29:Publish 105関連

2019年5月17日 (金)

【TC】Forgotten Treasures パブリッシュ105 - 打ち捨てられた宝

パブリッシュ105のまとめ

詳細はリンク先をご覧ください

Facebook広田剣

・・・・・

パブリッシュ105 - 打ち捨てられた宝
出典: UO公式
https://uo.com/wiki/publish-105-forgotten-treasures/

第1回TC1 リリース – 4/18/2019
第2回TC1 リリース – 5/15/2019

◎ 宝の地図 アップデート
本リリースは、計画中の宝の地図のアップデートの2回目の実施となります。新仕様は導入しながら検証を重ねるため、変更、または削除の可能性があります。このリリースが最終形になるわけではありません。
下記をお読みになり、ぜひフォーラムでの議論にご参加ください。
https://forum.uo.com/discussion/4128/pub-105-treasure-map-update-release-2#latest
※ 第1回リリース以降の変更
- 装飾キッチンセットを含む箪笥タイプのコンテナの挙動がおかしくなってしまう問題を修正しました。
- ライジング・タイドにおいてプランダービーコンから過度の付属品がスポーンすることにより、近隣のモンスタースポーンに影響を与える問題を修正しました。
- デイビーズロッカーに格納されている地図を取り出し、あるいは解読した際に正常に変化しない問題を修正しました。
- バーバリアンの宝箱を廃止し、戦士の宝箱と統一しました。
- 様々な装備品をそれぞれのテーマの宝箱にマッチするよう、再度調整を行いました。
- 特別な生産材料を匠の宝箱に移動しました。
- 地図作成(cartography)スキルが高いプレーヤーが宝箱を掘り出す場合、錆びたチェストよりも標準のチェストを掘り出す確率が高くなります。秘蔵品(Hoarde (4)) と埋蔵品(Trove (5))レベルの地図で保証されます。
- タウンクライヤーの“The Treasure Chase - 宝探し”クエストが正常に進行しない問題を修正すると同時に、新しい宝箱の形態を反映させるようにしました。クエスト進行中に支給されるアイテムのアップデートを行いました。
- パラゴン箱からイオドーンの地図が出現する可能性があります。
- レベル0の youthful treasure map の名称変更は行われませんが、地図としては機能せず、用途は装飾のみとなります。
- ランダム生成のマジック品に関しては品質の底上げを行い、アーティファクトと同等の強度を持つようになります。
- 幸運は再度、宝箱のマジック品の生成に影響を与えるようになります。
- 宝の地図、MAF、スキル上昇スクロール 、レシピスクロール、パワースクロール、実用品、超越のスクロールの数量は、宝箱のレベルに応じて保証されます。
- エールのボトルと混同しやすいSOSボトルの見た目を修正しました。
- 新アイテムはSOSボトルでチェストを釣り上げる前段階で出現します。
・家具タブで染色可能な13種の新しい絵画
・ボトルシップ
・金属タブで染色可能な舷窓
・金属タブで染色可能な錨
・金属タブで染色可能な鎖
- SOSボトルが古代SOSになる確率を上昇させました。
- 古代SOSによって釣り上げられたルート品には、難破船の名前が付与されるようになります。
-クリナップブリタニアの交換ポイントの見直しを行いました。記事末尾のリンクをご参照ください。
- 貯蔵品 (Cache(3))以上の宝箱には新しい装飾品が追加されています。
・染タブ、自然染料、各種プロモーション染料で染色可能なスカル模様の床アドオン
・トクノ諸島で入手可能な刀剣置きに設置可能な装飾用の武器
- 新MAFが宝箱のルート品として追加されています。
・伝説の地図職人の眼鏡 - 地図作成(cartography)スキルが1-5上昇します。
- 新装備は貯蔵品 (Cache(3))以上の宝箱で入手可能です。
・人間用、あるいはガーゴイル用のスカル付きのロングソード
・人間用、あるいはガーゴイル用の自然木の杖
・人間用、あるいはガーゴイル用のオクトパスネックレス
・匠のチェストから練成可能品として出現するか、その他のチェストからランダム生成のマジック品として出現します。
- 一部イオドーンの地図の宝箱のポイントが特定不可能だった問題で、ポイント範囲のサイズを修正しました。
- パワースクロールは105と110がフェルッカの宝箱から出現します。
- 一部の宝箱からゴールドと宝石以外出現しなかった問題を修正しました。
- 宝箱の掘り出しに失敗した際に別の宝箱が生成され、先に出現した宝箱が無効になってしまう問題を修正しました。
- イオドーンの宝の地図からT-Rexのスポーンを削除しました。
- オークション金庫とオークション品は家の外からでも見えるようになります。
◆ 罠解除と宝箱の鍵と罠
初回の試験導入となり、フィードバックに基づき変更の可能性があります。
◎ 罠解除の使用
・探知スキルと鍵開けスキルは罠解除の習得に要求されることはなくなります。
・罠解除の発動により隠れているプレーヤーの姿が出てしまうことはなくなりますが、その他の仕様によって暴かれる場合はその限りではありません。
◎ 罠解除の訓練
- トラップパズルによる罠解除の訓練キットが3種、宝箱から出現する場合があります。
- キットはブリテイン市民広場で入手できます。(将来のパブリッシュでNPCから入手可能になります。)
- サーキットトラップ
・方向を指定して回路を完成させるパズルです。罠解除スキルが上昇すると一マスの大きさが大きくなります。
- シリンダートラップ
・正しいシリンダーの順番を選択します。罠解除スキルが上昇すると、与えられるヒントが少なくなります。
- スライダートラップ
・イメージを正しく並べます。罠解除スキルが上昇すると、時間がかかりすぎるにつれてタイムアウトとなります。
◎ 宝の地図の鍵と罠
- 鍵と罠は宝箱に再び付与されるようになります。
- へそくり(Stash (1))、配給品(Supply (2))、貯蔵品(Cache (3))の宝箱
・鍵開け、魔法のアンロックでスキルにより開錠できます。
・罠解除、魔法のアントラップでスキルにより罠を取り除くことができます。
・これらの宝箱は爆発トラップによって施錠されており、テレキシネスによって直接解除することは大きな爆発を誘発し、近くにいるプレーヤーにダメージを与えるばかりでなく、宝箱の中身も一部破壊します。
- 秘蔵品 (Horde (4))、埋蔵品 (Trove (5))の宝箱
・鍵開けスキルによる開錠が必要です。
・罠解除による罠の除去が必要です。
・これらの宝箱はサーキットトラップ、シリンダートラップ、スライダートラップの3種のうち1つのパズルトラップで施錠されており、解除が必要です。
- 宝箱の開錠に失敗すると、宝箱の中身の破損、あるいはGrubberが出現します。
- パズルトラップの解除に失敗すると、罠解除のスキルレベルに応じてアイテムの破損が発生します。罠解除スキルが高いほどダメージを被る可能性は低くなります。
・・・・・・・・・・・

※ 第1回リリースまで

◆ 宝の地図のレベルと種類
- 宝の地図のレベルは7から5に減少します。

レベル / 名称 / 新レベル / 新名称
-------------------------------------------------
1 / Plainly / 1 / Stash
2 / Expertly / 2 / Supply
3 / Adeptly / 2 / Supply
4 / Cleverly / 3 / Cache
5 / Deviously / 3 / Cache
6 / Ingeniously / 4 / Horde
7 / Diabolically / 5 / Trove

- また、宝の箱は下記のいずれかのテーマに沿ったものが入手できるようになります。
・Mage (メイジ)、Assassin (暗殺者)、Barbarian (バーバリアン)、Warrior (戦士)、Artisan (匠)、Ranger (レンジャー)

- 上記の種類は宝の地図に“A Tattered Treasures Map Leading to a Mage’s Horde” (メイジの埋蔵品の在り処を示すぼろぼろの宝の地図) といった表記で判別できます。

- 新規に出現する地図のレベルは、新規に設定された法則に依存します。
・クリーチャーから出現する地図については、どのクリーチャーがどのレベルの地図をドロップするかの変更はありません。特定のクリーチャーが今まで特定レベルの地図をドロップしていたのであれば、新レベル表記のものがドロップされます。これは、ルートが削減されたということではありません。ルートについては後述する項目をご確認ください。

- 既存の地図のレベルは新レベルに変更され、テーマについてもランダムに付与されます。

- 各レベルの地図の解読に要求される必要Cartography (地図作成) スキルについては再設定がされています。

- デイビーズロッカーに格納されている地図についても新レベルに変更され、テーマもランダムに付与されます。既に掘り出された地図には適用されません。

- イオドーンの谷に宝の地図が追加されました。クリーチャーは強度に応じた地図をドロップするようになります。一般的に強いとされるクリーチャーほどレベルの高い地図をドロップします。

◆ ガーディアンと強度
- Stash, Supply, Cacheレベルは、ソロで討伐可能なバランスに調整されています。一方、Horde, Troveレベルはグループでの討伐を推奨するバランスとなっています。

- 出現するガーディアンについては下記の通り再配分されています。
・レベル 1 ⇒ レベル 1
・レベル 2 & レベル 3 ⇒ レベル 2
・レベル 4 & レベル 5 ⇒ レベル 3
・レベル 6 ⇒ レベル 4
・レベル 7 ⇒ レベル5

◆ 宝の箱のルート品
- 既存の、あるいは新ルート品は、ファセットと種類によって特定できるようになります。これによってプレーヤーは希望のアイテムが含まれている可能性の高い地図を選んで掘ることができるようになります。

- 宝の箱に含まれているルート品を決定する四要素は1) 地図のレベル、2) テーマ、3) 宝の箱の品質、4) ファセット となります。
1) 地図のレベルはどこで入手されたかに依存します。
2) テーマは地図が生成される時にランダムに付与されます。
3) 宝の箱の品質は箱を掘るプレーヤーの修正後のスキル値に応じます。
→ 品質は3種類あり、Rusty (錆びた)、Metal (金属の)、Gold (金)となります。
→ 宝の箱の品質は、特定のルート品の数量、ボーナスの数値、生産資材の種類、マジック品の強度に影響を与えます。
4) ファセットは地図が存在するファセットに依存します。

- 宝の箱はレベル、テーマ、ファセットに応じて下記のアイテムが含まれている可能性があります。
・新デザインのバッグ入りのゴールドと宝石類の入った (すべてのレベル、テーマ)
・ランダム生成の装備品 (すべてのレベル、テーマ、品質)
→ 装備品の種類はテーマとファセットに依存し、テーマにふさわしい装備品とアイテム出現時のファセットが適用されます。もし、ダガーを入手したければAssassin (暗殺者)テーマの地図をトランメルで掘ると良いでしょう。もし、リピボウを希望するならRanger (レンジャー)テーマの地図をマラスで掘ることになります。
→ ランダム生成のマジック品については数量を減らし、その分強度を高くしています。
→ ルート品の数量は宝の箱のレベルに依存しますが、パーティの人数によって数量増加のチャンスがあります。
・秘薬はメイジのテーマの宝の箱から新デザインのバッグ入りで入手できます。
→ 種類はファセットに準じます。
・宝の地図 (すべてのテーマ、Hordeレベルまで)
→ +1ランクの地図が出現します。
・防具強化財 (Artisanテーマ)
・MAF (すべてのテーマ、Supplyレベル)
→ 旧来のMAFおよびパブ67のAF
・速習のスクロール (すべてのテーマ、Supplyレベル)
→ スキルの種類はテーマとファセットに準じます
・特殊生産資材 (Assassin、Warrior、Barbarianテーマ、Stashレベル)
→ エッセンス類、ML素材がファセットに応じて出現します。
・レシピ (Artisanテーマ、Supply および Cacheレベル)
→ 旧来のレシピも出現します。
・パワースクロール (フェルッカでのみ出現、Artisanテーマを除く、Hordeレベル以上)
→ スキルはテーマに応じ、レベルは宝の箱の品質に応じて+15までのものが出現します。
・装飾品 (すべてのテーマ、Cacheレベル以上)
→ 旧来の、および新しい装飾品がテーマとファセットに応じて出現します。
→ 新報酬: 砂時計テーブル
・実用品 (Assassin、Artisan、Rangerテーマ、Supplyレベル)
→ 旧来の、および新実用アイテムがテーマに応じて出現します。
→ 新報酬: 盾刻印ツール
・超越のスクロール (すべてのテーマ、Stashレベル)
→ スキルと数値はテーマとファセットに準じます。
・生産資材 (Artisanテーマ、Stash 及び Supplyレベル)
→ 木材、金属、皮が出現します。

◆ クリナップ ブリタニア アップデート
新アイテムの一覧です! フォーラムにて議論にご参加ください。
https://forum.uo.com/…/39…/pub-105-cleanup-britannia-update…

※ 一覧は公式サイトの該当ページの最下部をご参照ください。
https://uo.com/wiki/publish-105-forgotten-treasures/

| | コメント (0)

Forgotten Treasures TC Release 2

UO公式 Forgotten Treasures TC Release 2

Facebook広田剣 パブリッシュ105 - 第2回TC1リリース

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・

Forgotten Treasures TC Release 2

5/14/2019

Greetings,

We are pleased to announce the second Test Center release of Forgotten Treasures will be available today after 4pm ET! Forgotten Treasures is the second in our High Seas themed content updates for the year and we are excited to bring a fresh perspective to Treasure Hunting and Cleanup Britannia. This next installment of Forgotten Treasures brings new mechanics to Treasure Hunting as well as new decorative items, equipment, and more! Please be sure to check out the publish notes for the latest updates, and participate on the UO Forum in the latest discussions.

We would also like to invite everyone to participate in a public test event beginning today and running through the weekend. Hop on to TC1 and say hello!

Please note – if you plan to test anything on TC1, especially Treasure Hunting, you will need to patch up to the latest client. When you head back to production, you will see this updated client text – do not be alarmed, this is normal and expected behavior.

See you in Britannia,

UO Team

・・・・・・・・

パブリッシュ105 - 第2回TC1リリース
出典: UO公式
https://uo.com/2019/05/14/forgotten-treasures-tc-release-2/

こんにちは。

パブリッシュ105“失われた宝”の第2弾となるリリースを、日本時間5月15日(水)5:00 a.m. にTC1へ導入することをお知らせ致します。“失われた宝”はブースターパック“未踏の航路”に関する年間を通じた私たちの計画の一部であり、今回はトレジャーハンティングとクリナップブリタニアに新要素を導入致します。“失われた宝”により、トレジャーハンティングには新たな仕組みが追加され、新しい装飾アイテム、装備、その他もろもろも追加されます!

パブリッシュノートはこちらから
https://uo.com/…/publish-n…/publish-105-forgotten-treasures/

日本語訳はこちらをご覧ください。
http://bit.ly/2V76lOU

また、皆さまのフォーラムへのご参加もお待ちしております。
https://forum.uo.com/categories/test-center

本日より今週末にかけて公開テストイベントも行っておりますので、TC1へぜひお運びください。

TC1にて新しいコンテンツをテストいただく場合、最新のクライアントは必須となっております。また、生産をお試しいただく場合はクライアントからメッセージが表示される場合がありますが、異常ではありません。

ブリタニアでお会いしましょう。

UOチーム

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

Call to Valor/武勇への召集 - The Call to Valor

UO公式 Call to Valor

Facebook広田剣 武勇への召集 - The Call to Valor

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・
Call to Valor

Posted on May 2, 2019 by UO Dev Team
5/2/2019

The story of Rising Tide continues and we invite you to sit back and enjoy, The Call to Valor.

By EM Malachi

The flawless stone was inlaid with a gold sword. Sir Simon watched as the builders adjusted the central marble feature of the new shrine. “The Shrine of Valor will be difficult to maintain and protect here. I wonder why you didn’t build it on the Isle of Deeds. The knights of Serpent’s Hold would have stood vigil over it at all times.”

The young king shook his head. “While I appreciate the chivalry of the Order of the Silver Serpent, I do not want the shrine to become a symbol of martial strength. Valor is not a weapon for the strong, but a calling to protect the weak. This place is about the acts of courage that any may be called to perform. Valor is something to strive for, to make a pilgrimage for.”

****

Mold and rot covered the vegetation around the shrine, and the air thrummed with a rancorous magic. Rankin adjusted the blackened silver glyphs he had placed around the Rune of Valor.

“You promised me incredible power if you could tap into the leyline here. Instead, you seem to be making this island uninhabitable,” said Hook. The pirate lord let out his frustrations by kicking a rock directly at the shrine.

“I told you this would take time. The shrine’s very nature is resisting me, but with the Rune, I will win in the end.”

*****

It was before dawn when the old knight with trembling limbs approached the shrine. He paused for a moment to compose his words. “It seems a lifetime ago that I promised myself I would come here. My last squire long ago attained knighthood. My victories are forgotten. I no longer have the strength to fight, but I don’t know how to give up this life.”

The knight drew his sword but lost his grip, and the blade fell to the ground. Close to tears, he slowly bent down to retrieve the sword, but as his shaking hand moved closer, the sword began to sink into the earth. When it was gone, there were only small red flowers lit by the rising sun.

The old man bowed his head and whispered, “Thank you.”

*****

The young pirate covered his face with a cloth as he cleared dying trees that had fallen near the shrine. The foul air made those who breathed it sick after a while. Jasir was not happy to have to keep debris from interfering with the dark rite. This was a place for knights and heroes, not for blight and curses.

When he was a child, his mother had told him stories of chivalry and great battles, wishing more for Jasir than the poverty of the Nujel’m slums. Looking at his grubby breeches and the cutlass at his side, the pirate wondered if she would be disappointed if she could see him now. When he had left that island so many years ago, Jasir never expected to crew alongside murderers, orcs, and necromancers.

The setting sun through the trees glinted off something near the shrine. Moving closer, Jasir saw a sword, untouched by rust. On the blade was an inscription: Protect those in need. Jasir picked up the sword and felt its heft. It was heavier than he expected, but it felt right in his grip. With his other hand, he drew the rusted cutlass and tossed it to the ground.

As he smashed the silver glyphs around the Rune, the new knight wondered if he would see his mother again.

・・・・・・・・・・・・

武勇への召集 - The Call to Valor

出典: UO公式
https://uo.com/2019/05/02/call-to-valor/

By EM Malachi

傷ひとつない石には金色の剣が嵌め込まれていた。サー・サイモンは真新しい神殿の中心に据えられた大理石の位置を、職人が修正するのをじっと見ていた。「ここで武勇の神殿を守り、維持するのは至難の業になるでしょう。なぜ、あなたがサーペンツ・ホールドのあるディード島を選ばなかったのか疑問に思います。そうすれば要塞を守る騎士たちが、夜を徹してここに立っていたでしょうに。」

若き王は首を振った。「シルバー・サーペンツの騎士団には感謝している。しかし、私は神殿を軍事力を誇示する道具にはしたくないのだ。武勇とは弱き者を守る使命であり、武力のことではない。ここは勇気の体現者たちが集う場所になるだろう。武勇とは巡礼に等しく、向かうまでに努力を要するものなのだから。」

*****

カビと腐敗物が神殿の周囲の草木を覆い隠し、空気は憎悪に満ちた魔法に軋んだ音をたてた。ランキンは武勇のルーンの周りに配置した、記号が刻まれた黒ずんだ銀色の彫刻の位置を調整した。

「お前はこの遺跡をものにすれば凄まじい力を手に入れられると言ったな。だがお前はここを死の島にしただけではないか。」フックは言い放った。海賊王が怒りに任せて蹴った石が神殿に当たった。

「これには時間がかかると言ったはずだ。神殿に元から備わる浄化のパワーに阻まれてはいるが、このルーンがあればいずれ私は勝つ。」

*****

年老いた騎士が震える手足を引きずりながら神殿へと歩を進めていたのは夜明け前のことであった。言葉を紡ぐ前に彼はしばし沈黙した。「ここへ来ることを誓ったのはまるで一生涯前のことのようだ。私が最後に仕えた領主は騎士の称号をずいぶん前に与えられたが、私の功績など知る者はないだろう。私にはもはや戦う力は残っていないが、どうしてこの生き方を変えられようか。」

騎士は剣を抜いたが、それは力なく手から地面に滑り落ちた。泣きそうになりながら、彼はゆっくりと剣を取り戻そうと屈んだが、彼の震える手が近付くと、剣は地面へと潜り込んで行くのであった。それが完全に見えなくなると、そこには小さな赤い花が朝日に照らされて咲いているのだった。

年老いた騎士は頭を垂れ、囁いた。「ありがとう。」

*****

若き海賊は布を顔に巻きつけ、神殿付近の朽ちた木々を払いのけていた。汚染された空気を吸った者たちは、皆程なくして病気になってしまうのだ。ジャーシルは怪しげな儀式の副産物である塵に、この地が覆われているのが我慢ならなかった。ここは騎士と勇者のための地であり、病害や呪詛の巣窟ではなかったはずだ。

彼が子どもの頃、彼の母親は騎士道や大きな戦について彼に話して聞かせた。それはジャーシルにニュジェルムのスラムの貧困よりも多くを望んでいいのだと教えた。汚いズボンと傍らに置かれたカトラスを見て、若き海賊は母親が今の自分を見たらどんなにか悲しむだろうかとふと思った。もう何年も前、故郷の島を後にした時、殺人者や、オークや、ネクロマンサーたちと手を組み航海することになろうとは、ジャーシル自身思いもしなかった。

木々の間から落ちる夕陽に、神殿の近くにある何かが反射して光った。ジャーシルは近付き、そこに錆びるに任せたままの剣が落ちているのを見つけた。その刃には、“弱き者を守れ“と刻まれていた。ジャーシルは剣を手に取り、その重さを感じた。それは思いのほか重く、しかし彼の手にしっくりと馴染むのだった。もう一方の手で彼は手入れの悪いカトラスを抜き、地面に投げ捨てた。

ルーンの周りに配置された銀色の彫刻を粉々にし、新生騎士は母に会いに行こうと思い立つのだった。

| | コメント (0)

New Ultima Store Items: Decorative Mailboxes

UO公式 New Ultima Store Items: Decorative Mailboxes

新しいポストの追加ですね。

ポストばっかり買ってもなぁ・・・って思うけど、なかなか素敵だ。

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・

New Ultima Store Items: Decorative Mailboxes

Posted on May 2, 2019 by UO Dev Team
5/2/2019
Looking to add a little flair to your mailbox? Well now you can! These new mailboxes, sold separately, are sure to bring a smile to your face as you collect the day’s correspondence!

Mailbox_store

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

UO Newsletter #36

UO公式 UO Newsletter #36

Facebook広田剣 UO Newsletter #36

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

UO Newsletter #36

出典: UO公式
https://mailchi.mp/broadsword/ultima-online-newsletter-35-fb1h1pk1y3?e=9e1273cca7
ブリタニアの最新情報をお届けすべく、UOチームはニュースレターを定期的にお届けしております! uo.comウェブサイトからサインアップしていただけますよう、お知り合いにもぜひお声がけください。

・プロデューサーノート
こんにちは。
Forgotten Treasures - “打ち捨てられた宝”が現在テストセンターに導入されております! 詳細につきましては最新のパッチノートをご覧いただき、フォーラムでの議論にもぜひご参加ください。
パッチノートはこちらから
https://uo.com/wiki/publish-105-forgotten-treasures/
広田 剣 - パブリッシュ105
http://bit.ly/2V76lOU
初回のアップデートは宝の地図とクリナップ ブリタニアに特化しております。クリナップ ブリタニアには100以上のアイテムが追加され、皆さまに喜んでいただけるものと思います!

当パブリッシュで次回砦のカスタマイズコンテストも導入しておりますので、下記の通り主要日程をご案内させていただきます。

コンテスト受付開始、申込み - 日本時間4月18日(木)4:35 a.m.
第1回投票 – 日本時間5月2日(木)4:42 a.m.
第2回(最終)投票 - 日本時間5月9日(木)4:42 a.m.
開票 – 日本時間5月12日(日)4:42 a.m.
素晴らしいデザインを拝見できますことを楽しみにしております!

ここで、プレーヤーの皆さま、カスタマーサービス、および私自身にとって看過できない問題についてお知らせ致します。いくつかのシャードで行われておりますハラスメントについては許容できるものではありません。皆さまには無視リストの活用を推奨致します。また、この機能がご利用いただけない場合、対象者を特定したGMコールを受け付けております。本案件は長期に渡るため、関係者のアカウント停止を開始致します。本案件に関しましては警告期間は設けておりません。

次回のDev's Meet & Greetは下記の通り開催致します。

・ Atlanticシャード / 日本時間4月23日(火)8:00 a.m.
・ Mugenシャード / 日本時間 5月6日(月) 10:00 p.m.
・ Lake Superiorシャード / 日本時間 5月21日(火)8:00 a.m.

最後に、処分アカウントについてお知らせ致します。
6 x 迷惑行為
41 x 不在マクロ
1 x 嫌がらせ行為
3 x マルチボクシング
1 x ネーミング違反
1 x 勧誘行為
ブリタニアでお会いしましょう。
Bonnie "Mesanna" Armstrong
プロデューサー
・海と陸の宝を求めて
宝の山が私たちを呼んでいます! “打ち捨てられた宝”の導入で出現する報酬についていくつかご紹介致します。
トレジャーハントで入手できる古き良きアイテムからロングソードなどを取り上げ、ペーパードールを刷新しました。現存するアイテムに変更が加えられることはありませんのでご安心ください。ぜひこれらを含む宝の地図によって得られる報酬を、今後のTC1アップデートでご確認ください。
57343492_2336140399995231_90887616371747
57624857_2336140546661883_12878962463625
SOSの新報酬
57427461_2336044636671474_19679607538308
・Q & A コーナー
素晴らしいご質問をお寄せくださるフォーラムをご利用の皆さまにお礼を申し上げます!
Q1. 生産と使いどころのないスキルの生産性を上げてください。使いものにならないスキルを使えるスキルにしてほしいともう何度も聞いていることと思います。味見、アイテム鑑定、物乞い、キャンピングなどのスキルは今日のゲームプレイにおいてほとんど用を為しません。
A. これらのスキルがもう長い間ゲームの中で使用されていないことについては認識しています。新たな仕様や冒険を追加するたびに、これらのスキルを意味のあるものとして活用できる道を探っています。生産と孤立したスキルをいかに幅広くゲーム内のアイテム循環に関わらせるかは常に考えていることの一つです。将来的にこれらの大きな問題に取り組む際には皆さまとの議論を楽しみにしている一方、これはとてもデリケートなバランスを要する案件でもあります。
Q2. PvMとPvP双方において窃盗、釣りキャラクターがもっと活躍できるようにしてください。特定の装飾品を入手したいという以外にトレジャーハンターを差し置いて窃盗キャラクターを作成する理由がありません。釣りキャラクターについても同様のことが言えます。対人シーフについてもチャンピオンスポーンから何かを盗むのでもない限り、人から盗むメリットはありません。VvVに参加している人はいませんから、そこで盗みができたとしても重要ではないのです。
A. 窃盗キャラクターが長年変化し続けるゲームプレイのルールの中で、根本的にその存在意義を問われているのは事実です。ダンジョンで活動するシーフは報酬のアップデートがある場合もありますが、PvPシーフについてはこういったアップデートが行われる機会はあまりありませんでした。シーフに関する大掛かりなアップデートは私たちが試みて来たことの一つですが、PvMを超えた仕様(PvP)はとてもデリケートです。もし、PvPシーフの新たな役割について検証したいグループが存在するのであれば、将来のパブリッシュで取り組む可能性はあります。
Q3. 誰もガーゴイルキャラクターをプレイしていません。それは、楽しくないからだと思います。これについて何かできることがあるのではないでしょうか。
A. それはとても主観的な分析だと思います。誰もこれやあれをしないと言うのは根拠を欠いた予測に過ぎません。指摘に反してガーゴイルキャラクターはとても一般的です。ガーゴイルのプレイスタイルを楽しんでいる皆さまからの、どのように発展させるかについての議論を心待ちにしております。
Q4. イオドーン、イルシェナー、トクノで最近何か動きはありましたか? 私はAtlanticのトクノにはルーンステーションがあるので出掛けますが、ただそれだけです。私の願いはUOのいずれのファセットに出かけても、そこにPvMプレーヤーとして参加したい何かが起こっているということです。これが漠然とした要望であることは理解していますが、そこにはあまりに広大な空き地があり、ほとんどのプレーヤーが利用していないことについて開発の考えをお聞きしたいと思いました。
A. 世界は非常に大きく、また大きくなりました。これは、バーチャルワールドが新たな世界を創造するたびに例外なく直面する問題です。私たちはそれぞれのファセットを孤立させることなく、それぞれに特有のメリットと機会を提供することで足を向けてもらえるようにしています。最新のトレジャーハンティングのアップデートでは、どのアイテムを手に入れたいかによって行き先が決まるという点でファセットは大きな役割を与えられています。また、グローバルイベントを企画する際には利用される機会のなかったエリアについても注目し、言及するようにしています。もし、何らかの利用方法があると思われるエリアがあれば、お知らせいただくか、あるいはあなたのシャードで活性化させるべく何かをしてみてください。ブリタニアをいきいきとさせるのは私たちである以上にプレーヤーであるあなた方です!
Q5. 開発スタッフが今何に取り組んでいるのか、それは何故なのかについて情報が欲しいです。今検討されている内容と、その理由です。情報を得ようにもフォーラムの投稿に対する反応がちらほらあるだけでは不十分です。
A. 私たちは定期的にMeet & Greetを開催しており、またニュースレターを発行しています。そして毎日フィードバックを読み、フォーラムを読んでいます。フォーラムは私たちに思慮深く、礼儀正しく、根拠あるフィードバックをお寄せくださるコミュニティと繋がる貴重な機会を与えてくれています。私たちはウルティマ オンラインに導入する新仕様を期待に沿うものにするために、コミュニティの関心をいち早く把握できるよう努めています。しかしながら、何かが立案されただけではそれはあくまでも案です。直近のトレジャーハンティングのアップデートについても話し合われたすべてが実現されるという期待がありますが、変更は避けられませんし、必ず起こります。早期の議論においてはすべては変更の可能性があるということを念頭に置いていただくことが必要です。
Q6. パワークリープについても踏まえた上でルートテーブルについて検証しています。ダンジョンのレアドロップが時に屋上でドロップされるレアではない品よりも劣る場合があります。DoomやピアレスボスからのAFは屋上でランダムにドロップされる伝説級とのバランスを取るべきです。現在、99%のダンジョンAFは良い見た目と役割に反して利用価値においてはゴミです。ルートテーブルに基づき、古いボスやダンジョンボスを刷新すべきです。私には、チャンピオンスポーンと屋上をやっている人々しかいないように見受けられます。ピアレスボスやイオドーンの敵、あるいはDoomは誰もやりたがりませんし、未踏の航路が長い間そうであったように閑散としています。
A. これらのバランスを取ろうとすることは信じがたいほど難しいです。どうすればルートのタイプが異なるすべてのエリアのバランスを保ちながら関連付けをすることができるかということになります。もっとも大きな問題はこのゲームは20年以上の歴史があるということです。他のいくつかのゲームではこういった主張をすることもできるでしょう。しかしすべてのバランスを再構築しようとするなら、どのような変更を加える上でも慎重な検討を要します。どのようにしたらそれぞれのエリアを適切に、孤立させることなく、報酬を得ることのメリットを提供し続けられるようにできるか、引き続き皆さまが議論してくださることを期待します。
Q7. VvVは予期したように機能していますか? 目的もなく互いに攻撃しあっている以外に特別なことは見受けられないように思います。VvVのシステムが実際にプレーヤーを惹きつけているのなら素敵なことだと思いますが、今後の方針について何か考えはありますか?
A. VvVはPvPにおける根本的な問題を孕んでいます。つまり、私たちはVvVの実際のゲームプレイに参加するための文脈やメリットの追加に行き詰ってしまったということを認識しています。VvVを検証する機会を得て、参加する動機となる良い報酬を将来のパブリッシュで追加できることを願っています。
Q8. インフレをどうにかしてほしいです。これは他の問題にも繋がっています。しかし、100万ゴールドしかコストがかからないものを買うのに、10億単位のゴールドを必要とするのは納得が行きません。
A. 残念ながらインフレを解消する単純で確実な方法はありません。私たちは入出金や取り引きにおいて取り扱いを容易にするなどしてインフレ問題に取り組んで来ました。私たちは常にインフレを念頭において新しい仕様を開発して行きます。
・カスタマーサービス
◎ アカウントの復活、課金、あるいは技術的な問題について
アカウントを復活させるには、support@ultimaonline.com までご連絡ください。サポートチームが有効化のためにシステムの変更を行います。アカウントの特定のために、サポートチームがお送りする自動返送メールをよくお読みの上、お手続きください。
⇒ 新規にアカウントを作成したり、アカウントにログインするにはどうしたらいいですか?
http://uo.com/Account-Login-Guide
⇒ アカウントセンターにログインした後は、何をしたら良いですか?
http://uo.com/account-management/
http://uo.com/faq/
◎ パスワードに関する問題
パスワードを変更するためには、あなたがどのタイプのアカウントについてパスワードを変更したいのかを特定する必要があります。
EAアカウントの場合、Mythic Master アカウントの場合、そして、Mythicの製品、ゲームのアカウントの場合があり、それぞれ別のパスワードを持っています。すべてのアカウントについて、 https://accounts.eamythic.com/ 内のアカウントセンターにてリセットが可能です。
⇒ EAアカウントのパスワード変更
* https://signin.ea.com/p/web/resetPassword を開きます。
* EAのページでEAアカウント用のメールアドレスを入力してパスワードの変更を行います。
* スパムフィルターをはずした上で、仮パスワードを受け取れなかったり、エラーメッセージが表示されたりする場合は、EAサポートまでご連絡ください。
https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin&platform=pc
◎ 停止されたアカウント
CSによって何年も前に停止されたアカウントを復活させたいとお考えの場合、 紛争に関する窓口 dispute@ultimaonlince.co までご連絡ください。再審査と一時的な復活が可能な場合があります。
◎ ゲーム内サポート
ゲーム内における問題や不明点についてはヘルプリクエストからGMをお呼びください。
https://uo.com/wiki/ultima-online-wiki/technical/the-help-menu/
◎ フィードバック
ゲーム内コンテンツに関するご意見、フィードバック、仕様、デザインについてはUO@broadsword.com までご連絡ください。
◎ EA Originストアでのご購入、コード、あるいは第三者による販売について
EA Originストアからご購入いただいたソブリン金貨のコードは https://accounts.eamythic.com/ 内のアカウントセンターで処理する必要があり、ゲーム内で実体化させることはできません。
ソブリン金貨のコードは選択されたEAアカウントに紐づけられることにより、このEAアカウントにリンクされたゲーム内アカウントでのみ使用可能になり、譲渡はできません。
EA Originストアでの購入に問題がありましたら、こちらのリンクからお問い合わせください。
https://help.ea.com/in/contact-us/new/
◎ コード購入後の発行遅延について
EA Originストアで購入したコードが予定通り発行されない場合があります。EA Originは不正利用防止のため、最大で72時間のレビューを行う場合があります。私たちのサポートチームはこのプロセスを早めたり、回避させたりすることができません。しかしながら購入時の挙動について疑問な点や不安がある場合はEA Originのサポートに問い合わせることができます。
1.https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin&platform=pc を開きます。
2.Topic ⇒Orders を選択します。
3.発生している問題を選択します。
4. Select contact option ボタンが出て来たらクリックします。
5.EAアカウントでログインするか、ログインに問題がある場合は "Get help from an advisor without logging in" を選択します。
◎ 第三者による販売について
ウルティマ オンラインのコードについてはEA Originストアのみが正規販売店となっております。これ以外の第三者から購入されたコードの有効性については(友人、ゲーム内の知り合い、おすすめサイトなどを含む)保証致しかねます。不正に入手されたコードについては無効化され、既にアカウントに適用済みであっても取り除かれます。これはゲームタイム、キャラクタースロット、拡張パック、ソブリン金貨、またソブリン金貨によって購入したアイテムを失う事態につながりかねません。私たちはEA Origin以外から購入したコードに起因するいかなる問題についても介入できないことをご理解ください。ご自身で購入元にご連絡いただく必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・

UO Newsletter #36

Producer Notes

Greetings,

 The first pass of Forgotten Treasures is now live on Test Center!  Read the latest publish notes for the full details and participate in the discussion on the forums!  In this first update we are focused on Treasure Map updates and Cleanup Britannia Updates.  You will be happy to know we have added over 100 items to Clean Up Britannia!

 This publish we are launching our next custom Keep design contest, here are the important dates to remember:
Contest Started/Signup - Wednesday, April 17, 2019 3:35:22 PM GMT-4:00 DST

First Vote Begins - Wednesday, May 1, 2019 3:42:02 PM GMT-04:00 DST

Second Vote Begins - Wednesday, May 8, 2019 3:42:02 PM GMT-04:00 DST

Vote Tally -Saturday, May 11, 2019 3:42:02 PM GMT-04:00 DST
We look forward to seeing some great Keeps this time around!

 I would like to address an issue that is very frustrating for the players, for Customer Service and for myself.  Harassment that has been happening on several shards will not be permitted.  I would encourage everyone to use the ignore button.  If you can not use this feature please send in an harassment page on the players involved.  Since some of this has gone on for an extended period of time we are going to start banning people.  There will not be any warnings or suspensions.

 Our next Dev Meet and Greets will be on the following dates,

 April 22nd, Atlantic 7pm ET
 May 6th, Mugen, 9am ET
 May 20th, Lake Superior, 7pm ET

 Finally, the following are actions taken on accounts that were banned or suspended:

 6 - Disruptive Behavior
 41 - Macroing
 1 - Harrassment
 3- Multiboxing
 1- Naming
 1- Solicitation

 See you on the High Seas,
 Bonnie "Mesanna" Armstrong
 Producer 

Treasure by Land and Sea
 
Treasure calls to us all!  We are excited to share with you some of the upcoming rewards that will be coming to Forgotten Treasures!

 We've taken some of the old favorites like the longsword and created additional paperdoll styles that you can Treasure Hunt for!  Don't worry - your old favorites will still be there, these are in addition to what is currently available in game!   Look for these, and additional Treasure Map rewards in our upcoming TC updates

New SOS Salvage Items!

Question & Answer
Thanks to forum poster crunchnasty for providing some great questions!

1.   Fix crafting and mule skill sets to become more of the economy again. I know you've heard the "make useless skills worth using again" yelled at you till the horse was beat dead. Taste ID, Item ID, Begging, Camping, and a litany of others have few practical uses in today's game play.

 We are aware that some of the skills from over the years are no longer used in game.  As we add new features and adventures we are always looking for a way to make them useful in a way that would make sense.  Crafting & mule skills are something we are constantly thinking about how to keep relevant in the broader scope of the itemization loop in game.  This is a delicate balance though and we look forward to a discussion with the community in the future when we try to tackle this big problem.

2.  Make creating a thief / fishing character worth it again. Pvm and Pvp. Theres no reason to be a dungeon theif vs say creating a treasure hunter (especially when t-hunters are getting a boost next patch), unless u want some cool deco. (same applies to being a Legendary fisherman... cool for deco, not much else.) Make a PvP thief? unless you wanna hang out and steal exclusively from champ spawns, forget about it cause theres nothing else worth / or available to even steal from people.  Nobody participates in VvV mechanics, so stealing there is not important anymore.

 It's true that the thief profession has been changed radically over the years as a result of changes in gameplay rules.  While the dungeon stealing thief has had regular content updates when applicable, the PvP thief hasn't seen much in the way of updates.  A major thief update is something we've toyed with, but the application of the profession beyond PvM is delicate.  If there is community interest in exploring additional roles for the PvP thief this could be something we focus on for a future publish.

3.  Theres a reason almost NOONE plays a gargoyle character. It's because they aren't fun to play. Maybe theres something that can be done about this.

 This is a pretty subjective analysis, and generally when anyone speaks in terms of "noone does this or that" the assumption is pretty off base.  Gargoyle characters are pretty popular despite the assertion otherwise.  We look forward to discussions on how to improve the gargoyle play style from those who enjoy that type of gameplay!

4. What is there to do in Eodon, Illeshnar and Tokuno these days? I literally go to Tokuno on ATL for Goodman's Rune Library and thats it. My wish list includes making it fun to go to every facet of UO because new stuff is happening that every PvM'er wants to participate in. I realize this isn't specific enough of a request, but I just want to know your thoughts, we have so much open space that isn't being used by majority of players, and I've grown to love PvM a lot recently)

 The world is pretty big, and has only gotten bigger.  It's something all virtual worlds struggle with as we expand into unexplored new realms.  We try to keep each facet relevant, and provide incentives and unique opportunities that will encourage visiting each.  With the latest Treasure Hunting revamp facet plays a huge role in which types of items you get among the various loot categories.  When designing global events we also try to target previously unexplored areas when the narrative dictates.  If there are specific areas of the world you think could use some action - let us know, or take up the mantle and make the world come alive on your shard.  Keeping Britannia a living, breathing world is as much up to you as it is us! 

5.  Keep us in the loop - We want more information about what the staff is working on, and why. What is being considered, and why. UO is my main pasttime. I want more information. There will be months on end without much except some forum post responses here and there.

 We hold regularly scheduled Meet & Greets, release periodic newsletters (like this one!), and read a slew of e-mailed feedback and forum messages every day.  The UO forums provide us a great opportunity to engage with the community in thoughtful, respectful, and reasoned feedback.  We try to get the community involved as early as we can to gauge interest and temper expectations for new features coming to Ultima Online.  It's important to keep in mind, however, that when something is in-concept it is just that - in concept.  With the recent Treasure Hunting changes there is already an expectation that everything that was talked about in the discussion thread is set and stone.  Things can change and will change.  Early discussions need to be met with an understanding that everything is subject to change.

6. Work on the loot table (obv keeping power creep in mind). Especially the rare dungeon drops being less useful than other magic 'no name' loot that drops regularly on the roof etc. Doom / Peerless artifacts should be sought after more than just random legendaries at the roof. Right now 99% of dungeon artifacts are cool looking / lore-wise but junk in their usefulness.  Make all the older boss and dungeon encounters up to date in terms of loot table. Right now I only see ppl take champs and the roof seriously. Noone wants to do peerless, Eodon encounters, or Doom (it is all empty just like High Seas has been for so long)

 This is an incredibly delicate balancing act - how do you keep each area of the game world relevant while providing balance across all loot types.  One of the major challenges is that our game world is 20+ years old (amazing!).  Few other virtual worlds can make that claim, so attempting to re-balance everything would require some thoughtful consideration on any changes we make.  We look forward to discussions with the community on how to adequately manage keeping each area of the world relevant, and providing incentive to continue hunting treasure!

7. Is VvV working as intended? because I don't see anything special happening other than everyone attacking each other without a purpose. It would be nice if a system in VvV actually kept people engaged, do you have any ideas on how to move forward?

 VvV addressed a number of concerns we had with the core PvP experience in the world.  That being said, we recognize that we fell short on providing additional context and incentive for participation in the actual VvV gameplay.  We hope to take another look at VvV and provide some greater incentive for participation in a future publish.

8. Fix the out of control inflation - This may tie into several other issues. But why do I need several billion gold to buy what used to cost 1 million?  Is there a solution to this?

 Unfortunately there is no silver bullet to solve inflation.  We have taken steps to combat inflation such as providing gold sinks and making transactions at higher levels easier with currency conversion.  We constantly keep ways to combat inflation in mind as we develop new feature

Customer Service

ACCOUNT RECOVERY AND GENERAL ACCOUNT, BILLING OR TECHNICAL RELATED ISSUE
 To recover an account, please email support@ultimaonline.com so that the Billing Support has a ticket in the system. Keep an eye out for the automated reply requesting account verification for the Billing Support Team to assist further.

・ How to create an account or log into my account?
        http://uo.com/Account-Login-Guide
・How to manage my accounts after I’ve logged into the Account Center?
        http://uo.com/account-management/
        http://uo.com/faq/
 
PASSWORD ISSUES
 To reset your password you must first understand which type of account you are resetting the password for.
EA Accounts, Mythic Master Accounts, and Mythic Product / Game Accounts all have separate individual passwords. All of which you can reset at our Account Center at https://accounts.eamythic.com/.

・To reset your EA Account password:
        * Please visit https://signin.ea.com/p/web/resetPassword
        * At the EA page enter the email used to log into your EA Account to change its password.
        * If you have not received your password or have received an error while trying to reset the password and you have disabled all spam filters, please contact EA Support here.
 
TERMINATED ACCOUNTS
 If you have an account that was terminated by CS over a year ago and would like to have it back, please contact the Dispute Team from the email associated with the account at dispute@ultimaonlince.com for further investigation and a possible one-time reprieve.
 
IN-GAME SUPPORT
 For in-game issues or question, please submit an in-game help request for a Game Master to contact you.
FEEDBACK
 To submit your suggestions and feedback regarding game content, mechanics, or design, please send them to UO@broadsword.com.
 
EA ORIGIN - ORDERS, CODES, AND THIRD PARTY RESELLERS

Sovereigns Coin Codes purchased from EA Origin have to be redeemed on the Account Center; you cannot enter these in game.
 Sovereign Coin Codes that have been redeemed are bound to the EA Account they were redeemed on and are only usable by the accounts linked with that EA Account; Sovereign Coin currency may not be transferred.

 If you are having issues with your EA Origin purchase, follow this link to resolve the issue.

CODE PURCHASE DELAY
 You may have noticed that Origin Store purchases made did not arrived as expected. The Origin Store enacts reviews on all transactions to safeguard against fraudulent purchases, and these reviews may take up to 72 hours. Unfortunately our Billing department is not able to expedite or circumvent this process. However, players who have questions or concerns regarding a store purchase can contact Origin Support for assistance using the below steps:
 
 1)  Go here, https://help.ea.com/en/contact-us/?product=origin&platform=pc
 2)  Select topic* - select Orders
 3)  Select issue*
 4)  Click on "Select contact option"
 5)  Sign in with your EA Account or click on "Get help from an advisor without logging in." if you're having trouble signing in.

THIRD PARTY RESELLERS
 We would also like to reiterate that the Origin store is the only guaranteed provider of codes for Ultima Online. The validity of a code purchased from a third-party seller (be it a friend, in-game acquaintance, or recommended site) cannot be guaranteed. Furthermore, any codes we find to have be fraudulently obtained will be disabled and an account that applies any of these codes will have that code removed from said account. This can result in the loss of game time, character slots, expansion access, Sovereigns (and the items purchased with them), in-game items and more. Please be advised that we cannot assist with any issues stemming from codes purchased via non-Origin means; you will be required to contact the vendor from which you purchased the code for further assistance.

| | コメント (0)

Forgotten Treasures TC Release 1/パブリッシュ105 - 打ち捨てられた宝 TC1リリース

UO 公式 Forgotten Treasures TC Release 1

Facebook広田剣 パブリッシュ105 - 打ち捨てられた宝 TC1リリース

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・・

Forgotten Treasures TC Release 1

Posted on April 17, 2019 by UO Dev Team

4/17/2019

Greetings,

We are pleased to announce the first Test Center release of Forgotten Treasures will be available after 4pm ET! Forgotten Treasures is the second in our High Seas themed content updates for the year and we are excited to bring a fresh perspective to Treasure Hunting and Cleanup Britannia. This is only a small part of what’s to come in Forgotten Treasures but we are eager to bring you this early look and get your feedback as we work through the public testing process. Please be sure to check out the publish notes for the latest updates, and participate on the UO Forum in the latest discussions.

We would also like to invite everyone to participate in a public test event beginning today and running through tomorrow afternoon. Hop on to TC1 and say hello!

Please note – if you plan to test anything on TC1, especially Treasure Hunting, you will need to patch up to the latest client. When you head back to production, you will see this updated client text – do not be alarmed, this is normal and expected behavior.

See you in Britannia,

UO Team

 

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

Sea of Tears/嘆きの海 - Sea of Tears

UO公式 Sea of Tears

Facebook広田剣 嘆きの海 - Sea of Tears

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・・・

Sea of Tears

Posted on April 16, 2019 by UO Dev Team 

4/16/2019

As the story  of Rising Tide continues and we invite you to sit back and enjoy, Sea of Tears

Sea of Tears

By EM Malachi

In the large iron-girded aquarium, the nixie in chains sang to herself. The song started as a wordless child’s melody of warm seas, full of wonder and beauty. It became a dirge as the song spoke of her capture and years of captivity. The final verse rose into a defiant ballad of escape. Her voice channeled the magic around her, fighting the manacles holding her. The iron resisted, glowing red and burning against the bracelets of scars around her wrists.

When she could bear the pain no more, she fell silent, the spell song breaking in a shower of sparks. Across the room, there came a mocking applause. Noxum turned her head toward the pirate lord with a small wooden chest under his arm. She looked away. “You have returned. You didn’t die.”

“You shouldn’t sound so hopeful.”

“I’m always hopeful.”

“Sea elf, hope has no place here, nor do any more escape attempts.”

Noxum held up the cooling manacles. “This cannot be suffered forever. Even death would be preferable to this existence.”

Hook scowled. “I have never harmed a scale on you.”

“Only because you see me as part of your collection, something to be owned. But I have witnessed your cruelty to others. I will never forget what you are, nor be a willing part of it.”

Hook shrugged, as he put down the chest. “Your approval is not required.” He removed the Rune of Valor from a bed of cotton and held it up to the lantern. A cut on his hand left blood on the etching of a sword on the Rune’s surface.

Something about the Rune made Noxum remember an old ballad about a nixie who saved her kin from a shark. “What is that rune to you? Something else for your treasure pile? Something to ransom with?”

Hook laughed. “On no. This is a weapon.”

*****

Hook watched as Rankin placed various objects in the circle around the rune. “Are the human bones really necessary? I thought they were the props of dramatic little pretenders.”

Rankin adjusted a femur. “Normally, you would be correct. Skeletons aren’t actually required for necromancy, but there was one Pagan school I wasn’t able to learn because it’s in the blood and marrow of a person.”

“How did you come by these? I can’t image the owner gave them up willingly.”

“When the Tempest died resisting capture, her body made its way to a friendly gravedigger. I have been saving her final blood magic for a special occasion.”

Rankin placed a final grinning relic at the North position. “Oh, Mordea. You had such beautiful blood. A pity the Royal Guard spilled so much of it.”

Hook tapped his foot impatiently. “So an old friend’s bones will give us the shrine?”

“As I explained, this is only the first spell of many. Still, I believe you will appreciate the effect. Now I need to begin chanting, so no more glib comments.”

*****

With a storm to the north and shallows to the south, escape was impossible. The Royal Navy had chased the Crown Jewel and its pirate fleet from the Cape of Heroes to just off Valor Island. With more ships and cannons, the fleet admiral was confident they would crush the pirate scourge in a single confrontation.

A small pirate ship had already fallen to the naval cannons. Assuming that the pirate leader was trying make a break for open ocean, the admiral had ordered full sail. He was surprised when the pirate crews lowered sail.

There was a sudden pressure change, and the waters churned around Valor Island. The storm at the fleet’s back surged south, growing in both intensity and fury. The wind and water smashed against the naval fleet. The sailors hurried to lower the sails, all fully unfurled for the chase, but half the armada lost masts in the first few minutes. Crews who managed to lower their sails were helpless as their ships ran aground off the coast and were raked by heavy cannon fire.

While a few ships managed to skirt the storm and retreat, Britannia had lost half its southern fleet. Watching the destruction from the Crown Jewel, Rankin laughed. “Those fools in Moonglow will respect me now.”

・・・・・・・・・・

嘆きの海 - Sea of Tears

出典: UO公式
https://uo.com/2019/04/16/sea-of-tears/

By EM Malachi

鉄格子が嵌められた大きな水槽の中で、鎖に繋がれたニクシーはただ自分のために歌った。歌は海の温みにも似た、好奇と美しさに満ちた子どものように言葉のない旋律に始まり、幾年にも渡る彼女の監禁生活を物語る葬送歌へと変化し、やがて脱出を試みる勇敢なバラードへ昇華して行くのだった。彼女の声は周辺の魔法を引き寄せ、彼女を拘束する手錠を攻撃した。彼女の手首をまるで腕輪のように囲む傷の周りで、鉄は赤い光を放って耐えながら燃えていた。

もはやこれ以上の痛みに耐えられなくなった時、彼女は沈黙し、歌は降り注ぐ稲妻となって崩壊した。部屋の向こう側から小ばかにしたような拍手が鳴り響いた。ノクサムは小脇に小さな木箱を抱えた海賊王を振り返り、そして目をそらした。「戻って来たのね。あなたは死なずに済んだってわけ。」

「期待していたような言い方だな。」

「どんな時も希望は捨てていないわ。」

「海のエルフよ、ここに希望などない。おめおめ逃げ出そうなどと考えるな。」

ノクサムは熱を奪われて行く手錠を掲げて言った。「いつまでもこんなことは続かないわ。生き恥を晒すよりも死んだほうがましよ。」

フックはしかめ面をして見せた。「お前の鱗を傷つけるような真似はしていないはずだ。」

「それはあなたが私をコレクションの一部として、単なる所有物しか思っていないからよ。だけど私はあなたの他者に対する仕打ちを目にして来たし、あなたが何者であるかを忘れることは無い。ましてあなたの仲間になんてならないわ。」

フックは木箱を降ろしながら肩をすくめた。「お前さんの許可はいらん。」そう言うとフックは真綿の上の武勇のルーンを取り出してランタンに透かした。手の傷がルーンの表面に施された剣の彫刻に血の跡を付けた。

ルーンにまつわる何かが、仲間をサメから救い出したと言うニクシーの古いバラードをノクサムに思い出させた。「それがあなたに何の役に立つというのかしら。宝の山にでも放り込んでおくつもり? あるいはゆすりたかりの道具とでも?」

フックは笑った。「違うね。これは武器だ。」

*****

フックはランキンがルーンを囲む魔方陣に様々な道具を置いて行くのを眺めていた。「本当に人骨が必要かい?そんなものは自分に酔った詐欺師の小道具だと思っていたよ。 」

ランキンは大腿骨の位置を修正しながら言った。「君が言っていることはおおむね正しい。ネクロマンシーで実際に骸骨が使用されることはない。だが、私が唯一習得する機会のなかったペイガン魔法があってね。なぜならそれは人の血と髄に宿るものだからだ。」

「どうやってそれを手に入れた? 所有者が簡単に手放すはずがあるまい。」

「かのテンペストは最期まで囚われの身となることはなかったが、遺体は気のいい墓堀人へと引き渡されたのさ。私は彼女の血脈を期が熟すまで保存しておいたというわけだ。」

ランキンは最後に微笑みをたたえた遺留物を北に配置した。「おおモルデイアよ、なんと美しい血をあなたは持っていたことか。惜しむらくはロイヤルガードがそのほとんどをこぼしてしまったことだ。」

フックは苛立ちを隠さずに足を踏み鳴らした。「古き友の骨が我々に光をもたらすとでも?」

「説明した通り、この呪文は最初の一歩に過ぎない。だが君は間違いなくその効果に感謝することになる。私は詠唱に取りかからねばならない。もっともらしいコメントはそこまでだ。」

*****

北に向かって吹きすさぶ嵐と南の浅瀬に阻まれ、もはや脱出は不可能だった。王室海軍は武勇島から英雄岬に向けてたった今出港したばかりのクラウン・ジュエル号と海賊の船団を追っていた。数で勝る船と大砲を有する海軍の指揮官は、一度接近しさえすれば忌々しい海賊どもを一網打尽にできると信じて疑わなかった。

小さな海賊船が既に海軍の大砲によって降伏していた。指揮官は海賊の船団が血路を開こうとしていると見て、全速力での追尾を命じた。だから彼らが速度を落とした時、指揮官は驚きを隠さなかった。

突如として気圧が変化し、武勇島を取り巻く海面が渦を巻き始めた。海軍艦隊の背後で嵐は強さと猛々しさを増して成長し続けた。風が、水が、艦隊を打ちのめした。乗組員たちは帆を降ろそうと躍起になったが、満帆で追尾に当たっていた艦隊は、ものの数分で半数がマストを失う事態となった。よしんば帆を降ろすことが出来たとしても、座礁した船が大砲の集中砲火を浴びるのを、乗組員はただ見ているしかできなかった。

二、三隻の船がかろうじて嵐を回避して退却に成功したが、この一件でブリタニアは南方の艦隊を半分失うことになった。惨状をクラウン・ジュエル号から眺め、ランキンは笑った。「ムーングロウの愚か者どもは、今こそ私の力を思い知るがいい。」

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

Treasure Island/宝の島 - Treasure Island

UO公式 Treasure Island

Facebook広田剣 宝の島 - Treasure Island

詳細はリンク先をご覧ください

・・・・・・・

Treasure Island

Posted on April 1, 2019 by UO Dev Team 

4/1/2019

As the story  of Rising Tide continues and we invite you to sit back and enjoy, Treasure Island.

By EM Malachi

The mage had surrounded himself with the maps. Some were ancient parchment, their mistakes and ignorance covered with drawings of dragons and drakes. Others were current shipping routes, still bearing the wax seal of Vesper Customs. The rest were faded or moldy sketches done by pirate captains over the years. Rankin frowned. “What am I supposed to be seeing?”

“A new kingdom,” replied Hook, as he sharpened a knife.

Rankin traced a circle around Buccaneer’s Den on a sea chart with a finger. “I guess I can see that, if you claim another major island or two. Nujel’m, maybe ?”

“You miss the point. Landlubbers look at the world as kingdoms bounded by coasts. The high seas themselves are much larger. The very ocean will be my kingdom.”

“How could you hope to hold that much territory?”

“Does Blackthorn control every mountain or cavern in Britannia? No, he governs the cities and roads. Those roads are dotted with outposts, and the threat of his armies is enough to hold the rest. The Guild’s fleet is the army to claim the shipping routes, but my plan also requires outposts along these ocean roads.”

Rankin thought for a moment and picked up a list of numbers. “These were stolen from the Lycaeum. They are the coordinates of every seamount and vanishing island in recorded history. With some of the spells I learned from a hiding Lithos cultist, I could raise the earth and stone at some of them. Would that help?”

Hook smiled.

*****

The sea serpent had made its home in the waters around the seamount. The waters were warm, and the shallows teemed with schools of fish. The monster had filled its belly for years here.

That changed when the underwater mountain rumbled and cracked. The chaos set off a panic among the fish, which fled for safer waters. Great stones stacked themselves up to the surface.

Something up there had destroyed its home, and the serpent was now very angry and very hungry.

*****

Rankin jotted down the coordinates he needed. “I gather the new cannons being cast are for these outposts of yours? The metal workers did mention that the bores were larger than normally used on a ship.”

Hook polished the steel of his cutlass. “My plunderbeacons needed appropriately impressive artillery. Such weapons also send a message.”

“I can only raise so much stone. You still need to get enough lumber out there for docks and cannon mounts. I guess you could repurpose a ship if need be.”

Hook smiled. “Let me worry about that.”

*****

The sailors lowered the sails on the captain’s order. Everyone knew the crew of the Golden Kraken was honorable and would only steal valuable cargo. It was safer to surrender than risk damage to the ship.

As the Golden Kraken closed for a boarding action, another sailor saw the black flag and drew his sword. The pirate ship slammed into the merchant sloop, and several orcs jumped aboard, all armed with cutlasses. The largest orc grabbed the quartermaster and tossed him overboard. Then the rest of the orcs began the slaughter.

*****

Hook admired the gleam of the polished cutlass. “I do enjoy the finer things in life. Reminds me that I need to go kill a man. Is there anything else we should talk about before I do?”

Rankin nodded. “There was another thing in an old Guildmaster’s notes. He mentioned finding a lost rune…”

・・・・・

宝の島 - Treasure Island

出典: UO公式
https://uo.com/2019/04/01/treasure-island/

By EM Malachi

船上の湿った空気がスペルブックのかび臭い匂いを運んで来た。ランキンは最後の本を何とか鞄に詰め込もうと躍起になっていたが、いよいよあきらめて衣類を引っ張り出して空間を作った。手漕ぎ舟へと重い鞄を引きずりながら、ランキンは他の乗組員たちが上陸のために立ち働く様子を見ていた。二人の荷役は干し肉と乾パンの在庫をチェックしていた。フォースキスという体格の良いガーゴイルはじっと空を見上げていた。フックはクラウン・ジュエル号の乗組員たちに最後の指示を与えるのに余念がなかった。海賊王はいきいきとしていた。もしこの探検が上手く行けば、ギルドの統治を長年維持して来た秘密が、間もなく彼の手に入るのだから。

*****

一日目の探検はつつがなく終わったが、二日目に災難が襲った。彼らはその日の朝からずっと、振動らしきものを感じてはいたが、たいしたことはないだろうとたかをくくっていた。轟音を最初に聞いたのはフックだった。フックは周囲のジャングルから溶岩の川が流れ込んで来たのを見て警告の叫びを上げた。パニック状態のランキンはテレポートのスペルを連呼し、フックとフォースキスは我先にと逃げ惑った。二人の荷役はただ立ち尽くしていた。彼らのうち一人だけがかろうじて悲鳴を上げていた。

ようやく息をつくと、生存者たちは状況を観察し始めた。溶岩の流れは目的地への直行ルートのほとんどを塞いでしまっていた。地図を見ながらランキンは別ルートを吟味した。「厄介だな。予定は変更せざるを得ないし、最も安全なルートを行けば最低でも一週間はかかる。」

「それはだめだ。蓄えがあるにしてもそんなに長く船を留守にはできん。残された乗組員が何をするかわからん。」

「こっちのルートの方が近いが、同じように塞がれている可能性がある。君のガーゴイルに偵察を頼めるかい?」ランキンは両手を組み合わせて羽のように動かして見せた。

フォースキスは頭を振ると、翼の飛膜部分を横切るギザギザした傷を指差して見せた。

「フック、君は事もあろうに有翼の飛べないガーゴイルを連れて来たのかい?荷役なら羽のないガーゴイルの方がよほど腕っ節は強かろうに。」

フォースキスは歯をむき出して一歩前に踏み出したが、フックが手を出して止めた。「俺の友人を侮辱しないでくれよ。君がそうであるように、彼にもまたとんでもない美点があるのさ。」

フォースキスは死人の着衣に残された資源を回収すると、ジャングルへと分け入って行った。

*****

フォースキスが拳を振り上げたまさにその時、ランキンは新しい清潔なシャツが欲しいとごねている最中だった。彼らの行く手には塩水らしき流れがあり、その淵にいたのはサラマンダーのような形をした青緑色の大きな生物だった。文句を言うのも忘れてランキンは声を張り上げた。「トリトンだ!」

トリトンは視界に彼らの動きを捉え、口と胃袋を全開にして滑るように標的へと向かって来た。身構えるフックとランキンをフォースキスが止めた。「俺のだ。」

ガーゴイルは二本のカーブドナイフを抜くと前へと繰り出した。彼の最初の一撃がトリトンの目玉をえぐり出した。トリトンはフォースキスを噛み砕こうとさかんに顎を振り回したが、疾風のように舞う刃がいち早くトリトンのわき腹に波打つ傷を付けていた。降参し、退却を試みる瀕死のトリトンの体になおも腕を巻きつけ、それが完全に息絶えるまで、フォースキスは執拗に刃を突き立て続けた。

フックは笑った。「俺がなんでやつを連れて来たかわかったろう?」

*****

フックは岩肌を目の前にして顔をしかめた。「地図はまさにここだと言っているんだが。」

ランキンは目を閉じると少しの間集中した。「ここに滞留するマナは様子が変だ。入り口がここにあるのは確かだが、呪文によって封じられている。」再び目を開けるとランキンは床に座り、鞄の中から本を取り出して並べ始めた。

「どれくらいかかるんだ?」フックが聞いた。

既に本に顔を突っ込んだランキンが答えた。「とりあえずやってみるさ。」

ランキンはいくつかの標準的な呪文を試み、壁に水を注いだが、反応は得られなかった。焦れたフックはフォースキスに命じて壁に向かって大きな岩を投げ付けさせた。もう一度本に目を落としたランキンは、長さのある金色の導火線を鞄から取り出し、詠唱を開始した。

ランキンが細い導火線を鞭のようにふるい、その先端が岩に触れた瞬間、バーン!という音とともに爆発の魔法が岩を粉々にして封印となっていた魔法を焼き払った。煙が消えると、そこには洞窟が口を開けていた。

あり合わせのトーチに燃えさしで点火すると、ランキンはひらひらと大げさなお辞儀をして見せた。「火のカルティストはなんと激しい教師であることよ。」

*****

彼らは大きな石の箱が鎮座する部屋へと繋がる、細い石のトンネルを降りて行った。その蓋の上には“無法者の王は曲がった鍵である”と碑文が刻まれていた。そこには鍵穴らしきくぼみもあった。フォースキスは石の蓋をどかそうとしたが、あまりの痛みに飛び上がって退いた。

ランキンは 石の箱を注意深く観察した。「下級のトラップの魔法だろう。解除するからちょっと待っていてくれ。」そう言うとランキンは本に書かれていた呪文を諳んじて石の箱に向かって集中させた。すると、呪文からのマナがランキンに向かってはね返った。エネルギーが弧を描いてランキンの体を痛めつけ、メイジはたまらず床に崩れ落ちた。フォースキスはメイジを固い石の床に押し付けるとベッドロールを掴んで覆いかぶさり、飛び散るマナの火花を防いだ。

息をつきながらランキンは礼を言った。フォースキスは焼け焦げたベッドロールを放り投げて肩をすくめた。「フックがお前はまだ死なせないって言うんだ。」

フックは碑文をもう一度読んだ。「これはどういう意味だ?」

ランキンは床から立ち上がると言った。「おそらく血統が鍵になっているのだと思う。ブドーの若旦那は子孫だけがこれを開けられるようにしたのさ。」

「これには王と書いてある。デンの統率者は血縁にあらず、投票によって決められたはずだ。」フックはナイフを取り出し、自らを傷つけて鍵穴に血を注ぎ込んだ。石の聖遺物箱が開き、中身が露わになった。武勇のルーンだった。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

(*゚∋゚)Shop総合 01:UOニュース。 02:BNN 02:Facebook広田剣/Japan Shards Event Moderators 03:UOSA新システム一覧表 04:Stygian Abyss クエスト一覧 05:Underworld クエスト一覧 06:Ter Mur-Royal Cityクエスト一覧* 07:UOSAクエスト-随時更新- 07:UOSAメモ一覧 09:UOSA導入新システム関連(*゚∋゚)memo 10: UOSA情報関連 11:UO High Seas 新システム一覧表 12:未踏の航路-Adventures on the High Seas-関連 13.深海クエスト関連 13.深海クエスト関連一覧 14::テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」システム一覧 14::テーマパック「王のコレクション」 14::テーマパック「王のコレクション」一覧 14:テーマパック「カントリーライフ」「荘厳のゴシック」 15:エクソダス戦関連 15:ブラックソン城ダンジョン一覧 15:ブラックソン城ダンジョン関連 16:トレーダークエスト一覧 Publish 86_ 16:トレーダークエスト関連 Publish 86 17.ToL(Time of Legends.Publish 90) 関連 17.ToL(Time of Legends.Publish 90)一覧 18:.A Valley of One. ひとつの谷(Publish 92)関連 18:A Valley of One.ひとつの谷(Publish 92 )一覧 19:Publish 93 関連 19:Publish 93クエスト一覧(ミュルミデックスの脅威/ジーパクトリオットルの熱狂/蔓延の根絶 20::Publish 94 一覧 20::Publish 94 関連 21:Publish95一覧 21:Publish95関連 22.Publish 96 一覧 22.Publish 96 関連 23..Publish 97 一覧 23.Publish 97 関連 23.Publish 98 関連 23.Publish 98一覧 23:Publish 99 関連 23:Publish 99一覧 24..Publish 100 関連 24..Publish 100一覧 25..Publish 101関連 25.Publish 101一覧 26:Publish 102一覧 26:Publish 102関連 27:Publish 103一覧 27:Publish 103関連 28:Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )一覧 28:Rising Tideライジング・タイド(Publish 104 )関連 29:Publish 105関連 90: UO北斗EMサイト総合 91:hNN(北斗EMサイト) 92:北斗EMイベント告知 93:北斗EMイベントレポート 94.EMイベント:評議会レポート 95:UOイベント告知関連。 96:UOイベントレポート。 97:期間限定イベント/アイテムなど。 99:(*゚∋゚) memo。 99:(*゚∋゚)事。 99:(*゚∋゚)的宣伝とか。 Five on Friday/開発チームに質問!/プロデューサーからの手紙/あなたの質問、お答えします!Ultima Online House of Commons/UO Developer Live UO以外 UO便利小技。 ときどき無限な(*゚∋゚) トレハン(*゚∋゚)memo ブリタニア☆ウォッチ 内装レア関連 内装&カスタマ関連 北斗祭り 告知 北斗祭りイベントレポート 新植物の種収集memo