走る、もしくは、トレーダークエをキャンセルして現地へ飛ぶ。

無事に Krampusを退治することができたら、もうこのマーカーは不要になるので、

20181214_074605512_7
地図ソフトを右クリックしてメニューをだし、一時マーカーを削除、この場合はマーカー1なので、左側にでているMarker1(687,1388)にカーソル合わせれば、削除される。

(*゚∋゚)のように、リアルでも道を覚えない、イマイチ土地全体の方角とかわかんないっていう方には、オススメなものだと思います。

| | コメント (2)

2018年12月13日 (木)

2018匠のフェスティバル北斗べスパー&トリンシックも星がついています。

べスパーはもうプレゼントがいっぱい!

20181213_ves1
トリンシックはあっという間に星がついていた。

20181213_2tori2
匠のみなさん、そして各街の首長さま、ありがとうございます!

そしておめでとうございます!

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

(*゚∋゚)Shop総合 01:UOニュース。 02:BNN 02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators 03:UOSA新システム一覧表 04:Stygian Abyss クエスト一覧 05:Underworld クエスト一覧 06:Ter Mur-Royal Cityクエスト一覧* 07:UOSAクエスト-随時更新- 07:UOSAメモ一覧 09:UOSA導入新システム関連(*゚∋゚)memo 10: UOSA情報関連 11:UO High Seas 新システム一覧表 12:未踏の航路-Adventures on the High Seas-関連 13.深海クエスト関連 13.深海クエスト関連一覧 14::テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」システム一覧 14::テーマパック「王のコレクション」 14::テーマパック「王のコレクション」一覧 14:テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」 15:エクソダス戦関連 15:ブラックソン城ダンジョン一覧 15:ブラックソン城ダンジョン関連 16:トレーダークエスト一覧 Publish 86_ 16:トレーダークエスト関連 Publish 86 17.ToL(Time of Legends.Publish 90) 関連 17.ToL(Time of Legends.Publish 90)一覧 18:.A Valley of One. ひとつの谷(Publish 92)関連 18:A Valley of One.ひとつの谷(Publish 92 )一覧 19:Publish 93 関連 19:Publish 93クエスト一覧(ミュルミデックスの脅威/ジーパクトリオットルの熱狂/蔓延の根絶 20::Publish 94 一覧 20::Publish 94 関連 21:Publish95一覧 21:Publish95関連 22.Publish 96 一覧 22.Publish 96 関連 23..Publish 97 一覧 23.Publish 97 関連 23.Publish 98 関連 23.Publish 98一覧 23:.Publish 99一覧 23:Publish 99 関連 24..Publish 100 関連_ 24..Publish 100一覧 25..Publish 101関連 25.Publish 101一覧 26:.Publish 102関連_ 26:Publish 102一覧_ 27:.Publish 103一覧 27:.Publish 103関連__ 28:Publish 104 関連 28:Publish 104 一覧 90: UO北斗EMサイト総合 91:hNN(北斗EMサイト) 92:北斗EMイベント告知 93:北斗EMイベントレポート 94.EMイベント:評議会レポート 95:UOイベント告知関連。 96:UOイベントレポート。 97:期間限定イベント/アイテムなど。 99:(*゚∋゚) memo。 99:(*゚∋゚)事。 99:(*゚∋゚)的宣伝とか。 Five on Friday/開発チームに質問!/プロデューサーからの手紙/あなたの質問、お答えします!Ultima Online House of Commons/UO Developer Live UO以外 UO便利小技。 ときどき無限な(*゚∋゚) トレハン(*゚∋゚)memo ブリタニア☆ウォッチ 内装レア関連 内装&カスタマ関連 北斗祭り 告知 北斗祭りイベントレポート 新植物の種収集memo